FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T29-4 夢での役割


今回はテキスト第二十九章から「での役割」という一節をご紹介します。




短い一節ですが、悲しみの幸せな夢に変える秘訣が示されています。

とは眠ることによって現実の自覚を失った状態で、現実ではない幻の世界を現実と思い込む現象です。

ですから、を構成する要素は、実在する現実ではありません。

つまり、夢は実在の不在によって構成されている、すなわち、実在する愛の不在である恐れが夢を作り出す素材ということです。

このように夢の材料になるのは恐れだけであり、すべての夢は恐怖の夢にほかならないので、自分が気に入っていると思う夢でさえ、恐ろしい夢と同じくらい強く私たちを夢の世界に引き止めます。
 
夢は実在しない影なので、夢の形が変わることはありえても、恐れ以外のものから夢が作り出されることはありえません。


快楽や喜びの薄っぺらな化けの皮で包まれているかもしれいけれど、すべての夢に通底するテーマは、憂鬱な思いか、激しく非難する思いかのどちらかです。

私たちが気に入らない夢は、私たちが誰かに割り当てて期待した役割をその人が果たし損ねた夢です。

そして、私たちの与えた役割をその人が果たし損ねたことが、私たちがその誰かを非難し攻撃することを正当化する「理由」となります。

これに対して、私たちの気に入ると思う夢は、自分の与えた役割が果たされて、自分に必要だと思った物事が満たされている夢です。

私たちが不幸になるのは、私たちがエゴに従って、自分勝手に夢の登場人物たちに「ふさわしい」役割を割り当てて勝手な期待をするからです。

その登場人物が誰であれ、その人に対する私たちの観念しか、自分を失望させることはできないし、裏切られるものがあるとすれば、登場人物に対する自分の観念だけです。

ここまでで止まるなら、ただ他人に期待しても裏切られてがっかりするだけだから、最初から期待なんかしないほうが傷つかずに済むしまだ幸せになれるという小さな自己を防衛して閉じこもるだけの、さもしい発想になりかねません。

けれど、ここで立ち止まることなく、さらに聖霊に従うなら、壮大な展望が開けてきます。

夢の役目は、分離が錯覚で愛によってひとつに結ばれていることが真理であることを兄弟との心の結びつきを通じて体験することができるよう、私たちに兄弟を助ける機会を与えることになります。

そうなると、自分に攻撃をしかけてくる夢の登場人物は、自分に助けとなる機会を与えてくれる兄弟となります。

こうして、悲しみの夢は喜びの夢へと変わります。

私たちが自分の兄弟は何のために存在するのかわかっていないのは、私たちは自分の役割が何なのか、はっきりわかっていないからです。

そのために、エゴに惑わされて、自分に幸せを運んできてくれるはずだと思い描いた役割を兄弟に押しつけて、自分の人生はこうあるべきだと思い描く夢の中で、自分が兄弟に割り当てた役目を彼が果たし損ねたからといって、彼を傷つけようとして、彼が自分の救い主であることに気づけないままでいることになります。

再三、繰り返しているように、兄弟の攻撃は、愛と助けを求める哀訴であり、自分を怒らせる兄弟は、彼と自分を一緒に幽閉するか解放するか選択する機会を与えてくれる救い主であると正しく兄弟を見るようにと聖霊は教えます。

つまり、私たちは自分の救い主であり自分と本当は一つである兄弟を自分の敵とみなして攻撃するという壮大な勘違いをしているということです。

私たちは、人生とその登場人物たちに自分勝手な期待を押しつけて、それが満たされないと不平不満をぶつけていますが、実は、逆で、私たちのほうが人生のほうから期待されて、兄弟たちとの出会いというかけがえのない機会を与えてもらっているということです。

私たちが夢の役割を聖霊が知覚するように正しく見さえすれば、私たちは兄弟を救い主と見て、彼に愛と助けを差し延べることができます。




テキスト第二十九章

IV. Dream Roles
四 での役割



1. Do you believe that truth can be but some illusions?
 真理とは単に何らかの形の幻想でしかないと、あなたは信じているのでしょうか。

 They are dreams because they are not true.
 幻想であるのは、幻想が真実ではないからです。

 Their equal lack of truth becomes the basis for the miracle, which means that you have understood that dreams are dreams; and that escape depends, not on the dream, but only on awaking.
 どのような幻想にも等しく真理が欠落していることが奇跡の基盤となります。このことは、でしかなく、そのからの脱出は、そのにかかっているのではなく、ただ目覚めることにのみかかっていることをすでにあなたが理解していることを意味します。

 Could it be some dreams are kept, and others wakened from?
 いくつかの夢を見たままに保ちながら、ほかの夢からだけ目覚めるということができるでしょうか。

 The choice is not between which dreams to keep, but only if you want to live in dreams or to awaken from them.
 選択肢は、どの夢を維持しておくかではなく、ただ単に、あなたが夢の中に生きることを望むのか、それとも一切の夢から目覚めるのか、その両者の間にしかありません。

 Thus it is the miracle does not select some dreams to leave untouched by its beneficence.
 したがって、奇跡は、いくつかの夢だけを選んで、それらには奇跡の恩恵を与えないままにすることはありません。

 You cannot dream some dreams and wake from some, for you are either sleeping or awake.
 あなたはある夢を見続けながら、別の夢からだけ目を覚ますことはできません。というのも、あなたは眠ったままか目覚めているか、そのどちらかだからです。

 And dreaming goes with only one of these.
 そして、夢を見ることは、このうちの眠りにだけに伴うものです。



2. The dreams you think you like would hold you back as much as those in which the fear is seen.
 あなたが自分が気に入っていると思う夢でさえ、恐怖を経験する夢と同じくらい強くあなたを引き止めることになります。

 For every dream is but a dream of fear, no matter what the form it seems to take.
 というのは、たとえ夢がどんな形をとるように見えようとも、夢はどれも恐怖の夢でしかないからです。

 The fear is seen within, without, or both.
 恐怖は内面にも外面にも、または内と外の両方にも見られます。

 Or it can be disguised in pleasant form.
 あるいは、恐怖は、快適な形を隠れ蓑にして姿を隠しているかもしれません。

 But never is it absent from the dream, for fear is the material of dreams, from which they all are made.
 しかし、恐れが夢からなくなっていることは絶対にありません。というのも、恐れこそが夢を構成する素材であり、この恐怖という素材を元にしてすべての夢が形作られるからです。

 Their form can change, but they cannot be made of something else.
 夢の形が変わることはありえても、恐れ以外のものから夢が作り出されることはありえません。

 The miracle were treacherous indeed if it allowed you still to be afraid because you did not recognize the fear.
 あなたが恐れに気づかなかったという理由で、もし奇跡が依然としてあなたを恐れたままにしておくとすれば、奇跡はまったくあてにならないものになってしまいます。

 You would not then be willing to awake, for which the miracle prepares the way.
 そうなると、たとえ奇跡があなたの目覚めのための道を準備したとしても、あなたは進んで目を覚ます気にはならないでしょう。

名称未設定

3. In simplest form, it can be said attack is a response to function unfulfilled as you perceive the function.
 最も簡単な形で言うなら、攻撃は、あなたがその役割はこうだと知覚している通りにその役割が果されていないことに対する反応として生じます。

 It can be in you or someone else, but where it is perceived it will be there it is attacked.
 その役割はあなたの役割であることも誰かほかの人の役割であることもありえますが、その役割が知覚されるところで、その役割は攻撃されることになります。

 Depression or assault must be the theme of every dream, for they are made of fear.
 どんな夢であれ、あらゆるの夢に通底するテーマは、憂鬱な思いか、激しく非難する思いかのどちらかです。というのも、すべての夢は恐れからできているからです。

 The thin disguise of pleasure and of joy in which they may be wrapped but slightly veils the heavy lump of fear that is their core.
 それらの思いは快楽や喜びの薄っぺらな化けの皮で包まれているかもしれませんが、そんな薄皮は、それらの思いの核心にある重苦しい恐れの塊をかすかに覆い隠しているだけです。

 And it is this the miracle perceives, and not the wrappings in which it is bound.
 そして、奇跡が知覚するのはその核心であって、それを包んでいる外の薄皮ではないのです。



4. When you are angry, is it not because someone has failed to fill the function you allotted him?
 あなたが怒るとき、それは、あなたが誰かに割り当てた役割をその人が果たし損ねたせいではないでしょうか。

 And does not this become the "reason" your attack is justified?
 そして、あなたの与えた役割をその人が果たし損ねたことが、あなたの攻撃が正当化される「理由」になっているのではないでしょうか。

 The dreams you think you like are those in which the functions you have given have been filled; the needs which you ascribe to you are met.
 あなたが自分が気に入っていると思う夢は、あなたの与えた役割が果たされて、あなたが自分に必要だと思った物事が満たされている夢です。

 It does not matter if they be fulfilled or merely wanted.
 あなたが与えた役割が果たされたのか、単に望まれただけだったのかは問題ではありません。

 It is the idea that they exist from which the fears arise.
 問題なのは、あなたが夢に与えた役割、自分に必要性が存在するという観念そのものであって、その観念から恐れが生じてくるのです。

 Dreams are not wanted more or less.
 夢は、より多くまたはより少なく望まれるというものではありません。

 They are desired or not.
 夢は、望まれるか望まれないか、そのどちらかです。

 And each one represents some function that you have assigned; some goal which an event, or body, or a thing should represent, and should achieve for you.
 そして、一つひとつの夢は、あなたが割り当てた何かしらの役割を表しています。それは、ある出来事や身体やある物によって表現されるべきで、あなたのために達成されるべき何かしらの目標です。

 If it succeeds you think you like the dream.
 もしその目標の達成に成功すれば、あなたは自分はその夢を気に入ったと思います。

 If it should fail you think the dream is sad.
 もしその目標の達成が失敗に終われば、あなたはその夢を悲しく思います。

 But whether it succeeds or fails is not its core, but just the flimsy covering.
 しかし、それが成功しようが失敗に終わろうが、そんなことは夢の核心ではありません。それは、単なる薄弱な覆いにすぎないのです。

名称未設定

5. How happy would your dreams become if you were not the one who gave the "proper" role to every figure which the dream contains.
 夢の中に出てくる一人ひとりの登場人物に「ふさわしい」役割を与えたのがあなたでなかったなら、あなたの夢はどんなに幸せなものになっていたことでしょう。

 No one can fail but your idea of him, and there is no betrayal but of this.
 その登場人物が誰であれ、その人に対するあなたの観念しか、あなたを失望させることはできません。そして、裏切られるものがあるとすれば、それは登場人物に対するあなたの観念だけです。

 The core of dreams the Holy Spirit gives is never one of fear.
 聖霊が与える夢の核心は、決して恐怖核心とするものではありません。

 The coverings may not appear to change, but what they mean has changed because they cover something else.
 外側の覆いは変わらないように見えるかもしれませんが、その覆いはそれまでとは異なる別のものを覆っているので、その覆いが意味するものは変わっています。

 Perceptions are determined by their purpose, in that they seem to be what they are for.
 何を目的に知覚するかによって何を知覚するかが決まるので、外側の覆いは内に保つ夢の核心の通りに見えるということです。

 A shadow figure who attacks becomes a brother giving you a chance to help, if this becomes the function of the dream.
 もし夢の核心をなす夢の役目が兄弟を助ける機会をあなたに与えることになれば、攻撃をしかけてくる影のような夢の登場人物は、あなたに助けとなる機会を与えてくれる兄弟となります。

 And dreams of sadness thus are turned to joy.
 このようにして、悲しみの夢は喜びの夢へと変わります。



6. What is your brother for?
 あなたの兄弟は何のために存在するのでしょうか。

 You do not know, because your function is obscure to you.
 あなたには、わかりません。なぜなら、あなたには自分の役割がはっきりわかっていないからです。

 Do not ascribe a role to him that you imagine would bring happiness to you.
 あなたが自分に幸せを運んできてくれるはずだと思い描く役割を、兄弟に押しつけてはなりません。

 And do not try to hurt him when he fails to take the part that you assigned to him, in what you dream your life was meant to be.
 また、あなたが自分の人生はこうあるべきだと思い描く夢の中で、あなたが兄弟に割り当てた役目を彼がちゃんと果たし損ねたからといって、彼を傷つけようとしてはなりません。

 He asks for help in every dream he has, and you have help to give him if you see the function of the dream as He perceives its function, Who can utilize all dreams as means to serve the function given Him.
 兄弟がどんな夢を見ていようとも彼が求めているのは助けなのです。だから、もしあなたが夢の役割を聖霊が知覚するように見さえすれば、あなたは兄弟に助けを差し延べることができます。聖霊は、自らに授けられた役割を果たすための手段としてどんな夢でも活用できるからです。

 Because He loves the dreamer, not the dream, each dream becomes an offering of love.
 聖霊は夢ではなく夢を夢見る者を愛しているのだから、一つひとつの夢は愛の捧げものとなります。

 For at its center is His Love for you, which lights whatever form it takes with love.
 というのは、夢の中心には聖霊のあなたへの大いなる愛があり、この大いなる愛は、夢がどんな形をとろうとも、それを愛で照らしてくれるからです。


名称未設定

次

関連記事
役割幻想恐怖奇跡核心攻撃必要目標登場人物

Comments 0

Leave a reply