There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T9-4 赦しについての聖霊の計画

今回はテキスト第九章から「赦しについての聖霊計画」という一節をご紹介します。



テキスト第九章

IV. The Holy Spirit's Plan of Forgiveness
四 赦しについての聖霊計画


1. Atonement is for all, because it is the way to undo the belief that anything is for you alone.
 贖罪は全員のためのものです。なぜなら、贖罪は、何かが自分だけのためにあるという信念を取り消す方法だからです。

 To forgive is to overlook.
 赦すことは無視することです。

 Look, then, beyond error and do not let your perception rest upon it, for you will believe what your perception holds.
 ですから、誤りを通り越して見ることにして、あなたの知覚を誤りに留めないようにしてください。なぜなら、あなたは自分の知覚が捉えるもののことを信じてしまうからです。

 Accept as true only what your brother is, if you would know yourself.
 あなたが自分自身を知りたいなら、ただ自分の兄弟の本当の姿だけを真実として受け入れてください。

 Perceive what he is not and you cannot know what you are, because you see him falsely.
 兄弟の本当の姿ではないものを知覚するなら、あなたは本当の自分を知ることができません。なぜなら、あなたは間違ってその兄弟を見てしまっているからです。

 Remember always that your Identity is shared, and that Its sharing is Its reality.
 あなたたちの大いなるアイデンティティーは共有されており、大いなる自己としての身許を共有することこそが、あなたたちが本当は何者なのかについての真相なのだと、つねに覚えておいてください。




2. You have a part to play in the Atonement, but the plan of the Atonement is beyond you.
 あなたには、贖罪において果たすべき役目があります。しかし、その贖罪計画はあなたの理解の及ばないものです。

 You do not understand how to overlook errors, or you would not make them.
 あなたは誤りをどうやって無視すればよいのか理解していません。そうでなければ、あなたが誤りを犯すことなどなかったことでしょう。

 It would merely be further error to believe either that you do not make them, or that you can correct them without a Guide to correction.
 自分は誤ることはないと信じたり、自分は修正のための大いなるガイドの指導なしに誤りを修正できると信じたりすることはいずれも、さらなる誤りを招くことにしかなりません。

 And if you do not follow this Guide, your errors will not be corrected.
 そして、もしあなたがこの大いなるガイドに従わないなら、あなたの誤りは修正されないままでしょう。

 The plan is not yours because of your limited ideas about what you are.
 本当の自分が何者なのかについてあなたが制限された考えを持ってしまっているがゆえに、贖罪計画はあなたが立てるものではありません。

 This sense of limitation is where all errors arise.
 あなたの本質が制限されているという感覚から、すべての誤りが生じてくるのです。

 The way to undo them, therefore, is not of you but for you.
 したがって、誤りを取り消す方法は、あなたから来るものではなくて、あなたのためにあるものだということができます。

名称未設定


3. The Atonement is a lesson in sharing, which is given you because you have forgotten how to do it.
 贖罪は共有することについてのレッスンです。このレッスンは、あなたがどのように共有すればいいのか忘れてしまったがゆえに、あなたに与えられているのです。

 The Holy Spirit merely reminds you of the natural use of your abilities.
 聖霊は単に、あなたの持っている能力の自然な使い方をあなたに思い出させるだけです。

 By reinterpreting the ability to attack into the ability to share, he translates what you have made into what God created.
 攻撃する能力を共有する能力に解釈し直すことによって、聖霊は、あなたが作り出したものを神が創造したものへと変換します。

 If you would accomplish this through him you cannot look on your abilities through the eyes of the ego, or you will judge them as it does.
 もしあなたが聖霊を通してこの変換を達成したいなら、あなたはエゴの目を通して自分の能力を見ているわけにはいきません。さもないと、あなたは、エゴが価値判断して裁くように、自分の能力の価値を判断して裁いてしまうことでしょう。

 All their harmfulness lies in the ego's judgment.
 あなたの能力が害になるとすれば、それはすべて、エゴの価値判断のせいなのです。

 All their helpfulness lies in the judgment of the Holy Spirit.
 あなたの能力が役に立つとすれば、それはすべて聖霊の価値判断のおかげなのです。




4. The ego, too, has a plan of forgiveness because you are asking for one, though not of the right teacher.
 エゴもまた、許しの計画を持っています。なぜなら、あなたは赦し計画を求めながらも、適任な教師から求めようとはしていないからです。

 The ego's plan, of course, makes no sense and will not work.
 当然ながら、エゴ計画は意味をなさないし、うまくいくこともありません。

 By following its plan you will merely place yourself in an impossible situation, to which the ego always leads you.
 エゴの計画に従うことによって、あなたはただ自分自身をどうしようもない状況に置くことになるだけです。エゴはつねにあなたをそんな事態へと導きます。

 The ego's plan is to have you see error clearly first, and then overlook it.
 エゴの計画は、まず最初に、あなたに明確に誤りを見せておいて、そのあとで、その誤りに目を瞑るようにさせるというものです。

 Yet how can you overlook what you have made real?
 しかし、自分が現実のものにしてしまったものを、どうしてあなたが見逃すことができるでしょうか。

 By seeing it clearly, you have made it real and cannot overlook it.
 誤りを明確に見ることによって、あなたはすでに誤りを現実化してしまっているのだから、あなたには見て見ぬ振りをすることなどできません。

 This is where the ego is forced to appeal to "mysteries," insisting that you must accept the meaningless to save yourself.
 自分自身を救うためなら、あなたは無意味なことでも受け入れなければならないと強調しながら、エゴが「神秘」に訴えざるをえなくなるのはこの点においてです。

 Many have tried to do this in my name, forgetting that my words make perfect sense because they come from God.
 多くの者たちが、私の言葉は神から来るがゆえに完全に意味をなすということも忘れて、私の名において、こんなことをしようとしてきました。

 They are as sensible now as they ever were, because they speak of ideas that are eternal.
 私の言葉はかつてそうであったように、今もなお意味あるものです。なぜなら、私の言葉は永遠なる想念について述べるものだからです。

名称未設定


5. Forgiveness that is learned of me does not use fear to undo fear.
 私から学ぶ赦しは、恐れを取り消すために恐れを用いるようなことはありません。

 Nor does it make real the unreal and then destroy it.
 また、本物ではないものを現実だとしておいて、そのあとで、それを破壊しようとするようなこともありません。

 Forgiveness through the Holy Spirit lies simply in looking beyond error from the beginning, and thus keeping it unreal for you.
 聖霊を通してなす赦しは、単純に始めから誤りの向こう側を見て、そうすることによって、あなたにとって、そんな誤りを現実ではないままにしておくことにのみ見出せます。

 Do not let any belief in its realness enter your mind, or you will also believe that you must undo what you have made in order to be forgiven.
 誤りが現実のものだと少しでも信じようとする思いをあなたの心に入りこませてはなりません。さもないと、あなたはまた、赦されるためには、自分が作ったものを自分で取り消さなければならないとも信じてしまうでしょう。

 What has no effect does not exist, and to the Holy Spirit the effects of error are nonexistent.
 結果を持たないものは存在しません。だから、聖霊にとっては、誤りの結果など存在しません。

 By steadily and consistently cancelling out all its effects, everywhere and in all respects, he teaches that the ego does not exist and proves it.
 あらゆる場所で、そして、あらゆる面において、着実に、そして、首尾一貫して、誤りの結果を取り消していくことによって、聖霊はエゴは存在しないということを教え、そのことを証明してくれます。




6. Follow the Holy Spirit's teaching in forgiveness, then, because forgiveness is his function and he knows how to fulfill it perfectly.
 ゆえに、赦しについての聖霊の教えに従いなさい。なぜなら、赦しこそが聖霊の役目であり、聖霊はこの役目を完璧に果たす方法を知っているからです。

 That is what I meant when I said that miracles are natural, and when they do not occur something has gone wrong.
 奇跡は自然なものであって、奇跡が起こらないときは何かがうまく行っていないのだと述べたとき、私が言わんとしていたのはこのことです。

 Miracles are merely the sign of your willingness to follow the Holy Spirit's plan of salvation, recognizing that you do not understand what it is.
 奇跡とは、単に、聖霊の救済の計画が何なのか自分にはよくわらないと認めたうえで、聖霊の救済の計画に従おうとするあなたの意欲を示す印でしかありません。

 His work is not your function, and unless you accept this you cannot learn what your function is.
 聖霊がなすべき働きをなすことは、あなたの役目ではありません。そして、あなたが聖霊の仕事をするのは自分の役目ではないということを受け入れないかぎり、あなたは自分の役目が何なのか学ぶことができません。


名称未設定

7. The confusion of functions is so typical of the ego that you should be quite familiar with it by now.
 役割を混同するのは、あまりにエゴがよくやる典型的なことなので、あなたも今ではもうこのことを珍しくは思わないでしょう。

 The ego believes that all functions belong to it, even though it has no idea what they are.
 エゴは、すべての役割は自分に属するものと信じています。そのくせ、エゴには、それらの役割の本質がまったくわかっていません。

 This is more than mere confusion.
 これは単なる混同だけでは済みません。

 It is a particularly dangerous combination of grandiosity and confusion that makes the ego likely to attack anyone and anything for no reason at all.
 それは、尊大さと混同というとりわけ危険な組み合わせになっており、これがエゴをして、まったく何の理由もなく、誰であろうと何であろうと攻撃しがちなものにさせることになります。

 This is exactly what the ego does.
 何の理由もなしに見境なく誰彼かまわず攻撃することこそが、まさにエゴがなすことなのです。

 It is unpredictable in its responses, because it has no idea of what it perceives.
 エゴがどう反応するかなど予測できません。なぜなら、エゴは、自分が何を知覚しているのかまったくわかっていないからです。




8. If you have no idea what is happening, how appropriately can you expect to react?
 もしあなたが何が起こっているのかまったく見当もつかないとしたら、どれほど適切に反応することをあなたに期待できるでしょうか。

 You might ask yourself, regardless of how you may account for the reaction, whether its unpredictability places the ego in a sound position as your guide.
 あなたがその反応についてどのように説明できるかは別にして、エゴが予測不能であるということに照らして、エゴをあなたの案内役としての安定した立場に据えることが適切かどうか、自分自身に問うてみてはどうでしょうか。

 Let me repeat that the ego's qualifications as a guide are singularly unfortunate, and that it is a remarkably poor choice as a teacher of salvation.
 もう一度言いますが、エゴの案内役としての適性は不適格というほかなく、エゴは、救済のための教師としてふさわしくない選択肢であることは歴然としています。

 Anyone who elects a totally insane guide must be totally insane himself.
 完全に狂った案内役を選ぶ者は誰であれ、彼自身も完全に狂っているに違いありません。

 Nor is it true that you do not realize the guide is insane.
 とはいえ、案内役が狂っていることにあなたが気づいていないというのは、正確ではありません。

 You realize it because I realize it, and you have judged it by the same standard I have.
 私にそれがわかるのだから、あなたにもそれがわかるはずです。それは、私の持っている判断基準と同じ判断基準で、あなたも価値判断をしているからです。


名称未設定

9. The ego literally lives on borrowed time, and its days are numbered.
 エゴは、文字どおり借りものの時間を生きているにすぎず、その運命は朝夕に迫っています。

 Do not fear the Last Judgment, but welcome it and do not wait, for the ego's time is "borrowed" from your eternity.
 最後の審判を恐れず、むしろそれを歓迎し、待ってなどいないでください。というのは、エゴの時間はあなたの永遠からの「借りもの」でしかないからです。

 This is the Second Coming that was made for you as the First was created.
 最後の審判こそ、キリストの再臨のときです。初臨が創造されたように、再臨はあなたのために作られたのです。

 The Second Coming is merely the return of sense.
 キリストの再臨とは、単に正気を取り戻すことでしかありません。

 Can this possibly be fearful?
 どうして正気を取り戻すことが恐ろしいものになりうるでしょうか。




10. What can be fearful but fantasy, and who turns to fantasy unless he despairs of finding satisfaction in reality?
 空想以外のいったい何が恐ろしいものになりうるでしょうか。そして、現実の中に満足を見出すことに絶望しないかぎり、誰が空想に頼ろうとなどするでしょうか。

 Yet it is certain that you will never find satisfaction in fantasy, so that your only hope is to change your mind about reality.
 もっとも、あなたが決して空想の中に満足を見出すことがないのは確実なことです。そうだとすれば、あなたの頼みの綱は、現実についてのあなたの心を変えることだけです。

 Only if the decision that reality is fearful is wrong can God be right.
 ただ現実は恐ろしいものだという決断が間違っている場合にのみ、神は正しいということになりえます。

 And I assure you that God is right.
 そして、神が正しいことについては、私があなたに請け合います。

 Be glad, then, that you have been wrong, but this was only because you did not know who you were.
 ですから、自分が間違っていたことを喜ぶがよいでしょう。もっとも、あなたが間違っていたのは、ただあなたが本当の自分が誰なのか知らなかったからでしかありません。

 Had you known, you could no more have been wrong than God can.
 あなたがそれを知っていたなら、神が間違うはずがないのと同じように、あなたも間違うことはなかったはずです。




11. The impossible can happen only in fantasy.
 ありえないことは、空想の中でのみ起こりえます。

 When you search for reality in fantasies you will not find it.
 あなたが空想の中に現実を探し出そうとするなら、あなたが現実を見出すことはないでしょう。

 The symbols of fantasy are of the ego, and of these you will find many.
 空想の中に出てくる数々の象徴はエゴから来るものであり、あなたはエゴの生み出す象徴であれば、いくらでも見つけることができるでしょう。

 But do not look for meaning in them.
 しかし、それらの象徴の中に意味を見出そうとしないでください。

 They have no more meaning than the fantasies into which they are woven.
 それらの象徴は、それらの象徴が織り込まれている空想が意味を持たないのと同じく、何の意味も持ってはいません。

 Fairy tales can be pleasant or fearful, but no one calls them true.
 おとぎ話には楽しいものもあれば恐ろしいものもありますが、誰もおとぎ話のことを真実とは呼びません。

 Children may believe them, and so, for a while, the tales are true for them.
 子供たちは、そんな話を信じるかもしれません。だから、しばらくの間は、その物語は子供たちにとっては真実となります。

 Yet when reality dawns, the fantasies are gone.
 それでも、現実がわかりはじめると、空想は去ってしまいます。

 Reality has not gone in the meanwhile.
 空想していた間中ずっと、現実がなくなっていたわけではありません。

 The Second Coming is the awareness of reality, not its return.
 再臨とは、現実が戻ってくることではなく、現実を自覚することなのです。




12. Behold, my child, reality is here.
 わが子よ、よく見なさい。現実はここにあります。

 It belongs to you and me and God, and is perfectly satisfying to all of Us.
 現実は、あなたと私と神に属し、われわれみんなにとって、現実は完全に満足できるものです。

 Only this awareness heals, because it is the awareness of truth.
 ただこの気づきだけが癒しをもたらします。なぜなら、それこそ真理を自覚することだからです。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
赦し計画聖霊エゴ贖罪アイデンティティー誤り能力見過ごす神秘

Comments 0

Leave a reply