There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン14「神は、無意味な世界など創造しなかった」

今日はレッスン14です。

ワークブックのレッスンでは、日中に、数回の実習をすることを指示されます。

ですが、日中の実習のために、分厚い本を持ち歩くというのは大変です。

そういう意味では、電子媒体で、スマートフォンなどで、読めると実習もやりやすいと思います。

このブログも、そのように活用していただけたら嬉しいです。





Workbook Lesson 14

God did not create a meaningless world.
神は、無意味な世界など創造しなかった。





God did not create a meaningless world.
神は、無意味な世界など創造しなかった。


1. The idea for today is, of course, the reason why a meaningless world is impossible.
 当然のことながら、今日の考えは、なぜ意味のない世界がありえないのかという理由です。

 What God did not create does not exist.
 神が創造しなかったものは存在しません。

 And everything that does exist exists as He created it.
 そして、存在するものはすべて、神が創造したままの姿で存在しています。

 The world you see has nothing to do with reality.
 あなたの見るこの世界は、現実とは何の関わりもありません。

 It is of your own making, and it does not exist.
 この世界は、あなたが自分で作り上げたものなので、世界は存在しません。




2. The exercises for today are to be practiced with eyes closed throughout.
 今日の練習は、全体を通して、目を閉じたままで実習してください。

 The mind-searching period should be short, a minute at most.
 心の中を検索する時間は短めに、せいぜい1分程度にしてください。

 Do not have more than three practice periods with today's idea unless you find them comfortable.
 あなたが実習を快適に感じるのでないかぎりは、今日の考えには3回以上の実習時間は取らないようにしてください。

 If you do, it will be because you really understand what they are for.
 もしあなたが実習を快適に感じるとすれば、それは、あなたが今日の練習の目的を本当によく理解しているからだといえます。




3. The idea for today is another step in learning to let go the thoughts that you have written on the world, and see the Word of God in their place.
 今日の考えは、あなたがこの世界に書きこんだ様々な思いを手放して、そこに代わりに神の大いなる言葉を見ることを学ぶための別の一歩です。

 The early steps in this exchange, which can truly be called salvation, can be quite difficult and even quite painful.
 この交換のための初期のいくらかの歩みは、本当に救いと呼ぶことができるものですが、きわめて困難で、また、実に苦痛に満ちたものとなりえます。

 Some of them will lead you directly into fear.
 そのような歩みのうちのいくつかは、あなたをまっすぐに恐怖に陥れることでしょう。

 You will not be left there.
 とはいえ、あなたは恐怖の中に置き去りにされることはありません。

 You will go far beyond it.
 あなたは、恐怖など乗り越えて、はるか遠くへと進んで行くことになります。

 Our direction is toward perfect safety and perfect peace.
 私たちの向かう方角は、申し分なく安全な全き平安なのです。




4. With eyes closed, think of all the horrors in the world that cross your mind.
 目を閉じて、あなたの心をよぎるこの世界の中で起こる戦慄するようなあらゆる惨事について考えてみてください。

 Name each one as it occurs to you, and then deny its reality.
 あなたの心に思い浮かんだことの一つひとつに名前をつけて、それから、思い浮かべた惨事が現実であることを否認してください。

 God did not create it, and so it is not real.
 神は、そんな惨事創造しませんでした。だから、そんな惨事は現実ではないのです。

 Say, for example:
 例えば、次のように言ってください。


God did not create that war, and so it is not real.
神は、あの戦争創造しなかった。だから、あの戦争は現実ではない。

God did not create that airplane crash, and so it is not real.
神は、あの航空機事故を創造しなかった。だから、あの航空機事故は現実ではない。

God did not create that disaster [specify], and so it is not real.
神は、あの災害(具体的に)を創造しなかった。だから、あの災害は現実ではない。




5. Suitable subjects for the application of today's idea also include anything you are afraid might happen to you, or to anyone about whom you are concerned.
 今日の考えを適用する対象には、どんなものであれ、あなたが自分に起こってしまうかもしれないと恐れている災難だけでなく、あなたが誰かに降りかかってしまうかもしれないと恐れている災難もふさわしいといえます。

 In each case, name the "disaster" quite specifically.
 どの場合にも、「災難」には、きわめて具体的に名前をつけるようにしてください。

 Do not use general terms.
 一般的な言葉は使わないようにしてください。

 For example, do not say, "God did not create illness," but, "God did not create cancer," or heart attacks, or whatever may arouse fear in you.
 例えば、「神は、病気を創造しなかった」とは言わずに、「神は、がんを創造しなかった」であるとか「神は、心臓発作を創造しなかった」というように、自分の中に恐怖を湧き上がらせるような具体的な形で言うようにしてください。




6. This is your personal repertory of horrors at which you are looking.
 ここで用いられる言葉は、あなたが見ている恐怖を個人的に集めたものです。

 These things are part of the world you see.
 これらの物事は、あなたが見ている世界の一部です。

 Some of them are shared illusions, and others are part of your personal hell.
 それらの物事のうちのいくらかは、共有された幻想であったり、それ以外のものは、あなたの個人的な地獄の一部であったりします。

 It does not matter.
 しかし、どちらであろうと、そんなことは問題ではありません。

 What God did not create can only be in your own mind apart from His.
 神が創造しなかったものは、ただ神の心から分離したあなた自身の心の中にあるだけです。

 Therefore, it has no meaning.
 それゆえ、そんなものには何の意味もないのです。

 In recognition of this fact, conclude the practice periods by repeating today's idea:
 この事実を認識しながら、実習を今日の考えを繰り返しながら締めくくってください。



God did not create a meaningless world.
神は、意味のない世界を創造しなかった。



7. The idea for today can, of course, be applied to anything that disturbs you during the day, aside from the practice periods.
 今日の考えは、もちろん、本来の実習時間とは別に、日中あなたの心を乱すどんなものにもあてはめることができます。

 Be very specific in applying it.
 心を乱すものをはっきりと特定して、今日の考えを適用するようにしてください。

 Say:
 次のように言ってください。


God did not create a meaningless world.
神は、意味のない世界を創造しなかった。

He did not create [specify the situation which is disturbing you],
神は、(具体的に、あなたの心を乱す状況を特定する)を創造しなかった。

and so it is not real.
だから、それは現実ではない。


名称未設定


関連記事
創造無意味意味惨事航空機事故戦争災害災難病気

Comments 0

Leave a reply