There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T21-6 理性 対 狂気

今回はテキスト第二十一章から「理性狂気」という一節をご紹介します。





テキスト第二十一章

VI. Reason versus Madness
六 理性狂気


1. Reason cannot see sin but can see errors, and leads to their correction.
 理性にはは見えません。しかし、理性には誤りは見えるので、誤り修正するように導きます。

 It does not value them, but their correction.
 理性誤りに価値を置くことはなく、誤り修正に価値を置きます。

 Reason will also tell you that when you think you sin, you call for help.
 理性はまた、あなたが自分はを犯したと思うとき、あなたは助けを求めているのだと教えてくれます。

 Yet if you will not accept the help you call for, you will not believe that it is yours to give.
 ところが、もしあなたが自分の求めた助けを受け入れようとしないなら、あなたは、その助けが自分から与えるべきものとして自分に与えられているとは信じないでしょう。

 And so you will not give it, thus maintaining the belief.
 そうして、あなたは助けを与えようとはしないので、自分はを犯して救われないという信念を持ち続けることになります。

 For uncorrected error of any kind deceives you about the power that is in you to make correction.
 というのは、それが修正されないかぎり、どのような誤りも、自分の中に修正する力があるとわからなくなるように、あなたを欺いてしまうからです。

 If it can correct, and you allow it not to do so, you deny it to yourself and to your brother.
 もし、あなたの力には修正ができるのに、あなたがその力を発動することを許さないとしたら、あなたは修正する力を自分自身にも兄弟にも否定することになってしまいます。

 And if he shares this same belief you both will think that you are damned.
 そして、もし兄弟もあなたと同じ信念を分かち合うなら、あなたたち二人はともに、自分たちは呪われて地獄に落とされているのだと思いこんでしまうでしょう。

 This you could spare him and yourself.
 あなたは、兄弟と自分自身をこんな目に遭わずに済むようにできたはずなのです。

 For reason would not make way for correction in you alone.
 というのは、理性はあなたひとりだけの中に修正の道を開くわけではないからです。

名称未設定


2. Correction cannot be accepted or refused by you without your brother.
 あなたは、兄弟と一緒でなければ、修正を受け入れることも拒否することもできません。

 Sin would maintain it can.
 は、あなたひとりだけで修正を受け入れることも拒否することもできると言い張ることでしょう。

 Yet reason tells you that you cannot see your brother or yourself as sinful and still perceive the other innocent.
 しかし、理性はあなたに、兄弟か自分自身のどちらか一方を深い者として見ておきながら、もう一方は潔白だと知覚しようとしても、そんなことはできないと教えてくれます。

 Who looks upon himself as guilty and sees a sinless world?
 いったい誰が自分自身を深い者だとみなしていながら、罪のない世界を見ることができるというのでしょうか。

 And who can see a sinful world and look upon himself apart from it?
 それに誰が、罪深い世界を目にしながら、自分のことをその世界からかけ離れた存在だと見ることができるでしょうか。

 Sin would maintain you must be separate.
 罪は、あなたたちは別々に分離しているに違いないと言い張ることでしょう。

 But reason tells you that this must be wrong.
 しかし、理性がそんなことは間違いに違いないと教えてくれます。

 If you are joined, how could it be that you have private thoughts?
 もしあなたたちがひとつに結ばれているなら、どうしてあなたが自分だけの私的な思いを抱くことができるでしょうか。

 And how could thoughts that enter into what but seems like yours alone have no effect at all on what is yours?
 それに、もしそうなら、ただあなただけの私的な心であるように思えるものの中に入りこむ思いが、あなたたちのひとつに結ばれた心にまったく何の影響も及ぼさずにいることなど、はたして可能でしょうか。

 If minds are joined, this is impossible.
 もし心と心が結ばれているのであれば、そんなことは不可能です。




3. No one can think but for himself, as God thinks not without his Son.
 神が、神の子を抜きにして思考することができないように、誰も、ただ自分自身だけで思考することはできません。

 Only were both in bodies could this be.
 もしこんなことがありうるとしたら、それはただ両者が別々の身体の中にいる場合だけです。

 Nor could one mind think only for itself unless the body were the mind.
 それに、身体が心であるというのでないかぎり、ひとつの心はそれ自身だけでは思考できないはずです。

 For only bodies can be separate, and therefore unreal.
 というのは、ただ身体だけが別々に分離していることができるのであり、それゆえに、身体は実在しないものだからです。

 The home of madness cannot be the home of reason.
 狂気の棲家は、理性を宿す家となることができません。

 Yet it is easy to leave the home of madness if you see reason.
 しかし、もしあなたが理性を見出しさえすれば、狂気の棲家を去ることは容易なことです。

 You do not leave insanity by going somewhere else.
 あなたは、どこかほかのところへ行くことによって、狂気から離れるわけではありません。

 You leave it simply by accepting reason where madness was.
 あなたは単に、狂気があった場所で理性を受け入れることによって、狂気を捨て去るだけです。

 Madness and reason see the same things, but it is certain that they look upon them differently.
 狂気も理性も同じものを見ているのですが、それぞれが同じものを違うふうに見ているのは確かです。


名称未設定

4. Madness is an attack on reason that drives it out of mind, and takes its place.
 狂気は、理性に対する攻撃であり、理性を心から追い出して、理性に取って代わります。

 Reason does not attack, but takes the place of madness quietly, replacing madness if it be the choice of the insane to listen to it.
 理性は攻撃などせずに、もし狂気の者が理性に耳を傾けることを選ぶなら、狂気に取って代わって、ただ静かに狂気の占めていた場所を引き取るだけです。

 But the insane know not their will, for they believe they see the body, and let their madness tell them it is real.
 ところが、狂気の者には、自分が何を望むのか自分の意志がわかっていません。というのも、狂気の者たちは、自分には身体が見えると信じていて、自らの狂気が自分自身に身体が実在すると教えるがままにさせているからです。

 Reason would be incapable of this.
 理性には、このようなことはできません。

 And if you would defend the body against your reason, you will not understand the body or yourself.
 そして、もしあなたが自分の理性に逆らって身体を守ろうとするなら、あなたは身体のことも自分自身のことも理解できなくなってしまいます。




5. The body does not separate you from your brother, and if you think it does you are insane.
 身体があなたを兄弟から分離させることはありません。もしあなたが身体が自分と兄弟を分離させていると思いこんでいるとすれば、あなたは狂っているのです。

 But madness has a purpose, and believes it also has the means to make its purpose real.
 しかし、狂気は目的を持っており、狂気は、その目的を実現する手段もまた自分は持っていると信じています。

 To see the body as a barrier between what reason tells you must be joined must be insane.
 身体のことを、理性があなたにひとつに結ばれているに違いないと告げるあなたと兄弟たちの間をを妨げる障壁として見ることは、狂気の沙汰に違いありません。

 Nor could you see it, if you heard the voice of reason.
 それに、もしあなたに理性の声が聞こえていたら、あなたにはそんな障壁など見えないはずです。

 What can there be that stands between what is continuous?
 いったい何が、途切れることなく続いているものの間に立ちはだかることができるというのでしょう。

 And if there is nothing in between, how can what enters part be kept away from other parts?
 それに、もしそれらの間には何もないとすれば、その一部に入りこむものを、どうやってほかの部分に入らないように引き離しておけるというのでしょうか。

 Reason would tell you this.
 理性は、このことをあなたに教えようとしてくれています。

 But think what you must recognize, if it be so.
 そこで、もし理性の言うとおりだとしたら、あなたは何に気づくべきか考えてみてください。

名称未設定


6. If you choose sin instead of healing, you would condemn the Son of God to what can never be corrected.
 もしあなたが癒しの代わりに罪を選んだら、あなたは神の子に対して、絶対に修正のできないことについて咎める有罪判決を宣告しようとしていることになります。

 You tell him, by your choice, that he is damned; separate from you and from his Father forever, without a hope of safe return.
 あなたは彼に、あなたの選択によって、彼は呪われて地獄へと落されるのであり、あなたや彼の大いなる父から永遠に引き離されて、無事に戻ってくる望みなどないと告げているのです。

 You teach him this, and you will learn of him exactly what you taught.
 あなたは彼にこんなことを教えているのだから、あなたは、自分が教えたことをそっくりそのまま、彼から学ぶことになります。

 For you can teach him only that he is as you would have him, and what you choose he be is but your choice for you.
 というのは、あなたは彼にこうあってほしいと自分の望む姿しか、彼に教えることができないし、あなたが選ぶ彼の姿は、自分のことをどのような姿とするのかについてのあなたの選択にほかならないからです。

 Yet think not this is fearful.
 ただし、このことを恐ろしいことだとは思わないことです。

 That you are joined to him is but a fact, not an interpretation.
 あなたが彼とひとつに結びついていることは、単なる事実であって、解釈することではありません。

 How can a fact be fearful unless it disagrees with what you hold more dear than truth?
 事実があなたが真理よりも大切にしているものと相違するのでなければ、どうして事実が恐ろしいものでありうるでしょうか。

 Reason will tell you that this fact is your release.
 理性は、このあなたと兄弟がひとつに結びついているという事実こそがあなたの解放なのだと教えてくれます。




7. Neither your brother nor yourself can be attacked alone.
 あなたの兄弟もあなた自身も、単独で攻撃されるということはありえません。

 But neither can accept a miracle instead without the other being blessed by it, and healed of pain.
 しかし、反対に、奇跡によって相手も祝福され苦痛を癒されるのでなければ、二人とも奇跡を受け入れることはできません。

 Reason, like love, would reassure you, and seeks not to frighten you.
 愛と同じように、理性は、あなたを安心させようとするのであって、怖がらせようとなどしてはいません。

 The power to heal the Son of God is given you because he must be one with you.
 神の子を癒す力があなたに与えられているのは、神の子があなたとひとつのものであるに違いないからです。

 You are responsible for how he sees himself.
 あなたには、彼が自分自身をどのように見るかについて責任があります。

 And reason tells you it is given you to change his whole mind, which is one with you, in just an instant.
 そして、あなたとひとつのものである彼の心全体を、ほんの一瞬のうちに変える力があなたに授けられているということを、理性はあなたに教えてくれます。

 And any instant serves to bring complete correction of his errors and make him whole.
 そして、いかなる瞬間も、彼の間違いに完全な修正をもたらして、彼を完全にする作用を持つ一瞬となりうるのです。

 The instant that you choose to let yourself be healed, in that same instant is his whole salvation seen as complete with yours.
 あなたが自分自身を癒してもらうことを選んだ瞬間、まさにその同じ瞬間に、彼が全面的に救われ、あなたの救いも完了するのを目にすることになります。

 Reason is given you to understand that this is so.
 これが本当にその通りだと理解できるようにと、理性はあなたに授けられているのです。

 For reason, kind as is the purpose for which it is the means, leads steadily away from madness toward the goal of truth.
 というのも、理性は、自らがその手段として奉仕する目的と同じように親切に、狂気に背を向けて真理という目標に向かって、着実に導いてくれるからです。

 And here you will lay down the burden of denying truth.
 そこで、あなたは真理を拒絶するという心の重荷を降ろせるようになるでしょう。

 This is the burden that is terrible, and not the truth.
 真理を否認することは、ひどい重荷ですが、真理そのものが重荷なわけではありません。

名称未設定


8. That you are joined is your salvation; the gift of Heaven, not the gift of fear.
 あなたたちがひとつに結ばれていることこそがあなたの救いです。それは恐怖の贈り物ではなくて、天国の贈り物です。

 Does Heaven seem to be a burden to you?
 天国は、あなたにとって重荷であるように思えるでしょうか。

 In madness, yes.
 狂気の中にあっては、確かにそう思えるでしょう。

 And yet what madness sees must be dispelled by reason.
 それでも、狂気が目にしていることは理性によって必ず払拭されることになります。

 Reason assures you Heaven is what you want, and all you want.
 理性は、あなたが望むのは天国であり、天国こそ、あなたが望むすべてなのだと確信させてくれます。

 Listen to him who speaks with reason, and brings your reason into line with his.
 理性をもって語る聖霊に耳を傾け、あなたの理性を聖霊の理性と調和させてください。

 Be willing to let reason be the means by which he would direct you how to leave insanity behind.
 どのように狂気から脱すればよいか聖霊があなたを指導するための手段として、喜んで聖霊に理性を使ってもらうがよいでしょう。

 Hide not behind insanity in order to escape from reason.
 理性から逃げ出そうとして、狂気の背後に隠れていてはなりません。

 What madness would conceal, the Holy Spirit still holds out for everyone to look upon with gladness.
 狂気が隠そうとすることを、みんなが喜びをもって見ることができるようにと、聖霊は今も差し出してくれています。




9. You are your brother's savior.
 あなたは、あなたの兄弟の救い主です。

 He is yours.
 そして、兄弟はあなたの救い主です。

 Reason speaks happily indeed of this.
 理性は、このことを本当に幸せに語ってくれます。

 This gracious plan was given love by Love.
 こうした恵み深い計画は、大いなる愛によって愛へと与えられました。

 And what Love plans is like Itself in this: Being united, It would have you learn what you must be.
 そして、大いなる愛が計画することは、次のように大いなる愛それ自体に似ています。すなわち、ひとつに結ばれているので、大いなる愛は、あなたが本当は何者であるに違いないかということをあなたに学ばせようとするのです。

 And being one with It, it must be given you to give what It has given, and gives still.
 そして、あなたは大いなる愛とひとつであるので、大いなる愛が与え、今もなお与え続けるものは、あなたから与えるようにと、あなたに授けられているに違いありません。

 Spend but an instant in the glad acceptance of what is given you to give your brother, and learn with him what has been given both of you.
 あなたの兄弟に与えるためにと、あなたに授けられたものを喜んで受け入れる一瞬を過ごしたうえで、その兄弟とともに自分たち両方に何が与えられているのか学ぶことです。

 To give is no more blessed than to receive.
 与えることは受け取ること以上に祝福されるわけではありません。

 But neither is it less.
 しかし、与えることは受け取ることに劣るわけでもありません。

名称未設定


10. The Son of God is always blessed as one.
 神の子はつねにひとつのものとして祝福されています。

 And as his gratitude goes out to you who blessed him, reason will tell you that it cannot be you stand apart from blessing.
 だから、あなたが彼を祝福したことへの彼の感謝の気持ちがあなたに伝わると、理性はあなたに、あなたが祝福から隔絶した存在でなどありえないということを教えてくれます。

 The gratitude he offers you reminds you of the thanks your Father gives you for completing him.
 彼があなたに差し出す感謝は、あなたが大いなる父を完成させることに対して父があなたに授ける感謝を思い起こさせます。

 And here alone does reason tell you that you can understand what you must be.
 そして、ただここでのみ、あなたは自分の本来の姿を理解できると理性はあなたに教えてくれます。

 Your Father is as close to you as is your brother.
 あなたの大いなる父は、あなたの兄弟がいるのと同じくらいあなたの近くにいます。

 Yet what is there that could be nearer you than is your Self?
 しかし、あなたの大いなる自己よりも、もっとあなたに近い何が存在しうるというのでしょうか。




11. The power you have over the Son of God is not a threat to his reality.
 あなたが持っている神の子に対して及ぼすことのできる力は、神の子の真の姿にとって脅威とはなりません。

 It but attests to it.
 その力はただ、神の子の真の姿を証明するだけです。

 Where could his freedom lie but in himself, if he be free already?
 神の子がすでに解放されているのであれば、彼自身の中以外のいったいどこに、彼の自由が見出せるというのでしょうか。

 And who could bind him but himself, if he deny his freedom?
 そして、もし彼が自分で自分の自由を否認しているのだとすれば、彼自身以外のいったい誰が彼を束縛できたというのでしょうか。

 God is not mocked; no more his Son can be imprisoned save by his own desire.
 神が騙されることがないように、神の子も、本人自らがそう望む場合を除いては、幽閉されるようなことなどありえません。

 And it is by his own desire that he is freed.
 だから、彼が自由の身になるかどうかは、彼自身の望み次第なのです。

 Such is his strength, and not his weakness.
 このようなことは、神の子の強みなのであって、弱みではありません。

 He is at his own mercy.
 神の子は、彼自身の慈悲次第で意のままになるのです。

 And where he chooses to be merciful, there is he free.
 したがって、彼が慈悲深くあることを選んだところでは、彼は自由になります。

 But where he chooses to condemn instead, there is he held a prisoner, waiting in chains his pardon on himself to set him free.
 しかし、彼が反対に誰かを咎めることを選んだところでは、彼は囚われの身となり、鎖につながれたまま、自分が解放されるために、自分自身に対して自分からの赦免が与えられるのを待ち続けることになるのです。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
理性狂気誤り修正助け地獄思考分離身体

Comments 0

Leave a reply