There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T1-3 贖罪と奇跡

3   0

今回はテキスト第一章から贖罪奇跡についての一節をご紹介します。








テキスト第一章

III.Atonement and Miracles
三 贖罪奇跡





1. I am in charge of the process of Atonement, which I undertook to begin.
 私が着手して始めた贖罪のプロセスは、私の管理の下にあります。

 When you offer a miracle to any of my brothers, you do it to yourself and me.
 あなたが私の兄弟たちの誰かに奇跡を捧げるとき、あなたは自分自身に対して、それから私に対して、奇跡を捧げることになります。

 The reason you come before me is that I do not need miracles for my own Atonement, but I stand at the end in case you fail temporarily.
 このように、あなたが私の前に来る理由は、私自身の贖罪のために私が奇跡を必要とすることはありませんが、あなたが一時的に失敗した場合に備えて私が後ろに控えているためです。

 My part in the Atonement is the canceling out of all errors that you could not otherwise correct.
 贖罪における私の役割は、あなただけでは修正することができないような誤りもすべて帳消しにすることです。

 When you have been restored to the recognition of your original state, you naturally become part of the Atonement yourself.
 あなたが自分の原初の状態に対する認識を回復したとき、あなた自身が自然に贖罪の一部となります。

 As you share my unwillingness to accept error in yourself and others, you must join the great crusade to correct it; listen to my voice, learn to undo error and act to correct it.
 あなた自身や他の者たちの中に誤りがあることを断じて容認しないという私の気持ちにあなたが共鳴するにつれて、あなたは必ずそうした誤りを正す偉大な改革に加わることになります。私の声に耳を傾け、誤りを取り消すことを学び、誤りを正すために行動してください。

 The power to work miracles belongs to you.
 奇跡を行う力は、あなたに備わっているのです。

 I will provide the opportunities to do them, but you must be ready and willing.
 私は奇跡を行うための機会は用意しますが、あなたの準備と意欲がなければなりません。

 Doing them will bring conviction in the ability, because conviction comes through accomplishment.
 奇跡を行うことによって、奇跡を行う能力に対する確信がもたらされます。なぜなら、確信は成し遂げることを通して得られるものだからです。

 The ability is the potential, the achievement is its expression, and the Atonement, which is the natural profession of the children of God, is the purpose.
 奇跡を行う能力は潜在能力であり、奇跡の成就はその潜在能力の発現です。そして、神の子供たちであることをありのままに宣言する贖罪こそ、奇跡の目的です。




2. "Heaven and earth shall pass away" means that they will not continue to exist as separate states.
 「天地は過ぎ去るであろう」というのは、天と地が分離した状態のままで存在し続けることはないという意味です。

 My word, which is the resurrection and the life, shall not pass away because life is eternal.
 復活であり、生命そのものである私の言葉が過ぎ去ることはありません。なぜなら、生命は永遠のものだからです。

 You are the work of God, and his work is wholly lovable and wholly loving.
 あなたは神が創造した傑作であり、神の作品は本当にすべきものであり、完全なに満ち溢れています。

 This is how a man must think of himself in his heart, because this is what he is.
 人は、心の底から自分自身のことをこのように思うべきです。なぜなら、これこそ彼の真の姿だからです。


名称未設定

3. The forgiven are the means of the Atonement.
 赦された者は、贖罪のための拠りどころです。

 Being filled with spirit, they forgive in return.
 赦された者はに満たされているので、その福分けとして赦すようになります。

 Those who are released must join in releasing their brothers, for this is the plan of the Atonement.
 解放された者たちは、必ず自分の兄弟たちを解放する取り組みに加わることになります。なぜなら、これこそ贖罪の計画だからです。

 Miracles are the way in which minds that serve the Holy Spirit unite with me for the salvation or release of all of God's creations.
 奇跡は、神が創造したものたち全員が救われて解放されるために、聖に奉仕する個々の心が私とひとつに結ばれるための方法です。




4. I am the only one who can perform miracles indiscriminately, because I am the Atonement.
 私は、差別することなく奇跡を行うことができる唯一の存在です。なぜなら、私こそが贖罪だからです。

 You have a role in the Atonement which I will dictate to you.
 あなたには贖罪において果たすべき役割があります。その役割は私があなたに指導することになります。

 Ask me which miracles you should perform.
 自分がどの奇跡をなすべきかについては、私に尋ねてください。

 This spares you needless effort, because you will be acting under direct communication.
 そうすれば、あなたは無駄な努力を省くことができます。なぜなら、あなたは私との直接的なコミュニケーションの下に行動するようになるからです。

 The impersonal nature of the miracle is an essential ingredient, because it enables me to direct its application, and under my guidance miracles lead to the highly personal experience of revelation.
 非個人的であるという奇跡の性質は、きわめて重要な要素です。なぜなら、それによって私は奇跡をいかに適用すればよいか指導できるし、私の導きの下に、奇跡は啓示というきわめて個人的な経験へと導くことができるからです。

 A guide does not control but he does direct, leaving it up to you to follow.
 指導者がするのは支配ではありません。ただし、指導者がするのは、自らの指導に従うかどうかをあなたに委ねたうえで導くことです。

 "Lead us not into temptation" means "Recognize your errors and choose to abandon them by following my guidance. "
 「私たちを試みに遭わせず」というのは、「私の導きに従うことによって、あなたの誤りを認め、誤りを捨て去ることを選びなさい」という意味です。

名称未設定

5. Error cannot really threaten truth, which can always withstand it.
 誤りには真理を本当に脅かすことなどできません。真理は必ず誤りに持ちこたえることができます。

 Only the error is actually vulnerable.
 実際に傷つきうるのは、ただ誤っているものだけです。

 You are free to establish your kingdom where you see fit, but the right choice is inevitable if you remember this:
 あなたは、自分の王国をあなたがふさわしいと思うところに自由に設けることができますが、あなたがもし次のことを覚えておけば、必ず正しい選択をすることになります。


Spirit is in a state of grace forever.
は永遠に神の恵みに満ちた状態にあります。

Your reality is only spirit.
あなたの真実の姿は、ただであるのみです。

Therefore you are in a state of grace forever.
したがって、あなたは永遠に神の恵みに満ちた状態にあるのです。


 Atonement undoes all errors in this respect, and thus uproots the source of fear.
 贖罪は、あなたの真実の姿は永遠に神の恵みに満ちたであるとの観点から、すべての誤りを取り消します。こうすることで、贖罪は恐れの源を根絶します。

 Whenever you experience God's reassurances as threat, it is always because you are defending misplaced or misdirected loyalty.
 神が安心させようとすることをあなたが脅威と感じるとき、それはつねに、あなたが見当外れの誤った対象への忠誠心を守ろうとしていることが理由です。

 When you project this to others you imprison them, but only to the extent to which you reinforce errors they have already made.
 あなたがこの見当違いの誤った忠誠心をほかの誰かに投影するとき、あなたは、その者たちを囚われの身にしてしまいます。しかし、それはただ彼ら自身がすでに犯した誤りをあなたが補強する程度においてだけです。

 This makes them vulnerable to the distortions of others, since their own perception of themselves is distorted.
 このことは、彼らを誰かほかの者の歪みによって傷つきやすくしてしまいます。それは、彼らが自分たち自身のことを歪曲して知覚しているからです。

 The miracle worker can only bless them, and this undoes their distortions and frees them from prison.
 奇跡を行う者は、彼らをただ祝福できるだけです。そして、この祝福が彼らの自己認識の歪みを取り消し、彼らを牢獄から解放することになります。




6. You respond to what you perceive, and as you perceive so shall you behave.
 あなたは、自分の知覚するものに対して反応します。そして、あなたは自分の知覚する通りに行動することになります。

 The Golden Rule asks you to do unto others as you would have them do unto you.
 黄金律はあなたに、自分が他者にしてもらいたいと思うことを、あなたが他者に対して行うようにと求めます。

 This means that the perception of both must be accurate.
 これは、あなたと他者の両者の知覚が共に正確なものにならなければならないことを意味します。

 The Golden Rule is the rule for appropriate behavior.
 黄金律は適切に行動するための指針です。
 
 You cannot behave appropriately unless you perceive correctly.
 あなたが正しく知覚しないかぎり、あなたは適切に行動することはできません。

 Since you and your neighbor are equal members of one family, as you perceive both so you will do to both.
 あなたと隣人とはひとつの家族対等な一員同士です。だから、あなたが自分と隣人とを対等家族だと知覚するなら、あなたは自分にも隣人にもふさわしい立ち居振る舞いをすることになります。

 You should look out from the perception of your own holiness to the holiness of others.
 あなたは、あなた自身の神聖さを知覚し、その神聖さの知覚から他の人たちの神聖さへと注意を払うべきです。


名称未設定

7. Miracles arise from a mind that is ready for them.
 奇跡は、奇跡に対する準備の整った心から起こります。

 By being united this mind goes out to everyone, even without the awareness of the miracle worker himself.
 すべての心はひとつに結ばれているので、たとえ奇跡を行う者自身が自覚していなくても、奇跡に対する準備のできた心はすべての人のところに伝わります。

 The impersonal nature of miracles is because the Atonement itself is one, uniting all creations with their Creator.
 奇跡が非個人的な性質を持つのは、贖罪自体があらゆる創造物をその大いなる創造主とひとつに結びつける唯一の作用だからです。

 As an expression of what you truly are, the miracle places the mind in a state of grace.
 あなたの真の姿の表現として、奇跡は心を慈愛に満ちた状態に置きます。

 The mind then naturally welcomes the host within and the stranger without.
 そうなると、その心は自然に内にいる主人と外にいる見知らぬ人とを歓迎するようになります。

 When you bring in the stranger, he becomes your brother.
 あなたがその見知らぬ人を内に招き入れたとき、その人はあなたの兄弟となるのです。




8. That the miracle may have effects on your brothers that you may not recognize is not your concern.
 奇跡は、あなたが気づきもしないような何らかの影響を兄弟たちに及ぼすことがあるかもしれませんが、それはあなたが心配しなくてもよいことです。

 The miracle will always bless you.
 奇跡は、いつでもあなたを祝福してくれます。

 Miracles you are not asked to perform have not lost their value.
 あなたに行うようにと求められていない奇跡であっても、その価値を失ってはいません。

 They are still expressions of your own state of grace, but the action aspect of the miracle should be controlled by me because of my complete awareness of the whole plan.
 それらの奇跡もやはり、あなた自身が恵みに満ちた状態にあることの発露なのです。しかし、奇跡がどのように働くのかという局面については、私がすべての計画について完全に把握しているので、私のコントロールに任せておいてください。

 The impersonal nature of miracle-mindedness ensures your grace, but only I am in a position to know where they can be bestowed.
 奇跡を起こそうとする心の個人差を関知しない性質は、あなたが天の恵みを受けることを確実にします。もっとも、奇跡がどこに授けられるのか、それを知る立場にいるのはただこの私だけです。


名称未設定


9. Miracles are selective only in the sense that they are directed towards those who can use them for themselves.
 奇跡は主体的に奇跡を活用することのできる者たちに向けてもたらされるという意味においてのみ、奇跡は選択的であるといえます。

 Since this makes it inevitable that they will extend them to others, a strong chain of Atonement is welded.
 このことが彼らに他の者たちにも奇跡を差し延べることを余儀なくさせるので、贖罪の強力な鎖がつなぎ合わされることになります。

 However, this selectivity takes no account of the magnitude of the miracle itself, because the concept of size exists on a plane that is itself unreal.
 しかしながら、この選択性は、奇跡そのものの規模には目もくれません。なぜなら、大小の概念は、それ自体実在しない次元に存在するものだからです。

 Since the miracle aims at restoring the awareness of reality, it would not be useful if it were bound by laws that govern the error it aims to correct.
 現実についての自覚を回復させることを目指しているというのに、もし自らが修正しようとする誤りを支配する法則によって奇跡が縛られていたのでは、奇跡は何の役にも立たなくなってしまうでしょう。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします

関連記事

3 Comments

ペテロ says..."真善美の探究"
【真理と自然観】

《真理》

結論から言って, 真偽は人様々ではない。これは誰一人抗うことの出来ない真理によって保たれる。

“ある時, 何の脈絡もなく私は次のように友人に尋ねた。歪みなき真理は何処にあるのか, と。すると友人は, 何の躊躇もなく私の背後を指差したのである。”

私の背後には『空』があった。空とは雲が浮かぶ空ではないし, 単純にからっぽという意味でもない。私という意識, 世界という感覚そのものの原因のことである。この時, 我々は『空・から』という言葉によって人様々な真偽を超えた歪みなき真実を把握したのである。我々の世界は質感。また質感の変化からその裏側に真の形があることを理解した。そして我々はこの世界の何処にも居らず, この世界・感覚・魂の納められた躰, この意識の裏側の機構こそが我々の真の姿であると気付いたのである。



《志向性》

目的は何らかの経験により得た感覚を何らかの手段をもって再び具現すること。感覚的目的地と経路, それを具現する手段を合わせた感覚の再具現という方向。志向性とは或感覚を具現する場合の方向付けとなる原因・因子が具現する能力と可能性を与える機構, 手段によって, 再具現可能性という方向性を得たものである。

『意識中の対象の変化によって複数の志向性が観測されるということは, 表象下に複数の因子が存在するということである。』

『因子は経験により蓄積され, 記憶の記録機構の確立された時点を起源として意識に影響を及ぼして来た。(志向性の作用)』

我々の志向は再具現の機構としての躰に対応し, 再具現可能性を持つことが可能な場合にのみこれを因子と呼ぶ。躰に対応しなくなった志向は機構の変化とともに廃れた因子である。志向が躰に対応している場合でもその具現の条件となる感覚的対象がない場合これを生じない。但し意識を介さず機構(思考の「考, 判断」に関する部分)に直接作用する物が存在する可能性がある。



《思考》

『思考は表象である思と判断機構の象である考(理性)の部分により象造られている。』

思考〔分解〕→思(表象), 考(判断機能)

『考えていても表面にそれが現れるとは限らない。→思考の領域は考の領域に含まれている。思考<考』

『言葉は思考の領域に対応しなければ意味がない。→言葉で表すことが出来るのは思考可能な領域のみである。』

考, 判断(理性)の機能によって複数の中から具現可能な志向が選択される。


《生命観》
『感覚器官があり連続して意識があるだけでは生命であるとは言えない。』

『再具現性を与える機構としての己と具現を方向付ける志向としての自。この双方の発展こそ生命の本質である。』


生命は過去の意識の有り様を何らかの形(物)として保存する記録機構を持ち, これにより生じた創造因を具現する手段としての肉体・機構を同時に持つ。

生命は志向性・再具現可能性を持つ存在である。意識の有り様が記録され具現する繰り返しの中で新しいものに志向が代わり, その志向が作用して具現機構としての肉体に変化を生じる。この為, 廃れる志向が生じる。


*己と自の発展
己は具現機構としての躰。自は記録としてある因子・志向。

己と自の発展とは, 躰(機構)と志向の相互発展である。志向性が作用した然としてある意識(現象)から新しい志向が生み出され, その志向が具現機構である肉体と意識に連動して作用する。生命は然の理に屈する存在ではなくその志向により肉体を変化させ, 然としてある意識, 世界を変革する存在である。

『志向(作用)→肉体・機構』



然の理・然性
自己, 志向性を除く諸法則。志向性を加えて自然法則になる。

然の理・然性(第1法則)
然性→志向性(第2法則)



【世界創造の真実】

世界が存在するという認識があるとき, 認識している主体として自分の存在を認識する。だから自我は客体認識の反射作用としてある。これは逆ではない。しかし人々はしばしばこれを逆に錯覚する。すなわち自分がまずあってそれが世界を認識しているのだと。なおかつ自身が存在しているという認識についてそれを懐疑することはなく無条件に肯定する。これは神と人に共通する倒錯でもある。それゆえ彼らは永遠に惑う存在, 決して全知足りえぬ存在と呼ばれる。

しかし実際には自分は世界の切り離し難い一部分としてある。だから本来これを別々のものとみなすことはありえない。いや, そもそも認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう?

言葉は名前をつけることで世界を便宜的に区分し, 分節することができる。あれは空, それは山, これは自分。しかして空というものはない。空と名付けられた特徴の類似した集合がある。山というものはない。山と名付けられた類似した特徴の集合がある。自分というものはない。自分と名付けられ, 名付けられたそれに自身が存在するという錯覚が生じるだけのことである。

これらはすべて同じものが言葉によって切り離され分節されることで互いを別別のものとみなしうる認識の状態に置かれているだけのことである。

例えて言えば, それは鏡に自らの姿を写した者が鏡に写った鏡像を世界という存在だと信じこむに等しい。それゆえ言葉は, 自我と世界の境界を仮初に立て分ける鏡に例えられる。そして鏡を通じて世界を認識している我々が, その世界が私たちの生命そのものの象であるという理解に至ることは難い。鏡を見つめる自身と鏡の中の象が別々のものではなく, 同じものなのだという認識に至ることはほとんど起きない。なぜなら私たちは鏡の存在に自覚なくただ目の前にある象を見つめる者だからである。

そのように私たちは, 言葉の存在に無自覚なのである。言葉によって名付けられた何かに自身とは別の存在性を錯覚し続け, その錯覚に基づいて自我を盲信し続ける。だから言葉によって名前を付けられるものは全て存在しているはずだと考える。

愛, 善, 白, 憎しみ, 悪, 黒。そんなものはどこにも存在していない。神, 霊, 悪魔, 人。そのような名称に対応する実在はない。それらはただ言葉としてだけあるもの, 言葉によって仮初に存在を錯覚しうるだけのもの。私たちの認識表象作用の上でのみ存在を語りうるものでしかない。

私たちの認識は, 本来唯一不二の存在である世界に対しこうした言葉の上で無限の区別分割を行い, 逆に存在しないものに名称を与えることで存在しているとされるものとの境界を打ち壊し, よって完全に倒錯した世界観を創り上げる。これこそが神の世界創造の真実である。

しかし真実は, 根源的無知に伴う妄想ゆえに生じている, 完全に誤てる認識であるに過ぎない。だから万物の創造者に対してはこう言ってやるだけで十分である。

「お前が世界を創造したのなら, 何者がお前を創造した?」

同様に同じ根源的無知を抱える人間, すなわち自分自身に向かってこのように問わねばならない。

「お前が世界を認識出来るというなら, 何者がお前を認識しているのか?」

神が誰によっても創られていないのなら, 世界もまた神に拠って創られたものではなく, 互いに創られたものでないなら, これは別のものではなく同じものであり, 各々の存在性は虚妄であるに違いない。

あなたを認識している何者かの実在を証明できないなら, あなたが世界を認識しているという証明も出来ず, 互いに認識が正しいということを証明できないなら, 互いの区分は不毛であり虚妄であり, つまり別のものではなく同じものなのであり, であるならいかなる認識にも根源的真実はなく, ただ世界の一切が分かちがたく不二なのであろうという推論のみをなしうる。



【真善美】

真は空(真の形・物)と質(不可分の質, 側面・性質), 然性(第1法則)と志向性(第2法則)の理解により齎される。真理と自然を理解することにより言葉を通じて様々なものの存在可能性を理解し, その様々な原因との関わりの中で積極的に新たな志向性を獲得してゆく生命の在り方。真の在り方であり, 自己の発展とその理解。


善は社会性である。直生命(個別性), 対生命(人間性), 従生命(組織性)により構成される。三命其々には欠点がある。直にはぶつかり合う対立。対には干渉のし難さから来る閉塞。従には自分の世を存続しようとする為の硬直化。これら三命が同時に認識上に有ることにより互いが欠点を補う。

△→対・人間性→(尊重)→直・個別性→(牽引)→従・組織性→(進展)→△(前に戻る)

千差万別。命あるゆえの傷みを理解し各々の在り方を尊重して独悪を克服し, 尊重から来る自己の閉塞を理解して組織(なすべき方向)に従いこれを克服する。個は組織の頂点に驕り執着することなく状況によっては退き, 適した人間に委せて硬直化を克服する。生命理想を貫徹する生命の在り方。


美は活活とした生命の在り方。

『認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう? 』

予知の悪魔(完全な認識をもった生命)を否定して認識の曖昧さを認め, それを物事が決定する一要素と捉えることで志向の自由の幅を広げる。予知の悪魔に囚われて自分の願望を諦めることなく認識と相互してこれを成し遂げようとする生命の在り方。


2014.10.23 13:27 | URL | #JyiQAf4Q [edit]
 ken says..."Re: 真善美の探究"
ペテロさん

真善美の探求に関する論考をいただき、ありがとうございました。
2014.10.23 17:29 | URL | #- [edit]
星山 しげのぶ says..."1"
こんにちは
大内 博さん訳と中央アートの加藤さん訳の二つを何回も読みました。
とてもよかったです


大畑さんの訳はものすごくわかりやすいです
非常に勉強になりました

この最高の書籍は難解でどう理解したらよいのかわからない所が沢山あります

しかし、この訳はそれらを明快に捉えています
はっきりした理解に導きます

コースに対する深い洞察を感じます。
これから、しっかり読みこなしていきたく思っています。

勉強する中で感想なり質問があればメールさせて頂きたく思います

   本当に有難うございます
2015.09.18 21:22 | URL | #XJx2UHkY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/668-806ef525
該当の記事は見つかりませんでした。