There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T17-3 過去からの影たち

回は、テキスト第十七章から「過去からの影たち」をご紹介します。










テキスト第十七章

III. Shadows of the Past
三 過去からの影たち


1. To forgive is merely to remember only the loving thoughts you gave in the past, and those that were given you.
 赦すことは、単にあなたが過去に与えたに満ちた思いと、あなたが過去に与えられたに満ちた思いだけを思い出すことです。

 All the rest must be forgotten.
 それ以外のことは、ひとつ残らず忘れなければなりません。

 Forgiveness is a selective remembering, based not on your selection.
 赦しとは選択的に思い出すことですが、あなたがその選択をするのではありません。

 For the shadow figures you would make immortal are "enemies" of reality.
 というのは、あなたが不滅のものにしたがっている過去からの影法師たちは現実の「敵」だからです。

 Be willing to forgive the Son of God for what he did not do.
 神の子がしてもいなかったことについて、神の子を進んで赦す意欲を持ってください。

 The shadow figures are the witnesses you bring with you to demonstrate he did what he did not.
 影法師たちとは、神の子がしてもいなかったことを、あたかもしたかように証明しようとしてあなたが連れ歩く証人たちです。

 Because you bring them, you will hear them.
 自分で彼らを連れて歩くので、あなたは彼らの証言を聞き入れてしまうようになります。

 And you who keep them by your own selection do not understand how they came into your mind, and what their purpose is.
 そして、影法師たちを自ら選んで一緒にいるというのに、当のあなたは、彼らがどのようにして自分の心の中に入りこんできたのか、彼らの目的が何なのかも理解していません。

 They represent the evil that you think was done to you.
 影法師たちは、あなたが自分に対してなされたと思いこんでいる害悪を象徴しています。

 You bring them with you only that you may return evil for evil, hoping that their witness will enable you to think guiltily of another and not harm yourself.
 害悪には害悪をもって報いるという目的のためだけに、あなたは影法師たちを連れ歩き、あなたは、彼らの証言によって、ほかの者に罪があると思うことができるようになり、自分自身を傷つけずに済むことを願っています。

 They speak so clearly for the separation that no one not obsessed with keeping separation could hear them.
 影法師たちは実に明確に分離を弁護するので、分離を維持することに取り憑かれている者の耳にしか彼らの声は聞こえません。

 They offer you the "reasons" why you should enter into unholy alliances to support the ego's goals, and make your relationships the witness to its power.
 影法師たちは、いくつもの「理由」を提示しては、あなたがなぜエゴの目標を支持する不浄な同盟に加わるべきか、また、なぜあなたの関わる関係をエゴの力を示す証拠にすべきか語ります。


名称未設定

2. It is these shadow figures that would make the ego holy in your sight, and teach you what you do to keep it safe is really love.
 あなたの目にエゴが神聖なものに映るようにさせ、あなたがエゴを安全に保っておくためにすることこそ真実のなのだとあなたに教えるのは、これらの影法師たちです。

 The shadow figures always speak for vengeance, and all relationships into which they enter are totally insane.
 影法師たちは必ず復讐することに賛成し、彼らが入りこむ関係はどれもみな完全な狂気に陥っています。

 Without exception, these relationships have as their purpose the exclusion of the truth about the other, and of yourself.
 これらの関係は例外なく、相手についての真実、そして、あなた自身についての真実を排除することを目的としています。

 This is why you see in both what is not there, and make of both the slaves of vengeance.
 これが、あなたが相手と自分の両方の中に実際にはそこに存在しないものを見てしまい、両者を共に復讐の奴隷にしてしまう理由です。

 And why whatever reminds you of your past grievances attracts you, and seems to go by the name of love, no matter how distorted the associations by which you arrive at the connection may be.
 また、これが、あなたが自分に過去の不平不満を思い出させるものには何でも魅力を感じてしまう理由であり、過去の不平不満に関連づけるために駆使する連想がどんなに歪んでいようとも、それがの名でまかり通ってしまうように思える理由です。

 And finally, why all such relationships become attempts at union through the body, for only bodies can be seen as means for vengeance.
 さらに、最終的には、これが、そんな関係がすべて身体を通して結びつこうと試みることになってしまう理由です。なぜなら、復讐の手段だとみなすことができるのは身体だけだからです。

 That bodies are central to all unholy relationships is evident.
 すべての不浄な関係にとって、身体が中心になっていることは歴然としています。

 Your own experience has taught you this.
 あなたは自分の経験からこのことを学んできたはずです。

 But what you may not realize are all the reasons that go to make the relationship unholy.
 しかし、あなたはたぶん、関係を神聖でないものにするために用いられる理由のすべてにまで気づいてはいません。

 For unholiness seeks to reinforce itself, as holiness does, by gathering to itself what it perceives as like itself.
 なぜなら、神聖でないものは、神聖なるものがそうするのと同じように、自らに似ていると知覚するものを傍に集めることで自分自身を強化しようとするからです。

名称未設定


3. In the unholy relationship, it is not the body of the other with which union is attempted, but the bodies of those who are not there.
 神聖でない関係においては、結合しようと試みる対象は、相手の身体ではなくて、そこには存在しない者の身体です。

 For even the body of the other, already a severely limited perception of him, is not the central focus as it is, or in entirety.
 というのは、相手の身体でさえも、すでにその人と知覚するにはひどく制約の課されたものであり、そのままであれ、全体的にであれ、中心的な焦点を合わされることはないからです。

 What can be used for fantasies of vengeance, and what can be most readily associated with those on whom vengeance is really sought, is centered on and separated off as being the only parts of value.
 復讐の空想のために役立つものや本気で復讐しようとする相手に最も容易に関連づけられうるものは、唯一の価値ある部分として、切り離されてそこに焦点が合わされます。

 Every step taken in the making, the maintaining and the breaking off of the unholy relationship is a move toward further fragmentation and unreality.
 不浄な関係を結び、維持し、そして、解消するための一つひとつの歩みは、すべてさらなる分裂と非実在性に向かって進むことです。

 The shadow figures enter more and more, and the one in whom they seem to be decreases in importance.
 影法師たちがどんどん入りこんできて、彼らが入りこんでいるように見える人物の重要性を減じていきます。




4. Time is indeed unkind to the unholy relationship.
 神聖でない関係にとって、時間は実に冷酷です。

 For time is cruel in the ego's hands, as it is kind when used for gentleness.
 というのは、時間は優しさのために使われる際には温和なものですが、エゴの手にかかると残酷なものになるからです。

 The attraction of the unholy relationship begins to fade and to be questioned almost at once.
 神聖でない関係の魅力は、それが色あせはじめるのとほとんど同時に、疑わしいものになります。

 Once it is formed, doubt must enter in, because its purpose is impossible.
 いったん神聖でない関係が形成されると、必ず疑惑が入りこんできます。なぜなら、神聖でない関係の目的を実現することなど不可能なことだからです。

 The "ideal" of the unholy relationship thus becomes one in which the reality of the other does not enter at all to "spoil" the dream.
 したがって、神聖でない関係の「理想」とは、夢を「台無し」にしてしまう相手の真実の姿が少しも入りこんでこない関係のことだといえます。

 And the less the other really brings to the relationship, the "better" it becomes.
 だから、相手がその関係に真に持ちこむものが少なければ少ないほど、その関係は「より良い」関係になるということです。

 Thus, the attempt at union becomes a way of excluding even the one with whom the union was sought.
 こうして、結びつこうとする試みは、結合することを求めた当の相手すらをも排除するための手段となってしまいます。

 For it was formed to get him out of it, and join with fantasies in uninterrupted "bliss. "
 というのは、神聖でない関係は、結合しようとする相手を関係から締め出して、邪魔されることのない「至福」の中で、空想に耽るために形成されたものだからです。




5. How can the Holy Spirit bring his interpretation of the body as a means of communication into relationships whose only purpose is separation from reality?
 現実から分離することだけを目的とする関係の中に、はたしてどのようにして聖霊は、身体をコミュニケーションの手段とみなす解釈を導入できるのでしょうか。

 What forgiveness is enables him to do so.
 赦しの本質が、聖霊にそれができるようにさせるのです。

 If all but loving thoughts have been forgotten, what remains is eternal.
 もしに満ちた思い以外のすべてが忘れ去られたなら、あとに残るのは永遠です。

 And the transformed past is made like the present.
 そして、変容した過去は、現在と同質のものとされます。

 No longer does the past conflict with now.
 したがって、もはや過去はと対立することはなくなります。

 This continuity extends the present by increasing its reality and its value in your perception of it.
 この過去と現在の連続性が、変容した過去についてのあなたの知覚の中で、現在の実在性と現在の価値を増大することによって現在を拡張します。

 In these loving thoughts is the spark of beauty hidden in the ugliness of the unholy relationship where hatred is remembered; yet there to come alive as the relationship is given to him who gives it life and beauty.
 これらのに満ちた思いの中に、美しさの閃光があるのですが、憎しみが記憶されている不浄な関係の醜さの中に隠されてしまっています。しかし、その関係が生命と美を与える聖霊に渡されるとき、そこで美しさの閃光が息を吹き返すことになります。

 That is why Atonement centers on the past, which is the source of separation, and where it must be undone.
 これこそが、贖罪が過去に焦点を合わせる理由です。過去こそが分離の源なので、過去において分離が取り消されなければならないということです。

 For separation must be corrected where it was made.
 というのは、分離はそれが作られたところで修正される必要があるからです。

名称未設定


6. The ego seeks to "resolve" its problems, not at their source, but where they were not made.
 エゴは自らの様々な問題を問題の源においてではなく、問題が作られたのではない場所において「解決」しようとします。

 And thus it seeks to guarantee there will be no solution.
 このようにして、エゴは問題が解決しないことを確かなものにしようとします。

 The Holy Spirit wants only to make his resolutions complete and perfect, and so he seeks and finds the source of problems where it is, and there undoes it.
 聖霊は自らの解決を完全で完璧なものにすることだけを望んでいます。したがって、聖霊は、問題の根源が存在する場所を探し出し、その場所において問題を取り消してしまいます。

 And with each step in his undoing is the separation more and more undone, and union brought closer.
 そして、聖霊が問題を取り消すために一歩踏み出すごとに、分離はどんどん解消され、統合がより近くにたぐり寄せられてきます。

 He is not at all confused by any "reasons" for separation.
 聖霊は、分離の「理由」がどんなものであろうとも、まったく混乱することはありません。

 All he perceives in separation is that it must be undone.
 聖霊はただ分離のことを、解消されなければならないものとして知覚するだけです。

 Let him uncover the hidden spark of beauty in your relationships, and show it to you.
 聖霊に、あなたの関係の中に秘められた美しさの閃光にかけられた覆いを取り去ってもらい、その美しさの煌きを見せてもらってください。

 Its loveliness will so attract you that you will be unwilling ever to lose the sight of it again.
 あなたはその美しさにあまりに魅了されるので、もう二度とその美しさを見失いたくないという気持ちになるはずです。

 And you will let this spark transform the relationship so you can see it more and more.
 そして、あなたは、もっともっとこの美しさの煌きを見ていることができるように、煌きが関係を変容させるがままに任せることでしょう。

 For you will want it more and more, and become increasingly unwilling to let it be hidden from you.
 なぜなら、あなたはますますこの煌きを望むようになるので、煌きを自分から隠されたままの状態にしておきたくないとより強く思うようになるからです。

 And you will learn to seek for and establish the conditions in which this beauty can be seen.
 そして、あなたは、この美しさが見えるための条件を探し求めてそれを確立することを学ぶでしょう。




7. All this you will do gladly, if you but let him hold the spark before you, to light your way and make it clear to you.
 もしあなたが聖霊に、あなたの行く手を照らしてはっきり見えるようにその閃光をあなたの前に掲げてもらいさえすれば、あなたはこのようなことのすべてを喜んで行うでしょう。

 God's Son is One.
 神の子はひとつのものです。

 Whom God has joined as one, the ego cannot put asunder.
 神が一なるものとして結び合せたものを、エゴが引き離すことなどできません。

 The spark of holiness must be safe, however hidden it may be, in every relationship.
 聖なる閃光は、たとえどんなに隠されていようとも、すべての関係の中に無事に保たれているに違いありません。

 For the Creator of the one relationship has left no part of it without himself.
 なぜなら、唯一の関係を創造した大いなる創造主は、その関係の中に自身を含まないような部分を残すことなどしなかったからです。

 This is the only part of the relationship the Holy Spirit sees, because he knows that only this is true.
 聖霊が関係の中に見ているのはこの部分だけです。なぜなら、聖霊はそれだけが本物だと知っているからです。

 You have made the relationship unreal, and therefore unholy, by seeing it where it is not and as it is not.
 あなたはその関係を、それが存在しないところに、それも、ありのままではない姿として見ることによって、実在しないものに、つまり、神聖ではないものにしてしまいました。

 Give the past to him who can change your mind about it for you.
 過去についてのあなたの心をあなたに代わって変えることができる聖霊に、過去を渡してしまいなさい。

 But first, be sure you fully realize what you have made the past to represent, and why.
 ただし、その前にまず、あなたは、自分が過去に何を象徴させようとしてきたのか、そして、なぜそうしてきたのかということを十分に理解することを確かなものにしなければなりません。


名称未設定

8. The past becomes the justification for entering into a continuing, unholy alliance with the ego against the present.
 過去は、現在に敵対するエゴとの継続的で不浄な同盟関係に加わることを正当化する理由となります。

 For the present is forgiveness.
 というのは、現在こそが赦しだからです。

 Therefore, the relationships the unholy alliance dictates are not perceived nor felt as now.
 したがって、神聖でない同盟が服するように命じる関係は、のこととして知覚されることも、のこととして感じられることもありません。

 Yet the frame of reference to which the present is referred for meaning is an illusion of the past, in which those elements that fit the purpose of the unholy alliance are retained, and all the rest let go.
 しかし、現在を意味づけるために参照される評価基準は、過去の幻想そのものですが、そんな基準には、神聖でない同盟の目的に適合する要素だけが残され、残りのものはすべて捨て去られてしまいます。

 And what is thus let go is all the truth the past could ever offer to the present as witnesses for its reality.
 そして、このように捨てられてしまった残りのものだけが、現在が実在することの証拠として過去が現在のために提供することができた真実なのです。

 What is kept but witnesses to the reality of dreams.
 捨てずに取り置かれたものは、ただ夢が現実だと証明するだけです。




9. It is still up to you to choose to join with truth or with illusion.
 真理に加わることを選ぶのか幻想に加わることを選ぶのか、その選択は依然としてあなた次第です。

 But remember that to choose one is to let the other go.
 ただし、一方を選べばもう一方を手放すことになることを忘れないでください。

 Which one you choose you will endow with beauty and reality, because the choice depends on which you value more.
 あなたは、自分の選ぶほうに美しさと実在性を授けることになります。なぜなら、その選択はあなたがどちらにより価値を置くかによって決まるからです。

 The spark of beauty or the veil of ugliness, the real world or the world of guilt and fear, truth or illusion, freedom or slavery--it is all the same.
 美しい煌めきか醜いヴェールか、真の世界か罪と恐怖の世界か、真理か幻想か、自由か隷属か、いずれを選ぼうが、みな同じことです。

 For you can never choose except between God and the ego.
 なぜなら、あなたには神を選ぶかエゴを選ぶか、それ以外には決して何も選択できないからです。

 Thought systems are but true or false, and all their attributes come simply from what they are.
 思考システムは、正確か間違っているか二つに一つでしかありません。そして、思考システムの属性はすべて、単にその思考システムの本質から派生するだけです。

 Only the Thoughts of God are true.
 ただ神の大いなる思考だけが真実です。

 And all that follows from them comes from what they are, and is as true as is the holy Source from which they came.
 そして、そのような神の大いなる思考に随伴して生じるものはすべて、神の大いなる思考の本質から生じるものであり、それらが生まれた聖なる源と同じように真実です。

名称未設定


10. My holy brother, I would enter into all your relationships, and step between you and your fantasies.
 私の聖なる兄弟よ、私は、あなたが関わるすべての関係の中に入って行き、あなたとあなたの空想の間に割って入るつもりです。

 Let my relationship to you be real to you, and let me bring reality to your perception of your brothers.
 あなたにとって、私との関係が現実のものになるようにしてください。そうして、私に、あなたが自分の兄弟たちの本当の姿を知覚できるようにさせてください。

 They were not created to enable you to hurt yourself through them.
 あなたの兄弟たちは、彼らを通じてあなたが自分自身を傷つけることができるようにするために創造されたわけではありません。

 They were created to create with you.
 兄弟たちは、あなたと一緒に創造するために創造されたのです。

 This is the truth that I would interpose between you and your goal of madness.
 これこそ、私があなたとあなたの狂気の目標の間に差し挟むつもりでいる真理です。

 Be not separate from me, and let not the holy purpose of Atonement be lost to you in dreams of vengeance.
 私から離れないでください。そして、贖罪の聖なる目的を復讐の夢の中で見失ったりしないでください。

 Relationships in which such dreams are cherished have excluded me.
 そんな夢が大切にされるような関係が私を締め出してきたのです。

 Let me enter in the Name of God and bring you peace, that you may offer peace to me.
 あなたから私に平安を差し延べてもらえるように、神の名によって私を中に入らせて、私があなたに平安をもたらすことができるようにさせてください。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
過去現在影法師赦す証人分離復讐閃光

Comments 0

Leave a reply