There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T7-5 癒しと心の不変性

今回は、テキスト第七章から、「癒しと心の不変性」という一節をご紹介します。






テキスト第七章

V. Healing and the Changelessness of Mind
五 癒しと心の不変性


1. The body is nothing more than a framework for developing abilities, which is quite apart from what they are used for.
 身体は、能力を発達させるための枠組みにすぎません。身体が何のために用いられるのかということと、発達させる能力とはまったく無関係です。

 That is a decision.
 身体を何のために使うかは、決断することです。

 The effects of the ego's decision in this matter are so apparent that they need no elaboration, but the Holy Spirit's decision to use the body only for communication has such a direct connection with healing that it does need clarification.
 身体を何のために使うかという問題に関してエゴが下す決断の結果は、きわめて明白なので、詳細に述べる必要はありません。しかし、コミュニケーションを行うためにのみ身体を使うという聖霊の決断は、本当に癒しと直接的なつながりを持つので、明確にしておく必要があります。

 The unhealed healer obviously does not understand his own vocation.
 癒されていない治療者が、自分自身の職分を弁えていないことは明らかです。


名称未設定

2. Only minds communicate.
 ただ心と心だけがコミュニケーションを行います。

 Since the ego cannot obliterate the impulse to communicate because it is also the impulse to create, it can only teach you that the body can both communicate and create, and therefore does not need the mind.
 コミュニケーションをしたいという衝動は創造への衝動でもあるので、エゴにはこの衝動を消し去ることはできません。そのため、エゴにできるのは、身体はコミュニケーションも創造も両方できるのだから心は必要ではない、とあなたに教えることだけです。

 The ego thus tries to teach you that the body can act like the mind, and is therefore self-sufficient.
 このようにして、エゴはあなたに、身体が心のように行動でき、それゆえ、身体だけで自給自足できると教えようとします。

 Yet we have learned that behavior is not the level for either teaching or learning, since you can act in accordance with what you do not believe.
 しかし、私たちがすでに学んだように、行動は教えたり学んだりするためのレベルではありません。なぜなら、あなたは自分の信じてもいないことに従って行動することができるからです。

 To do this, however, will weaken you as a teacher and a learner because, as has been repeatedly emphasized, you teach what you do believe.
 しかしながら、あなたが自分の信じてもいないことに従って行動できることは、教師や学習者としてのあなたを弱めてしまいます。なぜなら、何度も強調してきたように、あなたは自分が現に信じていることを教えることになるからです。

 An inconsistent lesson will be poorly taught and poorly learned.
 辻褄の合わないレッスンは、不十分にしか教えることができないし、満足に学ぶこともできません。

 If you teach both sickness and healing, you are both a poor teacher and a poor learner.
 もしあなたが病気と癒しの両方を教えるなら、あなたは未熟な教師であるし、不出来な学習者でもあるということになってしまいます。




3. Healing is the one ability everyone can develop and must develop if he is to be healed.
 癒しは、誰もがみな発達させることのできる能力であり、もしその人が癒されようとするなら、誰もが発達させなければならない能力です。

 Healing is the Holy Spirit's form of communication in this world, and the only one he accepts.
 癒しは、この世界において聖霊が用いるコミュニケーションの形態であり、聖霊が受け入れる唯一のコミュニケーションの形態です。

 He recognizes no other, because he does not accept the ego's confusion of mind and body.
 聖霊は他のコミュニケーションの形態は一切認めません。なぜなら、聖霊は、エゴによる心と身体の混同を容認しないからです。

 Minds can communicate, but they cannot hurt.
 個々の心同士は、コミュニケーションを行うことはできますが、傷つけることはできません。

 The body in the service of the ego can hurt other bodies, but this cannot occur unless the body has already been confused with the mind.
 エゴに奉仕する身体には、他の身体を傷つけることができます。しかし、これが起こりうるのは、身体がすでに心と混同されてしまっているときだけです。

 This situation, too, can be used either for healing or for magic, but you must remember that magic always involves the belief that healing is harmful.
 この状態もまた、癒しのために使うこともできれば、魔術のために使うこともできます。ただし、あなたは、魔術には必ず癒しは有害だという信念が伴うことを覚えておかなければなりません。

 This belief is its totally insane premise, and so it proceeds accordingly.
 癒しは有害だというこんな信念が、魔術の持つ全面的に狂っている前提なのです。だから、この狂気の前提に従って魔術は執り行われるのです。


名称未設定

4. Healing only strengthens.
 癒しは、ただ強めるだけです。

 Magic always tries to weaken.
 魔術は、必ず弱めようとします。

 Healing perceives nothing in the healer that everyone else does not share with him.
 癒しは、治療者自身の中に、ほかの誰もが治療者と分かち合っていないものを知覚することはありません。

 Magic always sees something "special" in the healer, which he believes he can offer as a gift to someone who does not have it.
 魔術は、つねに治療者が何か「特別」なものを持っているとみなします。その治療者は、自分が持っているその「特別」なものを自分からの贈り物として、それを持っていない誰かに授けることができると信じています。

 He may believe that the gift comes from God to him, but it is quite evident that he does not understand God if he thinks he has something that others lack.
 治療者は、その贈り物が神から自分に賦与されていると信じるかもしれません。しかし、もしその治療者が他の者たちに欠如している何かを自分だけが持っていると思うとすれば、彼が神を理解していないことは歴然としています。




5. The Holy Spirit does not work by chance, and healing that is of him always works.
 聖霊が偶然によって働くことはありません。したがって、聖霊に由来する癒しには必ず効果があります。

 Unless the healer always heals by him the results will vary.
 治療者がつねに聖霊によって癒すのでないかぎり、その治療の効果は一定しないでしょう。

 Yet healing itself is consistent, since only consistency is conflict-free, and only the conflict-free are whole.
 それでも、癒しそれ自体は首尾一貫したものです。なぜなら、一貫性のあるものだけが葛藤から自由で矛盾がないし、矛盾のないものだけが完全だからです。

 By accepting exceptions and acknowledging that he can sometimes heal and sometimes not, the healer is obviously accepting inconsistency.
 例外を容認して、自分には癒せるときもあれば癒せないときもあると認めたりするようでは、その治療者は明かに一貫性がないことを受け入れていることになります。

 He is therefore in conflict, and is teaching conflict.
 したがって、その治療者は葛藤の中にあり、矛盾することを教えていることになります。

 Can anything of God not be for all and for always?
 何であれ神に由来するものが、つねにすべてのもののために役立つものではないということがありうるでしょうか。

 Love is incapable of any exceptions.
 愛には、いかなる例外も設けることはできません。

 Only if there is fear does the idea of exceptions seem to be meaningful.
 ただそこに恐れがあるときにのみ、例外という考えに意味があるように思えるのです。

 Exceptions are fearful because they are made by fear.
 例外というものは、恐れによって作られるがゆえに恐ろしいのです。

 The "fearful healer" is a contradiction in terms, and is therefore a concept that only a conflicted mind could possibly perceive as meaningful.
 「恐れている治療者」とは名辞矛盾であり、したがって、ただ葛藤のある心だけが、かろうじてそれを意味あるものとして知覚しうる程度の概念なのです。


名称未設定


6. Fear does not gladden.
 恐れが喜ばせることなどありません。

 Healing does.
 癒しが喜ばせるのです。

 Fear always makes exceptions.
 恐れは必ず例外を設けます。

 Healing never does.
 癒しは絶対に例外を設けません。

 Fear produces dissociation, because it induces separation.
 恐れは解離を生み出します。なぜなら、恐れは分離を引き起こすからです。

 Healing always produces harmony, because it proceeds from integration.
 癒しは必ず調和を生み出します。なぜなら、癒しは統合することから生じるからです。

 It is predictable because it can be counted on.
 癒しは予測可能です。なぜなら、癒しは信頼に値するものだからです。

 Everything that is of God can be counted on, because everything of God is wholly real.
 神に由来するものは何でも、すべて頼りにできます。なぜなら、神に属するものはすべて完全に実在するものだからです。

 Healing can be counted on because it is inspired by his voice, and is in accord with his laws.
 癒しは頼りにできます。なぜなら、癒しは、神の声によって呼び起こされるものであり、神の法に調和するものだからです。

 Yet if healing is consistent it cannot be inconsistently understood.
 しかし、もし癒しが首尾一貫したものであるなら、癒しを一貫しないものとして理解することはできません。

 Understanding means consistency because God means consistency.
 理解力は一貫性を意味します。なぜなら、神は一貫性を意味するからです。

 Since that is his meaning, it is also yours.
 一貫性が神の意味である以上、一貫性はまた、あなたの意味でもあることになります。

 Your meaning cannot be out of accord with his, because your whole meaning and your only meaning comes from his and is like his.
 あなたの意味が神の意味と一致しないことはありえません。なぜなら、あなたの完全かつ唯一の意味は神の意味に由来するし、神の意味と同じものだからです。

 God cannot be out of accord with himself, and you cannot be out of accord with him.
 神が神自身と調和しないはずがないし、あなたも神と調和しないはずがありません。

 You cannot separate your Self from your Creator, Who created you by sharing his Being with you.
 あなたには、自らの創造主から、自分の真の自己を分離することなどできません。なぜなら、創造主は、自らの大いなる実在をあなたと分かち合うことによってあなたを創造してくれたからです。




7. The unhealed healer wants gratitude from his brothers, but he is not grateful to them.
 癒されていない治療者は、兄弟たちから感謝されることを望みます。しかし、癒されていない治療者のほうが兄弟たちに感謝することはありません。

 That is because he thinks he is giving something to them, and is not receiving something equally desirable in return.
 その理由は、彼は自分は兄弟に何かを与えているけれど、その見返りとして兄弟から同等に望ましい何かを自分は受け取ってはいないと思っているからです。

 His teaching is limited because he is learning so little.
 彼は本当にわずかしか学んでいないので、彼が教えることも限られてしまいます。

 His healing lesson is limited by his own ingratitude, which is a lesson in sickness.
 癒しについての彼の学びも、彼自身の感謝の念が足りないために限られてしまいます。感謝しないことは病むことを習っているようなものです。

 True learning is constant, and so vital in its power for change that a Son of God can recognize his power in one instant and change the world in the next.
 真に学ぶということは、首尾一貫しており、変化をもたらす力に満ちているので、神の子は一瞬のうちに自分の力を認め、次の瞬間にはこの世界を変えてしまうことができるほどです。

 That is because, by changing his mind, he has changed the most powerful device that was ever given him for change.
 それは、彼は自分の心を変えることで、変わるためにとすでに自分に与えられている最も強力な仕組みを変えたことになるからです。

 This in no way contradicts the changelessness of mind as God created it, but you think that you have changed it as long as you learn through the ego.
 これは、神が創造したままの心が不変のものであることと少しも矛盾するものではありません。しかし、あなたがエゴを通して学ぶかぎりは、あなたは自分が自分の心を変えたように思うことでしょう。

 This places you in a position of needing to learn a lesson that seems contradictory;--you must learn to change your mind about your mind.
 このことが、矛盾するように思えるレッスンを学ぶことを要する立場にあなたを置くことになります。すなわち、あなたは、自分の心についての自分の心を変えることを学ばなければならないのです。

 Only by this can you learn that it is changeless.
 こうすることによってのみ、あなたは自分の心は不変であると学ぶことができるのです。

名称未設定


8. When you heal, that is exactly what you are learning.
 あなたが癒すとき、あなたはまさにこのことを学んでいるのです。

 You are recognizing the changeless mind in your brother by realizing that he could not have changed his mind.
 あなたは、自分の兄弟には彼の心を変えることなどできなかったのだと理解することによって、その兄弟の中にある不変の心に気づいていきます。

 That is how you perceive the Holy Spirit in him.
 このようにして、あなたはその兄弟の中に聖霊を知覚するようになります。

 It is only the Holy Spirit in him that never changes his Mind.
 決して自らの大いなる心を変えることがないのは、兄弟の中にいる聖霊だけです。

 He himself may think he can, or he would not perceive himself as sick.
 その兄弟自身は、自分には心を変えることができると思っているはずです。そうでなければ、彼は自分を病気だと知覚したりしなかったはずです。

 He therefore does not know what his Self is.
 それゆえ、彼は自分の真の自己が何なのか知らないのです。

 If you see only the changeless in him you have not really changed him.
 もしあなたがその兄弟の内に不変なるものだけを見るなら、あなたは実際には彼を変えたことにはなりません。

 By changing your mind about his for him, you help him undo the change his ego thinks it has made in him.
 彼に代わって、彼の心についての自分の心を変えることによって、あなたは、彼のエゴが彼の中に作り出したと思っている変化を彼が取り消す手助けをすることになります。




9. As you can hear two voices, so you can see in two ways.
 あなたは二つの声を聞くことができるので、あなたは二通りの見方ができます。

 One way shows you an image, or an idol that you may worship out of fear, but will never love.
 一方の見方は、あなたにあるイメージ、すなわち、あなたが恐怖心から崇拝するかもしれないとしても、決して愛することのない偶像を見せます。

 The other shows you only truth, which you will love because you will understand it.
 もう一方の見方は、あなたに真理だけを見せてくれます。その真理をあなたは理解するようになるので、あなたは真理を愛するようになります。

 Understanding is appreciation, because what you understand you can identify with, and by making it part of you, you have accepted it with love.
 理解することは真価を認めることです。なぜなら、あなたは自分に理解できるものと共鳴してそれを自分と同一のものと見ることができるし、それを自分の一部とすることによって、あなたはそれを愛をもって受け入れたことになるからです。

 That is how God himself created you; in understanding, in appreciation and in love.
 このようにして理解して真価を認め、そして愛のうちに神自らがあなたを創造したのです。

 The ego is totally unable to understand this, because it does not understand what it makes, does not appreciate it and does not love it.
 エゴには、このことがまったく理解できません。なぜなら、エゴは自らが作り出すもののことを理解しないし、その真価を認めることもないし、それを愛することもないからです。

 It incorporates to take away.
 エゴが受け入れるのは、取り上げるためです。

 It literally believes that every time it deprives someone of something, it has increased.
 エゴは文字どおり、自分が誰かから何かを奪うたびに自らが増大していくと信じています。

 I have spoken often of the increase of the Kingdom by your creations, which can only be created as you were.
 私は、あなたの創造するものたちによって王国が増大すると何回も述べてきました。あなたの創造するものたちは、ただあなたが創造されたようにしか創造されえないものです。

 The whole glory and perfect joy that is the Kingdom lies in you to give.
 完全なる栄光と完璧な喜びこそ、まさに王国そのものであり、それは与えるためにあなたの内にあります。

 Do you not want to give it?
 あなたはそれを与えたいとは思わないでしょうか。


名称未設定

10. You cannot forget the Father because I am with you, and I cannot forget him.
 あなたには大いなる父を忘れることなどできません。なぜなら、私があなたと一緒におり、この私が大いなる父を忘れるはずがないからです。

 To forget me is to forget yourself and him who created you.
 私を忘れることは、あなた自身を忘れ、そして、あなたを創造してくれた大いなる父を忘れることです。

 Our brothers are forgetful.
 私たちの兄弟たちは忘れっぽいのです。

 That is why they need your remembrance of me and of him Who created me.
 だから、私たちの兄弟たちが必要としているのは、あなたが私と私を創造した大いなる父を思い出すことなのです。

 Through this remembrance, you can change their minds about themselves, as I can change yours.
 このようにあなたが私と父を思い出すことによって、あなたは、私があなたのあなた自身についての心を変えることができるのと同じように、兄弟たちの彼ら自身についての心を変えることができます。

 Your mind is so powerful a light that you can look into theirs and enlighten them, as I can enlighten yours.
 あなたの心は非常に強力な光なので、私があなたの心を光で満たして啓発できるように、あなたは兄弟たちの心の中を見通して、兄弟たちの心を光で啓発できます。

 I do want to share my mind with you because we are of one Mind, and that Mind is ours.
 私は確かにあなたと自分の心を分かち合いたいと思っています。なぜなら、私たちはひとつの大いなる心に属すものであるし、その大いなる心こそ私たちのものだからです。

 See only this Mind everywhere, because only this is everywhere and in everything.
 ただこの大いなる心のみをあらゆるところに見てください。なぜなら、この大いなる心だけがどこにでも遍在し、万物の中にあるものだからです。

 It is everything because it encompasses all things within itself.
 大いなる心こそがすべてです。なぜなら、大いなる心は、それ自体の内にあらゆるものを包み込んでいるからです。

 Blessed are you who perceive only this, because you perceive only what is true.
 すべてを内包するこの大いなる心だけを知覚するあなたは祝福されています。なぜなら、あなたは真実のみを知覚しているからです。




11. Come therefore unto me, and learn of the truth in you.
 それゆえ、私の許に来て、あなたの中にある真理を学んでください。

 The mind we share is shared by all our brothers, and as we see them truly they will be healed.
 私たちが共有する心は、私たちの兄弟たちみんなによって分かち合われているので、私たちがその兄弟たちを正しく見るとき、彼らは癒されることになります。

 Let your mind shine with mine upon their minds, and by our gratitude to them make them aware of the light in them.
 あなたの心を私の心と一緒に輝かせて、兄弟たちの心を照らしなさい。そして、私たちで兄弟たちの真価を認めて彼らに感謝することによって、兄弟たちが自分の中にある光に気づくことができるようにしましょう。

 This light will shine back upon you and on the whole Sonship, because this is your proper gift to God.
 そのとき、この兄弟たちの中にある光が、あなたと神の子全体に輝きを照らし返してくれることでしょう。なぜなら、これこそ、あなたが神に捧げるにふさわしい贈り物だからです。

 He will accept it and give it to the Sonship, because it is acceptable to him and therefore to his sons.
 神は、そのあなたからの贈り物を受け入れたうえで、それを神の子全体へと与えてくれるでしょう。なぜなら、それは神自身にふさわしい価値あるものなので、神の子たちにもふさわしい価値あるものだからです。

 This is true communion with the Holy Spirit, Who sees the altar of God in everyone, and by bringing it to your appreciation, he calls upon you to love God and his creation.
 これこそが聖霊との真の聖餐です。聖霊は、神の子みんなの中に神の祭壇を見て、あなたがその真価を認められるようにすることによって、神と神が創造したものを愛するようにとあなたに呼びかけています。

 You can appreciate the Sonship only as one.
 あなたには、神の子全体をただひとつのものとしてしか、その真価を認めることができません。

 This is part of the law of creation, and therefore governs all thought.
 神の子をただひとつのものとして正しく認めることこそ、創造の法の欠かせない要素であり、したがって、すべての思考を支配するものなのです。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
癒し不変コミュニケーション聖餐エゴ身体一貫矛盾葛藤

Comments 0

Leave a reply