There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T4-3 葛藤のない愛

今回はテキスト第四章から葛藤のないという一節をご紹介します。






テキスト第四章

III. Love without Conflict
三 葛藤のない


1. It is hard to understand what "The Kingdom of Heaven is within you" really means.
 「天の王国は、あなたの内にある」との言葉が真に意味するところを理解するのは難しいものです。

 This is because it is not understandable to the ego, which interprets it as if something outside is inside, and this does not mean anything.
 その理由は、エゴはこの言葉を、まるで外側にある何かが内側にあると言っているように解釈し、それでは何も意味をなさないので、エゴにはこの言葉が理解できないからです。

 The word "within" is unnecessary.
 「内にある」という言葉は必要ありません。

 The Kingdom of Heaven is you.
 天の王国とは、まさにあなたのことです。

 What else but you did the Creator create, and what else but you is his kingdom?
 あなた以外のいったい何を大いなる創造主が創造したというのでしょうか。そして、あなた以外のいったい何がの王国だというのでしょうか。

 This is the whole message which in its totality transcends the sum of its parts.
 これこそ、その全体性がメッセージを構成する一つひとつの部分をすべて合わせた総和をも凌駕する力を持つメッセージの全容です。

 You, too, have a kingdom that your spirit created.
 あなたもまた、あなたの霊が創造した王国を持っています。

 It has not ceased to create because of the ego's illusions.
 あなたの霊が、エゴの幻想に惑わされて創造することをやめたことはありません。

 Your creations are no more fatherless than you are.
 あなたの創造物たちは、あなたがそうではないように、親のない存在なわけではありません。

 Your ego and your spirit will never be co-creators, but your spirit and your creator will always be.
 あなたのエゴとあなたの霊が共同創造者となることは絶対にありません。しかし、あなたの霊とあなたの創造主とはいつまでも共同創造者のままです。

 Be confident that your creations are as safe as you are.
 あなたが創造したものたちは、あなたと同じように安全なのだと確信してください。


The kingdom is perfectly united and perfectly protected, and the ego will not prevail against it.
王国は完全に統一され、完璧に守られています。ゆえに、エゴが王国に勝るようなことはありません。

Amen.
アーメン。


名称未設定

2. This is written in the form of a prayer because it is useful in moments of temptation.
 この言葉は祈りの形式で書いてあります。それは、誘惑に駆られたときに役に立つようにとの理由からです。

 It is a declaration of independence.
 この祈りは独立宣言です。

 You will find it very helpful if you understand it fully.
 もしあなたがこの祈りの言葉を十分に理解すれば、あなたにも、この祈りがとても役に立つものだとわかるはずです。

 The reason you need my help is because you have denied your own guide and therefore need guidance.
 あなたが私の助けを要する理由は、あなたが自分の案内役を拒んでしまったために、あなたが導きを必要としているからです。

 My role is to separate the true from the false, so truth can break through the barriers the ego has set up and can shine into your mind.
 私の役割は偽りから真実を選り分けることです。そうすれば、真理はエゴが設けた障壁など突破できるし、あなたの心の中へと輝きを注ぐことができるようになります。

 Against our united strength the ego cannot prevail.
 私たちが結びついた強さに、エゴが打ち勝つことなどできません。




3. It is surely apparent by now why the ego regards spirit as its "enemy."
 もうここに至っては、エゴがなぜ霊を自分の「敵」とみなすのか、その理由が確実なまでに明白になったはずです。

 The ego arose from the separation, and its continued existence depends on your continuing belief in the separation.
 エゴは分離から生じたものです。だから、エゴの存亡は、あなたが分離への信仰を保ちつづけるかどうかにかかっています。

 The ego must offer you some sort of reward for maintaining this belief.
 エゴは、あなたが分離への信仰を維持してくれるように、あなたに何らかの見返りを差し出さなければなりません。

 All it can offer is a sense of temporary existence, which begins with its own beginning and ends with its own ending.
 エゴが提供できるものといえば、エゴ自体が生起するとともに始まって、エゴ自体が終結するとともに終わる、一時的に存在するという感覚しかありません。

 It tells you this life is your existence because it is its own.
 エゴはあなたに、この人生こそがあなたの存在なのだと告げます。それは、あなたの人生こそがエゴの存在そのものだからです。

 Against this sense of temporary existence spirit offers you the knowledge of permanence and unshakable being.
 こんな仮初めの存在の感覚に対して、霊はあなたに、永続性と揺らぐことのない実在についての知識を差し延べてくれます。

 No one who has experienced the revelation of this can ever fully believe in the ego again.
 このような啓示を経験した者は誰も、もはや二度とエゴを完全に信じることなどできなくなります。

 How can its meager offering to you prevail against the glorious gift of God?
 どうしてエゴがあなたに差し出すお粗末な供えものが、の栄光に満ちた贈り物に勝ることができるでしょうか。

名称未設定


4. You who identify with your ego cannot believe God loves you.
 自分のエゴと同一化しているあなたには、が自分をしてくれているとは信じることができません。

 You do not love what you made, and what you made does not love you.
 あなたは自分の作り出したエゴをしてはいません。そして、あなたが作り出したエゴも、あなたをしてはいません。

 Being made out of the denial of the Father, the ego has no allegiance to its maker.
 大いなる父を否認することによって作り出されたがゆえに、エゴは自分の作り主に対する忠誠心など持ち合わせてはいません。

 You cannot conceive of the real relationship that exists between God and his creations because of your hatred for the self you made.
 あなたは自分の作り出した小さな自己のことを憎んでいるので、の創造物たちとの間にある真の関係性を想像することもできません。

 You project onto the ego the decision to separate, and this conflicts with the love you feel for the ego because you made it.
 あなたは分離するとの決断をエゴに投影します。もっとも、エゴに対して分離するという決断を投影することは、自分で作り出したがゆえにあなたが自分のエゴに対して感じている情と矛盾してしまいます。

 No love in this world is without this ambivalence, and since no ego has experienced love without ambivalence the concept is beyond its understanding.
 この世界ではこうした相反する感情つまりアンビバレンスを合わせ持たないはありません。そして、このアンビバレンスを伴わない愛を経験したことのあるエゴなどいないので、愛という概念はエゴの理解が及ばないものなのです。

 Love will enter immediately into any mind that truly wants it, but it must want it truly.
 愛は、いかなる心であれ、もしその心が真に愛を望むなら、すぐざま、その心に入り込むでしょう。ただし、愛を心に招き入れるためには、心が本当に愛を望んでいなければなりません。

 This means that it wants it without ambivalence, and this kind of wanting is wholly without the ego's "drive to get."
 これは、心がアンビバレンスを伴うことなく愛を望まなければならないことを意味します。ゆえに、この種の願望にはエゴの「手に入れようとせずにはいられない衝動」がまるっきり欠けているのです。




5. There is a kind of experience so different from anything the ego can offer that you will never want to cover or hide it again.
 エゴが提供できるどんな経験ともあまりに違うので、あなたが二度とそれを覆い隠したり秘密にしたりしたいとは思わなくなるような種類の体験があります。

 It is necessary to repeat that your belief in darkness and hiding is why the light cannot enter.
 ここで、あなたが闇や隠蔽を信じているために、光が入ってこられないのだということを繰り返し指摘しておかねばなりません。

 The Bible gives many references to the immeasurable gifts which are for you, but for which you must ask.
 聖書は、あなたのためのものではあるけれど、それを得るにはあなたが求めなければならない数えきれない贈り物について数多く言及しています。

 This is not a condition as the ego sets conditions.
 このように自分から求めなければならないということは、エゴが設定するような条件ではありません。

 It is the glorious condition of what you are.
 数えきれないほどの贈り物があなたが求めるとおりに得られるということは、あなた本来の栄光に満ちた状態のことなのです。


名称未設定

6. No force except your own will is strong enough or worthy enough to guide you.
 あなた自身の意志を除いては、あなたを導くのに十分な強さや価値のある力は何もありません。

 In this you are as free as God, and must remain so forever.
 この意志においては、あなたはと同じように自由であり、永遠に自由であり続けるに違いありません。

 Let us ask the Father in my name to keep you mindful of his Love for you and yours for Him.
 あなたに対する父の大いなる愛と父に対するあなたの愛とをあなたが心に保っていられるように、私の名において、私たちで一緒に大いなる父に頼みましょう。

 He has never failed to answer this request, because it asks only for what He has already willed.
 父なる神が、このような頼みを聞き入れ損ねたことなど一度もありません。なぜなら、この頼みは、ただ神がすでに意図したことを求めるものでしかないからです。

 Those who call truly are always answered.
 心から呼びかける者たちは必ず答えてもらえます。

 Thou shalt have no other gods before him because there are none.
 「汝、父をおいてほかに、いかなる神をも持つことなかれ」と言われるゆえんは、大いなる父をおいてほかに、いかなる神も存在しないからです。





7. It has never really entered your mind to give up every idea you ever had that opposes knowledge.
 これまでに自分が心に抱いた想念で知識に対立するものをすべて手放すということが、実際にあなたの心に浮かんだことは一度もなかったはずです。

 You retain thousands of little scraps of fear that prevent the Holy One from entering.
 あなたは幾千もの恐れのかけらを手放さずに保っておこうとするので、それらの恐れが聖なる存在があなたの心に入ってくるのを邪魔しています。

 Light cannot penetrate through the walls you make to block it, and it is forever unwilling to destroy what you have made.
 光は、あなたが光を妨げるために作った壁を通り越すことはできません。また、光があなたの作り出したものを破壊しようと意図することも永遠にありません。

 No one can see through a wall, but I can step around it.
 誰も壁を通り越して見ることはできませんが、私は壁を避けて壁の向こう側に回り込むことができます。

 Watch your mind for the scraps of fear, or you will be unable to ask me to do so.
 ほんのわずかな恐れのかけらも入らないように、あなたの心を見張ってください。そうしないと、あなたは私に壁の向こう側に回り込むように求めることができません。

 I can help you only as our Father created us.
 私には、私たちの大いなる父が私たちを創造してくれたようにしか、あなたを手助けすることはできません。

 I will love you and honor you and maintain complete respect for what you have made, but I will not uphold it unless it is true.
 私はあなたを愛し、あなたを尊び、そして、あなたが作り上げたものに対して全面的な敬意を払い続けます。ただし、私は、それが真実でないかぎり、あなたの作ったものを支持するつもりはありません。

 I will come in response to a single unequivocal call.
 ただ一言、明確に呼びかけてくれれば、私はすぐさま、その呼びかけに応えてやってくるつもりです。


名称未設定

8. Watch carefully and see what it is you are really asking for.
 注意深く見張って、自分が真に求めているものが何であるのか見定めてください。

 Be very honest with yourself in this, for we must hide nothing from each other.
 自分が本当に何を求めているか見極めるに際しては、私たちはお互いに何ひとつ隠し事があってはならないので、あなたは自分自身に対してとことん正直にならなければなりません。

 If you will really try to do this, you have taken the first step toward preparing your mind for the Holy One to enter.
 もしあなたが本当に自分自身に正直になって求めるものを見極めようと心がけるなら、あなたは聖なる存在が入ってこられるように自分の心を準備することに向けて第一歩を踏み出したことになります。

 We will prepare for this together, for once he has come, you will be ready to help me make other minds ready for him.
 私たちで一緒にその準備をしましょう。なぜなら、いったん聖なる存在である神が訪れてくれれば、他の者たちの心が神を受け入れられるようにする私の手助けをするあなたの準備が整うからです。

 How long will you deny him his kingdom?
 あなたはいつまで神に対して、神の王国を渡さずにおこうというのでしょうか。




9. In your own mind, though denied by the ego, is the declaration of your release.
 たとえエゴが否認するとしても、あなた自身の心の中には、あなたの解放を宣言するものがあります。

 God has given you everything.
 神は、あなたにすべてを与えてくれています。

 This one fact means the ego does not exist, and this makes it profoundly afraid.
 あなたがすでに神からすべてを授かっているというこのひとつの真実は、エゴは存在しないということを意味します。そして、このことは、エゴを深刻な恐怖に陥れます。

 In the ego's language, "to have" and "to be" are different, but they are identical to the Holy Spirit.
 エゴの定義では「何かを持つ」ことと「何かである」こととは違います。しかし、聖霊にとっては、この二つはまったく同じことです。

 The Holy Spirit knows that you both have everything and are everything.
 聖霊は、あなたがすべてを持っていることも、あなたがすべてであることも、両方知っています。

 Any distinction in this respect is meaningful only when the idea of "getting," which implies a lack, has already been accepted.
 このように所有と実在を区別することが意味を持つとすれば、それはただ、欠乏を暗黙の前提とする「手に入れる」という考えがすでに受け入れられている場合だけです。

 That is why we make no distinction between having the kingdom of God and being the kingdom of God.
 だからこそ、私たちは、神の王国を持っていることと神の王国そのものであることを区別しないのです。




10. The calm being of God's kingdom, which in your sane mind is perfectly conscious, is ruthlessly banished from the part of the mind the ego rules.
 あなたの正気の心の中では完全に意識されている神の王国の静謐な姿は、エゴが支配する心の部分からは容赦なく追い出されてしまっています。

 The ego is desperate because it opposes literally invincible odds, whether you are asleep or awake.
 エゴは、文字どおり無敵で勝ち目のない相手に対抗しているので、あなたが眠っていようと目覚めていようと死に物狂いになっています。

 Consider how much vigilance you have been willing to exert to protect your ego, and how little to protect your right mind.
 考えてもみてください。あなたは自分のエゴを守ろうとして、自ら進んでどれほど多大な努力を払って警戒してきたことか、その半面で、いかにわずかしか自分の正しい心を守るための警戒をせずにきたことか。

 Who but the insane would undertake to believe what is not true, and then protect this belief at the cost of truth?
 正気でない者以外、いったい誰が真理でもないものを信じる気になって、そのうえで、真理を犠牲にしてまでそんな偽物の信念を守ろうとしたりするでしょうか。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
葛藤エゴ知識意志条件贈り物聖書分離

Comments 0

Leave a reply