There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T14-7 聖霊と知覚を共有する

今回はテキスト第十四章から、聖霊知覚を共有することについての一節をご紹介します。






テキスト第十四章

VII. Sharing Perception with the Holy Spirit
七 聖霊知覚を共有する


1.
 What do you want?
 あなたは何を望むのでしょうか。

 Light or darkness, knowledge or ignorance are yours, but not both.
 知識無知のどちらか一方はあなたのものですが、両方ともがあなたのものになるわけではありません。

 Opposites must be brought together, not kept apart.
 正反対のものは、分離したまま保っておくのではなく、ひとつに引き合わせなくてはなりません。

 For their separation is only in your mind, and they are reconciled by union, as you are.
 なぜなら、正反対のものの分離状態はただあなたのの中にだけあることなので、あなたがたがそうであるのと同様に、ひとつに結ばれることによって和解できるからです。

 In union, everything that is not real must disappear, for truth is union.
 ひとつに結ばれることで、実在しないものはすべて消滅するに違いありません。なぜなら、ひとつに結びつくことが真理だからです。

 As darkness disappears in light, so ignorance fades away when knowledge dawns.
 の中でが消滅するように、知識が現れはじめると、無知は徐々に消えていきます。

 Perception is the medium by which ignorance is brought to knowledge.
 知覚は、無知知識へと導くための媒体となります。

 Yet the perception must be without deceit, for otherwise it becomes the messenger of ignorance rather than a helper in the search for truth.
 ただし、知覚が欺かれないようにしなければなりません。なぜなら、そうでなければ、知覚は真理を探究する助力者となるどころか、無知を伝える使者となってしまうからです。

名称未設定


2. The search for truth is but the honest searching out of everything that interferes with truth.
 真理の探求は、単に真理の邪魔になるものをくまなく率直に探し出すことにほかなりません。

 Truth is.
 真理は実在します。

 It can neither be lost nor sought nor found.
 真理は失われることも、探し求められることも、発見されることもできません。

 It is there, wherever you are, being within you.
 真理は、あなたの内に在るものなので、あなたがいるところならどこにでも存在します。

 Yet it can be recognized or unrecognized, real or false to you.
 ただし、真理は認識されることもあれば認識されないこともできるので、あなたにとって本物にも偽物にもなりえます。

 If you hide it, it becomes unreal to you because you hid it and surrounded it with fear.
 もしあなたが真理を隠したら、真理はあなたにとっては本物ではなくなります。なぜなら、あなたが真理を隠して恐怖で包み込んでしまったからです。

 Under each cornerstone of fear on which you have erected your insane system of belief, the truth lies hidden.
 あなたが狂気の信念体系をその上に構築している一つひとつの恐怖という礎石の下には、隠された真理が存在します。

 Yet you cannot know this, for by hiding truth in fear, you see no reason to believe that the more you look at fear the less you see it, and the clearer what it conceals becomes.
 しかし、あなたには、このことを知ることができません。なぜなら、恐怖の中に真理を隠しているせいで、あなたには、自分が恐れをしっかりと見据えれば、それに応じて恐れが見えなくなり、恐れが隠しているものが徐々に明瞭になってくると信じる理由が見出せないからです。




3. It is not possible to convince the unknowing that they know.
 知らないと思い込んでいる者に、実は自分は知っているのだと納得させるのは不可能です。

 From their point of view it is not true.
 知らないと思い込んでいる当の本人から見れば、自分が知っているということは真実ではないからです。

 Yet it is true because God knows it.
 しかし、神がそれを知っているがゆえに、知らないと思っていても実は知っているというのが真実です。

 These are clearly opposite viewpoints on what the "unknowing" are.
 この二つの見方は、「知らない」とはどういうことなのかに関する明らかに正反対の観点です。

 To God, unknowing is impossible.
 神にとっては、知らないでいることは不可能です。

 It is therefore not a point of view at all, but merely a belief in something that does not exist.
 したがって、知らないということはまったくのところ、ものの見方などではなく、単に存在もしない何かを信じているだけということになります。

 It is only this belief that the unknowing have, and by it they are wrong about themselves.
 知らないと思っている者が抱いているのは、単に存在しないものが存在するという信念にすぎず、その信念によって彼らは自分自身について思い違いすることになります。

 They have defined themselves as they were not created.
 知らないと思う者たちは、自分たちのことを創造された通りではない姿として、勝手に定義してしまっています。

 Their creation was not a point of view, but rather a certainty.
 しかし、彼らが創造されたことは見解などではなく、確固たる事実です。

 Uncertainty brought to certainty does not retain any conviction of reality.
 確実なことに不確実性を持ち込んだら、本当のことについて何の確信も保てなくなってしまうのです。


名称未設定

4. Our emphasis has been on bringing what is undesirable to the desirable; what you do not want to what you do..
 私たちが強調してきたのは、望ましくないものを望ましいものの許に、あなたの望まないものをあなたの望むものの許へともたらすということでした。

 You will realize that salvation must come to you this way, if you consider what dissociation is.
 もしあなたが解離がどういうものかよく考えてみるなら、あなたも救いがこんなふうにして自分のところにやってくるに違いないとわかるようになるはずです。

 Dissociation is a distorted process of thinking whereby two systems of belief which cannot coexist are both maintained.
 解離は、同時に存在できない二つの信念体系を何とかして両方とも維持しようとして取られる歪んだ思考プロセスのことです。

 If they are brought together, their joint acceptance becomes impossible.
 もしこの二つの信念体系が一緒のところにもたらされるなら、両方をひとつに結び合わせて受け入れることは不可能となります。

 But if one is kept in darkness from the other, their separation seems to keep them both alive and equal in their reality.
 しかし、もし一方が他方から隠されての中に保たれるなら、互いに分離していることが両者を共に生かしつづけ、それぞれが同等の実在性を保つように思えます。

 Their joining thus becomes the source of fear, for if they meet, acceptance must be withdrawn from one of them.
 だから、両者を結びつけることは恐れの原因になります。というのは、もし両者が引き合わされるなら、両者のうちのどちらか一方を受け入れることを取り止めなければならなくなるからです。

 You cannot have them both, for each denies the other.
 両者は互いに他方のことを否認するので、あなたは両者を共に持つことはできません。

 Apart, this fact is lost from sight, for each in a separate place can be endowed with firm belief.
 二つが離れていると、この事実は見失われてしまいます。なぜなら、別々のところにありさえすれば、それぞれの存在を確固たるものとして信用できてしまうからです。

 Bring them together, and the fact of their complete incompatibility is instantly apparent.
 知識無知の二つを一緒にしてみなさい。そうすれば、両者がまったく両立しないことが即座に明らかになります。

 One will go, because the other is seen in the same place.
 同じ場所でが見られることになるので、が去ることになるのです。




5. Light cannot enter darkness when a mind believes in darkness, and will not let it go.
 が闇を信じたまま闇を手放そうとしないなら、は闇に入り込むことができません。

 Truth does not struggle against ignorance, and love does not attack fear.
 真理は無知に対抗して戦うことはしないし、愛が恐れを攻撃することもありません。

 What needs no protection does not defend itself.
 何も保護される必要のないものは、自分自身を守ろうとはしません。

 Defense is of your making.
 防衛というのは、あなたたちが作り上げたものです。

 God knows it not.
 防衛など、神の知るところではありません。

 The Holy Spirit uses defenses on behalf of truth only because you made them against it.
 聖霊は、真理のために防衛手段を用いはしますが、その理由は単に、あなたたちが真理に対抗する防衛手段を作ってしまったためです。

 His perception of them, according to his purpose, merely changes them into a call for what you have attacked with them.
 聖霊の目的に沿うように防衛手段を知覚することで、聖霊は、防衛手段を単にあなたが防衛手段を用いて攻撃したものを求める呼び声へと変換するだけです。

 Defenses, like everything you made, must be gently turned to your own good, translated by the Holy Spirit from means of self-destruction to means of preservation and release.
 聖霊に自己破壊の手段を自己を保存し解放する手段に翻訳してもらうことによって、あなたが作ったすべてのものと同じように、防衛は穏やかにあなた自身のためになるものへと変換されなければなりません。

 His task is mighty, but the power of God is with him.
 聖霊に課された任務はたいそうなものではありますが、聖霊には神の力が共にあります。

 Therefore, to him it is so easy that it was accomplished the instant it was given him for you.
 したがって、聖霊にとっては、その任務を果たすことは実にたやすいことなので、あなたのためにその任務が聖霊に与えられたその瞬間に、その任務はすぐに成し遂げられてしまっています。

 Do not delay in your return to peace by wondering how he can fulfill what God has given him to do.
 神に命じられた任務を聖霊がどうやって果たすことができるのだろうかと訝しんで、あなたのに平安を取り戻すことを遅らせないようにしなさい。

 Leave that to him who knows.
 どうやって任務を果たすかは、それを知る聖霊に任せておきなさい。

 You are not asked to do mighty tasks yourself.
 あなたは大変な任務を自分ひとりでこなすように求められているわけではないのです。

 You are merely asked to do the little he suggests you do, trusting him only to the small extent of believing that, if he asks it, you can do it.
 あなたは単に、聖霊があなたにこうするようにと提示してくれるわずかなことをするようにと求められているだけです。それも、もし聖霊が自分に求めるのなら、自分にはそれができるはずだという、ほんのわずかな程度だけ聖霊を信頼すればよいのです。

 You will see how easily all that he asks can be accomplished.
 きっとあなたにも、すべての聖霊の頼みが、いかに容易に達成できるかわかってくるはずです。


名称未設定

6. The Holy Spirit asks of you but this; bring to him every secret you have locked away from him.
 聖霊があなたに求めるのは次のことだけです。それは、あなたが聖霊に対して鍵をかけて固くしまい込んできた秘密をひとつ残らず聖霊の許へと持ってきてほしいということです。

 Open every door to him, and bid him enter the darkness and lighten it away.
 聖霊に対してすべての扉を開いてください。そして、聖霊に闇の中に入ってで闇を一掃してもらうようにしなさい。

 At your request he enters gladly.
 あなたの頼みに応じて、聖霊は喜んで闇の中に入ってきてくれます。

 He brings the light to darkness if you make the darkness open to him.
 もしあなたが聖霊に闇をさらけ出すなら、聖霊は闇に光を当てくれます。

 But what you hide he cannot look upon.
 しかし、聖霊には、あなたが隠しているものを見ることはできません。

 He sees for you, and unless you look with him he cannot see.
 聖霊は、あなたのために見てくれるのですが、あなたが一緒に見ようとしないかぎり、聖霊には見ることができません。

 The vision of Christ is not for him alone, but for him with you.
 キリストのヴィジョンは聖霊だけのためのものではありません。それは、あなたと一緒になった聖霊のためのものなのです。

 Bring, therefore, all your dark and secret thoughts to him, and look upon them with him.
 それゆえに、あなたの暗い秘密の思いのすべてを聖霊に渡し、聖霊と一緒にその闇の想念をよく見てください。

 He holds the light, and you the darkness.
 聖霊は光を掲げ、あなたは闇を携えています。

 They cannot coexist when Both of You together look on them.
 あなたと聖霊が揃って闇と光を見つめれば、闇と光は共存することなどできません。

 His judgment must prevail, and he will give it to you as you join your perception to his.
 聖霊の裁きが必ず勝ることになります。そして、あなたが自分の知覚を聖霊の知覚に結び合わせれば、聖霊は自らの価値判断をあなたに与えてくれるでしょう。




7. Joining with him in seeing is the way in which you learn to share with him the interpretation of perception that leads to knowledge.
 ものごとを見る際に聖霊とひとつに結びつくことこそが、知識へとつながる知覚の解釈を聖霊と共有することをあなたが学ぶための方法です。

 You cannot see alone.
 あなたは自分ひとりで見ることはできません。

 Sharing perception with him Whom God has given you teaches you how to recognize what you see.
 神があなたに与えてくれた聖霊と知覚を共有することで、あなたは自分の見るものを認識する方法を教わることになります。

 It is the recognition that nothing you see means anything alone.
 それは、あなたの見るものは何であれ、ひとりだけで見たのでは何の意味もないとの認識です。

 Seeing with him will show you that all meaning, including yours, comes not from double vision, but from the gentle fusing of everything into one meaning, one emotion and one purpose.
 聖霊と一緒に見ることによって、あなた自身の意味も含めて、すべてのものの意味は二つの視覚を用いることから生じるのではなくて、あらゆるものが唯一の意味と唯一の感情と唯一の目的へと穏やかに融合することから生じるのだとあなたにもわかってきます。

 God has one purpose which he shares with you.
 神は唯一の目的を持っており、神はそれをあなたと共有しています。

 The single vision which the Holy Spirit offers you will bring this oneness to your mind with clarity and brightness so intense you could not wish, for all the world, not to accept what God would have you have.
 聖霊があなたに差し出す単一のヴィジョンは、あなたのに強烈な明瞭さと輝きをもって、この一体感をもたらしてくれます。その明瞭さと輝きはあまりに鮮烈なので、あなたは、全世界と引き換えにしても、神があなたに持たせようとするものを受け取らずにいようと願うことなどできないでしょう。

 Behold your will, accepting it as his, with all his Love as yours.
 あなたの意志をよく見つめてください。そして、あなたの意志を神の意志として受け入れながら、神の大いなる愛のすべてを自分のものとして一緒に受け入れてください。

 All honor to you through him, and through him unto God.
 すべての栄光が、聖霊を通してあなたのものに、そして、聖霊を通して神のものとなりますように。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
聖霊知覚知識解離無知防衛攻撃

Comments 0

Leave a reply