There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T9-7 二つの評価

今回はテキスト第九章から、「二つの評価」という一節をご紹介します。




テキスト第九章


VII. The Two Evaluations
七 二つの評価


1. God's Will is your salvation.
 あなたが救われることこそが、神の大いなる意志です。

 Would he not have given you the means to find it?
 それなのに、神があなたに自分の救済をを見出すための手段を授けていないなどということがありうるでしょうか。

 If he wills you to have it, he must have made it possible and easy to obtain it.
 もし神があなたが救いを得るようにと意図するなら、神はあなたが救われることを可能にしたはずだし、それも難なく救いを得られるようにしたはずです。

 Your brothers are everywhere.
 あなたの兄弟たちは至るところにいます。

 You do not have to seek far for salvation.
 あなたは遠くに救いを探し求める必要はないということです。

 Every minute and every second gives you a chance to save yourself.
 あなたには、一分、一秒ごとに、自分自身を救う機会が与えられているのです。

 Do not lose these chances, not because they will not return, but because delay of joy is needless.
 これらの機会を逃さないでください。それは、その機会が戻ってこないからではなく、喜びを遅らせる必要などないからです。

 God wills you perfect happiness now.
 神はあなたが今、完全に幸福であることを意図しています。

 Is it possible that this is not also your will?
 今、完全に幸福になることは、同じようにあなたの意図するところでもあるはずです。

 And is it possible that this is not also the will of your brothers?
 そして、これはまた、あなたの兄弟たちの意図するところでもあるに違いありません。


名称未設定

2. Consider, then, that in this joint will you are all united, and in this only.
 そこで、今、完全に幸福であるというこのみんなに共通する意志において、そして、ただこの意志のみにおいて、あなたたちみんなが一致しているということをよく考えてみてください。

 There may be disagreement on anything else, but not on this.
 これ以外のことで見解の相違があるとしても、これについては同意するほかありません。

 This, then, is where peace abides.
 それゆえ、この合同の意志こそが平安が留まる場所なのです。

 And you abide in peace when you so decide.
 そして、あなたが自らそうしようと決心するとき、あなたは平安の中に留まることになります。

 Yet you cannot abide in peace unless you accept the Atonement, because the Atonement is the way to peace.
 しかし、あなたが贖罪を受け入れないかぎり、あなたは平安の中に留まることはできません。なぜなら、贖罪こそ平安へと至る道だからです。

 The reason is very simple, and so obvious that it is often overlooked.
 その理由は、あまりに単純明快すぎて、しばしば見過ごされてしまいます。

 The ego is afraid of the obvious, since obviousness is the essential characteristic of reality.
 エゴは明瞭なものに恐れを抱きます。というのも、明瞭性こそが現実の最も本質的な特徴だからです。

 Yet you cannot overlook it unless you are not looking.
 しかし、あなたが見ていないのでないかぎり、あなたが明瞭なものを見過ごすことは不可能です。




3. It is perfectly obvious that if the Holy Spirit looks with love on all he perceives, he looks with love on you.
 もし聖霊が自ら知覚するすべてのものをを込めて見るのであれば、聖霊はあなたのこともを込めて見ていることは完璧に明らかです。

 His evaluation of you is based on his knowledge of what you are, and so he evaluates you truly.
 聖霊のあなたに対する評価は、本当のあなたについての聖霊の知識に基づいています。したがって、聖霊はあなたのことを正確に評価しています。

 And this evaluation must be in your mind, because he is.
 そして、この評価はあなたの心の中にあるに違いありません。なぜなら、聖霊はあなたの心の中にいるからです。

 The ego is also in your mind, because you have accepted it there.
 エゴもまた、あなたの心の中にいます。なぜなら、あなたがエゴを自分の心に受け入れたからです。

 Its evaluation of you, however, is the exact opposite of the Holy Spirit's, because the ego does not love you.
 しかしながら、エゴのあなたについての評価は聖霊の評価とは正反対です。なぜなら、エゴはあなたをしてはいないからです。

 It is unaware of what you are, and wholly mistrustful of everything it perceives because its perceptions are so shifting.
 エゴは本当のあなたが何者なのか気づいていません。そして、エゴは自らが知覚するすべてのものをまったく信用していません。なぜなら、エゴの知覚は非常に変わりやすいからです。

 The ego is therefore capable of suspiciousness at best and viciousness at worst.
 したがって、エゴは、良くてせいぜい疑い深く、最悪の場合には、悪意に満ちた獰猛なものになりえます。

 That is its range.
 これがエゴが変動する範囲です。

 It cannot exceed it because of its uncertainty.
 エゴの不確実性ゆえに、エゴにはこの範囲を越えることができません。

 And it can never go beyond it because it can never be certain.
 そして、エゴは決して確信を持つことができないので、絶対にこの範囲を踏み越えることができません。

名称未設定


4. You, then, have two conflicting evaluations of yourself in your mind, and they cannot both be true.
 したがって、あなたは自分の心の中に自分自身についての二つの矛盾する評価を持っていることになります。そして、その両方が共に真実であることはありえません。

 You do not yet realize how completely different these evaluations are, because you do not understand how lofty the Holy Spirit's perception of you really is.
 あなたはまだ、これらの評価がどれほど徹底的に異なったものなのかわかっていません。なぜなら、あなたは、聖霊が本当のあなたのことを、どれほど崇高なものとして知覚しているのか理解していないからです。

 He is not deceived by anything you do, because he never forgets what you are.
 聖霊は、あなたが何をしようと、そんなことによって騙されることはありません。なぜなら、聖霊は、本当のあなたを決して忘れることがないからです。

 The ego is deceived by everything you do, especially when you respond to the Holy Spirit, because at such times its confusion increases.
 エゴは、あなたがすることすべてによって騙されます。特にあなたが聖霊に反応するときにエゴは騙されます。なぜなら、あなたが聖霊に反応するとき、エゴの混乱状態が増大するからです。

 The ego is, therefore, particularly likely to attack you when you react lovingly, because it has evaluated you as unloving and you are going against its judgment.
 したがって、あなたがに満ちた応答をするときには、とくに決まって、エゴはあなたに攻撃を仕掛けてきがちです。なぜなら、エゴはあなたをに欠けるものとして評価していたのに、あなたがその判断に逆らっているからです。

 The ego will attack your motives as soon as they become clearly out of accord with its perception of you.
 あなたの動機が、あなたに対するエゴの知覚と一致しないことが明確化するや否や、エゴはあなたの動機を攻撃しようとします。

 This is when it will shift abruptly from suspiciousness to viciousness, since its uncertainty is increased.
 エゴの疑り深さが突然、悪意へと変節するのは、まさにこのときです。それはエゴの確信のなさが増大したからです。

 Yet it is surely pointless to attack in return.
 しかし、報復としてエゴを攻撃しても無意味なのは確かです。

 What can this mean except that you are agreeing with the ego's evaluation of what you are?
 そんなことをしても、それは、あなたが何者であるかについてのエゴの評価に、あなたが自分から同意していることを意味することにしかならないのではないでしょうか。




5. If you choose to see yourself as unloving you will not be happy.
 もしあなたが自分のことをに欠ける存在と見ることを選ぶなら、あなたが幸福になることはないでしょう。

 You are condemning yourself and must therefore regard yourself as inadequate.
 あなたは自分自身を咎めていることになるので、そのために、自分自身のことを不十分で無能な存在だとみなさなければならなくなります。

 Would you look to the ego to help you escape from a sense of inadequacy it has produced, and must maintain for its existence?
 エゴが生じさせたこの自分が無能だという感覚は、エゴが存続するために維持されなければならないものだというのに、あなたはこの感覚から自分が逃れるための手助けをしてくれることを当のエゴに期待しようというのでしょうか。

 Can you escape from its evaluation of you by using its methods for keeping this picture intact?
 この自分が不十分で無能だという自画像をそのまま損なうことなく保とうとするエゴの手法を用いることによって、あなたが自分についてのエゴの評価から逃れることなどできるでしょうか。


名称未設定

6. You cannot evaluate an insane belief system from within it.
 狂気の信念の体系の内側にいながら狂気の信念の体系を評価することは、あなたにはできません。

 Its range precludes this.
 その体系の範囲内にいることが、内側から体系を評価することを不可能にしています。

 You can only go beyond it, look back from a point where sanity exists and see the contrast.
 あなたにできるのは、ただ、狂気の信念体系を越えてその向こう側に行って、正気が存在する地点から振り返って、正気と狂気の相違を見ることだけです。

 Only by this contrast can insanity be judged as insane.
 ただ、この対照によってのみ、狂気の沙汰を狂気だと判断することが可能となります。

 With the grandeur of God in you, you have chosen to be little and to lament your littleness.
 あなたは、自分の中に神の壮大さを持ちながら、自ら卑小なものとなることを選択し、自分の矮小さを嘆き悲しんでいるのです。

 Within the system that dictated this choice the lament is inevitable.
 こんな選択を命ずるような信念体系の内側にあっては、悲嘆に暮れることは避けられません。

 Your littleness is taken for granted there and you do not ask, "Who granted it? "
 この信念体系の内側では、あなたは自分の矮小さを当然のこととみなし、「誰がそれを許可したのか」と尋ねようとすらしません。

 The question is meaningless within the ego's thought system, because it would open the whole thought system to question.
 この質問は、エゴの思考システムの内部では意味をなしません。なぜなら、そんな質問は、エゴの思考システム全体を疑問にさらすきっかけになってしまうからです。




7. I have said that the ego does not know what a real question is.
 私はすでに、エゴは何が本当の質問なのかわかっていないと述べました。

 Lack of knowledge of any kind is always associated with unwillingness to know, and this produces a total lack of knowledge simply because knowledge is total.
 知識の欠如はどのような種類のものであってもつねに、知る意欲がないことと関連しています。そして、このことが知識の全面的な欠如を生み出します。それは単純に、知識とは全面的なものだからです。

 Not to question your littleness therefore is to deny all knowledge, and keep the ego's whole thought system intact.
 したがって、あなたが自分が矮小な存在であることを疑わずにいることは、すべての知識を拒むことであり、エゴの全思考システムを無傷のまま保つことになってしまいます。

 You cannot retain part of a thought system, because it can be questioned only at its foundation.
 あなたは思考システムの一部だけを保持することはできません。なぜなら、思考システムはただ、その基盤においてのみ疑念を差し挟むことができるからです。

 And this must be questioned from beyond it, because within it its foundation does stand.
 しかも、この疑念は、その思考システムを越えたところから投げかけられなければなりません。なぜなら、そのシステムの内部では、その基盤が効力を有しているからです。

 The Holy Spirit judges against the reality of the ego's thought system merely because he knows its foundation is not true.
 聖霊は、エゴの思考システムの実在性を否定する判断を下します。それは単に、聖霊は、エゴの思考システムの基盤は真実ではないと知っているからです。

 Therefore, nothing that arises from it means anything.
 したがって、エゴの思考システムから生じるものは、それが何であろうとも、いかなる意味も持ちません。

 He judges every belief you hold in terms of where it comes from.
 聖霊は、あなたの持っている一つひとつの信念を、その信念がどこから来るものなのかという観点によって判断します。

 If it comes from God, he knows it to be true.
 もしそれが神から来るものなら、聖霊はそれが真実だと知ります。

 If it does not, he knows that it is meaningless.
 もしそれが神から来るものでなければ、聖霊はそれが無意味なものだと知ります。


名称未設定

8. Whenever you question your value, say:
 あなたが自分の価値に疑問を抱くときはいつでも、次のように言ってください。


God himself is incomplete without me.
私なくしては神自身、完全にはならない。


 Remember this when the ego speaks, and you will not hear it.
 エゴが語るとき、このことを思い出すようにしなさい。そうすれば、あなたにはエゴの声が聞こえなくなるでしょう。

 The truth about you is so lofty that nothing unworthy of God is worthy of you.
 あなたについての真実は、実に崇高なものなので、神にふさわしくないものはすべて、あなたにとってもふさわしくはありません。

 Choose, then, what you want in these terms, and accept nothing that you would not offer to God as wholly fitting for him.
 だから、このような観点から見て、自分が何を望むのか選びなさい。そして、それが何であれ、あなたが神に完全にふさわしいものとして捧げたいと思わないようなものは、あなたも受け入れてはなりません。

 You do not want anything else.
 あなたは、それ以外のものを何ひとつ望んではなりません。

 Return your part to him, and he will give you all of himself in exchange for the return of what belongs to him and renders him complete.
 神に属するあなたの部分を返してください。そうすれば、神に属するものを返すことで、神自身を完全なものに戻してもらった返礼として、神は、神自身のすべてをあなたに与えてくれることでしょう。

名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
エゴ聖霊平安救済救い兄弟意図意志知覚

Comments 0

Leave a reply