There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T3-5 知覚の超越

0   0

今回はテキスト第三章から、知覚の超越という一節をご紹介します。


テキスト第三章

V. Beyond Perception
五 知覚の超越




1. I have said that the abilities you possess are only shadows of your real strength, and that perception, which is inherently judgmental, was introduced only after the separation.
 私は、あなたが持っている能力はあなたの本当の力の影にすぎないこと、そして、本質的に価値判断する作用である知覚はただ分離以後に導入されたものでしかないということを述べてきました。

 No one has been sure of anything since.
 分離以来、誰ひとりとして何事にも確信を持てないままになってしまっています。

 I have also made it clear that the resurrection was the means for the return to knowledge, which was accomplished by the union of my will with the Father's.
 私はまた、復活とは知識へと回帰するための手段であったこと、そして、復活は私の意志と父の大いなる意志とが一つに結ばれることによって確かになし遂げられたということも明確にしておきました。

 We can now establish a distinction that will clarify some of our subsequent statements.
 私たちは、これから述べる内容がいくらかわかりやすくなるように、ここで、一つの区別を明確にしておくことができます。




2. Since the separation, the words "create" and "make" have become confused.
 分離以来、「創造する」と「作る」という言葉が混同されるようになってしまいました。

 When you make something, you do so out of a specific sense of lack or need.
 あなたが何かを作るとき、あなたは、何かが欠けていて必要だという具体的な感覚に駆られてそうします。

 Anything made for a specific purpose has no true generalizability.
 何であれ、ある特定の目的のために作られたものが真の普遍性を持つことはありません。

 When you make something to fill a perceived lack, you are tacitly implying that you believe in separation.
 あなたが欠乏感を知覚し、それを満たそうとして何かを作るとすれば、あなたは暗黙のうちに自分は分離を信じていると示しているのです。

 The ego has invented many ingenious thought systems for this purpose.
 エゴはこの目的のために、数多くの巧妙な思考システムをでっちあげてきました。

 None of them is creative.
 もっとも、それらのエゴの思考システムは、どれひとつとして創造的とはいえません。

 Inventiveness is wasted effort even in its most ingenious form.
 エゴの凝らす偽装工作は、最も精巧な形を取っているものでさえ、無駄骨というほかありません。

 The highly specific nature of invention is not worthy of the abstract creativity of God's creations.
 作り物が持つ高度に具体的な性質は、神の創造物たちの備える抽象的な創造性に見合うものではありません。

名称未設定


3. Knowing, as we have already observed, does not lead to doing.
 すでに見てきたように、知ることが何かをするように導くことはありません。

 The confusion between your real creation and what you have made of yourself is so profound that it has become literally impossible for you to know anything.
 あなたの真に創造された姿と、あなたが作り上げた自分自身の姿との間の混同があまりに根深いので、あなたにとって何かを知るということは文字どおり不可能なことになってしまっています。

 Knowledge is always stable, and it is quite evident that you are not.
 知識はつねに安定していますが、あなたが安定していないことは歴然としています。

 Nevertheless, you are perfectly stable as God created you.
 それでもやはり、神に創造されたままのあなたは完全に安定しています。

 In this sense, when your behavior is unstable, you are disagreeing with God's idea of your creation.
 この意味で、あなたの行動が不安定なとき、あなたは、あなたの創造に関して神が抱く想念に対して異議を唱えているのです。

 You can do this if you choose, but you would hardly want to do it if you were in your right mind.
 もしあなたが選ぶなら、あなたは自分の創造に関して神に異論を呈したままでいることもできます。しかし、もしあなたが正しい心でいるなら、あなたが神の創造した自分と不調和なままでいたいと望むことなどとてもありえないことです。




4. The fundamental question you continually ask yourself cannot properly be directed to yourself at all.
 あなたが絶え間なく自分に問いかけている根本的な質問は、あなた自身に向けることがまったく筋違いなものです。

 You keep asking what it is you are.
 いったい自分は何者なのか、とあなたは問いつづけます。

 This implies that the answer is not only one you know, but is also one that is up to you to supply.
 自分に対して自分が何者かと問うことは、その答えを自分が知っているはずだということだけでなく、その質問に答えるかどうかは自分次第だということをも意味しています。

 Yet you cannot perceive yourself correctly.
 しかし、あなたには自分自身を正しく知覚することができません。

 You have no image to be perceived.
 あなたは知覚するべきいかなるイメージも持ち合わせていません。

 The word "image" is always perception-related, and not a part of knowledge.
 「イメージ」という言葉は必ず知覚と関連するものであり、知識の一部ではありません。

 Images are symbolic and stand for something else.
 イメージは象徴的なものであり、別の何かを代わって表すものです。

 The idea of "changing your image" recognizes the power of perception, but also implies that there is nothing stable to know.
 「自分のイメージを変える」という観念は、知覚する力を認めてはいますが、同時に、安定して知ることのできるものは何もないということをも暗に意味しているのです。


名称未設定

5. Knowing is not open to interpretation.
 知ることには解釈の余地などありません。

 You may try to "interpret" meaning, but this is always open to error because it refers to the perception of meaning.
 あなたは意味を「解釈」しようとするかもしれません。しかし、意味の解釈は、つねに誤る危険にさらされます。なぜなら、意味を解釈することは、意味について知覚したことを参照することだからです。

 Such incongruities are the result of attempts to regard yourself as separated and unseparated at the same time.
 この意味についての知識と知覚の不一致は、あなた自身のことを分離したものでありながら、同時に分離していないものであるともみなそうとする結果として生じます。

 It is impossible to make so fundamental a confusion without increasing your overall confusion still further.
 このような本当に根本的な混同をしておきながら、あなたの全体としての混乱をさらにいっそうひどく増大させずにおくことなど不可能なことです。

 Your mind may have become very ingenious, but as always happens when method and content are separated, it is utilized in a futile attempt to escape from an inescapable impasse.
 あなたの心はきわめて巧妙になったかもしれません。しかし、それでも、手段と目的とが分離されると必ず起こってしまうように、巧妙な心は逃げ道のない袋小路から逃れようとする虚しい試みのために利用されてしまうことになります。

 Ingenuity is totally divorced from knowledge, because knowledge does not require ingenuity.
 巧妙さは知識とはまったく無縁のものです。なぜなら、知識は巧妙さなど必要としないからです。

 Ingenious thinking is not the truth that shall set you free, but you are free of the need to engage in it when you are willing to let it go.
 巧妙な考え方は、あなたを自由にしてくれる真理ではありません。とはいえ、もしあなたが自分でそれを手放す気にさえなれば、あなたは巧妙な考えを用いる必要があるという思いから自由になることができるのです。




6. Prayer is a way of asking for something.
 祈りとは何かを求めるための方法です。

 It is the medium of miracles.
 祈りは、奇跡を媒介するものです。

 But the only meaningful prayer is for forgiveness, because those who have been forgiven have everything.
 ただし、唯一の有意義な祈りは、赦しを求める祈りだけです。なぜなら、赦された者たちはすでにあらゆるものを持っているからです。

 Once forgiveness has been accepted, prayer in the usual sense becomes utterly meaningless.
 いったん赦しが受け入れられたなら、通常の意味での祈りなどすっかり無意味なものとなります。

 The prayer for forgiveness is nothing more than a request that you may be able to recognize what you already have.
 赦しのための祈りは、ただあなたがすでに持っているものを認識できるようにと求めることでしかありません。

 In electing perception instead of knowledge, you placed yourself in a position where you could resemble your Father only by perceiving miraculously.
 知識の代わりに知覚を選んだことで、あなたは奇跡的に知覚することによってしか、自らの大いなる父に似たものになりえない立場に自分を置いてしまいました。

 You have lost the knowledge that you yourself are a miracle of God.
 あなたは、まさにあなた自身が神の奇跡であるという知識を失ってしまったのです。

 Creation is your Source and your only real function.
 創造こそが、あなたの大いなる源であり、あなたの唯一の真の役割なのです。

名称未設定


7. The statement "God created man in his own image and likeness" needs reinterpretation.
 聖書の「神は、御自身のイメージに象って、その似姿として人を創造し給うた」という声明は解釈し直す必要があります。

 "Image" can be understood as "thought," and "likeness" as "of a like quality. "
 「イメージ」は「思考」と理解できるし、「似姿として」は「同じ素質で」と理解できます。

 God did create spirit in His Own Thought and of a quality like to His Own.
 神が自らの大いなる思考の中に、そして、神自らと同じ素質を元にして、霊を創造したのは確かです。

 There is nothing else.
 それ以外には何も存在しないからです。

 Perception, on the other hand, is impossible without a belief in "more" and "less. "
 他方で、知覚することは「より多い」とか「より少ない」ということを信じなければ不可能です。

 At every level it involves selectivity.
 いかなるレベルにおいても、知覚するためには選択することが必要になります。

 Perception is a continual process of accepting and rejecting, organizing and reorganizing, shifting and changing.
 知覚は、受け入れたり拒絶したり、組織したり再編成したり、移行したり変化したりする継続的なプロセスです。

 Evaluation is an essential part of perception, because judgments are necessary in order to select.
 評価することは、知覚するために欠かすことのできない機能です。なぜなら、何かを選択するためには、その価値を判断することが必要だからです。




8. What happens to perceptions if there are no judgments and nothing but perfect equality?
 もし価値判断による裁きが存在せず、ただ完全な平等性以外には何もないとしたら、知覚には何が起こるでしょうか。

 Perception becomes impossible.
 知覚することは不可能となるのです。

 Truth can only be known.
 真理は、ただ知られることしかできません。

 All of it is equally true, and knowing any part of it is to know all of it.
 真理に属するものはすべて等しく真実であり、真理のいずれかの部分を知るならば、それは真理の全体を知ることになります。

 Only perception involves partial awareness.
 ただ知覚するために、部分的に認識することが必要になるにすぎません。

 Knowledge transcends the laws governing perception, because partial knowledge is impossible.
 知識は、知覚を支配する法則を超越しています。というのも、部分的な知識というものはありえないからです。

 It is all one and has no separate parts.
 知識は、すべてが一体となったものであり、知識には分離した部分などありません。

 You who are really one with it need but know yourself and your knowledge is complete.
 真に知識と一体であるあなたは、ただ自分自身を知ることを要するだけです。そうすれば、あなたの知識は完全なものとなります。

 To know God's miracle is to know Him.
 神の奇跡である者を知ることこそが神を知ることなのです。


名称未設定

9. Forgiveness is the healing of the perception of separation.
 赦しとは、分離があるという知覚を癒すことです。

 Correct perception of your brother is necessary, because minds have chosen to see themselves as separate.
 それには、あなたの兄弟を正しく知覚する必要があります。なぜなら、個々の心は、自分たちのことを分離しているものとして見ることを選んでしまっているからです。

 Spirit knows God completely.
 霊は、神を完全に知っています。

 That is its miraculous power.
 神を完全に知ることこそ、霊の持つ奇跡的な力です。

 The fact that each one has this power completely is a condition entirely alien to the world's thinking.
 一人ひとりが神を完全に知る力を余すところなく持っているという事実は、この世界の常識とは全面的に相容れないことです。

 The world believes that if anyone has everything, there is nothing left.
 この世界では、もし誰かがあらゆるものを持っているとすれば、あとには何も残らないはずだと信じられています。

 But God's miracles are as total as His Thoughts because they are His Thoughts.
 しかし、神の奇跡である者たちは神の大いなる思いと同じく完全なものです。なぜなら、神の奇跡である者たちは、神の大いなる思いそのものだからです。




10. As long as perception lasts prayer has a place.
 知覚することが続く間は、祈りには役に立つ余地があります。

 Since perception rests on lack, those who perceive have not totally accepted the Atonement and given themselves over to truth.
 知覚は何かが欠乏しているとみなすことを基礎とします。それゆえ、知覚する者たちはまだ完全に贖罪を受け入れていないし、自分自身を真理に明け渡してもいないということになります。

 Perception is based on a separated state, so that anyone who perceives at all needs healing.
 知覚は分離状態に基盤を置きます。だから、少しでも知覚する者は誰しも癒しを必要とします。

 Communion, not prayer, is the natural state of those who know.
 祈りではなく、聖餐こそが、知る者たちにとっては自然な状態です。

 God and His miracle are inseparable.
 神と神の奇跡である者とを分かつことはできません。

 How beautiful indeed are the Thoughts of God who live in His light!
 神の光のうちに生きる神の大いなる思いである者たちは、本当になんと美しいことでしょう。

 Your worth is beyond perception because it is beyond doubt.
 あなたに価値があることには疑いの余地がないので、あなたの真価は知覚を超越しています。

 Do not perceive yourself in different lights.
 神の光とは違ういかなる光の中にも自分を知覚したりしないようにしなさい。

 Know yourself in the One Light where the miracle that is you is perfectly clear.
 唯一の大いなる光の中にいるあなた自身を知りなさい。その大いなる光の中では、奇跡とはまさにあなたのことなのだということが完全に明らかになります。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/661-4f7c849a
該当の記事は見つかりませんでした。