There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T1-2 啓示と奇跡はどう違うの?時間とはどんな関係にある?

0   0

今回はテキスト第一章から、「啓示時間そして奇跡」という一節をご紹介します。







テキスト第一章

II.Revelation, Time and Miracles
二 啓示時間そして奇跡



1. Revelation induces complete but temporary suspension of doubt and fear.
 啓示は、一時的とはいえ、疑いと恐れの完全な停止を引き起こします。

 It reflects the original form of communication between God and his creations, involving the extremely personal sense of creation sometimes sought in physical relationships.
 啓示は、ときに肉体的な関係において希求されるようなきわめて個人的な創造の感覚を含む、神と創造物との間でのコミュニケーションの原形を反映するものです。

 Physical closeness cannot achieve it.
 肉体的な親密さによっては、啓示を獲得することはできません。

 Miracles, however, are genuinely interpersonal, and result in true closeness to others.
 しかしながら、奇跡は純粋に人と人との関係において起こるので、結果として、他の人たちと真の親密さを生じます。

 Revelation unites you directly with God.
 啓示は、あなたを神と直接的に結びつけます。

 Miracles unite you directly with your brother.
 奇跡は、あなたをあなたの兄弟と直接的に結びつけます。

 Neither emanates from consciousness, but both are experienced there.
 啓示奇跡も、意識することで起こるものではありませんが、ともに意識において経験されるものです。

 Consciousness is the state that induces action, though it does not inspire it.
 意識することは行動を誘発する状態です。けれども、意識すること自体が行動を引き起こすわけではありません。

 You are free to believe what you choose, and what you do attests to what you believe.
 あなたには自分の選ぶものを信じる自由があります。そして、あなたが何をするかということが、あなたが何を信じているかを証明することになります。




2. Revelation is intensely personal and cannot be meaningfully translated.
 啓示は、強烈なまでに個人的な体験であって、それを十分に意味がわかるように翻訳することなどできません。

 That is why any attempt to describe it in words is impossible.
 それゆえ、啓示をどのように言葉で描写しようとしても、それは不可能です。

 Revelation induces only experience.
 啓示は、ただ体験だけを引き起こします。

 Miracles, on the other hand, induce action.
 他方で、奇跡は行動を引き起こします。

 They are more useful now because of their interpersonal nature.
 今のところは、奇跡のほうが役に立ちます。なぜなら、奇跡は人と人との関係において起こるという本質を持っているからです。

 In this phase of learning, working miracles is important because freedom from fear cannot be thrust upon you.
 学びのこの段階では、奇跡を行うことが大切です。なぜなら、恐れからの解放をあなたに無理やり押しつけることなどできないからです。

 Revelation is literally unspeakable because it is an experience of unspeakable love.
 啓示は、文字どおり言葉では表現しきれません。なぜなら、啓示とは言葉に表せないほどの体験することだからです。

名称未設定



3. Awe should be reserved for revelation, to which it is perfectly and correctly applicable.
 畏敬の念は、啓示のために残しておくべきものです。啓示には、畏敬の念が完全に正しくあてはまります。

 It is not appropriate for miracles because a state of awe is worshipful, implying that one of a lesser order stands before his Creator.
 しかし、奇跡に対しては、畏敬の念はふさわしいとはいえません。なぜなら、畏敬の念を抱く心境は、崇めることであって、劣位の者が自らの創造主の前に立つことを意味するからです。

 You are a perfect creation, and should experience awe only in the Presence of the Creator of perfection.
 あなたは完全なるものとして創造されているのだから、ただ完全なるものの創造主の面前においてのみ、畏敬の念を抱くべきです。

 The miracle is therefore a sign of love among equals.
 したがって、奇跡は、同等である者たちの間におけるの印ということになります。

 Equals should not be in awe of one another because awe implies inequality.
 畏敬の念は平等ではないということを意味するので、同等の者同士は、お互いに畏敬の念を抱くべきではありません。

 It is therefore an inappropriate reaction to me.
 したがって、私に対して畏敬の念を抱くのは、ふさわしい反応ではありません。

 An elder brother is entitled to respect for his greater experience, and obedience for his greater wisdom.
 兄は、より多大な経験をしてきたがゆえに敬意を払われるに値し、そして、より優れた英知を備えているがゆえに、忠順であるにも値します。

 He is also entitled to love because he is a brother, and to devotion if he is devoted.
 また、兄は、兄弟であるがゆえにされるに値し、もし彼が献身的な深いされるなら、それを受けるにも値します。

 It is only my devotion that entitles me to yours.
 私があなたたちから深くされるに値するとすれば、それはただ私が深くあなたたちのことを愛しているからにほかなりません。

 There is nothing about me that you cannot attain.
 私の持ち合わせるもので、あなたたちに手に入れられないものは何ひとつありません。

 I have nothing that does not come from God.
 私の持つもので神に由来しないものは何ひとつありません。

 The difference between us now is that I have nothing else.
 今のところ、あなたたちと私との違いは、私が神から授かったもの以外には何も持っていないということです。

 This leaves me in a state which is only potential in you.
 このことが、あなたたちにとってはまだ可能性にすぎない境地に私を置いているのです。





4. "No man cometh unto the Father but by me" does not mean that I am in any way separate or different from you except in time, and time does not really exist.
 「私によらずして、誰ひとり父の御許に至る者はない」との言葉は、時間の中にある場合を除いては、私はあなたから少しも離れてはいないし、あなたとどのようにも違ってはいないことを意味します。そして、時間というものは本当は存在しないのです。

 The statement is more meaningful in terms of a vertical rather than a horizontal axis.
 水平軸よりも垂直軸の観点を用いて説明したほうが、この言明の意味がよりわかりやすいでしょう。

 You stand below me and I stand below God.
 あなたは私の下にいて、私は神の下にいます。

 In the process of "rising up," I am higher because without me the distance between God and man would be too great for you to encompass.
 「昇天」のプロセスにおいて、私はあなたたちよりも高みにいます。なぜなら、私がいなければ、神と人との間の隔たりがあまりにも大きすぎて、あなたたちには乗り越えられなくなってしまうからです。

 I bridge the distance as an elder brother to you on the one hand, and as a Son of God on the other.
 私は、一方では、あなたたちの兄として、他方では、神の子として、その隔たりに橋を架けます。

 My devotion to my brothers has placed me in charge of the Sonship, which I render complete because I share it.
 兄弟たちへの深い愛によって、私は神の子全体の救済の任に就きました。そして、私は、神の子としての身分を共有するがゆえに、この任務を完遂するために尽くすのです。

 This may appear to contradict the statement "I and my Father are one," but there are two parts to the statement in recognition that the Father is greater.
 このことは「私と父はひとつである」という言明と矛盾するように思えるかもしれません。しかし、父がより偉大であると承認するかぎりにおいては、この言明には二つの意味があるといえます。

名称未設定


5. Revelations are indirectly inspired by me because I am close to the Holy Spirit, and alert to the revelation-readiness of my brothers.
 私が啓示を間接的に呼び起こします。なぜなら、私は聖霊と近しいし、私は兄弟たちに啓示を受ける準備が整っているかどうかについても注意を怠らないからです。

 I can thus bring down to them more than they can draw down to themselves.
 したがって、私は兄弟たちが自分で引き出しうる以上に、より多くを彼らにもたらすことができます。

 The Holy Spirit mediates higher to lower communication, keeping the direct channel from God to you open for revelation.
 聖霊は、神からあなたへの直通の経路を啓示のために開いておくことによって、高いところから低いところへのコミュニケーションを取りなします。

 Revelation is not reciprocal.
 啓示は、双方向的には起こりません。

 It proceeds from God to you, but not from you to God.
 啓示は、神からあなたへと赴くものであって、あなたから神へ赴くことはありません。




6. The miracle minimizes the need for time.
 奇跡は、時間の必要性を最小限にします。

 In the longitudinal or horizontal plane the recognition of the equality of the members of the Sonship appears to involve almost endless time.
 前後に水平に時空の広がる次元の中では、神の子全体を構成する者たちが平等であることを認識しようとしても、ほとんど無限の時間を必要とするように思えます。

 However, the miracle entails a sudden shift from horizontal to vertical perception.
 しかしながら、奇跡は、水平的な知覚から垂直的な知覚への突然の移行を引き起こします。

 This introduces an interval from which the giver and receiver both emerge farther along in time than they would otherwise have been.
 この水平軸から垂直軸への突然の移行によって、奇跡の与え手と受け手の両者が、水平の知覚のままであったなら、彼らがそこに留まっていたはずの時点と、彼らが共に本来さらにずっと進んだ先の時間において現れることになるはずの時点との隔たりが引き合わされることになります。

 The miracle thus has the unique property of abolishing time to the extent that it renders the interval of time it spans unnecessary.
 かくして、奇跡はそれが及ぶ時間的隔たりを不必要にして、その範囲において時間を完全に無くすという独自の性質を持っているということができます。

 There is no relationship between the time a miracle takes and the time it covers.
 ある奇跡に要する時間とその奇跡が及ぶ時間の間には、何の関係もありません。

 The miracle substitutes for learning that might have taken thousands of years.
 奇跡は、何千年もかかったかもしれない学びの代わりとなります。

 It does so by the underlying recognition of perfect equality of giver and receiver on which the miracle rests.
 奇跡は、与え手と受け手は完全に対等であるという、奇跡の土台となる認識によってそれをなします。

 The miracle shortens time by collapsing it, thus eliminating certain intervals within it.
 奇跡は時間を崩壊させ、そうして、時間の中に含まれている一定の間隔を取り除くことによって時間を短縮します。

 It does this, however, within the larger temporal sequence.
 ただし、奇跡がこれをなすのは、より大きな時間的な連なりの中においてです。


名称未設定



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/669-6dd30b55
該当の記事は見つかりませんでした。