There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T4-7 創造とコミュニケーション

今回は、テキスト第四章から、「創造コミュニケーション」をご紹介します。





テキスト第四章

VII. Creation and Communication
七 創造コミュニケーション




1. It is clear that while the content of any particular ego illusion does not matter, its correction is more helpful in a specific context.
 具体的なエゴの幻想の内容は重要ではないものの、それらの幻想を修正するに際しては、具体的な状況に即して行うほうがより効果的であるのは明らかです。

 Ego illusions are quite specific, although the mind is naturally abstract.
 エゴの幻想はきわめて具体的ですが、は本来的に抽象的なものです。

 Part of the mind becomes concrete, however, when it splits.
 しかし、が分裂すると、の一部は具体的なものになります。

 The concrete part believes in the ego, because the ego depends on the concrete.
 その具体的になったの部分がエゴを信じます。それは、エゴが具体的なものに依存しているからです。

 The ego is the part of the mind that believes your existence is defined by separation.
 エゴとは、あなたの存在が分離によって限界づけられるものと信じているの部分のことです。




2. Everything the ego perceives is a separate whole, without the relationships that imply being.
 エゴが知覚するすべてのものは、それぞれ分離したものだけで完結しており、全体の実在性を示すつながりを持ってはいません。

 The ego is thus against communication, except insofar as it is utilized to establish separateness rather than to abolish it.
 それゆえ、エゴはコミュニケーションを取ることに反対します。ただし、分離状態を廃するためではなくて、分離を確立するためにコミュニケーションを利用できる場合だけは例外だとします。

 The communication system of the ego is based on its own thought system, as is everything else it dictates.
 エゴのコミュニケーション・システムは、エゴが取り仕切る他のあらゆることと同様に、エゴ独自の思考システムに基盤を置いています。

 Its communication is controlled by its need to protect itself, and it will disrupt communication when it experiences threat.
 エゴのコミュニケーションは、エゴそのものを守る必要性によって制御されています。だから、エゴが脅威を感じたときには、エゴはコミュニケーションを中断してしまいます。

 This disruption is a reaction to a specific person or persons.
 このコミュニケーションの中断は、ある特定の人あるいは特定の人々に対する反応として起こります。

 The specificity of the ego's thinking, then, results in spurious generalization which is really not abstract at all.
 そのため、特定の相手に対して具体的に働くエゴの思考の特異性は、擬似的な一般化へと結実しますが、それは、実際にはとても抽象的とはいえないものです。

 It merely responds in certain specific ways to everything it perceives as related.
 エゴは、単に自分が関連性があると知覚するすべての物事に対して、特定の具体的な方法で反応しているだけなのです。

名称未設定


3. In contrast, spirit reacts in the same way to everything it knows is true, and does not respond at all to anything else.
 エゴとは対照的に、は自分が真実だと知っていることすべてに対して同じ方法で反応し、それ以外のものにはまったく反応しません。

 Nor does it make any attempt to establish what is true.
 または、何が真実であるか自分で定めようと試みることもありません。

 It knows that what is true is everything that God created.
 は、真実とは神が創造したすべてだと知っています。

 It is in complete and direct communication with every aspect of creation, because it is in complete and direct communication with its Creator.
 創造物のあらゆる面と、完璧かつ直接的なコミュニケーションを保っています。なぜなら、はその大いなる創造主と完璧かつ直接的なコミュニケーションを保っているからです。

 This communication is the will of God.
 このようなコミュニケーションこそが神の意志です。

 Creation and communication are synonymous.
 創造とコミュニケーションは同義語です。

 God created every mind by communicating his mind to it, thus establishing it forever as a channel for the reception of his mind and will.
 神は、自身のをすべての心に伝えることによって、一つひとつの心を創造しました。こうして、神はすべての心を、神の心と意志を受信する経路として永久に確立したのです。

 Since only beings of a like order can truly communicate, his creations naturally communicate with him and like him.
 ただ同じ階級に実在するものだけが、真にコミュニケーションを取ることができます。だから、神の創造物たちが神と同じように神とコミュニケーションを取るのは自然なことです。

 This communication is perfectly abstract, since its quality is universal in application and not subject to any judgment, any exception or any alteration.
 このコミュニケーションは完全に抽象的なものです。というのも、このコミュニケーションの性質は普遍的に適用できるものだし、どのようにであれ、価値判断にも例外にも変更にも影響されることがないからです。

 God created you by this and for this.
 神はこのコミュニケーションによって、また、このコミュニケーションのために、あなたを創造したのです。

 The mind can distort its function, but it cannot endow itself with functions it was not given.
 心は、このコミュニケーションの機能を歪めることはできます。しかし、心は自分に与えられていない機能を自分自身に与えることはできません。

 That is why the mind cannot totally lose the ability to communicate, even though it may refuse to utilize it on behalf of being.
 だから、たとえ心が実在するためにコミュニケーションを行う機能を用いることを拒絶できたとしても、心はコミュニケーションを行なう能力を完全に喪失することまではできないのです。


名称未設定

4. Existence as well as being rest on communication.
 この世界に存在することは、神の現実に実在することと同じく、コミュニケーションに基盤を置きます。

 Existence, however, is specific in how, what and with whom communication is judged to be worth undertaking.
 しかし、存在することは、どのように、何について、誰とコミュニケーションを取る価値があるかどうかを判断する点で具体的なものです。

 Being is completely without these distinctions.
 実在することには、完全にこのような区別がありません。

 It is a state in which the mind is in communication with everything that is real.
 実在とは、心が真実であるものすべてとコミュニケーションを行っている状態そのものです。

 To whatever extent you permit this state to be curtailed you are limiting your sense of your own reality, which becomes total only by recognizing all reality in the glorious context of its real relationship to you.
 あなたがこの状態をある程度まで縮減することを許容するなら、その限度において、あなたは自分自身が実在するという感覚を制限していることになります。この自分の実在性に対する制限された感覚は、万物が自分と真に結びついているという栄光に満ちた展望の中で、一切の現実を認識することによってのみ完全なものとなります。

 This is your reality.
 これこそ、あなたの本当の姿です。

 Do not desecrate it or recoil from it.
 この現実を冒涜したり、この現実から尻込みしたりしないでください。

 It is your real home, your real temple and your real self.
 この現実こそ、あなたの真の家であり、あなたの真の神殿であり、あなたの真の自己なのです。




5. God, Who encompasses all being, created beings who have everything individually, but who want to share it to increase their joy.
 すべての実在を包含する神は、個々にすべてを持ちながらも、自分たちの喜びを増すために、そのすべてを分かち合いたいと望む実在する者たちを創造しました。

 Nothing real can be increased except by sharing.
 現実であるものは、分かち合うことによってしか増大できません。

 That is why God created you.
 だからこそ、神はあなたを創造したのです。

 Divine abstraction takes joy in sharing.
 神聖な抽象的存在は、分かち合うことに喜びを見出します。

 That is what creation means.
 これこそ創造が意味するものです。

 "How," "what" and "to whom" are irrelevant, because real creation gives everything, since it can create only like itself.
 「どのようにして」、「何を」、そして「誰に」などといったことは意味を持ちません。なぜなら、真の創造は、ただそれ自体と同じものしか創造できないので、すべてを与えることになるからです。

 Remember that in the Kingdom there is no difference between having and being, as there is in existence.
 具体的な存在においては、持つことと在ることに違いがあるのに対して、王国においては、持つことと在ることには何の違いもないことを忘れないでください。

 In the state of being the mind gives everything always.
 実在する状態においては、心はいつでもあらゆるものを与えているのです。


名称未設定

6. The Bible repeatedly states that you should praise God.
 聖書は繰り返し、あなたは神を賛えなければならないと述べています。

 This hardly means that you should tell him how wonderful he is.
 しかし、このことが、いかに素晴らしい神であるかをあなたが神に告げなければならないことを意味しているはずがありません。

 He has no ego with which to accept such praise, and no perception with which to judge it.
 神はそのような賞賛を受け入れるためのエゴも、そうした賞賛の価値を判断するために必要な知覚も持ち合わせてはいません。

 But unless you take your part in the creation, his joy is not complete because yours is incomplete.
 しかし、あなたが創造における自らの役割を担おうとしないでいるかぎり、あなたの喜びは完全にならないので、神の喜びも完全にはなりません。

 And this he does know.
 そして、神はこのことを確かに知っています。

 He knows it in his own being and its experience of his son's experience.
 神は、自らの実在において、そして、この実在が神の子として経験することにおいて、このことを知っているのです。

 The constant going out of his love is blocked when his channels are closed, and he is lonely when the minds he created do not communicate fully with him.
 神の愛の絶え間のない放出も、神の経路が閉ざされると遮られてしまいます。そして、神は、神の創造した心たちが神と十分にコミュニケーションを取れないときには、寂しい思いをするのです。




7. God has kept your kingdom for you, but he cannot share his joy with you until you know it with your whole mind.
 神は、あなたのために、あなたの王国をそのままに保ってくれています。しかし、あなたが自分の王国が保たれていることを自らの心の全体で知るまでは、神は自身の喜びをあなたと共有することができません。

 Revelation is not enough, because it is only communication from God.
 啓示だけでは十分ではありません。なぜなら、啓示はただ神からの一方的なコミュニケーションでしかないからです。

 God does not need revelation returned to him, which would clearly be impossible, but he does want it brought to others.
 神は、あなたから啓示を送り返してもらう必要はありません。そんなことをしようとしても不可能なのは明白です。しかし、神は啓示が他の者たちへともたらされることは確かに望んでいます。

 This cannot be done with the actual revelation; its content cannot be expressed, because it is intensely personal to the mind that receives it.
 他の者に神の啓示をもたらすことは、実際に授けられた啓示そのものによってはなしえません。啓示はそれを受け取る心にとって非常に個人的なものであるがゆえに、啓示の内容を表現することなど不可能だからです。

 It can, however, be returned by that mind to other minds, through the attitudes the knowledge from the revelation brings.
 しかし、啓示がもたらす知識によって変化した心境を通じて、その心から他の心へと届けることによって、啓示を返すことはできます。




8. God is praised whenever any mind learns to be wholly helpful.
 神は、どの心であれ、心が全面的に他者の助けとなることを学ぶたびに讃えられます。

 This is impossible without being wholly harmless, because the two beliefs must coexist.
 全面的に害悪と無縁な者とならないかぎり、心が本当に他者の助けとなることは不可能です。なぜなら、無害性と有用性という二つの信念は必ず共存するものだからです。

 The truly helpful are invulnerable, because they are not protecting their egos and so nothing can hurt them. 真に助けとなる者たちは、傷つくことがありえません。なぜなら、彼らは自分のエゴを守ろうとはしないので、何ものも彼らを傷つけることができないからです。

 Their helpfulness is their praise of God, and he will return their praise of him because they are like him, and they can rejoice together.
 彼らが助けとなることが、彼らから神への称賛です。そして、神はその称賛をそのまま彼らに返してくれるでしょう。なぜなら、彼らは神の似姿なので、彼らは神と共に喜び合えるからです。

 God goes out to them and through them, and there is great joy throughout the kingdom.
 神は、彼らの許へと赴き、彼らを通して拡張するので、大いなる喜びが王国の隅々にまで行き渡ります。

 Every mind that is changed adds to this joy with its individual willingness to share in it.
 変化した心はことごとく、自ら進んで、この神の注ぐ喜びを分かち合いたいという思いから、神の注ぐ喜びの中に加わるようになります。

 The truly helpful are God's miracle workers, whom I direct until we are all united in the joy of the kingdom.
 真に助けとなる者たちは神の奇跡を行う者たちです。そして、私たちがみな王国の喜びの中でひとつに結ばれるときまで、私が彼らを導きます。

 I will direct you to wherever you can be truly helpful, and to whoever can follow my guidance through you.
 私は、あなたが本当に助けとなることができるところであれば、どこへでも、そして、あなたを通じて私の導きに従うことのできる人の許になら誰のところであろうとも、あなたを導いていくつもりです。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
創造コミュニケーションエゴ機能存在実在冒涜啓示

Comments 0

Leave a reply