There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T23-4 戦場の上空へ

0   0

今回は、テキスト第二十三章から、戦場の上空へという一節をご紹介します。









テキスト第二十三章


IV. Above the Battleground
戦場の上空へ



1. Do not remain in conflict, for there is no war without attack.
 対立の中に留まっていてはなりません。なぜなら、攻撃することがなければ戦いなど存在しえないからです。

 The fear of God is fear of life, and not of death.
 神を恐れることは、死ではなくて、生命を恐れることです。

 Yet He remains the only place of safety.
 そうだとしても、神は依然として、唯一の安全な場所のままです。

 In Him is no attack, and no illusion in any form stalks Heaven.
 神の中にはいかなる攻撃もなく、天国には、どんな形の幻想もはびこることはありません。

 Heaven is wholly true.
 天国は全面的に真理そのものです。

 No difference enters, and what is all the same cannot conflict.
 天国には、いかなる相違も入り込むことはないし、すべて同じであるものが争うということはありえません。

 You are not asked to fight against your wish to murder.
 あなたは、殺したいという自分の欲求と闘うよう求められているわけではありません。

 But you are asked to realize the form it takes conceals the same intent.
 ただし、あなたは次のことに気づくことが求められています。それは、殺したいというあなたの欲求がとる形が、その同じ意図を隠しているということです。

 And it is this you fear, and not the form.
 そして、あなたが恐れているのは、この意図そのものであって、その形ではありません。

 What is not love is murder.
 でないものは殺すことです。

 What is not loving must be an attack.
 に満ちていないものは攻撃であるに違いありません。

 Every illusion is an assault on truth, and every one does violence to the idea of love because it seems to be of equal truth.
 幻想はどれもみな真理に対する攻撃であり、一つひとつの幻想は、それが真理に匹敵するものであるように見えるために、という想念を損なってしまいます。




2. What can be equal to the truth, yet different?
 真理に匹敵するものでありながら、それでいて真理と異なるものなどありうるでしょうか。

 Murder and love are incompatible.
 殺害ととは両立できません。

 Yet if they both are true, then must they be the same, and indistinguishable from one another.
 それでも、もし両者がともに真理であるとすれば、その二つは同じだということになり、互いに区別がつかなくなるはずです。

 So will they be to those who see God's Son a body.
 神の子のことを身体だとみなす者たちにとっては、殺人は同じで識別できないものになってしまいます。

 For it is not the body that is like the Son's Creator.
 というのは、神の子の創造主に似ているものは、身体ではないからです。

 And what is lifeless cannot be the Son of Life.
 そして、生命のないものが、生命の子であるはずがありません。

 How can a body be extended to hold the universe?
 どうやって身体を拡張して宇宙を支配できるというのでしょうか。

 Can it create, and be what it creates?
 身体が創造したり、身体が身体の創造するものになったりできるでしょうか。

 And can it offer its creations all that it is and never suffer loss?
 そして、身体は自らが創造したものに自らのすべてを捧げて、まったく何の損害も被らずに済ませられるでしょうか。

名称未設定


3. God does not share His function with a body.
 神は、自らの働きを身体と分かち合うことはありません。

 He gave the function to create unto His Son because it is His Own.
 神は、創造するという役目を子に与えました。なぜなら、創造する機能は神自身のものだからです。

 It is not sinful to believe the function of the Son is murder, but it is insanity.
 神の子の役目が殺すことだと信じるのは罪深いことではありません。しかし、それが狂気の沙汰なのは確かです。

 What is the same can have no different function.
 同じであるものが異なった機能を持つことはできません。

 Creation is the means for God's extension, and what is His must be His Son's as well.
 創造することは神が拡張するための手段であり、神のものであるものは、子のものでもあるに違いありません。

 Either the Father and the Son are murderers, or neither is.
 父と子は、揃って殺す者であるか、あるいは、どちらともそうではないのか、二つに一つです。

 Life makes not death, creating like itself.
 生命は、生命そのものと同じものを創造するのであり、死を作り出したりはしません。




4. The lovely light of your relationship is like the Love of God.
 あなたの関わる関係の美しい光は、神のと同じものです。

 It cannot yet assume the holy function God gave His Son, for your forgiveness of your brother is not complete as yet, and so it cannot be extended to all creation.
 しかし、あなたの関係は、まだ神が子に授けた聖なる役目を担うことができていません。なぜなら、まだ今のところあなたの自分の兄弟に対する癒しは完全なものとはいえないので、創造されたすべてのものにまで拡張されていないからです。

 Each form of murder and attack that still attracts you and that you do not recognize for what it is, limits the healing and the miracles you have the power to extend to all.
 依然としてあなたが魅了され、あなたがそれをありのままに認識できずにる殺人攻撃のいろんな形態の一つひとつが、あなたが備えているはずの癒しや奇跡をあらゆるものに拡張する力を制限しています。

 Yet does the Holy Spirit understand how to increase your little gifts and make them mighty.
 それでも、聖霊はあなたのささやかな贈り物をどうやって増強して力強いものにすればいいのか実によくわかっています。

 Also He understands how your relationship is raised above the battleground, in it no more.
 そしてまた、聖霊は、どうやってあなたの関係を、戦場の上空に引き上げて、もうそれ以上、戦場の中に置かずにいられるかを理解しています。

 This is your part; to realize that murder in any form is not your will.
 あなたの役目は次のことです。それは、いかなる形であれ、殺すことは自分の意図することではないと気づくことです。

 The overlooking of the battleground is now your purpose.
 今や、戦場を見下ろすことこそがあなたの目的なのです。




5. Be lifted up, and from a higher place look down upon it.
 持ち上げてもらい、より高い所から戦場を見下ろしてみてください。

 From there will your perspective be quite different.
 そこからであれば、あなたの見方はとても違ったものになるでしょう。

 Here in the midst of it, it does seem real.
 戦場の真っ只中のこの地上にいると、確かに戦闘はリアルなものに見えます。

 Here you have chosen to be part of it.
 ここでは、あなたは争いに加わることを選んでいます。

 Here murder is your choice.
 ここでは、あなたは殺すことを選択しているのです。

 Yet from above, the choice is miracles instead of murder.
 しかし、上空からなら、あなたは、殺人ではなく奇跡を選択することになります。

 And the perspective coming from this choice shows you the battle is not real, and easily escaped.
 そして、奇跡を選択することから生まれる観点が、戦闘は本当ではないし、簡単に逃れることができることをあなたに示してくれます。

 Bodies may battle, but the clash of forms is meaningless.
 身体は闘うかもしれませんが、形態同士がぶつかり合うのは無意味なことです。

 And it is over when you realize it never was begun.
 だから、あなたが闘いなど決して始まってなどいなかったと気づいたときに、戦いは終わります。

 How can a battle be perceived as nothingness when you engage in it?
 しかし、あなたが戦闘に従事しているとき、どうして闘いを無として知覚できるでしょうか。

 How can the truth of miracles be recognized if murder is your choice?
 もしあなたの選択が殺すことだったなら、どうして奇跡が真理だと気づくことができるでしょうか。




6. When the temptation to attack rises to make your mind darkened and murderous, remember you can see the battle from above.
 攻撃したいという誘惑が湧き起り、あなたの心を暗く翳らせ、殺意に満ちたものにしようとするとき、自分には、闘いを上から見下ろすことができるということを思い出してください。

 Even in forms you do not recognize, the signs you know.
 たとえ形では見分けがつかなくても、あなたは誘惑の兆しを知っています。

 There is a stab of pain, a twinge of guilt, and above all, a loss of peace.
 それは、刺すような痛みであり、罪悪感による疼きであり、何にもまして、心の平安の喪失です。

 This you know well.
 これらをあなたはよく知っています。

 When they occur leave not your place on high, but quickly choose a miracle instead of murder.
 これらが生じたときには、高みにある自らの場所を離れることなく、すぐさま、殺すことではなく奇跡を選んでください。

 And God Himself and all the lights of Heaven will gently lean to you, and hold you up.
 そうすれば、神自身と天国の光のすべてが、優しくあなたのほうに身をかがませて、あなたを抱き上げてくれるでしょう。

 For you have chosen to remain where He would have you, and no illusion can attack the peace of God together with His Son.
 なぜなら、あなたは神があなたにいてほしいと置いてくれた所に留まることを選択したのであり、いかなる幻想も、神の子と共にある神の平安を攻撃することなどできないからです。


名称未設定

7. See no one from the battleground, for there you look on him from nowhere.
 誰であれ、その人を戦場から見ようとしてはなりません。というのも、戦場では、あなたはどこからも彼を見ていることにならないからです。

 You have no reference point from where to look, where meaning can be given what you see.
 あなたには、どこから見るべきかという基準も、自分の目にすることに何らかの意味を与えられるような基準もないのです。

 For only bodies could attack and murder, and if this is your purpose, then you must be one with them.
 というのは、身体だけが攻撃したり、殺したりできるのであり、もし攻撃して殺すことがあなたの目的だとすれば、あなたは身体と一体化しているに違いないからです。

 Only a purpose unifies, and those who share a purpose have a mind as one.
 ただひとつの目的のみがひとつに結び合わせるのであり、ひとつの目的を分かち合う者たちは心をひとつにしています。

 The body has no purpose of itself, and must be solitary.
 身体はそれ自体、何の目的もないし、必ず孤立しています。

 From below, it cannot be surmounted.
 下にある戦場から、身体を克服することはできません。

 From above, the limits it exerts on those in battle still are gone, and not perceived.
 戦場の上からなら、身体が戦場が交戦中の者に課している制約はなくなり、知覚されることもありません。

 The body stands between the Father and the Heaven He created for His Son because it has no purpose.
 身体は、何の目的もないがゆえに、父なる神と神が子のために創造した天国の間に立ちはだかっているのです。




8. Think what is given those who share their Father's purpose, and who know that it is theirs.
 父の目的を分かち合い、それが自分の目的であると知る者たちに、何が与えられているのか考えてみてください。

 They want for nothing.
 彼らには、何ひとつ不足するものはありません。

 Sorrow of any kind is inconceivable.
 どのような種類の悲しみも想像できません。

 Only the light they love is in awareness, and only love shines upon them forever.
 自分たちの愛する光のみを自覚し、愛だけが永遠に彼らを照らします。

 It is their past, their present and their future; always the same, eternally complete and wholly shared.
 その光は、彼らの過去、現在、そして、未来であり、つねに同じものであり、永遠に完全で、完全に分かち合われています。

 They know it is impossible their happiness could ever suffer change of any kind.
 彼らは、自分たちの幸せがどんな種類の変化にもさらされることは決してありえないと知っています。

 Perhaps you think the battleground can offer something you can win.
 恐らくあなたは、自分が勝ち取ることができる何かを、戦場が差し出すことができると考えているのでしょう。

 Can it be anything that offers you a perfect calmness, and a sense of love so deep and quiet that no touch of doubt can ever mar your certainty?
 しかし、その何かとは、あなたに完璧な静穏を差し出すことのできるものでしょうか。それは、いかなる疑念も、あなたの確信を一切損なうことができないような、深く静かな愛の感覚を差し出すことのできるものでしょうか。

 And that will last forever?
 そして、それは永遠に続くものでしょうか。


名称未設定

9. Those with the strength of God in their awareness could never think of battle.
 神の力強さを自覚している者には、決して闘いを思うことすらできません。

 What could they gain but loss of their perfection?
 そのようなことを考えても、彼らは自らの完全さを失うことにしかならないのではないでしょうか。

 For everything fought for on the battleground is of the body; something it seems to offer or to own.
 というのは、戦場で戦って勝ち取ろうとするものはすべからく身体に関するものであり、身体が提供したり所有したりするように思えるものだからです。

 No one who knows that he has everything could seek for limitation, nor could he value the body's offerings.
 自分がすべてを持っていると知る者は誰であれ、制限を求めようとするはずがないし、身体が提供するものに価値を置くということもありえません。

 The senselessness of conquest is quite apparent from the quiet sphere above the battleground.
 戦場の上空の静穏な領域からは、力で征服することが無意味であることは、きわめて明らかです。

 What can conflict with everything?
 いったい何が一切すべてであるものと対立などできるでしょうか。

 And what is there that offers less, yet could be wanted more?
 そして、より少なくしか差し出さないというのに、それ以上に求められるどんなものが存在するというのでしょうか。

 Who with the Love of God upholding him could find the choice of miracles or murder hard to make?
 神の愛に支えられていながら、奇跡と殺人のいずれを選択するか決断するのが難しいと思う者などいるでしょうか。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/652-392ea222
該当の記事は見つかりませんでした。