There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T23-1 相容れない信念

今回はテキスト第二十三章から「相容れない信念」という一節をご紹介します。







テキスト第二十三章

I. The Irreconcilable Beliefs
一 相容れない信念


1. The memory of God comes to the quiet mind.
 神の記憶は、静かな心に訪れます。

 It cannot come where there is conflict, for a mind at war against itself remembers not eternal gentleness.
 葛藤がある心には、神の記憶はやってくることはできません。というのも、自分自身との戦いのさなかにある心は、永遠の優しさを覚えてはいないからです。

 The means of war are not the means of peace, and what the warlike would remember is not love.
 戦いの手段は平安に至る手段にはならないし、好戦的な者が思い出そうとするのは愛ではありません。

 War is impossible unless belief in victory is cherished.
 勝利を信じる思いを心に抱かないかぎり、戦いなど不可能です。

 Conflict within you must imply that you believe the ego has the power to be victorious.
 あなたの内に葛藤があるということは、エゴには勝利を収める力が備わっているとあなたが信じていることを意味するに違いありません。

 Why else would you identify with it?
 そうでなければ、どうしてあなたが自分をエゴと同一視しようとなどするでしょうか。

 Surely you realize the ego is at war with God.
 あなたには確実に、エゴが神と交戦中であることがよくわかっているはずです。

 Certain it is it has no enemy.
 ただし、エゴには敵などいないということは確実です。

 Yet just as certain is its fixed belief it has an enemy that it must overcome and will succeed.
 しかし、それと同じように確実なことは、エゴは自分には打ち倒して取って代わらなければならない敵があると固く信じていることです。




2. Do you not realize a war against yourself would be a war on God?
 あなたには、自分と戦うことは神に戦いを挑むことなのだということがわからないのでしょうか。

 Is victory conceivable?
 勝利の見込みなどあるでしょうか。

 And if it were, is this a victory that you would want?
 仮に見込みがあったとしても、神を打ち負かすことはあなたが望む勝利といえるでしょうか。

 The death of God, if it were possible, would be your death.
 神の死、もしそれがありうるとしても、それはあなたの死でもああるはずです。

 Is this a victory?
 こんなものが勝利でしょうか。

 The ego always marches to defeat, because it thinks that triumph over you is possible.
 エゴは、あなたを征服することは可能だと思っているので、つねに打ち負かすために行軍します。

 And God thinks otherwise.
 しかし、神はそのようには思っていません。

 This is no war; only the mad belief the Will of God can be attacked and overthrown.
 こんなことは戦いなどではありません。ただ神の大いなる意志が攻撃され、打ち破られることがありうるという狂気の信念でしかありません。

 You may identify with this belief, but never will it be more than madness.
 あなたはこの狂気の信念に共鳴するかもしれません。しかし、それは絶対に狂気の沙汰を脱することはありません。

 And fear will reign in madness, and will seem to have replaced love there.
 そして、狂気の中では恐怖が君臨し、愛に取って代わったように思えてきます。

 This is the conflict's purpose.
 これこそ葛藤が目的とするところです。

 And to those who think that it is possible, the means seem real.
 そして、こんなことが可能だと思う者たちには、そのための手段も本物に思えてきます。

名称未設定


3. Be certain that it is impossible God and the ego, or yourself and it, will ever meet.
 次のことを確信しなさい。それは、神とエゴ、あるいは、あなた自身とエゴが出会うことは決してありえないということです。

 You seem to meet, and make your strange alliances on grounds that have no meaning.
 あなたには自分がエゴと出会い、何の意味もない根拠によってエゴと奇妙な同盟を結んでいるように思えます。

 For your beliefs converge upon the body, the ego's chosen home, which you believe is yours.
 というのも、あなたの信念はすべて、エゴが選んだ棲家である身体に集中しているし、あなたはそれが自分の棲家であるとも信じているからです。

 You meet at a mistake; an error in your self-appraisal.
 あなたは、間違い、すなわち、あなたの自己評価における誤りにおいてエゴと出会うのです。

 The ego joins with an illusion of yourself you share with it.
 エゴは、あなたがエゴと分かち合っているあなた自身についての幻想と結びつきます。

 And yet illusions cannot join.
 とはいえ、幻想幻想が結びつくことはできません。

 They are the same, and they are nothing.
 幻想はどれも同じで、実在しない無です。

 Their joining lies in nothingness; two are as meaningless as one or as a thousand.
 幻想同士の結合は無の中でのことであり、たとえ幻想がひとつであろうと千であろうと無意味なのと同じように、二つの幻想は無意味です。

 The ego joins with nothing, being nothing.
 エゴは無なので、無と結合します。

 The victory it seeks is meaningless as is itself.
 エゴが追い求める勝利は、エゴそのものと同じく無意味です。




4. Brother, the war against yourself is almost over.
 兄弟よ、あなたの自分自身との戦いはもう少しで終わります。

 The journey's end is at the place of peace.
 旅の終着点は、平安という場所にあります。

 Would you not now accept the peace offered you here?
 あなたは、ここであなたに差し延べられている平安を今、受け入れたくはないでしょうか。

 This "enemy" you fought as an intruder on your peace is here transformed, before your sight, into the giver of your peace.
 あなたが自分の平安をかき乱す侵略者とみなして戦ってきたこの「敵」は、ここで、あなたの目の前で、平安の与え主へと変容したのです。

 Your "enemy" was God Himself, to Whom all conflict, triumph and attack of any kind are all unknown.
 あなたの「敵」とは神自身だったのです。もっとも、その神にとっては、いかなる葛藤も勝利も攻撃もまったく与り知らないところです。

 He loves you perfectly, completely and eternally.
 神は、あなたを完璧かつ完全に、そして永遠に愛しています。

 The Son of God at war with his Creator is a condition as ridiculous as nature roaring at the wind in anger, proclaiming it is part of itself no more.
 神の子が自らの創造主と戦っているという状況など、自然が風に対して怒りに任せて雄叫びをあげ、もはや風は自然の一部ではないと宣言しているのと同じくらい滑稽なことです。

 Could nature possibly establish this, and make it true?
 自然が風を自分から切り離すことに決めて、それを実現させることなどできるでしょうか。

 Nor is it up to you to say what shall be part of you and what is kept apart.
 それと同じように、何を自分の一部として、何を別のものにしておくかを決めるのがあなた次第だなどということはありえません。

名称未設定


5. The war against yourself was undertaken to teach the Son of God that he is not himself, and not his Father's Son.
 あなた自身との戦いは、神の子に彼が自分自身ではなく、父の子でもないと教え込むために企てられたものです。

 For this, the memory of his Father must be forgotten.
 このためには、神の子が自らの大いなる父の記憶を忘れ去ってしまわなければなりません。

 It is forgotten in the body's life, and if you think you are a body, you will believe you have forgotten it.
 神の記憶は、身体として送る人生の中では忘れられているし、もしあなたが自分は身体だと思うなら、あなたは自分が神の記憶を忘れてしまったものと信じることでしょう。

 Yet truth can never be forgotten by itself, and you have not forgotten what you are.
 しかし、真理は決してひとりでに忘れられることはありえません。だから、あなたは自分が何者であるか忘れてなどいないのです。

 Only a strange illusion of yourself, a wish to triumph over what you are, remembers not.
 ただ、本来の自分を征服したいという願望である、あなた自身についての異常な幻想が覚えていないだけなのです。




6. The war against yourself is but the battle of two illusions, struggling to make them different from each other, in the belief the one that conquers will be true.
 あなた自身との戦いは、単に、どちらか勝利を収めるほうの幻想が真実になると信じて、互いに自らを相手とは違うものにしようとあがく、二つの幻想の間の争いでしかありません。

 There is no conflict between them and the truth.
 真理とそれらの幻想との間には、何の葛藤もありません。

 Nor are they different from each other.
 それに、二つの幻想は互いに何ら違ってもいません。

 Both are not true.
 両方とも真実ではないのです。

 And so it matters not what form they take.
 だから、その幻想がどんな形をとろうとも、それは重要ではありません。

 What made them is insane, and they remain part of what made them.
 幻想を作り上げたものは正気ではないし、幻想は自らを作り出したものの一部であり続けます。

 Madness holds out no menace to reality, and has no influence upon it.
 狂気が現実にとって脅威となることは一切ないし、狂気には現実に影響を及ぼす力など何もありません。

 Illusions cannot triumph over truth, nor can they threaten it in any way.
 幻想は真理に勝つことができないばかりか、現実に対していかなる脅威を与えることもできません。

 And the reality that they deny is not a part of them.
 そして、幻想が否認している現実は、幻想の一部分ではないのです。


名称未設定

7. What you remember is a part of you.
 あなたが覚えていることは、あなたの一部です。

 For you must be as God created you.
 というのは、あなたは神が創造したままであるに違いないからです。

 Truth does not fight against illusions, nor do illusions fight against the truth.
 真理が幻想に対抗して争うことはないし、幻想が真理に対抗して争うこともありません。

 Illusions battle only with themselves.
 ただ幻想が幻想自身と戦っているだけです。

 Being fragmented, they fragment.
 幻想は分裂しているので、分裂しつづけます。

 But truth is indivisible, and far beyond their little reach.
 しかし、真理は分割できないものなので、幻想のわずかな到達範囲をはるかに超える彼方にあります。

 You will remember what you know when you have learned you cannot be in conflict.
 あなたが自分が葛藤の中にいることなどありえないと学んだとき、あなたは自分の知っていることを思い出すことになります。

 One illusion about yourself can battle with another, yet the war of two illusions is a state where nothing happens.
 あなた自身についてのひとつの幻想がもうひとつの別の幻想と争うことはありえます。しかし、二つの幻想が戦っている状態というのは、何も起こってはいない状態です。

 There is no victor and there is no victory.
 そこには勝利者もいなければ、いかなる勝利もありません。

 And truth stands radiant, apart from conflict, untouched and quiet in the peace of God.
 そして、真理は葛藤から離れ、損なわれることもなく穏やかに、神の平安のうちに輝いています。




8. Conflict must be between two forces.
 葛藤は、必ず二つの力の間で生じます。

 It cannot exist between one power and nothingness.
 葛藤がひとつの力と無との間に存在するはずがないのです。

 There is nothing you could attack that is not part of you.
 あなたに攻撃できるもので、あなたの一部ではないものなど何ひとつありません。

 And by attacking it you make two illusions of yourself, in conflict with each other.
 そして、自分の一部を攻撃することによって、あなたはお互いに葛藤し合う自分自身についての二つの幻想を作り出してしまいます。

 And this occurs whenever you look on anything that God created with anything but love.
 そして、これは、あなたが何であれ神の創造したものを愛以外の何らかの感情をもって見るたびにいつも起こることです。

 Conflict is fearful, for it is the birth of fear.
 葛藤は恐怖に満ちています。というのも、葛藤は恐怖から生まれるものだからです。

 Yet what is born of nothing cannot win reality through battle.
 しかし、無から生まれたものが、戦いによって実在性を勝ち取ることなどできません。

 Why would you fill your world with conflicts with yourself?
 どうしてあなたは、自分の世界を自分自身との葛藤で満たそうとするのでしょうか。

 Let all this madness be undone for you, and turn in peace to the rememberance of God, still shining in your quiet mind.
 こんな狂気の沙汰を自分のためにすべて取り消してもらい、平安のうちに、今でもあなたの静かな心の中に輝いている神の記憶に目を向けなさい。


名称未設定

9. See how the conflict of illusions disappears when it is brought to truth!
 幻想同士の争いが真理の下へともたらされて、消えてなくなる様を見てください。

 For it seems real only as long as it is seen as war between conflicting truths; the conqueror to be the truer, the more real, and the vanquisher of the illusion that was less real, made an illusion by defeat.
 というのは、争いが本物のように見えるのはただ、その争いが矛盾する複数の真実の間での戦いだと見られている間だけだからです。その争いでは、戦いの覇者は、打ち負かされたことで幻想とされたより現実味の乏しいほうの幻想の征服者として、より真実で、より現実のものであるとされます。

 Thus, conflict is the choice between illusions, one to be crowned as real, the other vanquished and despised.
 かくして、葛藤は幻想と幻想の間での選択であり、一方は現実としての王位に就き、他方は打ち負かされ、軽蔑されることになります。

 Here will the Father never be remembered.
 こんなところでは、大いなる父が思い出されることは決してないでしょう。

 Yet no illusion can invade His home and drive Him out of what He loves forever.
 しかし、いかなる幻想も、父の住まいを侵略し、父が永遠に愛しているものから父を追い出すことなどできはしません。

 And what He loves must be forever quiet and at peace because it is His home.
 そして、父の愛するものは、父の住処であるがゆえに、永遠に静かで平安であるに違いありません。




10. You who are beloved of Him are no illusion, being as true and holy as Himself.
 父に愛されているあなたは、神自身と同様に真実かつ神聖なものであるがゆえに、幻想ではありません。

 The stillness of your certainty of Him and of yourself is home to Both of You, Who dwell as One and not apart.
 父と自分自身に対してあなたが確信することによる静けさこそが、父とあなたの住まいであり、そこであなたたちは、離ればなれになることなくひとつのものとして住まうのです。

 Open the door of His most holy home, and let forgiveness sweep away all trace of the belief in sin that keeps God homeless and His Son with Him.
 父の最も聖なる住まいの扉を開いてください。そして、神と子を宿無しに保とうとする罪の信念の痕跡のすべてを赦しに一掃してもらうがよいでしょう。

 You are not a stranger in the house of God.
 あなたは、神の家ではよそ者ではありません。

 Welcome your brother to the home where God has set him in serenity and peace, and dwells with him.
 あなたの兄弟をこの住まいに迎え入れてください。この住まいにおいて、神は穏やかに、そして、安らかに彼を招き入れて、彼とともに住んでくれます。

 Illusions have no place where love abides, protecting you from everything that is not true.
 愛が留まり、あなたを真実ではないすべてのものから護ってくれている場所には、幻想が入り込む余地などありません。

 You dwell in peace as limitless as its Creator, and everything is given those who would remember Him.
 あなたは、平安の創造主と同様に果てしない平安のうちに住んでおり、神を思い出そうとする者たちにはすべてが与えられます。

 Over His home the Holy Spirit watches, sure that its peace can never be disturbed.
 聖霊が神の家を見守っており、神の家の平安が決してかき乱されないことを確かなものにしています。


名称未設定

11. How can the resting place of God turn on itself, and seek to overcome the One Who dwells there?
 どうして神の休息の場である者が、自分自身に襲いかかって、そこに住む神を征服しようとしたりなどできるでしょうか。

 And think what happens when the house of God perceives itself divided.
 それに、神の家である者が自らを分割されているものと知覚したときに、何が起こるか考えてもみてください。

 The altar disappears, the light grows dim, the temple of the Holy One becomes a house of sin.
 祭壇は消え去り、明かりは暗くなり、聖なる存在の神殿は罪の巣窟になってしまいます。

 And nothing is remembered except illusions.
 そして、幻想以外には何も思い出されなくなることでしょう。

 Illusions can conflict, because their forms are different.
 個々の幻想は形が違うので、幻想同士は衝突しうるのです。

 And they do battle only to establish which form is true.
 そして、幻想同士は、ただどの形が真実なのかということを立証するためだけに戦います。




12. Illusion meets illusion; truth, itself.
 幻想は幻想に出会い、真理は真理に出会います。

 The meeting of illusions leads to war.
 幻想同士が出会うと、戦いに発展します。

 Peace, looking on itself, extends itself.
 平安は、平安自身を見つめるので、自らを拡張します。

 War is the condition in which fear is born, and grows and seeks to dominate.
 戦いは、その中で恐れが生まれ、増大して支配しようとする状態です。

 Peace is the state where love abides, and seeks to share itself.
 平安は、愛が留まり、自らを分かち合おうとする状態です。

 Conflict and peace are opposites.
 葛藤と平安は、正反対のものです。

 Where one abides the other cannot be; where either goes the other disappears.
 一方が留まっている所には、他方は存在できず、どちらかが向かうところからは、他方は消えてなくなります。

 So is the memory of God obscured in minds that have become illusions' battleground.
 同様に、幻想同士の戦場になった心の中では、神の記憶は不明瞭になってしまいます。

 Yet far beyond this senseless war it shines, ready to be remembered when you side with peace.
 しかし、こんな無意味な戦いをはるかに超えたところで、神の記憶は輝いており、あなたが平安の側についたときにいつでも思い出せるように準備を整えています。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
信念神の記憶平安戦い争い勝利征服恐怖幻想葛藤

Comments 0

Leave a reply