There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T14-9 神聖さの反映

0   0

今回は、テキスト第十四章から「神聖さの反映」という一節をご紹介します。






テキスト第十四章

IX. The Reflection of Holiness
九 神聖さの反映


1. The Atonement does not make holy.
 贖罪が神聖にするわけではありません。

 You were created holy.
 あなたは神聖に創造されているのです。

 It merely brings unholiness to holiness; or what you made to what you are.
 贖罪は単に、神聖でない状態を神聖な状態に、つまり、あなたが作り出したものを本来のあなたに戻すだけです。

 Bringing illusion to truth, or the ego to God, is the Holy Spirit's only function.
 幻想真理へ、つまり、エゴを神へともたらすことが聖霊の唯一の役目です。

 Keep not your making from your Father, for hiding it has cost you knowledge of him and of yourself.
 あなたが作り出したものを父なる神から隠しておこうとなどしないでください。なぜなら、それを隠す代償として、あなたは神と自分自身についての知識を失ってしまったからです。

 The knowledge is safe, but where is your safety apart from it?
 知識は安全です。それどころか、知識から離れて、あなたはいったいどこで安全でいられるというのでしょうか。

 The making of time to take the place of timelessness lay in the decision to be not as you are.
 あなたが本来の自分ではなくなろうと決断したことで、時間のない状態に取って代わらせるために時間が作り上げられました。

 Thus truth was made past, and the present was dedicated to illusion.
 こうして、真理は過去のものとされ、現在は幻想に捧げられたのです。

 And the past, too, was changed and interposed between what always was and now.
 そして、過去もまた変えられ、つねにあったものと今との間に押し込められました。

 The past that you remember never was, and represents only the denial of what always was.
 あなたの覚えている過去は、一度も存在したことがないものです。だから、過去というのは単に、つねに存在していたものを否認していることの印でしかありません。


名称未設定

2. Bringing the ego to God is but to bring error to truth, where it stands corrected because it is the opposite of what it meets.
 エゴを神に差し出すことは、単に誤りを真理へともたらすことでしかありません。その真理の下において、誤りは修正されることになります。なぜなら、誤りがそこで出会うものは誤りとは正反対のものだからです。

 It is undone because the contradiction can no longer stand.
 矛盾するものは、もはや両立できなくなるので、エゴは取り消されることになります。

 How long can contradiction stand when its impossible nature is clearly revealed?
 正反対のもの同士が共存することが本質的に不可能であることが露呈したなら、矛盾は果たしていつまで持ちこたえられるというのでしょうか。

 What disappears in light is not attacked.
 の中で消滅するものは攻撃されたわけではありません。

 It merely vanishes because it is not true.
 そんなものは、単に真実ではないがゆえに消えてしまうだけです。

 Different realities are meaningless, for reality must be one.
 違う現実が複数あるなどということは意味をなしません。なぜなら、現実はひとつであるに違いないからです。

 It cannot change with time or mood or chance.
 現実が、時間や気分や偶然によって変わってしまうことはありえません。

 Its changelessness is what makes it real.
 その不変性こそが現実を実在させるゆえんなのです。

 This cannot be undone.
 この不変なる現実を取り消すことなどできません。

 Undoing is for unreality.
 取り消しは、実在しないもののためにすることです。

 And this reality will do for you.
 そして、現実は、あなたのために実在しないものを取り消してくれるでしょう。




3. Merely by being what it is, does truth release you from everything that it is not.
 真理は、ただあるがままの真理であることによって、真理でないものすべてからあなたを解放してくれます。

 The Atonement is so gentle you need but whisper to it, and all its power will rush to your assistance and support.
 贖罪は実に優しいものなので、あなたは贖罪にそっと囁きかけさえすればよいのです。そうすれば、贖罪の持つすべての力がすぐさま、一挙にあなたを助けるために押し寄せてきて、あなたを支援してくれるでしょう。

 You are not frail with God beside you.
 神を傍にするなら、あなたは脆弱な存在ではありません。

 Yet without him you are nothing.
 しかし、神がいなければ、あなたは無でしかありません。

 The Atonement offers you God.
 贖罪は、あなたに神を差し延べてくれます。

 The gift that you refused is held by him in you.
 あなたが受け取ることを拒んだ贈り物は、神によって、あなたの中に保たれています。

 The Holy Spirit holds it there for you.
 聖霊が、あなたの拒んだ贈り物を、あなたのために、あなたの中に保存してくれているのです。

 God has not left his altar, though his worshippers placed other gods upon it.
 たとえ自らの崇拝者たちがそこに他の神々を奉ろうとも、大いなる神は自らの祭壇から去ってはいません。

 The temple still is holy, for the Presence that dwells within it is holiness.
 神殿は今なお神聖なままです。なぜなら、その神殿の中に住む大いなる存在は聖なる存在だからです。

名称未設定


4. In the temple, holiness waits quietly for the return of them that love it.
 神殿の中で、聖なる存在は静かに、聖なる存在を愛する者たちの帰還を待ち受けています。

 The Presence knows they will return to purity and to grace.
 その大いなる存在には、彼らが清らかで恵みに満ちた状態へと戻ってくるということがわかっています。

 The graciousness of God will take them gently in, and cover all their sense of pain and loss with the immortal assurance of their Father's Love.
 神の慈悲深さは、彼らを優しく受け入れ、彼らの苦痛や喪失の感覚を彼らの父の大いなる愛が不滅であることを確証することによって包み込んでくれます。

 There, fear of death will be replaced with joy of life.
 神殿の中で、死への恐怖は、生命の歓喜へと置き換えられます。

 For God is life, and they abide in life.
 というのは、神は生命であり、神の子たちはみな生命の中に住んでいるからです。

 The Presence of holiness lives in everything that lives, for holiness created life, and leaves not what It created holy as Itself.
 聖なる存在は生きとし生けるものの中に生きています。というのも、聖なる存在は生命を創造し、自らと同じように神聖に創造したものから離れてなどいないからです。




5. In this world you can become a spotless mirror, in which the holiness of your Creator shines forth from you to all around you.
 この世界で、あなたは一点の曇りもないとなることができます。このの中に映るあなたの大いなる創造主の神聖さは、あなたからあなたを取り巻くあらゆるものへと輝きを放射します。

 You can reflect Heaven here.
 あなたは、この世界に天国反映することができるのです。

 Yet no reflections of the images of other gods must dim the mirror that would hold God's reflection in it.
 ただし、大いなる神の姿を映し出すはずのを、他のいかなる神々の偶像を映し出すことによっても曇らせてはなりません。

 Earth can reflect Heaven or hell; God or the ego.
 この地上は、天国でも地獄でも、つまり、神でもエゴでも、そのどちらでも反映することができます。

 You need but leave the mirror clean and clear of all the images of hidden darkness you have drawn upon it.
 あなたはただ、そのを綺麗に保ち、の上にあなたが描いてきた隠された闇のイメージをすべて消しておくだけでよいのです。

 God will shine upon it of himself.
 そうすれば、神は自らを照らしてくれるでしょう。

 Only the clear reflection of himself can be perceived upon it.
 その鏡には、神自身がはっきりと映し出された姿だけが知覚できるようになります。


名称未設定

6. Reflections are seen in light.
 鏡の映し出すものは、の中で見ることができます。

 In darkness they are obscure, and their meaning seems to lie only in shifting interpretations, rather than in themselves.
 闇の中では、鏡の映す像は不明瞭であり、その像自体には意味を見出せず、むしろつねに移り変わるその解釈の中にしか意味がないように思えてきます。

 The reflection of God needs no interpretation.
 神が映し出された姿は、いかなる解釈も必要としません。

 It is clear.
 それは明瞭なものです。

 Clean but the mirror, and the message that shines forth from what the mirror holds out for everyone to see, no one can fail to understand.
 ただ鏡を綺麗にしておきなさい。そうすれば、誰もが見えるようにと鏡が差し出しているものから輝き出すメッセージを誰も理解し損ねるはずがありません。

 It is the message that the Holy Spirit is holding to the mirror that is in him.
 それは、聖霊が神の子みんなの中にある鏡に向けて掲げているメッセージです。

 He recognizes it because he has been taught his need for it, but knows not where to look to find it.
 誰もが自分がそのメッセージを必要としていることを教わったことがあるので、そのメッセージに気づきます。しかし、彼はそのメッセージを見出すためにどこに目を向ければいいのかわからないでいるのです。

 Let him, then, see it in you and share it with you.
 だから、彼らがあなたの中にそのメッセージを見て、彼らがあなたと一緒にそのメッセージを共有できるようにさせてあげなさい。




7. Could you but realize for a single instant the power of healing that the reflection of God, shining in you, can bring to all the world, you could not wait to make the mirror of your mind clean to receive the image of the holiness that heals the world.
 もしあなたが、ほんの一瞬でも自分の中に輝く神を映し出すイメージが世界中にもたらすことができる癒しの力に気づくことさえできたら、あなたは世界を癒す聖なる存在のイメージを受け取るために、自分の心の鏡を綺麗にするのを待ちきれなくなるはずです。

 The image of holiness that shines in your mind is not obscure, and will not change.
 あなたの心の中で輝く聖なる存在のイメージは、不明瞭でもなければ、変化することもありません。

 Its meaning to those who look upon it is not obscure, for everyone perceives it as the same.
 その聖なる存在のイメージがそれを見る者にとって意味することは曖昧なものではありません。なぜなら、すべての者たちがそのイメージを同じものとして知覚するからです。

 All bring their different problems to its healing light, and all their problems find but healing there.
 誰もがみな、それぞれの異なった問題をそのイメージの持つ癒しのにもたらせば、彼らのあらゆる問題は、そこで癒しだけを見出します。


名称未設定

8. The response of holiness to any form of error is always the same.
 どんな形の誤りであろうと、それに対する聖なる存在の反応はつねに同じものです。

 There is no contradiction in what holiness calls forth.
 聖なる存在が呼び起こすものには、矛盾が一切ありません。

 Its one response is healing, without regard for what is brought to it.
 聖なる存在の許に何がもたらされようとも、聖なる存在の唯一の反応は癒すことだけです。

 Those who have learned to offer only healing, because of the reflection of holiness in them, are ready at last for Heaven.
 自分の中の神聖さの反映ゆえに、ただ癒しだけを差し延べることを学んだ者たちは、とうとう天国への準備が整ったのです。

 There, holiness is not a reflection, but rather the actual condition of what was but reflected to them here.
 天国では、神聖であることは反映されるものではありません。というよりもむしろ、神聖であることは、この地上では反映でしかなかったものの実際の状態なのです。

 God is no image, and his creations, as part of him, hold him in them in truth.
 神はイメージではありません。そして、神に創造されたものたちは、神の一部なので、真の意味で自分たちのうちに神を宿しているのです。

 They do not merely reflect truth, for they are truth.
 神に創造されたものたちは単に真理を反映するだけではありません。というのは、彼ら自身が真理そのものだからです。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/690-b1fccb85
該当の記事は見つかりませんでした。