There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

M5 「癒し」の仕組みとは?

0   0

今回は、教師のためのマニュアルから第5節「どのように癒しは達成されるのか」をご紹介します。


奇跡のコースでは、癒しのことを、分離幻想を解消し、神の子の完全性を回復するという贖罪と同様の意味を持つ概念として用いており、病気や疲労からの回復だけの意味に限定して用いてはいませんが、この一節では、特に病気との対比によって癒しの意味を説明していきます。






この一節には、受け止め方によっては、病気で苦まれている方々、ご家族、病気に立ち向かう医療者の方々にとって、もしかしたら不快な思いを抱かせてしまう言葉や表現が含まれているかもしれません。

コースには決して、病気を患われている方々を貶めようとする趣旨はないということは十分に強調しておかなければなりません。

もっとも、もし不快に感じられるなら、はっきりとした意識はなくても、それはご自分の中に何らかの気づきがあることを示しているのかもしれません。

そのような方にこそ、ぜひ、奇跡のコースをより深く読んでみていただければと思います。



まず参考に、テキスト第七章の四を読んでいただければと思います。




Section 5
How Is Healing Accomplished?
どのように癒しは達成されるのか



1. Healing involves an understanding of what the illusion of sickness is for.
癒しをなすには、病気という幻想が何のためにあるのか理解することが必要です。

Healing is impossible without this.
病気の幻想が何のためにあるのか理解することなくして、癒しをなすことは不可能です。


I. The Perceived Purpose of Sickness
Ⅰ 病気の目的と知覚されるもの

1. Healing is accomplished the instant the sufferer no longer sees any value in pain.
 病人がもうそれ以上苦痛に何の価値も見ることがなくなったとき、即座に癒しは成就します。

 Who would choose suffering unless he thought it brought him something, and something of value to him?
 その人が、苦痛が自分に何かを、それも価値のある何かをもたらしてくれると考えているのでないかぎり、いったい誰が苦しみ患うことを好んで選ぼうとするでしょうか。

 He must think it is a small price to pay for something of greater worth.
 彼は、より大きな価値のある何かを得るために払うのであれば、苦痛などたいした代償ではないと考えているに違いありません。

 For sickness is an election; a decision.
 というのも、病気はひとつの選択であり、ひとつの決断だからです。

 It is the choice of weakness, in the mistaken conviction that it is strength.
 病気は、弱さのことを強さであると確信してしまう思い違いによって、弱さを選択することです。

 When this occurs, real strength is seen as threat and health as danger.
 この思い違いが起こると、真の強さは脅威のように見えてしまって、健やかさは危険なことに見えてしまいます。

 Sickness is a method, conceived in madness, for placing God's Son on his Father's throne.
 病気は神の子を彼の大いなる父の玉座に据えようとするために、狂気の中で思いつかれたひとつの手段です。

 God is seen as outside, fierce and powerful, eager to keep all power for Himself.
 荒ぶる強大な神は、自らの一切の力を渡すまいとして、神の子の外側にあるものとして見えることになります。

 Only by His death can He be conquered by His Son.
 神がぬよりほかには、神の子が神を打ち破ることはできないということになってしまいます。




2. And what, in this insane conviction, does healing stand for?
 こんな狂気の確信の中では、癒しは何を意味するでしょうか。

 It symbolizes the defeat of God's Son and the triumph of his Father over him.
 癒しは、神の子の敗北と彼の父が彼を打ち負かして勝利を収めたことを象徴します。

 It represents the ultimate defiance in a direct form which the Son of God is forced to recognize.
 癒しは、神の子がいかに挑戦しても最終的には神に敵わないことに彼が真正面から気づかされることを意味します。

 It stands for all that he would hide from himself to protect his "life."
 癒しは、神の子が自分の「生命」を守るために自分自身に対して隠し通そうとするすべての象徴です。

 If he is healed, he is responsible for his thoughts.
 もし神の子が癒されるなら、彼は自分の思うことに関して責任があることになります。

 And if he is responsible for his thoughts, he will be killed to prove to him how weak and pitiful he is.
 そして、もし彼が自分の思うことに責任があるとすれば、彼は、自分がいかにか弱く、哀れな存在かを自分に証明するために殺されることになります。

 But if he chooses death himself, his weakness is his strength.
 しかし、もし彼が自分でを選ぶのであれば、彼の弱さは彼の強みになります。

 Now has he given himself what God would give to him, and thus entirely usurped the throne of his Creator.
 今や彼は自分自身に、神が彼に与えようとしていたものを与ることによって、完全に自分の創造主の玉座を奪い取ったことになるのです。



II. The Shift in Perception
Ⅱ 知覚の変化

1. Healing must occur in exact proportion to which the valuelessness of sickness is recognized.
 癒しは、必ず病気の無価値さについての気づきの程度に正確に比例して起こります。

 One need but say, "There is no gain at all to me in this" and he is healed.
 誰でも「病気になることで私が得るものなどまったくない」と言うだけでよいのです。そうすれば、彼は癒されることになります。

 But to say this, one first must recognize certain facts.
 しかし、このように言うためには、誰もがまず、ある事実に気づかなければなりません。

 First, it is obvious that decisions are of the mind, not of the body.
 第一に、決断することは、身体ではなく心がなすものであることは明らかです。

 If sickness is but a faulty problem-solving approach, it is a decision.
 もし病気が間違った問題解決のアプローチであるにすぎないなら、病気はひとつの決断だといえます。

 And if it is a decision, it is the mind and not the body that makes it.
 そして、もし病気がひとつの決断であるなら、病気を作り出しているのは身体ではなく、心だということになります。

 The resistance to recognizing this is enormous, because the existence of the world as you perceive it depends on the body being the decision maker.
 心が病気を作り出していることに気づくことに対する抵抗は、非常に大きなものです。なぜなら、あなたが見ているような世界の存在は、身体こそが決定者であることを基盤としているからです。

 Terms like "instincts," "reflexes" and the like represent attempts to endow the body with non-mental motivators.
 「本能」のような言葉や「反射運動」その他、類似の言葉は、身体に非心理的な動力源を付与しようとする試みを表しています。

 Actually, such terms merely state or describe the problem.
 実際のところ、そのような言葉は、ただ単に問題を言葉で述べたり描写しているだけです。

 They do not answer it.
 それらの言葉は、問題に対して何も答えてはいないのです。




2. The acceptance of sickness as a decision of the mind, for a purpose for which it would use the body, is the basis of healing.
 病気は心が決断することであって、ある目的のために心が身体を利用していることなのだと受け入れることこそ、癒しの基盤です。

 And this is so for healing in all forms.
 そして、いかなる形態の癒しにとっても、病気を心の決断として受け入れることが基盤となるのです。

 A patient decides that this is so, and he recovers.
 ある患者が自分の心が病気になることを決めているのだと決断すると、彼は回復することになります。

 If he decides against recovery, he will not be healed.
 もし彼が回復に反対する決断をするなら、彼は癒されないでしょう。

 Who is the physician?
 誰が癒し主なのでしょうか。

 Only the mind of the patient himself.
 ただ患者本人の心だけが癒し主です。

 The outcome is what he decides that it is.
 患者がそのように決断したことがその結果として表れます。

 Special agents seem to be ministering to him, yet they but give form to his own choice.
 特別な薬品は、彼を治すのに役立つように思えます。しかし、薬は彼自身のした選択に形を与えるだけです。

 He chooses them in order to bring tangible form to his desires.
 患者は、自分の望みに具体的な形をもたらすために薬品を選ぶのです。

 And it is this they do, and nothing else.
 だから、薬品がなすのはそれだけのことで、それ以外にはありません。

 They are not actually needed at all.
 薬品は、本当はまったく必要ではないのです。

 The patient could merely rise up without their aid and say, "I have no use for this."
 患者は、薬品の助けを借りることなくただ起き上がって「私には薬は必要ない」と言うことができます。

 There is no form of sickness that would not be cured at once.
 一瞬で治らないような病気はいかなる形であれ、何ひとつないのです。




3. What is the single requisite for this shift in perception?
 このような知覚の転換を起こすために必要なたったひとつの条件とは何でしょうか。

 It is simply this; the recognition that sickness is of the mind, and has nothing to do with the body.
 それは単純に、病気は心の問題であって、身体とは何の関係もないということに気づくことだけです。

 What does this recognition "cost"?
 このことに気づくことの「代償」は何でしょうか。

 It costs the whole world you see, for the world will never again appear to rule the mind.
 その代償は、あなたが見ているこの世界全体です。というのも、この気づきにより、この世界はもはや二度と再びその心を支配するようには見えなくなるからです。

 For with this recognition is responsibility placed where it belongs; not with the world, but on him who looks on the world and sees it as it is not.
 というのは、この気づきは、心を支配する力と責任を、それが属さないこの世界にではなく、それにふさわしい場所、すなたち、この世界を目にしながらも、それをあるがままに見ていない彼自身に引き渡すことになるからです。

 He looks on what he chooses to see.
 彼は、自分が見ることを選んだものを目にすることになります。

 No more and no less.
 それ以上でもそれ以下でもありません。

 The world does nothing to him.
 この世界は、彼に何もできません。

 He only thought it did.
 彼はただこの世界が自分に何かをしたと思っていただけだったのです。

 Nor does he do anything to the world, because he was mistaken about what it is.
 また、彼のほうもこの世界に対して何もしてはいません。なぜなら、彼はこの世界が何であるか誤解していたからです。

 Herein is the release from guilt and sickness both, for they are one.
 ここにこそ、罪悪感と病気の両方からの解放があります。なぜなら、罪悪感と病気はひとつのものだからです。

 Yet to accept this release, the insignificance of the body must be an acceptable idea.
 しかし、罪悪感と病気の両方からの解放を受け入れるためには、身体は無意味だという考えが受け入れられる必要があります。





4. With this idea is pain forever gone.
 この身体が無意味であるとの考えが、苦痛を永遠に去らせてくれます。

 But with this idea goes also all confusion about creation.
 しかも、この考えは、創造に関するあらゆる混同もまた一緒に連れ去ってくれます。

 Does not this follow of necessity?
 そんな混同など追いかける必要はないのではないでしょうか。

 Place cause and effect in their true sequence in one respect, and the learning will generalize and transform the world.
 ひとつの側面で、原因と結果を正しい順序で引き続いて起こるように配置してください。そうすれば、学びが一般化され、世界は変容します。

 The transfer value of one true idea has no end or limit.
 ひとつの正しい考えの価値を伝えることには、終わりも限界もありません。

 The final outcome of this lesson is the remembrance of God.
 このレッスンの最終の成果は、神を思い出すことです。

 What do guilt and sickness, pain, disaster and all suffering mean now?
 今や、罪悪感や病気、苦痛、災厄やあらゆる苦難に何の意味があるでしょうか。

 Having no purpose, they are gone.
 それらは、何の目的もないので、去ってしまうのです。

 And with them also go all the effects they seemed to cause.
 そして、それらのあらゆる苦難と一緒に、それらの苦難が引き起こしていたように見えた影響や結果のすべてもまた消え去ります。

 Cause and effect but replicate creation.
 原因と結果は、ただ創造を反映するだけです。

 Seen in their proper perspective, without distortion and without fear, they re-establish Heaven.
 歪曲や恐怖を伴うことなく、原因と結果を正しい観点で見るなら、原因と結果は天国を再建してくれます。




III. The Function of the Teacher of God
Ⅲ 神の教師の役割

1. If the patient must change his mind in order to be healed, what does the teacher of God do?
 もし癒されるために患者が自分の心を変えなければならないなら、神の教師は何をするのでしょうか。

 Can he change the patient's mind for him?
 神の教師は、患者に代わって彼の心を変えることができるでしょうか。

 Certainly not.
 もちろん、そんなことは、できません。

 For those already willing to change their minds he has no function except to rejoice with them, for they have become teachers of God with him.
 というのも、すでに自分たちの心を変える意欲を持っている人たちに対しては、神の教師には、彼らと一緒に喜ぶことを除いては、何の役割も持たないからです。それは、その人たちも、彼と一緒に神の教師になったからです。

 He has, however, a more specific function for those who do not understand what healing is.
 しかしながら、神の教師には、癒しが何であるか理解しない者たちのために、より特別な役割があります。

 These patients do not realize they have chosen sickness.
 このような患者たちは、自分たちが病気を選択したのだと理解していません。

 On the contrary, they believe that sickness has chosen them.
 それどころか、このような患者たちは、病気のほうが自分たちのことを選んだのだと信じ込んでいます。

 Nor are they openminded on this point.
 しかも、彼らは、病気が自分を選んだと信じることにかけては、心を閉ざして開こうとはしません。

 The body tells them what to do and they obey.
 身体が彼らに何をすればよいか告げ、彼らはそれに従います。

 They have no idea how insane this concept is.
 このような考え方をするのがどれほど異常なことか、彼らにはまったくわかっていません。

 If they even suspected it, they would be healed.
 もし彼らが少しでも疑いさえすれば、彼らは癒されるでしょうに。

 Yet they suspect nothing.
 それなのに、彼らは何も疑おうとしません。

 To them the separation is quite real.
 彼らにとっては、分離は完全に本当のことなのです。





2. To them God's teachers come, to represent another choice which they had forgotten.
 彼らの忘れきっているもうひとつの選択肢の存在を示すために、神の教師たちは彼らの許へとやってきます。

 The simple presence of a teacher of God is a reminder.
 ひとりの神の教師が単にそこに居ることが、彼らにもうひとつの選択肢を思い出させることになります。

 His thoughts ask for the right to question what the patient has accepted as true.
 神の教師の思考が、患者が真実として受け入れてきたことに患者が疑問を差し挟めるようにさせます。

 As God's messengers, His teachers are the symbols of salvation.
 神の使者として、神の教師たちは、救済のシンボルとなります。

 They ask the patient for forgiveness for God's Son in his own Name.
 神の教師たちは、患者に、神の子を神の子自身の名において赦すように求めます。

 They stand for the Alternative.
 神の教師は、別の選択肢を表します。

 With God's Word in their minds they come in benediction, not to heal the sick but to remind them of the remedy God has already given them.
 神の言葉を自らの心に抱き、神の教師たちは祝福の中でやってきます。それは、病人を癒すためではなく、病人に神がすでに彼らに癒しを授けてくれていることを思い出させるためにやってくるのです。

 It is not their hands that heal.
 神の教師たちの手が癒すのではありません。

 It is not their voice that speaks the Word of God.
 神の教師たちの声が神の言葉を語るのではありません。

 They merely give what has been given them.
 神の教師たちはただ、すでに彼らに授けられているものを与えるだけなのです。

 Very gently they call to their brothers to turn away from death:
 とても穏やかに、神の教師たちは、自分の兄弟たちにに背を向けるようにと呼びかけます。

 "Behold, you Son of God, what life can offer you.
 「神の子であるあなたよ、生命があなたに何を差し伸べることができるかよく見なさい。

 Would you choose sickness in place of this?"
 生命が差し出すものと引き換えに、あなたは病気を選ぼうというのですか」と。




3. Not once do the advanced teachers of God consider the forms of sickness in which their brother believes.
 先に進んだ神の教師は、自分の兄弟たちが信じ込んでいるような病気の多様な形態のことを一度でも考えようとはしません。

 To do this is to forget that all of them have the same purpose, and therefore are not really different.
 色々な病気のことを考えるということは、あらゆる病気は同じ目的を持っていて、それゆえに、実際には何の違いもないということを忘れてしまっていることを意味します。

 They seek for God's Voice in this brother who would so deceive himself as to believe God's Son can suffer.
 神の教師たちは、このように神の子が苦しむことが可能だと信じ込むほどまで自分を欺いてしまっているこの兄弟の中に神の大いなる声を探そうとします。

 And they remind him that he did not make himself, and must remain as God created him.
 そして、神の教師たちは、その兄弟にその兄弟が自分自身を作り出したのではなく、彼は神に創造されたままのはずであることを思い出させます。

 They recognize illusions can have no effect.
 神の教師たちは、幻想は何の影響も及ぼすことができないと気づいています。

 The truth in their minds reaches out to the truth in the minds of their brothers, so that illusions are not reinforced.
 神の教師たちの心の中にある真理は、彼らの兄弟の心の中にある真理へと届くので、幻想が増強されることはありません。

 They are thus brought to truth; truth is not brought to them.
 こうして、幻想は真理へともたらされます。真理が幻想にもたらされるのではありません。

 So are they dispelled, not by the will of another, but by the union of the one Will with itself.
 こうして幻想は消し去られます。それは、他者の意志によってではなく、ひとつの大いなる意志がそれ自身と結びつくことによって払拭されるのです。

 And this is the function of God's teachers; to see no will as separate from their own, nor theirs as separate from God's.
 そして、次のことこそが神の教師たちの役目です。その役目とは、自分たちの意志とは切り離された意志など何ひとつないし、自分たちの意志も神の意志から分離していないことを見るということです。


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/67-996fec7a
該当の記事は見つかりませんでした。