FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T15-8 唯一の真実の関係


今回はテキスト第十五章から「唯一の真実の関係」という一節をご紹介します。




「唯一の真実の関係」とは、神と神の子との関係、つまり、神と私たちとの関係です。

それは、神は神の子とひとつであるという関係であり、分離は存在しないがゆえに、私たちが分離しているという錯覚を聖霊が取り消して、私たちを神とひとつに結びつける三位一体の関係です。


「5. The Holy Spirit is God's attempt to free you of what He does not understand.
 聖霊は、神が理解しないものからあなたを解放するための神の試みです。

 And because of the Source of the attempt, it will succeed.
 そして、この試みの大いなる源のゆえに、この試みは成功するでしょう。

 The Holy Spirit asks you to respond as God does, for He would teach you what you do not understand.
 聖霊はあなたに、神が応えるように応えることをあなたに求めています。なぜなら、聖霊はあなたが理解していないことをあなたに教えようとしているからです。」


「神が理解しないもの」とは、分離幻想であり、この世界のことです。

「あなたが理解していないこと」とは、分離が錯覚であり、私たちが神の子で神とひとつであることです。


神は正気なので、自らの創造していないこの幻想世界など神の関知するところではありません。

5.「God does not understand your problem in communication, for He does not share it with you.
 神は、コミュニケーションにおいてあなたが持つ問題の意味を理解しようとはしません。なぜなら、神はあなたとその問題を共有していないからです。

 It is only you who believe that it is understandable.
 そんな問題が理解可能なものだと信じているのはあなただけです。

 The Holy Spirit knows that it is not understandable, and yet He understands it because you made it.
 聖霊はそれが理解できるものではないと知っています。しかし、それでも、聖霊は、あなたがその問題を作ったがゆえに、その問題を理解してくれます。」

ここは、私たち神の子の狂気の産物は自分の狭い狂気の観点からしか発想できないので、神が関知しないというと、神が冷酷で無能なように思います。

けれど、この世界に置き替えてみても、わが子が精神を病んで、妄想性障害や解離性同一障害によって、自分が架空の世界にいるたくさんの人物だと信じ込んでいる場合に、その子の親である私たちは、子供の狂気に同調して自分の生活を投げうって一緒に狂気の沙汰に付き合おうとなどするでしょうか?

親には、わが子に正気を取り戻させること以外には関心はないはずです。

他方で、その子は病んで狂気を現実だと信じて、本当の自分を忘れて、自分は空想の世界にいる自分ではない無数の生き物だと確信しているわけですから、親の正気と子の狂気の間には、溝があり、この溝を埋める手立てが必要です。

精神科疾患の治療場面では、薬物療法や精神療法等が用いられます。

そして、精神療法として、治療者は、正気を取り戻させるための便法として役に立つなら、子供の信じている妄想の世界や生み出した副人格たちがあたかも実在するかのように一時的に同調することで、子に自分が狂気に陥っていることをわからせてあげる手段として幻想を利用することもあるでしょう。

けれど、それ以上の価値が幻想に置かれるはずはありません。

神と神の子の関係性もこれと同じです。

私たちは、神の子が生み出した副人格の側なので、当然ながら、自分が神の子であるという現実よりも、この世界の中に生きる人間が自分だという「事実」のほうがリアルであると感じ、自分には神とコミュニケーションをとることなど不可能で、自分が神と関係を持つことなどないと信じています。

つまり、私たちは、神が関知しない世界が本物で、神が共有しない神とのコミュニケーション途絶という問題が本物だと信じ、神の意志とは違う独自の意志を自分は持っていると信じているのです。

神はつねに正気であるのみなので、狂気に陥った子の狂気の中に入ることはかなわず、したがって、上記の精神を病んだ子と正気の親と同じように、神と子だけでは、いつまでも子の帰還はありえないままです。

そこで、両者の間を取り持つメディエーターとしての聖霊が登場します。

このように、狂気による幻想世界への幽閉状態から神がわが子を解放するための手段となる大いなる治療者が聖霊です。

本節の5.で、聖霊が神と同じ反応をするように、私たちに求めているのは、この世界に対して、神が錯覚として取り合わずに無視するだけなのと同じように、世界を真に受けることなく、錯覚として関知しないようになることを求めているということです。


「6. In the Holy Spirit alone lies the awareness of what God cannot know, and what you do not understand.
 神が知るはずのないことと、あなたが理解していないことに気づくことができるのは、ただ聖霊だけです。

 It is His holy function to accept them both, and by removing every element of disagreement, to join them into one.
 聖霊の聖なる役目はその両方をともに受け入れ、不調和な要素をすべて取り除いて、両方をひとつに結び合わせることです。

 He will do this because it is His function.
 これこそが聖霊の役割なので、聖霊はこれを成し遂げます。」

「神が理解しないもの」とは、分離幻想であり、この世界のことでした。

「あなたが理解していないこと」とは、分離が錯覚であり、私たちが神の子で神とひとつであることでした。

子は神の拡張であり、子は神を映す鏡であり、本来の状態では、神と子は同じひとつのものであるはずです。

これが分離幻想という狂気によって、ひとつである神に対して、無数に分裂した子という現象が生じて、本来の唯一の関係が覆い隠されています。

鏡がひび割れて、ひとつのものが無数のものに見えている状態です。

しかし、聖霊には、鏡がひび割れて無数のかけらになっている状態は、子が愛である神から離れたと考えることで、凍てついた湖面にクラックが入っているような錯覚でしかなく、愛の光に照らされれば、氷が解けて静かな湖面が一枚の大鏡に戻るということがわかっています。

エゴに従って鏡のかけらが自分だと信じている私たちには、こんな大仕事はなしえませんが、自分が本物だと信じている問題を聖霊のところに持って行って、解決を聖霊に委ねることはできます。

聖霊は、私たちが他者との軋轢や闘争を渡せば、聖霊は、私たちの本質が攻撃によって傷つくことのない神の子であり、他者の攻撃に返すべきは罪悪感を抱かせるリアクションではなく、自分が無傷であるから相手は無罪なのだと示すことだと教えてくれます。

こうして聖霊は、その特別な関係から罪を見て罪悪感をなすりつけ合うというエゴの不浄な目的を取り除いてくれ、他者の攻撃は実は他者が愛と助けを求める哀訴であり、返すべきは反撃ではなく助けであること、自分を怒らせる他者の言動は自分が振り上げた剣を背けてその相手と自分を一緒に解放する機会なのだと正しく捉えることを教えてくれ、他者がキリストであるという神聖さを目的に設定し直して、特別な関係を神聖な関係へと変容させ、自分と他者がひとつである神の子なのだと思い至らせてくれます。

このようにして、聖霊は、一つひとつの湖面のひび割れを暖かな愛の光で溶かしてゆくのです。





テキスト第十五章

VIII. The Only Real Relationship
八 唯一の真実の関係



1. The holy instant does not replace the need for learning, for the Holy Spirit must not leave you as your Teacher until the holy instant has extended far beyond time.
 神聖な瞬間は、学ぶ必要をなくすわけではありません。というのは、聖霊は、神聖な瞬間が時間をはるかに超えて拡張するまでは、あなたの教師として、あなたを見放すわけにはいかないからです。

 For a teaching assignment such as His, He must use everything in this world for your release.
 このように聖霊が担っているあなたを教育するという任務を果たすために、聖霊は、この世界のありとあらゆるものをあなたの解放のために活用しなければなりません。

 He must side with every sign or token of your willingness to learn of Him what the truth must be.
 あなたが真理とはどのようなものなのか聖霊から学ぼうとする意欲の印や徴候を示すたびに、きっと聖霊はあなたに力を貸してくれるはずです。

 He is swift to utilize whatever you offer Him on behalf of this.
 聖霊から学ぶためにあなたが聖霊に何を差し出そうと、聖霊はそれを臨機応変に活用します。

 His concern and care for you are limitless.
 聖霊のあなたへの気遣いと愛情には限界がありません。

 In the face of your fear of forgiveness, which He perceives as clearly as He knows forgiveness is release, He will teach you to remember that forgiveness is not loss, but your salvation.
 あなたが赦しに対する恐れに直面するとき、聖霊はあなたの恐れを明確に知覚しますが、聖霊はそれと同じくらい明確に赦し解放であると知っているので、聖霊は、赦しとは失うことではなく、あなたの救いであることを思い出すようにとあなたに教えてくれます。

 And that in complete forgiveness, in which you recognize that there is nothing to forgive, you are absolved completely.
 そして、聖霊は、赦すべきことなど何もないとあなたが認識する完全な赦しにおいて、あなたは完全に解放されることを思い出すようにとも教えてくれます。



2. Hear Him gladly, and learn of Him that you have need of no special relationships at all.
 聖霊に喜んで耳を傾けて、あなたには特別な関係などまったく必要ないことを聖霊から学んでください。

 You but seek in them what you have thrown away.
 あなたは、自分が捨て去ってしまったものを特別な関係の中に求めているだけです。

 And through them you will never learn the value of what you have cast aside, but still desire with all your heart.
 そして、特別な関係を通しては、あなたは、自分が捨て去りはしたものの、今なお心の底から望んでいるものの真価を学ぶことは決してないでしょう。

 Let us join together in making the holy instant all that there is, by desiring that it be all that there is.
 存在するすべての瞬間が神聖な瞬間になるよう願うことによって、私たちで一緒に結びついて神聖な瞬間だけを存在させましょう。

 God's Son has such great need of your willingness to strive for this that you cannot conceive of need so great.
 神聖な瞬間だけが存在するようにあなたが努力する意欲を持つことは、神の子にとって切実なまでに大きな必要性を持っています。その必要性は、あまりに大きすぎて、あなたには想像もつかないほどです。

 Behold the only need that God and His Son share, and will to meet together.
 神と子が共有し、それを一緒に満たすことを意図している唯一の必要性を見つめてください。

 You are not alone in this.
 この唯一の必要性を満たすに際しては、あなたはひとりきりではありません。

 The will of your creations calls to you, to share your will with them.
 あなたが創造したものたちの意志が、あなたの意志を彼らと分かち合うようにとあなたに呼びかけています。

 Turn, then, in peace from guilt to God and them.
 だから、心静かに、罪悪感から神とあなたが創造したものたちのほうへと心を向け変えてください。

名称未設定

3. Relate only with what will never leave you, and what you can never leave.
 あなたを絶対に見捨てることのないもの、そして、あなたも決して見捨てることのできないものとだけ関わってください。

 The loneliness of God's Son is the loneliness of his Father.
 神の子が孤独であるとすれば、父なる神も孤独です。

 Refuse not the awareness of your completion, and seek not to restore it to yourself.
 自らの完成を自覚することを拒まないでください。そして、自分で自らを元通りに完成させようとなどしないでください。

 Fear not to give redemption over to your Redeemer's Love.
 救いをあなたの救い主の大いなる愛に委ねることを恐れないでください。

 He will not fail you, for He comes from One Who cannot fail.
 救い主があなたを失望させるはずがありません。なぜなら、救い主は失敗することのありえない神から遣わされるからです。

 Accept your sense of failure as nothing more than a mistake in who you are.
 あなたが失敗したという感覚を持っているなら、それは単に、自分が誰なのか誤解しているだけだと認めなさい。

 For the holy host of God is beyond failure, and nothing that he wills can be denied.
 なぜなら、神を宿す聖なる存在は失敗など超越しているし、何事であれ彼の意図することが拒まれるはずがないからです。

 You are forever in a relationship so holy that it calls to everyone to escape from loneliness, and join you in your love.
 あなたは永遠に神聖関係にあります。その関係はあまりに神聖なので、その関係は、すべての人に孤独から抜け出してあなたの愛の中であなたとひとつに結ばれるようにと呼びかけます。

 And where you are must everyone seek, and find you there.
 そうすると、すべての者たちが、あなたの居場所を探し求め、そこにあなたを見つけるに違いありません。



4. Think but an instant on this:
 ただ一瞬だけでよいので,次のことを考えてみてください。

 God gave the Sonship to you, to ensure your perfect creation.
 それは、神は、あなたが完璧に創造されていることを確実なものにするために、神の子全体をあなたに与えてくれたということです。

 This was His gift, for as He withheld Himself not from you, He withheld not His creation.
 これは神からの贈り物でした。なぜなら、神は神自身をあなたに与えずにはおかなかったように、神は自ら創造したものをあなたに与えずにはおかなかったからです。

 Nothing that ever was created but is yours.
 これまでに創造されたものはひとつ残らずあなたのものです。

 Your relationships are with the universe.
 あなたが関わりを持つ諸々の関係性は全宇宙との間のものです。

 And this universe, being of God, is far beyond the petty sum of all the separate bodies you perceive.
 そして、この宇宙は、神に属するがゆえに、あなたが知覚するすべての分離した個々の物体の些細な総和など及びもつかないものです。

 For all its parts are joined in God through Christ, where they become like to their Father.
 なぜなら、そうした宇宙を構成するすべての部分はキリストを通して神の中でひとつに結びついて、そこで大いなる父と同じものとなるからです。

 Christ knows of no separation from His Father, Who is His one relationship, in which He gives as His Father gives to Him.
 キリストは、大いなる父から分離しているものは何ひとつないと知っています。キリストは、大いなる父とのみ関わり、その唯一の関係の中で、キリストは大いなる父がキリストに与えてくれるように自らも与えているからです。

名称未設定

5. The Holy Spirit is God's attempt to free you of what He does not understand.
 聖霊は、神が理解しないものからあなたを解放するための神の試みです。

 And because of the Source of the attempt, it will succeed.
 そして、この試みの大いなる源のゆえに、この試みは成功するでしょう。

 The Holy Spirit asks you to respond as God does, for He would teach you what you do not understand.
 聖霊はあなたに、神が応えるように応えることをあなたに求めています。なぜなら、聖霊はあなたが理解していないことをあなたに教えようとしているからです。

 God would respond to every need, whatever form it takes.
 神は、たとえそれがどんな形をとって現われようとも、すべての必要性に残らず応えてくれます。

 And so He keeps this channel open to receive His communication to you, and yours to Him.
 だから、神は自身からあなたへ、そしてまた、あなたから神へとコミュニケーションがとれるように、この経路を開いたままにしておいてくれます。

 God does not understand your problem in communication, for He does not share it with you.
 神は、コミュニケーションにおいてあなたが持つ問題の意味を理解しようとはしません。なぜなら、神はあなたとその問題を共有していないからです。

 It is only you who believe that it is understandable.
 そんな問題が理解可能なものだと信じているのはあなただけです。

 The Holy Spirit knows that it is not understandable, and yet He understands it because you made it.
 聖霊はそれが理解できるものではないと知っています。しかし、それでも、聖霊は、あなたがその問題を作ったがゆえに、その問題を理解してくれます。



6. In the Holy Spirit alone lies the awareness of what God cannot know, and what you do not understand.
 神が知るはずのないことと、あなたが理解していないことに気づくことができるのは、ただ聖霊だけです。

 It is His holy function to accept them both, and by removing every element of disagreement, to join them into one.
 聖霊の聖なる役目はその両方をともに受け入れ、不調和な要素をすべて取り除いて、両方をひとつに結び合わせることです。

 He will do this because it is His function.
 これこそが聖霊の役割なので、聖霊はこれを成し遂げます。

 Leave, then, what seems to you to be impossible, because it is the will of God, and let him whose teaching is only of God teach you the only meaning of relationships.
 それゆえ、あなたには不可能に思えるようなことでも、それが神の意志であるがゆえに聖霊に委ねてしまえばよいのです。そして、神のことだけを教える聖霊に、関係を持つことの唯一の意味を教えてもらってください。

 For God created the only relationship that has meaning, and that is His relationship with you.
 というのは、神は意味を持つ唯一の関係を創造したのだし、その関係とは神とあなたのつながりのことだからです。


名称未設定

次

関連記事
関係神聖な瞬間聖霊意欲解放赦し必要性孤独救世主神聖

Comments 0

Leave a reply