There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T12-8 愛の魅力

今回は、テキスト第十二章から、に対するの魅力という一節をご紹介します。



テキスト第十二章

VIII. The Attraction of Love for Love
八 に対するの魅力


1. Do you really believe that you can kill the Son of God?
 あなたは本当に、自分に神の子を殺すことができると信じているのでしょうか。

 The Father has hidden his Son safely within himself, and kept him far away from your destructive thoughts, but you know neither the Father nor the Son because of them.
 大いなる父はわが子を安全に父自らの内に匿まって、子をあなたの破壊的な思いの届かないはるか彼方に置いてくれています。しかし、あなたは自分の破壊的な思いのために、父のことも子のこともわからなくなっています。

 You attack the real world every day and every hour and every minute, and yet you are surprised that you cannot see it.
 毎日、毎時間、毎分、自分で真の世界を攻撃しておきながら、あなたは自分に真の世界が見えないことを意外に思っています。

 If you seek love in order to attack it, you will never find it.
 もしあなたが攻撃するためにを探し求めるなら、あなたは決してを見出すことはないでしょう。

 For if love is sharing, how can you find it except through itself?
 というのは、もしが共有することだとすれば、愛それ自体を通して見つける以外には愛を見つけることなどできないはずだからです。

 Offer it and it will come to you, because it is drawn to itself.
 愛を捧げなさい。そうすれば、愛はあなたの許にやってくることでしょう。なぜなら、愛は愛それ自体に惹き付けられるものだからです。

 But offer attack and love will remain hidden, for it can live only in peace.
 しかし、攻撃を差し出すなら、愛は隠れたままになってしまいます。なぜなら、愛は平安の中でしか生きることができないからです。




2. God's Son is as safe as his Father, for the Son knows his Father's protection and cannot fear.
 神の子は大いなる父と同じように安全です。なぜなら、子は大いなる父に守られていることがわかっているので、恐れることなどできないからです。

 His Father's Love holds him in perfect peace, and needing nothing, he asks for nothing.
 父の大いなる愛が完璧な平安のうちに子を保ってくれており、何も必要としないので、子には何も求めることがありません。

 Yet he is far from you whose Self he is, for you chose to attack him and he disappeared from your sight into his Father.
 しかし、神の子は、あなたの真の自己でありながら、あなたからはかけ離れた遠い存在になっています。というのも、あなたが神の子を攻撃することを選んだので、神の子はあなたの視界から大いなる父の中へと姿を消してしまったからです。

 He did not change, but you did.
 神の子は変わっていませんが、あなたが変わってしまったのです。

 For a split mind and all its works were not created by the Father, and could not live in the knowledge of him.
 というのは、分裂した心とそれがなしたことはすべて、大いなる父によって創造されたものではなかったので、父の知識の中に生きることができなかったからです。

名称未設定


3. When you made visible what is not true, what is true became invisible to you.
 あなたが真実ではないものを肉眼で見えるようにしたとき、真実であるものはあなたには見えなくなってしまいました。

 Yet it cannot be invisible in itself, for the Holy Spirit sees it with perfect clarity.
 しかし、真実であるものが本来的に不可視のものであるはずがありません。というのは、聖霊には完璧な明瞭さでそれが見えているからです。

 It is invisible to you because you are looking at something else.
 あなたに真実であるものが見えないのは、あなたがそれ以外の何か別のものに目を向けているからです。

 Yet it is no more up to you to decide what is visible and what is invisible, than it is up to you to decide what reality is.
 しかし、何が現実なのかということがあなたが決めることではないのと同じように、何が見えるもので何が見えないものなのかということも、あなたが決めることではありません。

 What can be seen is what the Holy Spirit sees.
 見ることができるものとは、聖霊に見えているもののことです。

 The definition of reality is God's, not yours.
 現実を定義することは神がすることであって、あなたがすることではありません。

 He created it, and he knows what it is.
 神は現実を創造したので、神は現実が何であるかを知っています。

 You who knew have forgotten, and unless he had given you a way to remember you would have condemned yourself to oblivion.
 かつて現実を知っていたあなたは、それを忘れてしまっています。だから、もし神があなたに思い出す手段を与えてくれていなかったなら、あなたは自分自身を忘却の淵へと追いやってしまっていたことでしょう。




4. Because of your Father's Love you can never forget him, for no one can forget what God himself placed in his memory.
 父の大いなる愛のゆえに、あなたは決して父なる神を忘れることなどできません。なぜなら、自分の記憶の中に神が置いてくれたものを忘れることなど誰にもできないからです。

 You can deny it, but you cannot lose it.
 あなたには神の記憶を否認することはできても、神の記憶を失うことはできません。

 A Voice will answer every question you ask, and a vision will correct the perception of everything you see.
 大いなる声はあなたの尋ねるあらゆる質問に答えてくれるし、ヴィジョンはあなたの見るすべてのものについての知覚を修正してくれるでしょう。

 For what you have made invisible is the only truth, and what you have not heard is the only Answer.
 というのも、あなたが不可視のものとしてしまったものが唯一の真実であり、あなたが聞き入れていないものが唯一の大いなる答えだからです。

 God would reunite you with yourself, and did not abandon you in your distress.
 神は、あなたをあなた自身と再びひとつに結びつけることを意図してくれました。それに神は、あなたが塗炭の苦しみを味わっているときに、あなたを見捨てるようなこともありませんでした。

 You are waiting only for him, and do not know it.
 あなたはただ神だけを待ち望んでいるのですが、自分ではそのことがわかっていません。

 Yet his memory shines in your mind and cannot be obliterated.
 しかし、神の記憶はあなたの心の中に輝いており、神の記憶を完全に消し去ることなどできません。

 It is no more past than future, being forever always.
 神の記憶は、ずっと永遠に実在するものであって、過去にあるわけではないし、同様に未来にあるわけでもありません。

名称未設定


5. You have but to ask for this memory, and you will remember.
 あなたはただ神の記憶を求めるだけでよいのです。そうすれば、あなたは神を思い出すことになります。

 Yet the memory of God cannot shine in a mind that has obliterated it and wants to keep it so.
 とはいえ、神の記憶は、それを消し去って忘れたままでいたいと望んでいる心の中では輝くことができません。

 For the memory of God can dawn only in a mind that chooses to remember, and that has relinquished the insane desire to control reality.
 なぜなら、神の記憶は、それを思い出すことを選び、現実をコントロールしたいという狂気の欲望を捨て去った心の中にしか姿を現すことができないからです。

 You who cannot even control yourself should hardly aspire to control the universe.
 自分自身をコントロールすることすらできないあなたが、宇宙を制するという野望など、ゆめゆめ抱くべきではありません。

 But look upon what you have made of it, and rejoice that it is not so.
 ただ、自分が宇宙をどのようなものにしてしまったか眺めてみて、本当はそうなってはいないことを喜びなさい。




6. Son of God, be not content with nothing!
 神の子よ、でしかないもので満足してはなりません。

 What is not real cannot be seen and has no value.
 本物でないものは、見ることなどできないし、何の価値もありません。

 God could not offer his Son what has no value, nor could his Son receive it.
 神がわが子に価値なものを差し延べるはずがないし、神の子にはそんなものを受け取ることはできません。

 You were redeemed the instant you thought you had deserted him.
 あなたは、自分が神を見捨てたと思ったその瞬間に救われたのです。

 Everything you made has never been, and is invisible because the Holy Spirit does not see it.
 あなたが自分で作り出したものはどれもすべて、いまだかつて存在したことはないし、聖霊がそれを見ることがないがゆえに、見ることもできないのです。

 Yet what he does see is yours to behold, and through his vision your perception is healed.
 しかし、聖霊が確かに見ているものはあなたが見ることができるものなので、聖霊のヴィジョンを通してあなたの知覚は癒されます。

 You have made invisible the only truth that this world holds.
 あなたはこの世界が保っている唯一の真理を見えないものにしてしまいました。

 Valuing nothing, you have sought nothing.
 価値を置くことによって、あなたはを探し求めてきました。

 By making nothing real to you, you have seen it.
 でしかないものを自分にとっての現実とすることで、あなたはを見てきたのです。

 But it is not there.
 しかし、無は存在しません。

 And Christ is invisible to you because of what you have made visible to yourself.
 そして、あなたが自分自身に見えるようにしたもののために、あなたの目にはキリストが見えなくなってしまっています。


名称未設定

7. Yet it does not matter how much distance you have tried to interpose between your awareness and truth.
 しかし、あなたが真理とそれに対する自分の自覚との間にどれほど大きな隔たりを介在させようとしてきたとしても、そんなことは問題ではありません。

 God's Son can be seen because his vision is shared.
 神の子のヴィジョンは共有されているのだから、神の子を見ることは可能なのです。

 The Holy Spirit looks upon him, and sees nothing else in you.
 聖霊は神の子を見つめており、聖霊はあなたの中に神の子以外の何ものも見てはいません。

 What is invisible to you is perfect in his sight, and encompasses all of it.
 あなたの目には見えなくても、神の子は聖霊の視力では完璧に見えるし、聖霊の視力はその全貌を捉えています。

 He has remembered you because he forgot not the Father.
 聖霊は大いなる父を忘れていないので、あなたのことを覚えています。

 You looked upon the unreal and found despair.
 あなたは現実ではないものを見て、絶望を見出しました。

 Yet by seeking the unreal, what else could you find?
 しかし、現実ではないものを求めておきながら、絶望以外にいったい何を見出せるというのでしょうか。

 The unreal world is a thing of despair, for it can never be.
 現実ではない世界とは、絶望からなる世界です。というのも、そんなものは絶対に存在しえないからです。

 And you who share God's Being with him could never be content without reality.
 そして、神の大いなる実在を神と共に分かち合うあなたは、現実でなければ決して満足することなどできません。

 What God did not give you has no power over you, and the attraction of love for love remains irresistible.
 神があなたに与えなかったものには、あなたに及ぼすことのできる力など何もありません。そして、愛に対する愛の魅力は圧倒的なものであり続けます。

 For it is the function of love to unite all things unto itself, and to hold all things together by extending its wholeness.
 というのも、すべてのものを愛そのものとひとつに結び合わせ、自らの完全性を拡張することによって、すべてのものを一緒に保っておくことが愛の作用だからです。





8. The real world was given you by God in loving exchange for the world you made and the world you see.
 真の世界は、あなたが自分で作り出して自分で見ている世界と愛をこめて交換するために、神からあなたに与えられたものです。

 Only take it from the hand of Christ and look upon it.
 ただその真の世界をキリストの手から受け取って、それをよく見てください。

 Its reality will make everything else invisible, for beholding it is total perception.
 真の世界の実在性が他のものをことごとく見えないものにするでしょう。なぜなら、真の世界を見つめることは全体的に知覚することだからです。

 And as you look upon it you will remember that it was always so.
 そして、あなたが真の世界を眺めるにつれて、あなたは真の世界がつねにずっとそのままだったことを思い出すようになります。

 Nothingness will become invisible, for you will at last have seen truly.
 無であるものは見えなくなっていきます。なぜなら、ついにあなたが真に見るようになるからです。

 Redeemed perception is easily translated into knowledge, for only perception is capable of error and perception has never been.
 回復された知覚は容易に知識へと変換されます。というのも、ただ知覚だけが誤ることが可能ですが、知覚は一度も実在してはいなかったからです。

 Being corrected it gives place to knowledge, which is forever the only reality.
 修正されたがゆえに、知覚は、その役割を知識に譲ります。それは、知識こそが永遠に唯一の現実だからです。

 The Atonement is but the way back to what was never lost.
 贖罪は、決して失われたことのないものへと帰るための方法にすぎません。

 Your Father could not cease to love his Son.
 あなたの大いなる父には、わが子を愛することをやめることなどできないのです。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
平安攻撃実相の世界現実価値キリストヴィジョン

Comments 0

Leave a reply