There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T5-6 時間と永遠

今回は、テキスト第五章から、「時間永遠」という一節をご紹介します。






テキスト第五章

VI. Time and Eternity
六 時間永遠





1. God in his knowledge is not waiting, but his Kingdom is bereft while you wait.
 自らの知識の中にある神は待ってなどいません。ただし、あなたが待っている間は、神の王国は失われたままです。

 All the Sons of God are waiting for your return, just as you are waiting for theirs.
 ちょうど、あなたが神の子たち全員の帰還を待っているのと同じように、すべての神の子たちも、あなたの帰りを待っています。

 Delay does not matter in eternity, but it is tragic in time.
 永遠においては、遅れることなど問題にもなりません。しかし、時間の中においては、遅れることは悲劇的な事態となります。

 You have elected to be in time rather than eternity, and therefore believe you are in time.
 あなたは、永遠よりも時間の中に居ることのほうを選んできました。それゆえに、あなたは、自分が時間の中に存在しているものと信じこんでいます。

 Yet your election is both free and alterable.
 しかし、あなたの選択は自由であると共に改めることもできます。

 You do not belong in time.
 あなたは時間の中に居るにはふさわしくありません。

 Your place is only in eternity, where God himself placed you forever.
 あなたの居るべき場所は、神自らがあなたをいつまでもそこに留まるようにと置いてくれた永遠の中だけです。




2. Guilt feelings are the preservers of time.
 罪の意識という感情こそが、時間を保つ守護者です。

 They induce fears of retaliation or abandonment, and thus ensure that the future will be like the past.
 この罪悪感が、復讐されたり見捨てられるのではないかという恐れを引き起こし、そうすることで、未来が過去と同じものになることを確かなものにします。

 This is the ego's continuity.
 こうして、エゴは継続することになります。

 It gives the ego a false sense of security by believing that you cannot escape from it.
 この罪悪感によるエゴの継続性が、あなたにエゴから逃れることができないと信じさせて、それによって、エゴに偽りの安心感を与えます。

 But you can and must.
 しかし、あなたはエゴから逃れられるし、また、逃れなければなりません。

 God offers you the continuity of eternity in exchange.
 神はあなたに、時間の代わりに、永遠という継続性を差し延べてくれています。

 When you choose to make this exchange, you will simultaneously exchange guilt for joy, viciousness for love, and pain for peace.
 あなたが時間を永遠と交換することを選択するとき、あなたは同時に、罪悪感を喜びに、冷酷さを愛に、苦痛を平安に置き換えることになります。

 My role is only to unchain your will and set it free.
 私の役割はただ、あなたの意志を鎖から解き放って自由にすることだけです。

 Your ego cannot accept this freedom, and will oppose it at every possible moment and in every possible way.
 あなたのエゴには、この自由を受け入れることができません。だから、あなたのエゴは、どのような機会も見逃すことなく、どのような手段を用いてでも、あなたが自由になることを阻止しようとします。

 And as its maker, you recognize what it can do because you gave it the power to do it.
 しかし、エゴの作り手として、あなたはエゴにできることが何なのか感づいています。なぜなら、エゴにその力を与えたのは、ほかならぬあなただからです。


名称未設定

3. Remember the Kingdom always, and remember that you who are part of the Kingdom cannot be lost.
 つねに王国を思い出すようにしてください。そして、王国の一部分であるあなたが道に迷うことなどありえないことを覚えておいてください。

 The Mind that was in me is in you, for God creates with perfect fairness.
 私の中にあった大いなる心は、今あなたの中にあります。というのも、神は完璧な公平さをもって創造するからです。

 Let the Holy Spirit remind you always of his fairness, and let me teach you how to share it with your brothers.
 いつでも聖霊に神の公平さを思い出させてもらいなさい。そして、私に、神の公平さをどのようにして兄弟たちと分かち合ったらよいか、あなたに教えさせてください。

 How else can the chance to claim it for yourself be given you?
 そうする以外にどうすれば、神の公平さを自分自身のものとして求める機会をあなたが得られるというのでしょうか。

 The two voices speak for different interpretations of the same thing simultaneously; or almost simultaneously, for the ego always speaks first.
 同じ事柄について、同時に二つのが異なる解釈を代弁しようとします。あるいは、ほとんど同時にと言ったほうがよいかもしれません。というのも、必ずエゴが先に語り出すからです。

 Alternate interpretations were unnecessary until the first one was made.
 先に語るエゴの解釈が作り出されるまでは、エゴの解釈の代わりとなる聖霊の解釈は必要ありませんでした。




4. The ego speaks in judgment, and the Holy Spirit reverses its decision, much as a higher court has the power to reverse a lower court's decisions in this world.
 エゴがその裁きを言い渡し、それから、聖霊がエゴによる決定を覆します。これは、この世界における上級裁判所に下級裁判所の判決を覆す権限があるようなものです。

 The ego's decisions are always wrong, because they are based on the error they were made to uphold.
 エゴの決定はつねに間違っています。なぜなら、エゴの決定は、誤りを支持するために作り出されたものであり、その誤りに基盤を置いているからです。

 Nothing the ego perceives is interpreted correctly.
 何であれ、エゴが知覚するものが正しく解釈されることはありません。

 Not only does the ego cite Scripture for its purpose, but it even interprets Scripture as a witness for itself.
 エゴは、自分の目的に都合よく聖書を引用するだけでなく、エゴ自身を証明するものとして聖書を解釈することすらします。

 The Bible is a fearful thing in the ego's judgment.
 エゴの価値判断するところでは、聖書は恐れに満ちたものだということになります。

 Perceiving it as frightening, it interprets it fearfully.
 エゴは、聖書を恐ろしいものだと知覚しているので、聖書を恐怖に怯えながら解釈することになります。

 Being afraid, you do not appeal to the higher court because you believe its judgment would also be against you.
 恐怖のあまり、あなたは上級裁判所に上訴しようとはしません。なぜなら、あなたは上級審の判断もまた自分に不利なものになるはずだと信じているからです。


名称未設定

5. There are many examples of how the ego's interpretations are misleading, but a few will suffice to show how the Holy Spirit can reinterpret them in his own light.
 エゴの解釈がいかに人を誤った方向に導いてしまうことになるかを示す実例はいくらでもあります。しかし、聖霊が自らの光に照らしてエゴの誤った解釈をどのように解釈し直すことができるかを示すには、ほんの数例を示すだけで事足ります。




6. "As ye sow, so shall ye reap" he interprets to mean what you consider worth cultivating you will cultivate in yourself.
 「汝が蒔いたごとくに、汝は刈り取るであろう」とあるのを、聖霊は、あなたが育む価値があると考えることを、あなたは自分自身の内に育むようになるという意味に解釈します。

 Your judgment of what is worthy makes it worthy for you.
 何かに価値があるとあなたが判断することが、その何かをあなたにとって価値あるものとするのです。




7. "Vengeance is mine, sayeth the Lord" is easily reinterpreted if you remember that ideas increase only by being shared.
 「主は言われた。復讐するは我にあり」との言葉は、もしあなたが想念はただ分かち合うことによってのみ増大することを思い出しさえすれば、簡単に解釈し直すことができます。

 The statement emphasizes that vengeance cannot be shared.
 この明は、復讐という想念は共有できないということを強調しているのです。

 Give it therefore to the Holy Spirit, Who will undo it in you because it does not belong in your mind, which is part of God.
 それゆえ、復讐の想念など聖霊に渡してしまいなさい。聖霊は、あなたの中で復讐心を取り消してくれるでしょう。なぜなら、復讐の想念は、神の一部分であるあなたの心にはふさわしくないからです。




8. "I will visit the sins of the fathers unto the third and fourth generation," as interpreted by the ego, is particularly vicious.
 「私は、親の罪をその三代、四代の子孫にまで報いよう」というエゴによる解釈は、とりわけ、たちの悪いものです。

 It becomes merely an attempt to guarantee the ego's own survival.
 このエゴの解釈は、単にエゴそのものが生きながらえることを確かなものにしようとする試みでしかありません。

 To the Holy Spirit, the statement means that in later generations he can still reinterpret what former generations had misunderstood, and thus release the thoughts from the ability to produce fear.
 聖霊にとっては、この明は次のような意味になります。すなわち、前の世代の人びとが誤って理解していたことであっても、後の世代においてなお、聖霊は解釈し直すことができるし、この聖霊の再解釈によって、恐れを生み出しうる状態から思考を解放することができるということです。


名称未設定

9. "The wicked shall perish" becomes a statement of Atonement, if the word "perish" is understood as "be undone."
 「邪悪なる者は滅びるであろう」とあるのは、もし「滅びる」という言葉が「取り消される」と理解されるなら、贖罪についての言明となります。

 Every loveless thought must be undone, a word the ego cannot even understand.
 すべての愛に欠ける思いはことごとく取り消されなければなりませんが、エゴは、この「取り消される」という言葉を理解することすらできません。

 To the ego, to be undone means to be destroyed.
 エゴにとって、取り消されることは、滅ぼされることを意味します。

 The ego will not be destroyed because it is part of your thought, but because it is uncreative and therefore unsharing, it will be reinterpreted to release you from fear.
 エゴは、あなたの思考の一部であるがゆえに、滅ぼされることはありません。しかし、エゴは創造的ではなく、それゆえ、分かち合われることもないので、あなたを恐れから解放するために解釈し直されることになります。

 The part of your mind that you have given to the ego will merely return to the Kingdom, where your whole mind belongs.
 あなたがエゴに与えてしまっていたあなたの心の一部分は、ただ、あなたの心全体が本来あるべき王国へと戻るだけです。

 You can delay the completion of the Kingdom, but you cannot introduce the concept of fear into it.
 あなたは王国の完成を遅らせることはできます。しかし、あなたは、王国の中に恐れという概念を持ちこむことはできないのです。




10. You need not fear the higher court will condemn you.
 あなたは、上級裁判所が自分に有罪判決を宣告するのではないかと恐れる必要はありません。

 It will merely dismiss the case against you.
 上級裁判所は単に、あなたに対する訴えを退けるだけです。

 There can be no case against a child of God, and every witness to guilt in God's creations is bearing false witness to God himself.
 神の子供が被告人として訴追されることなどありえません。そして、神が創造した者に罪があると証言する者はひとり残らず、神自身に対して偽りの証言をしていることになります。

 Appeal everything you believe gladly to God's own higher court, because it speaks for him and therefore speaks truly.
 あなたの信じることをすべて、喜んで神自身の上級裁判所に上訴するがよいのです。なぜなら、この上級裁判所は、神を代弁するがゆえに真実を語るからです。

 It will dismiss the case against you, however carefully you have built it up.
 あなたが、いかに念入りに自分が有罪であることの論拠や証拠を組み立てたと思っていても、上級裁判所は、あなたに対する訴えを退けるでしょう。

 The case may be fool-proof, but it is not God-proof.
 それは、誰が判断しても絶対に有罪が確実な事件かもしれませんが、神には通用するものではないのです。

 The Holy Spirit will not hear it, because he can only witness truly.
 聖霊は、あなたを有罪だとする論拠など聞き入れないでしょう。なぜなら、聖霊は真理に基づいて証明することしかできないからです。

 His verdict will always be "thine is the Kingdom," because he was given to you to remind you of what you are.
 聖霊の裁きはつねに「王国は、汝のものである」という判断となります。なぜなら、聖霊は、あなたが何者であるかを思い出させるために、あなたに与えられたものだからです。



名称未設定

11. When I said "I am come as a light into the world," I meant that I came to share the light with you.
 私が「私はこの世に、光として来た」と述べたとき、私が意味したのは、私は光をあなたと共に分かち合うために来たということでした。

 Remember my reference to the ego's dark glass, and remember also that I said, "Do not look there. "
 エゴの暗い鏡について私が言及したことを思い出してください。そしてまた、私が「その鏡を見てはならない」と言ったことも思い出してください。

 It is still true that where you look to find yourself is up to you.
 あなたが自分自身を見出すために、どこに目を向けるかはあなた次第だというのは、なおも真実のままです。

 Your patience with your brother is your patience with yourself.
 あなたが兄弟に対して辛抱づよく寛容であることは、自分自身に対して寛容であることです。

 Is not a child of God worth patience?
 神の子供は忍耐づよく寛容さをもって接するに値しないでしょうか。

 I have shown you infinite patience because my will is that of our Father, from Whom I learned of infinite patience.
 私の意志は私たちの大いなる父に属するものであり、その父から私は無限の忍耐を学んだので、私はあなたに対して限りない寛容さを示してきました。

 His voice was in me as It is in you, speaking for patience towards the Sonship in the Name of its Creator.
 父のは、あなたの内にあるように、私の内にもありました。父のは、創造主の大いなる名において、神の子全体に対して寛容であるようにと語りかけているのです。




12. Now you must learn that only infinite patience produces immediate effects.
 今こそ、あなたは、ただ限りなく寛容であることだけが、即座にその効果を生み出すのだと学ばなければなりません。

 This is the way in which time is exchanged for eternity.
 これこそ、時間を永遠と置き換えるための方法です。

 Infinite patience calls upon infinite love, and by producing results now it renders time unnecessary.
 無限の寛容さは、無限の愛を呼び起こします。そして、今その結果を生み出すことによって、時間を必要のないものとします。

 We have repeatedly said that time is a learning device to be abolished when it is no longer useful.
 私たちが繰り返し語ってきたように、時間は、もはやそれ以上、学びの役に立たなくなったときには完全に無くなってしまう学びの道具です。

 The Holy Spirit, Who speaks for God in time, also knows that time is meaningless.
 時間の中で神を代弁する聖霊もまた、時間には意味がないことを知っています。

 He reminds you of this in every passing moment of time, because it is his special function to return you to eternity and remain to bless your creations there.
 聖霊は、時間が毎瞬、過ぎ行くたびに、あなたにこのことを思い出させようとします。なぜなら、聖霊の特別な役割は、あなたを永遠へと連れ戻し、そこに留まって、あなたの創造するものたちを祝福することだからです。

 He is the only blessing you can truly give, because he is truly blessed.
 聖霊こそ、あなたが真に与えることのできる唯一の祝福です。なぜなら、聖霊は真に祝福されているからです。

 Because he has been given you freely by God, you must give him as you received him.
 聖霊は神から惜しげもなくあなたに与えられたものだから、あなたも自らが聖霊を受け取ったように聖霊を与えなければなりません。




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
時間永遠罪悪感エゴ自由聖霊王国公平裁判所

Comments 0

Leave a reply