There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T8-6 神の宝物

0   0

今回はテキスト第八章から「神の宝物」という一節をご紹介します。




テキスト第八章

VI. The Treasure of God
六 神の宝物


1. We are the joint will of the Sonship, whose Wholeness is for all.
 私たちは、神の子全体がひとつに結び合わさった意志です。神の子の完全さは全員のためにあります。

 We begin the journey back by setting out together, and gather in our brothers as we continue together.
 私たちは、一緒に出発することによって神の下へと戻る旅路を辿りはじめました。そして、私たちは共に旅を続けながら、兄弟たちを集めていきます。

 Every gain in our strength is offered for all, so they too can lay aside their weakness and add their strength to us.
 私たちが自らの力を増すたびに、その力は兄弟みんなに差し延べられ、それによって、彼らもまた自分の弱みを捨て去って、私たちに彼らの力を加えることができるようになります。

 God's welcome waits for us all, and he will welcome us as I am welcoming you.
 私たちみんなを歓迎しようと神が待ち受けてくれています。そして、私があなたを歓迎しているように、神も私たちを歓迎してくれることでしょう。

 Forget not the Kingdom of God for anything the world has to offer.
 たとえこの世界が何を差し出そうとも、そんなもののために、神の王国を忘れてしまうことのないようにしなさい。




2. The world can add nothing to the power and the glory of God and his holy sons, but it can blind the sons to the Father if they behold it.
 この世界は、神とその聖なる子らの力と栄光に、何ものも加えることはできません。しかし、この世界には、もし神の子たちがこの世界に目を向けるなら、彼らを眩惑して父のことを見えなくさせてしまうことができます。

 You cannot behold the world and know God.
 あなたは、この世界を眺めていながら、神を知ることはできません。

 Only one is true.
 この世界と神の一方だけが真実です。

 I am come to tell you that the choice of which is true is not yours to make.
 私は、どちらが真実なのかという選択はあなたのなすべき選択ではないとあなたに告げるためにやってきました。

 If it were, you would have destroyed yourself.
 もしその選択を下すのがあなたであったなら、あなたはとっくに自分自身を破滅させていたことでしょう。

 Yet God did not will the destruction of his creations, having created them for eternity.
 しかし、神は自ら創造したものたちが破滅することを意図しませんでした。なぜなら、神は創造物を永遠のものとして創造したからです。

 His will has saved you, not from yourself but from your illusion of yourself.
 神の意志は、あなた自身からではなく、あなたの自分自身についての錯覚から、あなたを救ってくれたのです。

 He has saved you for yourself.
 神は、あなた自身に代わって、あなたを救ってくれたのです。




3. Let us glorify him whom the world denies, for over his Kingdom the world has no power.
 この世界が拒絶する神を私たちで讃えることにしましょう。なぜなら、この世界は神の王国に対して何の力も及ぼすことができないからです。

 No one created by God can find joy in anything except the eternal; not because he is deprived of anything else, but because nothing else is worthy of him.
 神によって創造された者は誰も、永遠なるもの以外の何ものにも喜びを見出すことはできません。それは、彼が永遠なるもの以外には何も与えられずにいるからではなくて、永遠なるもの以外はどんなものも彼にはふさわしくないからです。

 What God and his sons create is eternal, and in this and this only is their joy.
 神と神の子らが創造するものは永遠のものです。そして、このことの中に、そして、ただこのことの中にのみ、神と子らとの喜びがあります。


名称未設定

4. Listen to the story of the prodigal son, and learn what God's treasure is and yours:
 放蕩息子のたとえ話に耳を傾けてください。そして、神の宝が何であり、自分の宝が何であるのか、それを学んでくだい。

 This son of a loving father left his home and thought he had squandered everything for nothing of any value, although he had not understood its worthlessness at the time.
 愛情深い父親を持つこの息子は、自分の家を離れてから、自分が何の価値もないようなもののためにすべてを浪費してしまったと思いました。もっとも、浪費している当時はその無価値さを彼は理解していなかったわけですが。

 He was ashamed to return to his father, because he thought he had hurt him.
 そのあと、彼は父親の許に戻ることを後ろめたく思っていました。というのも、彼は、父親の感情を害してしまったと思っていたからです。

 Yet when he came home the father welcomed him with joy, because the son himself was his father's treasure.
 ところが、彼が家に戻ったとき、父親は彼のことを喜んで迎え入れてくれました。それは、その息子自身がまさに父親にとっての宝だったからです。

 He wanted nothing else.
 その父親は、ほかには何も望んでいなかったのです。




5. God wants only his son because his son is his only treasure.
 神は、ただわが子だけを望んでいます。なぜなら、神の子が神の唯一の宝だからです。

 You want your creations as he wants his.
 神がわが子を望むように、あなたは自分が創造したものたちを望んでいます。

 Your creations are your gift to the Holy Trinity, created in gratitude for your creation.
 あなたの創造したものたちは、あなたから聖なる三位一体への贈り物であり、あなたが創造されたことに対する感謝の中で創造されたものです。

 They do not leave you any more than you left your Creator, but they extend your creation as God extended himself to you.
 あなたが自らの大いなる創造主の下を離れていないのと同じように、あなたが創造したものたちもあなたから離れることはありません。しかし、神が自らをあなたに拡張したように、あなたの創造したものたちも、あなたの創造を拡張します。

 Can the creations of God himself take joy in what is not real?
 神自らが創造したものが、現実ではないものを喜ぶことなどできるでしょうか。

 And what is real except the creations of God and those that are created like his?
 そして、神が創造したものと、神の創造物と同じものとして創造されたものたち以外のいったい何が現実のものだといえるでしょうか。

 Your creations love you as you love your Father for the gift of creation.
 あなたが創造という贈り物を授けてくれた大いなる父を愛するように、あなたが創造したものたちも、あなたのことを愛しています。

 There is no other gift that is eternal, and therefore there is no other gift that is true.
 永遠のものである贈り物はそれ以外にはありません。したがって、本当の贈り物はそれ以外にはないのです。

 How, then, can you accept anything else or give anything else, and expect joy in return?
 そうだとすれば、どうしてあなたは、それ以外のものを受け入れたり、それ以外のものを与えたりしておきながら、その見返りに喜びを期待できるでしょうか。

 And what else but joy would you want?
 それに、あなたは喜び以外にいったい何を望むというのでしょう。

 You made neither yourself nor your function.
 あなたは、あなた自身もあなたの役割も作りはしませんでした。

 You made only the decision to be unworthy of both.
 あなたはただ、あなた自身とあなたの役割の両方にとってふさわしくない存在になろうとする決断を下したにすぎません。

 Yet you cannot make yourself unworthy because you are the treasure of God, and what he values is valuable.
 しかし、あなたには、自分自身を無価値なものに作り変えることなどできません。なぜなら、あなたは神の宝なのであり、神が大切にするものは価値あるものだからです。

 There can be no question of its worth, because its value lies in God's sharing himself with it and establishing its value forever.
 神の宝が価値を持つことに疑いの余地などありません。なぜなら、神の宝の価値は、神が神自身を神の宝であるあなたとともに分かち合い、その価値を永遠に確立したことにあるからです。


名称未設定

6. Your function is to add to God's treasure by creating yours.
 あなたの役目は自分の宝物を創造して、神の宝に加えて増大させることにあります。

 His will to you is his will for you.
 神があなたに対して意図することは、あなたのために神が意図することです。

 He would not withhold creation from you because his joy is in it.
 神はあなたが創造することを抑制するようなことはしません。なぜなら、創造することの中にこそ、神自らの喜びがあるからです。

 You cannot find joy except as God does.
 あなたは神が喜びを見出すようにする以外に、喜びを見出すことはできません。

 His joy lay in creating you, and he extends his fatherhood to you so that you can extend yourself as he did.
 神の喜びは、あなたを創造することの中にあります。そして、神は、あなたが神がしたように自分自身を拡張できるようにと、あなたに神の父性を拡張してくれているのです。

 You do not understand this because you do not understand him.
 あなたはこのことを理解していません。なぜなら、あなたは神のことを理解していないからです。

 No one who does not accept his function can understand what it is, and no one can accept his function unless he knows what he is.
 自分の役割を受け入れない者は、誰も自分の役割が何なのか理解できません。そして、自分が何者であるかを知るまでは、誰も自分の役割を受け入れることはできません。

 Creation is the Will of God.
 創造こそ神の大いなる意志です。

 His will created you to create.
 神の意志は、創造するようにとあなたを創造しました。

 Your will was not created separate from his, and so you must will as he wills.
 あなたの意志は神の意志と切り離して別に創造されたわけではありません。だから、あなたは必ず神が意図するように意図することになります。




7. An "unwilling will" does not mean anything, being a contradiction in terms that actually means nothing.
 「不本意な意志」は何も意味しません。なぜなら、それは名辞矛盾であるので、実際上、何の意味も持たないからです。

 When you think you are unwilling to will with God, you are not thinking.
 あなたが神と共に意図するのは不本意だと思うとき、あなたは考えていないのです。

 God's Will is Thought.
 神の大いなる意志は、大いなる思考です。

 It cannot be contradicted by thought.
 大いなる思考である神の意志が、小さな心の抱く思考によって否認されるはずがありません。

 God does not contradict himself, and his sons, who are like him, cannot contradict themselves or him.
 神が自分自身を否認することはありません。だから、神と同じものである神の子たちには、自分たち自身や神のことを否認することなどできません。

 Yet their thought is so powerful that they can even imprison the mind of God's Son, if they so choose.
 しかし、神の子たちの思考の力はあまりにも強力なので、もし彼らがそうすることを選ぶなら、彼らには神の子の心を幽閉してしまうことすらできてしまいます。

 This choice does make the Son's function unknown to him, but never to his Creator.
 もし彼らがこうすることを選べば、神の子としての役割が彼らにはわからなくなってしまいます。とはいえ、決して彼の創造主にとってまで神の子の役割がわからなくなってしまうわけではありません。

 And because it is not unknown to his Creator, it is forever knowable to him.
 そして、子の役割は創造主にまで不詳になってしまうわけではないので、それは永遠に子にとって知ることのできるものなのです。

名称未設定


8. There is no question but one you should ever ask of yourself;
 あなたが自分自身に尋ねるべき質問はただひとつだけです。

 --"Do I want to know my Father's Will for me? "
 それは、「私のために父が抱いてくれている大いなる意志を知りたいと私は望んでいるだろうか」という質問です。

 He will not hide it.
 父なる神がその意志を隠そうとすることはありません。

 He has revealed it to me because I asked it of him, and learned of what he had already given.
 神は私にそれを明らかにしてくれました。なぜなら、私は神にそれを尋ね、神がすでにその意志を授けてくれていたことを学んだからです。

 Our function is to work together, because apart from each other we cannot function at all.
 私たちの役目は一緒に働くことです。なぜなら、お互いに別々に離れていたのでは、私たちはまったく機能を発揮することができないからです。

 The whole power of God's Son lies in all of us, but not in any of us alone.
 神の子のすべての力は私たちみんなの中にあるのであって、私たちのうちの誰かの中にだけあるわけではありません。

 God would not have us be alone because he does not will to be alone.
 神は、私たちをひとりきりにしてはおきません。なぜなら、神は孤独になることなど意図しないからです。

 That is why he created his son, and gave him the power to create with him.
 だからこそ、神はわが子を創造し、そして、その子に自らとともに創造するための力を与えたのです。

 Our creations are as holy as we are, and we are the sons of God himself, as holy as he is.
 私たちの創造するものたちは、私たちと同じように神聖なるものです。そして、私たちは、神と同じように神聖な神自身の子供たちなのです。

 Through our creations we extend our love, and thus increase the joy of the Holy Trinity.
 私たちが創造するものを通して、私たちは自分たちの愛を拡張します。こうすることで、私たちは聖なる三位一体の喜びを増すことになります。

 You do not understand this, because you who are God's Own treasure do not regard yourself as valuable.
 あなたはこのことを理解していません。なぜなら、あなたは神自らの宝そのものであるというのに、自分自身のことを価値ある存在だとはみなしていないからです。

 Given this belief, you cannot understand anything.
 こんな信念を抱いているかぎりは、あなたには何ひとつ理解することができません。




9. I share with God the knowledge of the value he puts upon you.
 私は、神自身があなたに定めた真価についての知識を神と分かち合っています。

 My devotion to you is of him, being born of my knowledge of myself and him.
 あなたのために全身全霊を捧げるの私の献身は、神に由来するものです。なぜなら、それは私の自分自身と神についての知識から生まれたものだからです。

 We cannot be separated.
 私たちは別々でいることなどできません。

 Whom God has joined cannot be separated, and God has joined all his sons with himself.
 神にひとつに結ばれた者たちを分離させることはできません。そして、神はすべての神の子たちを自分自身とひとつに結び合わせているのです。

 Can you be separated from your life and your being?
 あなたが、あなたの生命とあなたの実在から切り離されてしまうことなど可能なことでしょうか。

 The journey to God is merely the reawakening of the knowledge of where you are always, and what you are forever.
 神への旅路とは、あなたがつねにどこにいるのか、そして、あなたは永遠に何者であるのか、という知識を呼び覚ますことでしかありません。

 It is a journey without distance to a goal that has never changed.
 それは、一度も変更されたことのない目的地へと向かう道のりのない旅路です。

 Truth can only be experienced.
 真理は、ただ体験されうるのみです。

 It cannot be described and it cannot be explained.
 真理を描写することはできないし、真理を説明することもできません。

 I can make you aware of the conditions of truth, but the experience is of God.
 私は、あなたが真理のための条件に気づくようにさせることはできます。それでも、真理を体験すること自体は、神から来るものなのです。

 Together we can meet its conditions, but truth will dawn upon you of itself.
 私たちは一緒に、真理を知るための条件を満たすことができます。もっとも、真理は、ひとりでにあなたに姿を現すことでしょう。


名称未設定

10. What God has willed for you is yours.
 神があなたのために意図したものは、あなたのものです。

 He has given His will to his treasure, whose treasure it is.
 神は自らの意志を自らの宝であるあなたに与えてくれています。そのあなたにとっては、神の意志こそが宝です。

 Your heart lies where your treasure is, as his does.
 神の心が神の宝のあるところにあるように、あなたの宝があるところに、あなたの心が見出されます。

 You who are beloved of God are wholly blessed.
 神の愛し子であるあなたは完全に祝福されています。

 Learn this of me, and free the holy will of all those who are as blessed as you are.
 このことを私から学び、そして、あなたと同じように祝福されている者たちみんなの神聖な意志を解放してください。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/710-0fa01634
該当の記事は見つかりませんでした。