There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T15-11 犠牲の終わりとしてのクリスマス

今回は、「犠牲の終わりとしてのクリスマス」という一節をご紹介します。



「 Let us join in celebrating peace by demanding no sacrifice of anyone, for so you offer me the love I offer you.
 誰からも一切の犠牲を要求することなく、私たちで一緒に平安を祝いましょう。なぜなら、そうすることで、あなたは私が差し延べる愛を私に差し延べてくれることになるからです。

 What can be more joyous than to perceive we are deprived of nothing?
 私たちが何ひとつ奪われたり失ったりしていないことを知覚することに勝るどんな喜ばしいことがほかにあるというのでしょうか。

 Such is the message of the time of Christ, which I give you that you may give it and return it to the Father, Who gave it to me.
 このことがキリストの時が伝えるメッセージです。私はこのメッセージをあなたに伝えます。それは、あなたがこのメッセージを伝え、そして、私にこのメッセージを伝えてくれた父に返してくれるようにと願ってのことです。」

私たちを見守って導いてくれているイェシュアに愛と感謝を捧げます。








テキスト第十五章

XI. Christmas as the End of Sacrifice
十一 犠牲の終わりとしてのクリスマス


1. Fear not to recognize the whole idea of sacrifice as solely of your making.
 恐れることなく、犠牲という観念全体はあなたが作り出したものでしかないと認めてください。

 And seek not safety by attempting to protect yourself from where it is not.
 そして、安全のない場所で、その場所から自分を守ろうとすることによって、安全を探し求めてはなりません。

 Your brothers and your Father have become very fearful to you.
 あなたの兄弟たちとあなたの大いなる父は、あなたにとって実に恐ろしい存在となってしまっています。

 And you would bargain with them for a few special relationships, in which you think you see some scraps of safety.
 そして、わずかばかりの安全のかけらが見つかると思ういくつかの特別な関係を持とうと、あなたは兄弟や神と取引をしようとします。

 Do not try longer to keep apart your thoughts and the Thought that has been given you.
 あなたの抱く様々な思いとあなたに授けられている大いなる思いとを、これ以上別々のままにしておこうとしないでください。

 When they are brought together and perceived where they are, the choice between them is nothing more than a gentle awakening, and as simple as opening your eyes to daylight when you have no more need of sleep.
 双方を引き合わせて、それらがどこにあるのか認識したとき、そのどちらを選択するかは、もうそれ以上眠る必要がなくなって陽ので目を開いて穏やかに目覚めることと変わりがないくらい簡単なことです。




2. The sign of Christmas is a star, a light in darkness.
 クリスマスの印はひとつのであり、それは闇の中に輝くひとつのです。

 See it not outside yourself, but shining in the Heaven within, and accept it as the sign the time of Christ has come.
 そのがあなたの外ではなく、あなたの内なる天国に輝いているのを見てください。そして、このキリストの時が到来した印として受け入れてください。

 He comes demanding nothing.
 キリストは何も要求することなく訪れます。

 No sacrifice of any kind, of anyone, is asked by Him.
 キリストはいかなる形の犠牲も、誰の犠牲もまったく求めません。

 In His Presence the whole idea of sacrifice loses all meaning.
 キリストの前では、犠牲という考え全体があらゆる意味を失います。

 For He is Host to God.
 というのも、キリストは神を宿してもてなす大いなる存在だからです。

 And you need but invite Him in Who is there already, by recognizing that His Host is One, and no thought alien to His Oneness can abide with Him there.
 そして、あなたは神を宿すキリストは神と一なるものであり、神の一体性と相容れない思いはそこに神と一緒に留まることができないと認めることによって、すでにそこにいる神を招き入れるだけでよいのです。

 Love must be total to give Him welcome, for the Presence of Holiness creates the holiness that surrounds it.
 神を歓迎するには愛は全面的なものでなければなりません。なぜなら、聖なるものの臨在がそれを取り囲む神聖さを創造するからです。

 No fear can touch the Host Who cradles God in the time of Christ, for the Host is as holy as the perfect Innocence which He protects, and Whose power protects Him.
 キリストの時の中で、神を優しく胸に宿すキリストの聖体にはいかなる恐怖も触れることはできません。なぜなら、キリストの聖体は自らが守護する完全に潔白なる存在と同じように神聖であり、その潔白なる存在の力がキリストを守っているからです。


名称未設定

3. This Christmas give the Holy Spirit everything that would hurt you.
 このクリスマスには、あなたを傷つけかねないすべてのものを聖霊に渡してください。

 Let yourself be healed completely that you may join with Him in healing, and let us celebrate our release together by releasing everyone with us.
 あなたも聖霊と一緒に癒しを行えるように、あなた自身を完全に癒してもらってください。そして、私たちと一緒にみんなを解放することによって、自分たちが解放されることを一緒に祝いましょう。

 Leave nothing behind, for release is total, and when you have accepted it with me you will give it with me.
 あとに何も置き残すことのないようにしなさい。というのは、解放は全面的になされるものだし、あなたが私と一緒に解放を受け入れたとき、あなたは私と一緒に解放を与えることになるからです。

 All pain and sacrifice and littleness will disappear in our relationship, which is as innocent as our relationship with our Father, and as powerful.
 私たちの関係の中で、すべての苦しみや犠牲や矮小さは消えてなくなります。私たちの関係は、私たちと大いなる父との絆のように潔白で力強いものです。

 Pain will be brought to us and disappear in our presence, and without pain there can be no sacrifice.
 苦しみは私たちの許へともたらされて、私たちの目の前で消え失せてしまいます。そして、苦しみがなくなったところには、どんな犠牲も存在できません。

 And without sacrifice there love must be.
 そして、犠牲がないならば、そこには愛があるに違いないのです。




4. You who believe that sacrifice is love must learn that sacrifice is separation from love.
 犠牲になることが愛だと信じるあなたは、犠牲になることは愛から離れることなのだと学ばなければなりません。

 For sacrifice brings guilt as surely as love brings peace.
 なぜなら、愛が平安をもたらすのと同じくらい確実に、犠牲は罪悪感をもたらすからです。

 Guilt is the condition of sacrifice, as peace is the condition for the awareness of your relationship with God.
 平安があなたと神のつながりを自覚するための条件であるように、罪悪感は犠牲の条件です。

 Through guilt you exclude your Father and your brothers from yourself.
 罪悪感を通して、あなたは、自らの大いなる父と自分の兄弟たちを自分自身から締め出してしまいます。

 Through peace you invite them back, realizing that they are where your invitation bids them be.
 平安を通して、あなたは自らの大いなる父と自分の兄弟たちに戻ってくるように招き、あなたが彼らを招いたところにすでに彼らがいることに気づくことになります。

 What you exclude from yourself seems fearful, for you endow it with fear and try to cast it out, though it is part of you.
 あなたが自分自身から除外しようとするものは、恐ろしいものに見えます。なぜなら、あなたはそれが自分の一部であるにもかかわらず、それに恐怖を押しつけて外部に放り出そうとしているからです。

 Who can perceive part of himself as loathsome, and live within himself in peace?
 自分自身の一部を唾棄すべきものとして知覚しておきながら、自分自身の内面に平安を保って過ごせる者などいるでしょうか。

 And who can try to resolve the "conflict" of Heaven and hell in him by casting Heaven out and giving it the attributes of hell, without experiencing himself as incomplete and lonely?
 それに、天国を放り出して、それに地獄の属性を与えることによって、自分の内なる天国と地獄の「葛藤」を解消しようとしておきながら、自分自身のことを不完全で孤独な存在として感じずにいられる者がいるでしょうか。


名称未設定

5. As long as you perceive the body as your reality, so long will you perceive yourself as lonely and deprived.
 あなたが自分は本当に身体なのだと知覚しているかぎり、それだけ長く、あなたは自分のことを孤独で恵まれない存在であると知覚することになります。

 And so long will you also perceive yourself as a victim of sacrifice, justified in sacrificing others.
 そして、あなたがそのように知覚している間は、あなたはまた自分自身のことを犠牲となった被害者と見なし、自分には他者を犠牲にすることが正当化されるものと知覚するでしょう。

 For who could thrust Heaven and its Creator aside without a sense of sacrifice and loss?
 なぜなら、犠牲や喪失の感覚を持つことなく、天国とその大いなる創造主を放逐できる者などいないからです。

 And who could suffer sacrifice and loss without attempting to restore himself?
 そして、犠牲や喪失の感覚に苦しみながら、自分自身を何とか元に戻そうとしない者などいないでしょう。

 Yet how could you accomplish this yourself, when the basis of your attempts is the belief in the reality of the deprivation?
 しかし、あなたのこの試みが何かを奪われて欠乏しているのは本当のことだというあなたの信念に基盤を置いているというのに、どうやってそのあなたにこんな試みを自分ひとりで達成できるでしょうか。

 Deprivation breeds attack, being the belief that attack is justified.
 奪われているとの思いは、攻撃が正当化されると信じることなので、攻撃を生み出します。

 And as long as you would retain the deprivation, attack becomes salvation and sacrifice becomes love.
 そして、あなたが奪われているという思いを保ち続けようとするかぎり、攻撃することが救済となり、犠牲になることが愛だということになってしまいます。




6. So is it that, in all your seeking for love, you seek for sacrifice and find it.
 そんなわけで、あなたの愛を求めてのあらゆる探索の中で、あなたは犠牲を求め、そして、犠牲を見つけてしまうのです。

 Yet you find not love.
 しかし、あなたが愛を見つけることはありません。

 It is impossible to deny what love is and still recognize it.
 本当の愛を否認しておきながら、愛を見分けようとしても、それは不可能です。

 The meaning of love lies in what you have cast outside yourself, and it has no meaning apart from you.
 愛の意味は、あなたが自分自身の外に投げ捨ててしまったものの中にこそ見出すことができます。そして、あなたから離れていては愛には何の意味もないのです。

 It is what you prefer to keep that has no meaning, while all that you would keep away holds all the meaning of the universe, and holds the universe together in its meaning.
 あなたが保持しておきたいと思うものは何の意味も持たないものであり、他方で、あなたが遠ざけておこうとするものには宇宙のすべての意味が含まれています。そして、その意味の中で宇宙はひとつに保たれているのです。

 Unless the universe were joined in you it would be apart from God, and to be without Him is to be without meaning.
 あなたの中で宇宙がひとつに結ばれていないとすれば、宇宙は神から離れていることになってしまいます。そして、神と離れて存在することは、意味なく存在することです。


名称未設定

7. In the holy instant the condition of love is met, for minds are joined without the body's interference, and where there is communication there is peace.
 神聖な瞬間において、愛の条件が満たされます。というのは、そのとき心と心は身体に邪魔されることなくひとつに結びつき、そして、コミュニケーションのあるところには必ず平安があるからです。

 The Prince of Peace was born to re-establish the condition of love by teaching that communication remains unbroken even if the body is destroyed, provided that you see not the body as the necessary means of communication.
 平安の王子は、次のレッスンを教えることによって、愛の条件を再び確立するために生まれました。それは、あなたが肉体をコミュニケーションに不可欠な手段だと見ることがなければ、たとえ肉体は破壊されても、コミュニケーションは中断されることなく存続するということです。

 And if you understand this lesson, you will realize that to sacrifice the body is to sacrifice nothing, and communication, which must be of the mind, cannot be sacrificed.
 そして、もしあなたがこのレッスンを理解するなら、あなたは身体を犠牲にすることは何も犠牲にすることにならないし、心に属するものであるに違いないコミュニケーションが犠牲になることなど決してありえないと理解するでしょう。

 Where, then, is sacrifice?
 そうだとすれば、いったいどこに犠牲があるというのでしょうか。

 The lesson I was born to teach, and still would teach to all my brothers, is that sacrifice is nowhere and love is everywhere.
 私がそれを教えるために生まれ、そして、これからも私の兄弟たちみんなに教えるつもりでいるレッスンは、犠牲はどこにも存在せず、ただ愛だけが至るところに存在するというものです。

 For communication embraces everything, and in the peace it re-establishes, love comes of itself.
 なぜなら、コミュニケーションはありとあらゆるものを包含するし、コミュニケーションが再び確立する平安の中には、愛がひとりでにやってくるからです。




8. Let no despair darken the joy of Christmas, for the time of Christ is meaningless apart from joy.
 いかなる絶望にもクリスマスの喜びを翳らせてはなりません。というのも、喜びなくしては、キリストの時には何の意味もないからです。

 Let us join in celebrating peace by demanding no sacrifice of anyone, for so you offer me the love I offer you.
 誰からも一切の犠牲を要求しないことによって、私たちで一緒に平安を祝いましょう。なぜなら、そうすることで、あなたは私があなたに差し延べる愛を私に捧げてくれることになるからです。

 What can be more joyous than to perceive we are deprived of nothing?
 私たちが何ひとつ奪われたり失ったりしていないことを知覚することに優る、どんな喜ばしいことがあるというのでしょうか。

 Such is the message of the time of Christ, which I give you that you may give it and return it to the Father, Who gave it to me.
 私たちが何も奪われることなくすべてを持っていることこそが、キリストの時が伝えるメッセージです。私はこのメッセージをあなたに託します。それは、あなたがこのメッセージを伝えることで、私にこのメッセージを授けてくれた大いなる父に返してくれるようにと願ってのことです。

 For in the time of Christ communication is restored, and He joins us in the celebration of His Son's creation.
 なぜなら、キリストの時の中で、コミュニケーションは回復し、神の子の創造を祝福する私たちに父が一緒に加わってくれるからです。


名称未設定

9. God offers thanks to the holy host who would receive Him, and lets Him enter and abide where He would be.
 神は、神を受け入れて、神の意図するところへと招き入れて住まわせてくれる聖なる宿主に感謝を差し延べてくれます。

 And by your welcome does He welcome you into Himself, for what is contained in you who welcome Him is returned to Him.
 そして、あなたが歓迎することによって、神はあなたを自らの中へと歓迎してくれます。というのも、あなたの中に封じ込められていたものが、あなたが神を歓迎することで、神へと戻されることになるからです。

 And we but celebrate His Wholeness as we welcome Him into ourselves.
 そして、私たちが神を自分たちの中へと喜んで迎え入れるとき、私たちはただひたすら神の完全性を祝福することしかできません。

 Those who receive the Father are one with Him, being host to Him Who created them.
 大いなる父を受け入れる者は、父なる神と一体になります。というのも、彼は自分を創造してくれた神を宿しているからです。

 And by allowing Him to enter, the remembrance of the Father enters with Him, and with Him they remember the only relationship they ever had, and ever want to have.
 そして、神が入り込むままに任せることによって、神の記憶も神と一緒にあなたの中に入ってきます。そして、神と共に子らは自分たちがこれまで保ち、これからも保ちたいと望む唯一の関係性を思い出すのです。




10. This is the time in which a new year will soon be born from the time of Christ.
 今は、キリストの時からもうすぐ新しい年が生まれ出る時です。

 I have perfect faith in you to do all that you would accomplish.
 私は、あなたが成し遂げようとすることをすべて完遂することを完璧に確信しています。

 Nothing will be lacking, and you will make complete and not destroy.
 何ひとつ足りないものはないでしょう。だから、あなたは台無しにすることなく完成させるでしょう。

 Say, then, to your brother:
 ゆえに、自分の兄弟に次のように言いなさい。


I give you to the Holy Spirit as part of myself.
私はあなたを私自身の一部として聖霊に捧げます。

I know that you will be released, unless I want to use you to imprison myself.
私は、自分自身を幽閉するためにあなたを利用したいと私が望まないかぎり、あなたが解放されることを知っています。

In the name of my freedom I choose your release, because I recognize that we will be released together.
私の解放のために、私はあなたが解放されることを選びます。なぜなら、私は私たちが一緒に解放されることになるとわかっているからです。



 So will the year begin in joy and freedom.
 こうして新しい年は、喜びと解放の中で始まることになります。

 There is much to do, and we have been long delayed.
 やるべきことはたくさんあるというのに、私たちは大幅に遅れをとってしまっています。

 Accept the holy instant as this year is born, and take your place, so long left unfulfilled, in the Great Awakening.
 この新たな年が生まれるのを節目に、神聖な瞬間を受け入れてください。そして、大いなる目覚めの中で、長い間に亘って空いたままになっているあなたの持ち場に就いてください。

 Make this year different by making it all the same.
 この年をすべて愛に満ちた同じものにすることによって、今までとは違う年にしてください。

 And let all your relationships be made holy for you.
 そして、あなたの関わるすべての関係をあなたにとって神聖なものにしてもらってください。

 This is our will.
 これこそ私たちの意志です。

 Amen.
 アーメン


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
クリスマス犠牲安全キリスト罪悪感宇宙アーメン

Comments 0

Leave a reply