There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T20-7 手段と目的の整合性

0   0

テキスト第二十章から「手段目的の整合性」という一節をご紹介します。





テキスト第二十章

VII. The Consistency of Means and End
七 手段目的の整合性


1. We have said much about discrepancies of means and end, and how these must be brought in line before your holy relationship can bring you only joy.
 私たちはすでに、手段目的の不一致や、あなたの神聖な関係があなたに喜びだけをもたらしてくれるようにするために、どのようにして手段目的一致させるべきかについて、大いに述べてきました。

 But we have also said the means to meet the Holy Spirit's goal will come from the same Source as does his purpose.
 それだけでなく、私たちはまた、聖霊の目標に到達するための手段は、聖霊の目的が生まれた同じ大いなる源から訪れるということも述べました。

 Being so simple and direct, this course has nothing in it that is not consistent.
 本当に単純で直接的なので、このコースには首尾一貫しないところは何ひとつありません。

 The seeming inconsistencies, or parts you find more difficult than others, are merely indications of areas where means and end are still discrepant.
 一見矛盾しているように思えることや、あなたが他の部分より難しいように感ずる部分があるとすれば、それは単にまだあなたの中で手段目的が依然として相違したままのところがあることを示しているだけです。

 And this produces great discomfort.
 たしかにこのことは、大きな不安を生むでしょう。

 This need not be.
 しかし、心配するには及びません。

 This course requires almost nothing of you.
 このコースは、あなたにほとんど何も要求することはないのです。

 It is impossible to imagine one that asks so little, or could offer more.
 こんなにも何も求めることなく、それでいながら、何よりも多くを差し延べてくれる教えなど想像することは不可能です。




2. The period of discomfort that follows the sudden change in a relationship from sin to holiness may now be almost over.
 関係を持つ目的から神聖さへと突然に変わったことに伴う不安で不快な時期は、もうほとんど終りに近づいています。

 To the extent you still experience it, you are refusing to leave the means to him who changed the purpose.
 あなたがまだ不安や不快を感じているとすれば、それは、関係の目的を変えてくれた聖霊に手段を任せるのを、あなたが拒絶しているせいです。

 You recognize you want the goal.
 あなたは、自分が聖霊の目標を望んでいることは認めています。

 Are you not also willing to accept the means?
 そうであれば、あなたは同じく、その目標のための手段も自ら進んで受け入れようとは思わないでしょうか。

 If you are not, let us admit that you are inconsistent.
 もしあなたが進んで手段を受け入れる意欲を持たないとすれば、私たちは、あなたが自己矛盾していることを認めざるをえません。

 A purpose is attained by means, and if you want a purpose you must be willing to want the means as well.
 目的というものは手段によって達成されます。だから、もしあなたがある目的を望むなら、あなたは同じように、その目的のための手段も手に入れたいと意欲を抱くはずです。

 How can one be sincere and say, "I want this above all else, and yet I do not want to learn the means to get it? "
 いったい誰が本心から、「私はほかの何にもましてこれを望んでいる。けれど、私はそれを手に入れるための手段は学びたくない」などと言えるでしょうか。

名称未設定


3. To obtain the goal the Holy Spirit indeed asks little.
 目標を獲得するために、聖霊は本当にほとんど何も要求しません。

 He asks no more to give the means as well.
 聖霊は、同じように、あなたに目標達成のための手段を与えるにしても、何も要求しません。

 The means are second to the goal.
 手段というのは、目標を支援する副次的なものです。

 And when you hesitate, it is because the purpose frightens you, and not the means.
 あなたが躊躇するとすれば、それは手段ではなくて、目的があなたを怖がらせているからです。

 Remember this, for otherwise you will make the error of believing the means are difficult.
 このことを覚えておいてください。そうしないと、あなたは手段が難しいのだと信じる間違を犯してしまうからです。

 Yet how can they be difficult if they are merely given you?
 しかし、もしその手段がただ単にあなたに与えられるものでしかないとすれば、どうしてそれが難しいものでありうるでしょうか。

 They guarantee the goal, and they are perfectly in line with it.
 手段は目標の達成を保証するし、その目標と完全に一致しています。

 Before we look at them a little closer, remember that if you think they are impossible, your wanting of the purpose has been shaken.
 私たちで手段をもう少し詳しく見てみる前に言っておきますが、もしあなたがそのような手段はありえないと思うなら、それは目的を望むあなたの気持ちがぐらついているせいだと覚えておいてください。

 For if a goal is possible to reach, the means to do so must be possible as well.
 なぜなら、もし目標に到達することが可能だとすれば、同じように、そのための手段もまた可能であるに違いないからです。




4. It is impossible to see your brother as sinless and yet to look upon him as a body.
 あなたの兄弟のことをなき者として見ておきながら、彼を身体とみなすのは不可能です。

 Is this not perfectly consistent with the goal of holiness?
 このことは、神聖さという目標と完全に一致しているといえないでしょうか。

 For holiness is merely the result of letting the effects of sin be lifted, so what was always true is recognized.
 というのは、神聖さというのは、単にの及ぼした影響を取り除いてもらった結果にすぎず、の結果が除去されることによって、つねに真実であったものが認識されるようになっただけだからです。

 To see a sinless body is impossible, for holiness is positive and the body is merely neutral.
 のない身体を見ようとしても、それは不可能です。というのは、神聖さは積極的なものですが、身体はただ中立のものでしかないからです。

 It is not sinful, but neither is it sinless.
 身体は、深いものではありませんが、罪なきものでもないのです。

 As nothing, which it is, the body cannot meaningfully be invested with attributes of Christ or of the ego.
 身体はまさに無でしかないので、キリストの属性であれエゴの属性であれ、それを身体に付与することが意味を持つことはありえません。

 Either must be an error, for both would place the attributes where they cannot be.
 そうした試みは両方とも誤りとならざるをえません。というのも、両方の試みは、それぞれの属性をそれぞれが存在しえないところに与えようとすることだからです。

 And both must be undone for purposes of truth.
 だから、真理という目的のためには、両方ともが取り消される必要があります。

名称未設定


5. The body is the means by which the ego tries to make the unholy relationship seem real.
 身体こそ、エゴが神聖でない関係を本物であるかのように思わせようとして用いる手段です。

 The unholy instant is the time of bodies.
 神聖でない瞬間は、身体たちの時間のことです。

 But the purpose here is sin.
 他方で、この世界での目的は罪です。

 It cannot be attained but in illusion, and so the illusion of a brother as a body is quite in keeping with the purpose of unholiness.
 罪という目的は幻想の中でしか達成できません。したがって、兄弟のことを身体であるとする幻想は、神聖でない状態の目的と実によく調和していることになります。

 Because of this consistency, the means remain unquestioned while the end is cherished.
 この整合性ゆえに、その目的が大切にされている間は、手段は疑問にさらされないままになります。

 Seeing adapts to wish, for sight is always secondary to desire.
 視覚はつねに願望に従属するものなので、目に見えるものは願望に適合したものとなります。

 And if you see the body, you have chosen judgment and not vision.
 だから、もしあなたが身体を見ているなら、あなたはヴィジョンではなく裁くことを選んでいるのです。

 For vision, like relationships, has no order.
 というのは、関係と同じように、ヴィジョンにも序列はないからです。

 You either see or not.
 あなたは、見えるか見えないかのどちらかなのです。




6. Who sees a brother's body has laid a judgment on him, and sees him not.
 兄弟の身体を見ている者は、兄弟に裁きを下したのであって、その兄弟のことを見てはいません。

 He does not really see him as sinful; he does not see him at all.
 実際のところ、兄弟の身体を見ている者は、兄弟を罪深いものとして見ているのではありません。そうではなく、彼はその兄弟のことをまったく見ていないのです。

 In the darkness of sin he is invisible.
 罪という闇の中では、兄弟は目には見えない存在です。

 He can but be imagined in the darkness, and it is here that the illusions you hold about him are not held up to his reality.
 その闇の中では、兄弟の姿を想像することしかできず、この地上では、あなたが彼について抱く幻想は、彼の真実の姿には及びもつきません。

 Here are illusions and reality kept separated.
 ここでは、幻想と現実が分離されたままになっています。

 Here are illusions never brought to truth, and always hidden from it.
 ここでは、幻想は決して真理へともたらされることはないし、いつも真理から隠されています。

 And here, in darkness, is your brother's reality imagined as a body, in unholy relationships with other bodies, serving the cause of sin an instant before he dies.
 そして、この闇の中では、あなたの兄弟の真実の姿は身体であると想像されており、その身体は、他の身体と関わり合う不浄な関係の中で、彼が死ぬ寸前まで、罪の原因となることに役立つものと考えられています。

名称未設定


7. There is indeed a difference between this vain imagining and vision.
 このような空疎な想像力とヴィジョンとの間には、本当に大きな違いがあります。

 The difference lies not in them, but in their purpose.
 その違いは、それら自体の中にではなく、それらの目的に見出せます。

 Both are but means, each one appropriate to the end for which it is employed.
 両方とも、単なる手段でしかなく、それらが用いられる目的にとっては適切なものです。

 Neither can serve the purpose of the other, for each one is a choice of purpose, employed on its behalf.
 どちらの手段も、他方の目的には役に立ちません。というのも、どちらも、両方の目的がその達成のために採用することを選んだ手段だからです。

 Either is meaningless without the end for which it was intended, nor is it valued as a separate thing apart from the intention.
 いずれの手段も、その手段がそのために用意された目的がなければ意味がないし、手段が狙いを定める目的から切り離されて独立したものとして価値を置かれることもありません。

 The means seem real because the goal is valued.
 手段が実在するように思えるのは、その目標に価値が置かれるがゆえです。

 And judgment has no value unless the goal is sin.
 だから、罪を目標としないかぎり、裁きには何の価値もないのです。




8. The body cannot be looked upon except through judgment.
 身体は、価値判断する裁きを通してしか、見ることはできません。

 To see the body is the sign that you lack vision, and have denied the means the Holy Spirit offers you to serve his purpose.
 身体を見ているということは、あなたにはヴィジョンが欠けているし、聖霊の目的に役立てるようにと、聖霊があなたに差し延べてくれている手段をあなたが拒んでいる印です。

 How can a holy relationship achieve its purpose through the means of sin?
 どうして神聖な関係が、罪のための手段を通じて、神聖な目的を成就できるでしょうか。

 Judgment you taught yourself; vision is learned from him who would undo your teaching.
 裁くことはあなたが自分自身に教えたことであり、ヴィジョンは、あなたが教えたことを取り消してくれる聖霊から学ぶものです。

 His vision cannot see the body because it cannot look on sin.
 聖霊のヴィジョンは身体を見ることができません。なぜなら、聖霊のヴィジョンは罪を見ることができないからです。

 And thus it leads you to reality.
 こうして、聖霊のヴィジョンがあなたを現実へと導いてくれます。

 Your holy brother, sight of whom is your release, is no illusion.
 あなたの聖なる兄弟を目にすることが、あなたの解放となります。兄弟の神聖な姿は幻想ではありません。

 Attempt to see him not in darkness, for your imaginings about him will seem real there.
 闇の中で彼を見ようとしないでください。というのも、闇の中では、兄弟についてあなたが想像する姿が本物であるかのように思えてくるからです。

 You closed your eyes to shut him out.
 あなたが自分の目を閉じたのは、本当の彼を排除するためだったのです。

 Such was your purpose, and while this purpose seems to have a meaning, the means for its attainment will be evaluated as worth the seeing, and so you will not see.
 それがあなたの目的だったのです。そして、こんな目的が意味を持つと思える間は、その目的を達成するための手段は、見る価値があるものとして評価されることになるので、その間は、あなたが真に見るということはないでしょう。


名称未設定

9. Your question should not be, "How can I see my brother without the body?"
 あなたは、「私はどのようにしたら自分の兄弟を、身体なしに見られるだろうか」と質問すべきではありません。

 Ask only, "Do I really wish to see him sinless? "
 ただ「私は本当に、彼を罪なき者と見ることを望んでいるだろうか」とだけ尋ねればよいのです。

 And as you ask, forget not that his sinlessness is your escape from fear.
 そして、あなたがそれを聞くときには、次のことを忘れないでください。それは、兄弟が無罪であることが、あなたを恐れから解放するということです。

 Salvation is the Holy Spirit's goal.
 救済こそが聖霊の目標です。

 The means is vision.
 そのための手段はヴィジョンです。

 For what the seeing look upon is sinless.
 というのは、見える者たちが目にするのは罪のなさだからです。

 No one who loves can judge, and what he sees is free of condemnation.
 愛する者であれば誰も、裁きを下すことなどできません。だから、彼が目にするものは非難を免れています。

 And what he sees he did not make, for it was given him to see, as was the vision that made his seeing possible.
 彼が見るものは、彼の作り出したものではありません。というのも、彼に見ることを可能にしたヴィジョンと同じように、それは見るようにと彼に与えられたものだからです。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/672-677c2e69
該当の記事は見つかりませんでした。