There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T25-6 特別な役目

0   0

今回は、テキスト第二十五章から特別役目という一節をご紹介します。





テキスト 第二十五章

VI. The Special Function
六 特別役目


1. The grace of God rests gently on forgiving eyes, and everything they look on speaks of Him to the beholder.
 神の恵みは赦しに満ちた目に優しく注がれ、その目に映るすべてのものは、見る者に神を語ります。

 He can see no evil; nothing in the world to fear, and no one who is different from himself.
 彼にはいかなる害悪も見えず、世界の中に恐ろしいものは何も見えないし、彼自身と違う者はひとりも見えません。

 And as he loves them, so he looks upon himself with love and gentleness.
 そして、彼は目にするものたちを愛するので、彼は自分自身も愛と優しさをもって見つめるようになります。

 He would no more condemn himself for his mistakes than damn another.
 彼は、他の者を罰しようとすることもなければ、自分の間違いについて自分を咎めようともしません。

 He is not an arbiter of vengeance, nor a punisher of sin.
 彼は、復讐を決定する者でもなければ、罪を罰する者でもありません。

 The kindness of his sight rests on himself with all the tenderness it offers others.
 彼の眼差しの持つ思いやりは、他の者たちに注がれている優しさのすべてとともに、自分自身にも向けられています。

 For he would only heal and only bless.
 というのは、彼は、ただ癒そうとし、ただ祝福しようとするだけだからです。

 And being in accord with what God wills, he has the power to heal and bless all those he looks on with the grace of God upon his sight.
 そして、神の意図することに調和しているので、彼は、その眼差しに注がれる神の恵みをもって見つめるあらゆるものを癒し、祝福する力を持っています。

名称未設定


2. Eyes become used to darkness, and the light of brilliant day seems painful to the eyes grown long accustomed to the dim effects perceived at twilight.
 目は闇に慣れるようになるし、明るく晴れ渡る日の日差しも、長い間薄明りの中で知覚されるぼんやりした像を見ることに慣れ親しんだ目には、苦痛にすら見えるものです。

 And they turn away from sunlight and the clarity it brings to what they look upon.
 だから、そのような目は、日やそのに照らされて自分が目にするものがはっきりしてくるのを避けようとします。

 Dimness seems better; easier to see, and better recognized.
 薄暗さのほうが心地よく、より見やすく、より見分けがつくように思えます。

 Somehow the vague and more obscure seems easier to look upon; less painful to the eyes than what is wholly clear and unambiguous.
 どういうわけか、曖昧でよりぼんやりしたもののほうが、見るのが楽に思えるし、完全に明瞭で、曖昧さのないものを見るのに比べると、より目が痛まないように思えます。

 Yet this is not what eyes are for, and who can say that he prefers the darkness and maintain he wants to see?
 しかし、こんなことは目の使いみちではないし、誰が闇を選んでおきながら、自分は見えるようになりたいと主張できるでしょうか。




3. The wish to see calls down the grace of God upon your eyes, and brings the gift of light that makes sight possible.
 見たいという願いが、あなたの目に神の恵みを呼び降ろし、真に見ることができるためのの贈り物をもたらしてくれます。

 Would you behold your brother?
 あなたには、自分の兄弟をよく見つめる気はあるでしょうか。

 God is glad to have you look on him.
 神は喜んであなたに兄弟を見せてくれます。

 He does not will your savior be unrecognized by you.
 神は、あなたを自分の救い主に気づかないままにさせるつもりはありません。

 Nor does He will that he remain without the function that He gave to him.
 しかも、神は、神があなたの兄弟に授けた役目を果たさないままになることを意図してもいません。

 Let him no more be lonely, for the lonely ones are those who see no function in the world for them to fill; no place where they are needed, and no aim which only they can perfectly fulfill.
 これ以上、自分の救済者である兄弟に寂しい思いをさせないでください。なぜなら、孤独な者たちとは、この世界において果すべき役割を見出せない者たち、つまり、自分が必要とされている場所も、自分だけが完全に果たすことができるような目的を持たない者たちのことだからです。


名称未設定

4. Such is the Holy Spirit's kind perception of specialness; His use of what you made, to heal instead of harm.
 このような捉え方が、特別であることについての聖霊の優しい知覚の仕方であり、あなたの作り出したものを、傷つけるためではなく癒すために用いる聖霊の方法です。

 To each He gives a special function in salvation he alone can fill; a part for only him.
 聖霊は、一人ひとりに、救済においてその人だけが果たすことのできる特別役目、ただ彼だけのための役目を与えます。

 Nor is the plan complete until he finds his special function, and fulfills the part assigned to him, to make himself complete within a world where incompletion rules.
 しかも、彼が自分の特別役目を見出し、自分に与えられた役割を成し遂げ、不完全さが支配する世界の中で、自分自身を完全にするまでは、この計画は完了しません。




5. Here, where the laws of God do not prevail in perfect form, can he yet do one perfect thing and make one perfect choice.
 神の法が完璧な形で行き渡ることのないこの世界においてさえ、彼はなお、ひとつの完璧なことをなし、ひとつの完璧な選択をなすことができます。

 And by this act of special faithfulness to one perceived as other than himself, he learns the gift was given to himself, and so they must be one.
 そして、自分自身とは別の存在であると知覚した相手に対して特別な信頼を抱くこの行為によって、彼は自分自身に贈り物が与えられていることを学び、それゆえに、自分とその相手はひとつであるに違いないと学ぶことになります。

 Forgiveness is the only function meaningful in time.
 赦すことは、時間の中にあって唯一の有意義な役目です。

 It is the means the Holy Spirit uses to translate specialness from sin into salvation.
 赦すことこそ、特別性を罪から救済へと変換するために聖霊が使う手段です。

 Forgiveness is for all.
 赦しは、すべての者のためのものです。

 But when it rests on all it is complete, and every function of this world completed with it.
 しかし、すべての者が赦されたとき、赦しは完了し、それに伴って、この世界のすべての役割も完了したことになります。

 Then is time no more.
 そのあとは、もはや時間は存在しなくなります。

 Yet while in time, there is still much to do.
 しかし、時間の中にいるかぎりは、まだたくさんすることがあります。

 And each must do what is allotted him, for on his part does all the plan depend.
 だから、各人は、自分が割り当てられたことをなさねばなりません。というのも、すべての計画は彼の役割にかかっているからです。

 He has a special part in time for so he chose, and choosing it, he made it for himself.
 彼には時間の中で特別な役割があります。というのは、彼が自らそれを選んだのだし、それを選ぶことによって、それを自分自身のものにしたからです。

 His wish was not denied but changed in form, to let it serve his brother and himself, and thus become a means to save instead of lose.
 彼の願いは、拒まれたのではなく、形を変えられたのです。それは、その願いを失うためでなく、彼の兄弟と彼自身のために役立たせ、、救うための手段になるようにさせるためなのです。

名称未設定


6. Salvation is no more than a reminder this world is not your home.
 救いとは、ただこの世界があなたの故郷ではないと思い出させるものでしかありません。

 Its laws are not imposed on you, its values are not yours.
 この世界の法則は、あなたに押しつけられているわけではないし、この世界の価値観はあなたの価値観であるわけでもありません。

 And nothing that you think you see in it is really there at all.
 そして、あなたがこの世界に見ていると思っているものは何ひとつ、実際にはまったくそこに存在しないのです。

 This is seen and understood as each one takes his part in its undoing, as he did in making it.
 各自がこのような世界を作り出すに際して自分の役割を果たしたのと同じように、世界を取り消すに際しても、各自が自分の役割を担うにつれて、実際には世界に見ているものは存在しないということがよくわかってきて、理解できるようになります。

 He has the means for either, as he always did.
 つねにそうであったように、誰もが、世界を作り出し、また、取り消すためのどちらにも使うことのできる手段を持っているのです。

 The specialness he chose to hurt himself did God appoint to be the means for his salvation, from the very instant that the choice was made.
 彼が自分自身を傷つけようとして選んだ特別性ですが、まさにその選択がなされた瞬間から、神は、それを彼を救うための手段になるようにと定めたのです。

 His special sin was made his special grace.
 彼の特別な罪は、彼にとって特別な神の恵みとされました。

 His special hate became his special love.
 彼の特別な憎しみは、彼の特別な愛となったのです。




7. The Holy Spirit needs your special function, that His may be fulfilled.
 聖霊は、自らの役割が果たされるように、あなたの特別な働きを必要としています。

 Think not you lack a special value here.
 この世界で自分には特別な価値がないなどと思ってはなりません。

 You wanted it, and it is given you.
 あなたがそれを望んだので、それはあなたに与えられています。

 All that you made can serve salvation easily and well.
 あなたが作り出したものはすべて、救済のために簡単に役立てることができるし、それもうまく役に立つことができます。

 The Son of God can make no choice the Holy Spirit cannot employ on his behalf, and not against himself.
 神の子は、聖霊が神の子のために使うことができないような選択をすることはできないし、自分自身に不利になる選択をすることもできません。

 Only in darkness does your specialness appear to be attack.
 あなたの特別さが攻撃であるように見えるのは、ただ闇の中においてだけです。

 In light, you see it as your special function in the plan to save the Son of God from all attack, and let him understand that he is safe, as he has always been, and will remain in time and in eternity alike.
 の中では、あなたにも、自分の特別さは、あらゆる攻撃から神の子を救うための計画の中でのあなたの特別な役目なのだとわかります。そして、あなたの特別な役目とは、神の子に、彼が今までつねにそうであったように安全だし、時間の中でも永遠の世界においても同じように安全であり続けるということを理解させることです。

 This is the function given you for your brother.
 これこそが、自分の兄弟のために、あなたに与えられた役目です。

 Take it gently, then, from your brother's hand, and let salvation be perfectly fulfilled in you.
 ゆえに、それをそっと兄弟の手から受け取り、あなたの中で救いを完全に成就させてください。

 Do this one thing, that everything be given you.
 このひとつのことをなせば、すべてがあなたに与えられます。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/655-ac0a2089
該当の記事は見つかりませんでした。