There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

M7 本当に癒しが起こるのか不安で仕方がない!

0   0

今回は、教師のためのマニュアルから、癒しシリーズの続きで、第7節「癒しは繰り返されるべきか」をご紹介します。



神の教師が癒しの成果について、疑いを持ってしまって、果たして本当に癒しが達成されるのかと、あれこれ心配をする間違いについて述べられます。

癒しの成果に疑問を抱くことは、失敗することのあり得ない聖霊を信頼する気持ちがぐらついて、ではなく、怖れ、さらには憎しみによって、癒しに対して攻撃をすることになってしまう、もはやこの場合には、神の教師こそが癒されるべき患者となっているということです。

癒しの成果に疑いを抱くとき、癒しの成果について疑ってしまう本当の理由は、必ず自己不信だといいます。

そして、この自己不信というのは、信頼がまやかしの自己の上に置かれてしまっていることを示している、つまり、自分や他者についてのアイデンティティーを個別のばらばらに分裂した一個の小さな自己に置いて、その小さな自己が、患者のことを度外視して、自分の心配ばかりしているということです。

この間違いの修正は、アイデンティティーを大いなる自己に置き直すということになるのでしょう。

花壇に種を蒔いて、水やりをしたら、いつ芽が出るかと不安になって何度も土をほじくり返して種を確認していたのでは、そっとしておけば芽生えたはずの種を駄目にしてしまうでしょう。このように成果を心配することは、一見、相手のためを思っての情に基づくもののような見た目をしていますが、本当のところは自分の心配、怖れに基づく攻撃でしかありません。




癒しをなすのは、自分と相手の中にいるただ一つの聖霊であるということを忘れないで、信頼することが大切なようです。




Manual for Teachers

Section 7

Should Healing Be Repeated?
癒しは繰り返されるべきか



1. This question really answers itself.
 実は、この質問そのものの中に答えが含まれています。

 Healing cannot be repeated.
 癒し繰り返すことなどできません。

 If the patient is healed, what remains to heal him from?
 もし患者が癒されているなら、彼を癒すべき何があとに残っているというのでしょうか。

 And if the healing is certain, as we have already said it is, what is there to repeat?
 そしてもし、私たちがすでに述べたように、癒しが確実なものであるなら、繰り返すべき何があるというのでしょうか。

 For a teacher of God to remain concerned about the result of healing is to limit the healing.
 神の教師にとって、癒しの成果についてあれこれと心配したままでいることは、癒しを制限することになってしまいます。

 It is now the teacher of God himself whose mind needs to be healed.
 そうなれば、今や、神の教師自身が、自分の心を癒してもらう必要があることになってしまいます。

 And it is this he must facilitate.
 だから、自分の心を癒すことこそ、彼が促進しなければならないことです。

 He is now the patient, and he must so regard himself.
 今では、彼が患者なのです。だから、彼は自分のことを患者だとみなさなければなりません。

 He has made a mistake, and must be willing to change his mind about it.
 彼は、間違いを犯しました。だから、彼は、その間違いについての自分の心を変えたいと望むに違いありません。

 He lacked the trust that makes for giving truly, and so he has not received the benefit of his gift.
 彼は、本当に与えることを可能にする信頼を欠いてしまったのです。だから、彼は自分の贈り物の恩恵を受け取ることができなかったのです。





2. Whenever a teacher of God has tried to be a channel for healing he has succeeded.
 神の教師が癒しの経路となろうと努めてきたときはいつでも、彼は成功してきました。

 Should he be tempted to doubt this, he should not repeat his previous effort.
 彼が自分が癒しに成功したことがあることを疑う気持ちに駆られたとしても、彼は自分が以前にやったのと同じ努力を繰り返すべきではありません。

 That was already maximal, because the Holy Spirit so accepted it and so used it.
 そのような努力はすでに最大限のものだったのです。なぜなら、だからこそ聖霊がその努力を受け入れ、それを活用してくれたからです。

 Now the teacher of God has only one course to follow.
 今や、神の教師が従うべき道は、ただ一つだけです。

 He must use his reason to tell himself that he has given the problem to One Who cannot fail, and must recognize that his own uncertainty is not love but fear, and therefore hate.
 彼は、自分の理性を用いて、自分が失敗することのありえない大いなる存在に問題を任せたのだということを納得させなければなりません。そして、自分が半信半疑なのは、ではなく、恐れ、したがって憎しみのせいなのだと気づかなければなりません。

 His position has thus become untenable, for he is offering hate to one to whom he offered love.
 こうして、彼は半信半疑ではいられなくなります。というのは、彼は自分がを捧げた存在に対して、憎しみを捧げていることになるからです。

 This is impossible.
 こんなことは不可能なことです。

 Having offered love, only love can be received.
 を捧げたなら、しか受け取ってもらうことはできません。





3. It is in this that the teacher of God must trust.
 神の教師が信頼しなければならないのはこのことです。

 This is what is really meant by the statement that the one responsibility of the miracle worker is to accept the Atonement for himself.
 を捧げるなら、しか受け取られるものはないということこそが、奇跡を行う者のただ一つの責任は、自分のために贖罪を受け入れることだという言葉が真に意味することです。

 The teacher of God is a miracle worker because he gives the gifts he has received.
 神の教師は、奇跡を行う者です。なぜなら、彼は自分の受け取った贈り物を与えるからです。

 Yet he must first accept them.
 しかし、与えるには、彼はまず贈り物を受け入れなければなりません。

 He need do no more, nor is there more that he could do.
 彼はそれ以上何もする必要はありません。また、彼にそれ以上にできることもありません。

 By accepting healing he can give it.
 癒しを受け入れることによって、彼は癒しを与えることができるのです。

 If he doubts this, let him remember Who gave the gift and Who received it.
 もし彼がこのことを疑うなら、誰がその贈り物を授けてくれて、誰がそれを受け取ることになるのか、彼に思い出させてあげればよいのです。

 Thus is his doubt corrected.
 こうして、彼の疑念は修正されることになります。

 He thought the gifts of God could be withdrawn.
 彼は、神からの贈り物が与えずにおかれることがありうると思っていました。

 That was a mistake, but hardly one to stay with.
 しかし、そんな考えは間違いであるどころか、決してそのままにしておいてよい間違いなどではありません。

 And so the teacher of God can only recognize it for what it is, and let it be corrected for him.
 だから、神の教師は、間違いをただありのままに認識して、自分のために修正してもらえばよいのです。





4. One of the most difficult temptations to recognize is that to doubt a healing because of the appearance of continuing symptoms is a mistake in the form of lack of trust.
 それに気づくのが最も難しい誘惑の一つは、一見したところ症状が継続しているように見えるために、癒しがなされたのか疑いたくなることです。これは、癒しに対する信頼が欠如しているために起こる間違いの一種です。

 As such it is an attack.
 そんなふうに癒しを信頼しないこと自体が、一つの攻撃だといえます。

 Usually it seems to be just the opposite.
 普通、癒しがなされることを心配することと癒しを攻撃することは、ちょうど正反対のことのように思えます。

 It does appear unreasonable at first to be told that continued concern is attack.
 癒しを心配しつづけることは癒しを攻撃することだと言われても、最初は、不合理にしか思えません。

 It has all the appearances of love.
 たしかに、癒しを心配しつづけることは、愛のような見せかけをすべて備えています。

 Yet love without trust is impossible, and doubt and trust cannot coexist.
 しかし、信頼を欠いたまま愛することなど不可能なことです。だから、疑念と信頼は両立できません。

 And hate must be the opposite of love, regardless of the form it takes.
 そして、憎しみは、それがどのような形態をとろうとも、愛の対極であるに違いありません。

 Doubt not the gift and it is impossible to doubt its result.
 その贈り物を疑ってはなりません。疑わなければ、その贈り物のもたらしてくれる成果を疑うことなど不可能になります。

 This is the certainty that gives God's teachers the power to be miracle workers, for they have put their trust in Him.
 神の贈り物を疑わないことは、神の教師たちに奇跡を行う者になるための力を与えてくれる確信です。というのも、神の教師たちは疑わないとき、自分たちの信頼を神に置いているからです。




6. The real basis for doubt about the outcome of any problem that has been given to God's Teacher for resolution is always self-doubt.
 いかなる問題であれ、解決してくれるようにと神の大いなる教師へと捧げながら、その成果について疑ってしまう本当の理由は、必ず自己不信です。

 And that necessarily implies that trust has been placed in an illusory self, for only such a self can be doubted.
 そして、それは必然的に、信頼がまやかしの小さな自己の上に置かれてしまっていることを示しています。というのも、そんな一個の小さな自己にしか疑いの余地はないからです。

 This illusion can take many forms.
 この小さな自己の幻想は、多様な形態をとることができます。

 Perhaps there is a fear of weakness and vulnerability.
 もしかしたら、弱さと傷つきやすさへの恐れという形があるかもしれません。

 Perhaps there is a fear of failure and shame associated with a sense of inadequacy.
 もしかしたら、無能だという感覚と関連した失敗への恐怖心や羞恥心という形があるかもしれません。

 Perhaps there is a guilty embarrassment stemming from false humility.
 もしかしたら、間違った謙虚さが生みだしてしまう罪の意識による当惑という形があるかもしれません。

 The form of the mistake is not important.
 とはいえ、間違いがどのような形態をとるかは重要ではありません。

 What is important is only the recognition of a mistake as a mistake.
 重要なのは、ただ間違いが間違いであることに気づくことだけです。




6. The mistake is always some form of concern with the self to the exclusion of the patient.
 間違いは必ず、小さな自己が患者のことは度外視しておいて、自分の心配ばかりしていることが形に表れたものです。

 It is a failure to recognize him as part of the Self, and thus represents a confusion in identity.
 それは、患者のことを大いなる自己の一部として気づき損ねることであり、したがって、アイデンティティーについて混乱していることを示しています。

 Conflict about what you are has entered your mind, and you have become deceived about yourself.
 自分が何者であるかについての葛藤があなたの心に入り込んで、あなたが自分自身について思い違いをしてしまっているということです。

 And you are deceived about yourself because you have denied the Source of your creation.
 あなたが自分を創造した大いなる源を否認したせいで、あなたは自分自身について思い違いをしてしまったのです。

 If you are offering only healing, you cannot doubt.
 もしあなたがただ癒しだけを差し延べるなら、あなたは疑うことなどできません。

 If you really want the problem solved, you cannot doubt.
 もしあなたが本当に問題を解決したいなら、あなたは疑っていてはなりません。

 If you are certain what the problem is, you cannot doubt.
 もしあなたが何が問題なのか確信しているなら、あなたは疑うことなどできません。

 Doubt is the result of conflicting wishes.
 疑いは、矛盾する願望が招いた結果です。

 Be sure of what you want, and doubt becomes impossible.
 自分が何を望むのか確信してください。そうすれば、疑うことなど不可能になるでしょう。


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/71-53750dac
該当の記事は見つかりませんでした。