There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T21-5 理性の働き

今回は、テキスト第二十一章から「理性の働き」という一節をご紹介します。







テキスト第二十一章

V. The Function of Reason
五 理性の働き



1. Perception selects, and makes the world you see.
 知覚作用が選び出し、そうして、あなたの見ている世界を作り上げます。

 It literally picks it out as the mind directs.
 知覚は文字どおり、心の指図どおりに選び出します。

 The laws of size and shape and brightness would hold, perhaps, if other things were equal.
 もし知覚の選び出すものと選ばれないほかのものとが等しいとすれば、きっと大きさや形や明るさといった法則が適用できるはずです。

 They are not equal.
 しかし、知覚の選び出すものと選ばれないほかのものとは等しくはありません。

 For what you look for you are far more likely to discover than what you would prefer to overlook.
 というのも、あなたができれば見過ごしたいと思っているものよりも、あなたが意欲的に探しているもののほうがよほど見つかりやすいからです。

 The still, small Voice for God is not drowned out by all the ego's raucous screams and senseless ravings to those who want to hear It.
 神を代弁する静かで小さな声は、それを聞きたいと思う者には、エゴのどんな叫び声や無意味な戯言にもかき消されることはありません。

 Perception is a choice and not a fact.
 知覚することは、選択であって事実ではありません。

 But on this choice depends far more than you may realize as yet.
 しかし、今あなたが気づいているよりもはるかに多くのことがこの選択に依存しています。

 For on the voice you choose to hear, and on the sights you choose to see, depends entirely your whole belief in what you are.
 というのは、あなたが自ら選んで聞く声や、自ら選んで見る光景によって、あなたが自分のことを何者だと信じるかということが全面的に左右されるからです。

 Perception is a witness but to this, and never to reality.
 知覚は、こうしたことを証明するだけで、決して現実を証明することはありません。

 Yet it can show you the conditions in which awareness of reality is possible, or those where it could never be.
 とはいえ、知覚はあなたに、現実を自覚できるための条件、あるいは絶対に現実を自覚しえない状態を示すことはできます。

名称未設定


2. Reality needs no cooperation from you to be itself.
 現実が現実であるために、あなたの協力は必要ありません。

 But your awareness of it needs your help, because it is your choice.
 しかし、あなたが現実を自覚するためには、あなたの助けを要します。なぜなら、現実を自覚することは、あなたが選択することだからです。

 Listen to what the ego says, and see what it directs you see, and it is sure that you will see yourself as tiny, vulnerable and afraid.
 エゴの言うことに耳を貸し、エゴがあなたに見るように仕向けるものを見るなら、あなたが自分自身を、ちっぽけで傷つくことが可能で怯えている者だと思うのは確かなことです。

 You will experience depression, a sense of worthlessness, and feelings of impermanence and unreality.
 あなたは意気消沈し、自分を価値のない存在のように感じ、儚さと現実味のない感覚を味わうことでしょう。

 You will believe that you are helpless prey to forces far beyond your own control, and far more powerful than you.
 あなたは自分のことを、とても自分の手には負えるはずもない、自分よりもずっと強大な力の無力な餌食なのだと信じざるをえなくなります。

 And you will think the world you made directs your destiny.
 そして、あなたは自分の作り出した世界が、自分の運命を支配していると思うようになります。

 For this will be your faith.
 というのも、世界が自分の運命を操っているということがあなたの信念となるからです。

 But never believe because it is your faith it makes reality.
 しかし、絶対に世界が自分の運命を操っていると信じてはなりません。なぜなら、世界に現実味を与えているのは、あなたの信念のほうだからです。




3. There is another vision and another voice in which your freedom lies, awaiting your choice.
 あなたの自由を宿しているもうひとつのヴィジョンともうひとつの声が存在し、あなたに選んでもらうことを待ち受けています。

 And if you place your faith in them, you will perceive another self in you.
 そして、もしあなたがそれらに信頼を置くなら、あなたは自分の中にもうひとつの自己を知覚するようになります。

 This other self sees miracles as natural.
 このもうひとつの自己は、奇跡のことを自然なものとして見ています。

 They are as simple and as natural to it as breathing to the body.
 このもうひとつの自己にとって、奇跡は、呼吸が身体にとって自然なことであるように、実に簡単で自然なことです。

 They are the obvious response to calls for help, the only one it makes.
 奇跡は、助けを求める呼び声に対して、このもうひとつの自己がなす唯一の明白な応答です。

 Miracles seem unnatural to the ego because it does not understand how separate minds can influence each other.
 エゴにとっては、奇跡は不自然なものに見えます。なぜなら、エゴは、どのようにして分離している個々の心がお互いに影響し合うことができるのか理解できないからです。

 Nor could they do so.
 たしかに個々の分離した心には、相互に影響し合うことなどできません。

 But minds cannot be separate.
 そうではなくて、そもそも心が別々に分離していること自体がありえないのです。

 This other self is perfectly aware of this.
 このもうひとつの自己は、このことを完全に自覚しています。

 And thus it recognizes that miracles do not affect another's mind, only its own.
 したがって、この自己は、奇跡は他者の心に影響を及ぼすのではなくて、ただ自らの心に影響するだけだと気づいています。

 There is no other.
 あなたの心以外に、ほかの心など存在しないのです。


名称未設定

4. You do not realize the whole extent to which the idea of separation has interfered with reason.
 あなたは、分離という想念がどれほど大きく理性を妨害してきたか、その全容に気づいてはいません。

 Reason lies in the other self you have cut off from your awareness.
 理性は、あなたが自分の意識から切り放してしまった、もうひとつの自己の中にあります。

 And nothing you have allowed to stay in your awareness is capable of reason.
 そして、あなたが自分の意識の中に留まることを許可したもので、理性を働かせることができるものはひとつもありません。

 How can the segment of the mind devoid of reason understand what reason is, or grasp the information it would give?
 どうして理性の欠落した心の部分に理性が何であるのか理解したり、理性が与えてくれる情報を把握したりできるでしょうか。

 All sorts of questions may arise in it, but if the basic question stems from reason, it will not ask it.
 そんな心の部分には、ありとあらゆる疑問が思い浮かぶことでしょう。しかし、もし根本的な疑問が理性から発するとすれば、理性の欠落した心の部分がその根本的な疑問を呈することはないでしょう。

 Like all that stems from reason, the basic question is obvious, simple and remains unasked.
 理性から生じるものすべてと同じように、根本的な疑問は明瞭かつ簡単なので、問われることもないままになっています。

 But think not reason could not answer it.
 しかし、理性にはその疑問に答えることができなかったのだなどと思ってはなりません。




5. God's plan for your salvation could not have been established without your will and your consent.
 あなたの救済のための神の計画が、あなたの意志とあなたの同意なしに定められたということはありえません。

 It must have been accepted by the Son of God, for what God wills for him he must receive.
 あなたの救済のための神の計画は、神の子によって受け入れられているに違いありません。なぜなら、神の子は神が自分のために意図することを必ず受け入れるからです。

 For God wills not apart from him, nor does the Will of God wait upon time to be accomplished.
 それというのも、神が子から離れて意図することはないし、神の大いなる意志が、それが成就するまで時が満ちるのを待つということはないからです。

 Therefore, what joined the Will of God must be in you now, being eternal.
 それゆえ、神の大いなる意志に結びついたものは、永遠のものであるがゆえに、今あなたの中にあるに違いありません。

 You must have set aside a place in which the Holy Spirit can abide, and where he is.
 あなたは、聖霊が留まることができる場所を確保しているはずであり、そこには聖霊がいます。

 He must have been there since the need for him arose, and was fulfilled in the same instant.
 聖霊が必要とされ、その同じ瞬間にその必要性が満たされたとき以来、聖霊はそこにいるはずです。

 Such would your reason tell you, if you listened.
 もしあなたが理性に耳を傾けるなら、あなたの理性がその通りだと教えてくれるでしょう。

 Yet such is clearly not the ego's reasoning.
 しかし、それはエゴの論法とは明らかに違っています。

 Your reason's alien nature to the ego is proof you will not find the answer there.
 あなたの理性がエゴとは相容れない性質を持っていること自体が、あなたの探している答えがエゴの論法の中に見出せない証しです。

 Yet if it exists for you, and has your freedom as the purpose given it, you must be free to find it.
 しかし、その答えがあなたのために存在しているとすれば、そして、あなたを自由にすることがその答えに授けられた目的であるなら、あなたは自由にその答えを見つけ出せるに違いありません。


名称未設定

6. God's plan is simple; never circular and never self-defeating.
 神の計画は単純なものです。絶対に堂々廻りにはなることはないし、絶対に自滅的なものではありません。

 He has no thoughts except the self-extending, and in this your will must be included.
 神は、自己を拡張するという思いしか抱いてはおらず、この思いの中にはあなたの意志も含まれているに違いありません。

 Thus, there must be a part of you that knows his will and shares it.
 したがって、あなたの中には神の意志を知り、それを分かち合っている部分が存在するに違いありません。

 It is not meaningful to ask if what must be is so.
 そうであるに違いないことについて、本当にそうなのだろうかなどと尋ねるのは無意味なことです。

 But it is meaningful to ask why you are unaware of what is so, for this must have an answer if the plan of God for your salvation is complete.
 しかし、そうであることについて、なぜ自分は気づいていないのだろうか、と尋ねてみるのは意味のあることです。というのは、もしあなたの救済のための神の計画が完了しているのなら、その質問にはきっと答えがあるはずだからです。

 And it must be complete, because its Source knows not of incompletion.
 そして、神の計画は完了しているはずです。なぜなら、その大いなる源は未完成という言葉など知らないからです。




7. Where would the answer be but in the Source?
 はたしてその大いなる源の中以外のどこに、その答えがあるというのでしょうか。

 And where are you but there, where this same answer is?
 そして、この同じ答えがあるところ以外のどこに、あなたはいるというのでしょうか。

 Your Identity, as much a true Effect of this same Source as is the answer, must therefore be together and the same.
 あなたの真のアイデンティティーは、その答えと同じように、まさにこの大いなる源がもたらした真の結果そのものです。したがって、二つは一緒にあって同じものであるに違いありません。

 O yes, you know this, and more than this alone.
 もちろん、あなたはこのことを知っているし、これ以上のことを知っています。

 Yet any part of knowledge threatens dissociation as much as all of it.
 しかし、知識のどんな部分であれ、知識全体と同様に、分離状態にとっては脅威となります。

 And all of it will come with any part.
 そして、どの部分にも全体が伴うことになります。

 Here is the part you can accept.
 ここに、あなたが受け入れることができる部分があります。

 What reason points to you can see, because the witnesses on its behalf are clear.
 理性が指し示すものは、あなたにも理解できます。なぜなら、理性を支持する証拠は明白なものだからです。

 Only the totally insane can disregard them, and you have gone past this.
 ただ完全に正気を失った者だけが、そうした証拠を無視することができるわけですが、あなたはすでにそのような狂気を脱しています。

 Reason is a means that serves the Holy Spirit's purpose in its own right.
 理性はそれ自体が備える力によって聖霊の目的のために奉仕する手段です。

 It is not reinterpreted and redirected from the goal of sin, as are the others.
 理性は、他の手段のように、罪という目標によって解釈し直されたり、その方向を変えられたりはしません。

 For reason is beyond the ego's range of means.
 というのも、理性は手段としてエゴが支配できる範囲を越えているからです。


名称未設定

8. Faith and perception and belief can be misplaced, and serve the great deceiver's needs as well as truth.
 信頼と知覚と信念は、誤った対象に置かれることがありえます。そして、信頼と知覚と信念は、真理に対して奉仕するのと同じように、大いなる詐欺師の要求に奉仕してしまうことがありえます。

 But reason has no place at all in madness, nor can it be adjusted to fit its end.
 しかし、理性は狂気の中にはまったく居場所がないし、狂気の目的に適合するように理性を適合させることもできません。

 Faith and belief are strong in madness, guiding perception toward what the mind has valued.
 狂気に陥った信頼と信念は強固で、知覚をその心が価値を置いているものに向けて導こうとします。

 But reason enters not at all in this.
 しかし、このことに理性が関与することは一切ありません。

 For the perception would fall away at once, if reason were applied.
 というのも、もし理性が働いていたとしたら、一瞬にして知覚は崩れ去ってしまっているはずだからです。

 There is no reason in insanity, for it depends entirely on reason's absence.
 狂気の中には理性はありません。というのは、狂気は、全面的に理性の不在に依存しているからです。

 The ego never uses it, because it does not realize that it exists.
 エゴは、決して理性を使おうとはしません。なぜなら、エゴは、理性が存在していることに気づいていないからです。

 The partially insane have access to it, and only they have need of it.
 部分的にだけ狂気に陥っている者は理性に近づくことができます。そして、ただ彼らのみが理性を必要としています。

 Knowledge does not depend on it, and madness keeps it out.
 知識は理性に依存しないし、狂気は理性を締め出してしまいます。




9. The part of mind where reason lies was dedicated, by your will in union with your Father's, to the undoing of insanity.
 理性の存在する心の部分は、父の大いなる意志とひとつに結ばれたあなたの意志によって、狂気を取り消すために捧げられました。

 Here was the Holy Spirit's purpose accepted and accomplished, both at once.
 ここにおいて、聖霊の目的は受け入れられたと同時に達成されたのです。

 Reason is alien to insanity, and those who use it have gained a means which cannot be applied to sin.
 理性は狂気とは異質なものであるし、理性を用いる者たちは、罪に対しては適用できない手段を手に入れたことになります。

 Knowledge is far beyond attainment of any kind.
 知識は、どのような種類の修得をもはるかに越えています。

 But reason can serve to open doors you closed against it.
 しかし、理性は、あなたが知識に対して閉じてしまった扉を開くために、役立つことができます。

名称未設定


10. You have come very close to this.
 あなたはもう、この扉に手の届くところまで来ています。

 Faith and belief have shifted, and you have asked the question the ego will never ask.
 すでに信頼と信念を向ける対象が変わって、あなたはエゴが決して尋ねようとはしない質問をしました。

 Does not your reason tell you now the question must have come from something that you do not know, but must belong to you?
 あなたの理性は今、その質問は、あなたにはまだわからないとしても、あなたの内にあるに違いない何かから生じたはずだと、あなたに告げているのではないでしょうか。

 Faith and belief, upheld by reason, cannot fail to lead to changed perception.
 理性に支えられた信頼と信念が、変化した知覚へと導き損ねることなどありえません。

 And in this change is room made way for vision.
 そして、この知覚の変化がヴィジョンのために道を譲ることになります。

 Vision extends beyond itself, as does the purpose that it serves, and all the means for its accomplishment.
 ヴィジョンは、ヴィジョンが奉仕する目的がそうであるように、それ自体を超越し、その目的を達成するための手段のすべてをも超越して広がってゆくのです。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
理性知覚世界現実エゴ聖霊神の計画狂気知識大いなる自己

Comments 0

Leave a reply