There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T30-6 赦しを正当化するもの

テキスト第三十章から、「赦し正当化するもの」という一節をご紹介します。




テキスト第三十章

VI. The Justification for Forgiveness
六 赦し正当化するもの


1. Anger is never justified.
 怒りを正当化することは絶対にできません。

 Attack has no foundation.
 攻撃にはいかなる根拠もありません。

 It is here escape from fear begins, and will be made complete.
 このように怒りは正当化されず攻撃には根拠がないと認識することで、恐れからの脱出が始まり、そして、完結することになります。

 Here is the real world given in exchange for dreams of terror.
 怒りは正当化されず攻撃には根拠がないと認識することで、恐怖の夢と引き換えに真の世界が与えられます。

 For it is on this forgiveness rests, and is but natural.
 というのは、赦しはこの交換に依拠しており、恐怖の夢に真の世界が置き換わるのは自然なことでしかないからです。

 You are not asked to offer pardon where attack is due, and would be justified.
 あなたは、攻撃するのが当然のこととして正当化されるところで、免罪を差し出すように求められているわけではありません。

 For that would mean that you forgive a sin by overlooking what is really there.
 というのは、そうだとすると、あなたは本当はそこに存在するものに目こぼしをすることによって、罪を許すという意味になってしまうからです。

 This is not pardon.
 これは免罪ではありません。

 For it would assume that, by responding in a way which is not justified, your pardon will become the answer to attack that has been made.
 というのは、それでは、正当化しようのない方法で応じることによって、あなたの赦免が実際に行われた攻撃に対する答えになることを仮定することになるからです。

 And thus is pardon inappropriate, by being granted where it is not due.
 こうして、それをふさわしくないところに授けることによって、免罪は不適切なものになってしまいます。


名称未設定


2. Pardon is always justified.
 免罪は、つねに正当化されます。

 It has a sure foundation.
 それには確かな根拠があります。

 You do not forgive the unforgivable, nor overlook a real attack that calls for punishment.
 あなたは、許しようのないものを許すのではないし、処罰を要する本当の攻撃を大目に見て見逃してやるわけでもありません。

 Salvation does not lie in being asked to make unnatural responses which are inappropriate to what is real.
 救いは、実在するものに対してふさわしくない不自然な反応をするように求められることで見出されるものではありません。

 Instead, it merely asks that you respond appropriately to what is not real by not perceiving what has not occurred.
 そうではなく、救いは単に、起こってもいないことを知覚しないことによって、現実ではないものに対してそれにふさわしい反応をするようにとあなたに求めているだけなのです。

 If pardon were unjustified, you would be asked to sacrifice your rights when you return forgiveness for attack.
 もし免罪が正当化されないとすれば、あなたは自分が攻撃に対して赦しでもって応えるとき、自分の権利を犠牲にするように求められていることになります。

 But you are merely asked to see forgiveness as the natural reaction to distress that rests on error, and thus calls for help.
 しかし、あなたはただ単に、誤りに基づく苦悩、つまり、助けを求める呼び声に対する自然な反応として赦しを見るようにと求められているだけです。

 Forgiveness is the only sane response.
 赦しこそが唯一の正気な反応です。

 It keeps your rights from being sacrificed.
 赦しは、あなたの権利を犠牲にしないで済むように守ってくれるのです。




3. This understanding is the only change that lets the real world rise to take the place of dreams of terror.
 この理解こそ、真の世界を立ち上がらせて恐怖の夢に取って代わらせることになる唯一の変化です。

 Fear cannot arise unless attack is justified, and if it had a real foundation pardon would have none.
 攻撃が正当化されないかぎり恐れが生じるはずはないし、もし恐れに実在する根拠があるとすれば、恩赦には何の根拠もないことになります。

 The real world is achieved when you perceive the basis of forgiveness is quite real and fully justified.
 真の世界は、あなたが赦しの基盤が本当に現実のものであって、完全に正当化できるものと知覚したときに達成されることになります。

 While you regard it as a gift unwarranted, it must uphold the guilt you would "forgive."
 あなたが赦しのことを正当化できない贈り物とみなしている間は、赦しは、あなたが「許そう」とする罪悪感を維持せざるをえません。

 Unjustified forgiveness is attack.
 正当化されない許しは攻撃です。

 And this is all the world can ever give.
 そして、この世界に与えることができるのは、こんな許しでしかありません。

 It pardons "sinners" sometimes, but remains aware that they have sinned.
 この世界は時折「罪人」に赦免を与えることはあっても、彼らが罪を犯したことはいつまでも忘れないままでいます。

 And so they do not merit the forgiveness that it gives.
 したがって、その罪人たちは、世界が与える許しには値しないということになります。


名称未設定

4. This is the false forgiveness which the world employs to keep the sense of sin alive.
 これは、この世界が罪の意識を生かし続けておくために用いる間違った許しです。

 And recognizing God is just, it seems impossible His pardon could be real.
 そうすると、神が公正であることを認めるかぎり、神の恩赦が本当に与えられることなど不可能に思えます。

 Thus is the fear of God the sure result of seeing pardon as unmerited.
 こうして、恩赦を分不相応なものとみなすことによって必然的にもたらされる結果は、神に対する恐れとなります。

 No one who sees himself as guilty can avoid the fear of God.
 自分自身を有罪であると見る者は、誰ひとり、神に対する恐れを免れることはできません。

 But he is saved from this dilemma if he can forgive.
 しかし、もし彼が赦すことができれば、彼はこんなジレンマから救われることになります。

 The mind must think of its Creator as it looks upon itself.
 心は必ず、その心が自らを見ているように、創造主のことを思い描きます。

 If you can see your brother merits pardon, you have learned forgiveness is your right as much as his.
 もしあなたが自分の兄弟は免罪を受けるに値すると見ることができたとしたら、あなたは、赦しがその兄弟の権利であるのと同様に自分の権利でもあると学んだのです。

 Nor will you think that God intends for you a fearful judgment that your brother does not merit.
 そしてまた、あなたは、自分の兄弟がそれを受けるに値しない恐ろしい裁きを神が自分に下そうと意図しているとは思わなくなります。

 For it is the truth that you can merit neither more nor less than he.
 というのは、あなたがその兄弟以上にもその兄弟以下にも裁きに値するはずがないということが真理だからです。




5. Forgiveness recognized as merited will heal.
 当然受けるに値するものとして認識された赦しは、癒しをもたらします。

 It gives the miracle its strength to overlook illusions.
 そんな赦しは、幻想を見通すための強さを奇跡に与えます。

 This is how you learn that you must be forgiven too.
 このようにして、あなたは自分もまた赦されているはずだということを学びます。

 There can be no appearance that can not be overlooked.
 見過ごすことができないような外観など存在しません。

 For if there were, it would be necessary first there be some sin that stands beyond forgiveness.
 なぜなら、もし看過できない外観があるとすれば、まずその前に、赦しが及ばないような何らかの罪が存在する必要があることになるからです。

 There would be an error that is more than a mistake; a special form of error that remains unchangeable, eternal, and beyond correction or escape.
 そうなると、ただの間違い以上の誤りがあることになり、それは不変かつ永遠で、修正や脱出もできないような、特別な形態の誤りだということになります。

 There would be one mistake that had the power to undo creation, and to make a world that could replace it and destroy the Will of God.
 そこには創造を取り消し、その創造に取って代わりうる世界を作り出して神の大いなる意志を破壊することのできる力を持ったひとつの間違いがあることになります。

 Only if this were possible could there be some appearances that could withstand the miracle, and not be healed by it.
 もしこんなことが可能であった場合にだけ、奇跡に抵抗でき、奇跡によって癒されることもない何らかの外観がありうることになります。

名称未設定


6. There is no surer proof idolatry is what you wish than a belief there are some forms of sickness and of joylessness forgiveness cannot heal.
 赦しにも癒すことができないような何らかの病気や悲しみの形態もあるという信念ほど、あなたが偶像崇拝を望んでいることを確かに示す証拠はありません。

 This means that you prefer to keep some idols, and are not prepared, as yet, to let all idols go.
 このことは、あなたがまだいくつかの偶像を取っておきたがっており、今のところすべての偶像を手放す準備ができていないことを意味します。

 And thus you think that some appearances are real and not appearances at all.
 したがって、あなたはいくつかの外観は本物であって、単なる見せかけなどではないと思っているのです。

 Be not deceived about the meaning of a fixed belief that some appearances are harder to look past than others are.
 ある見せかけの姿は他の外見を見過ごすよりも見過ごすのが難いという固定観念が何を意味するのか誤解しないようにしなさい。

 It always means you think forgiveness must be limited.
 それはつねに、あなたが赦しは限られたものであるはずだと思っていることを意味します。

 And you have set a goal of partial pardon and a limited escape from guilt for you.
 だから、あなたは、自分だけ不公平に恩赦を受けて罪悪感から限定的に脱出するという目標を設定してきたのです。

 What can this be except a false forgiveness of yourself, and everyone who seems apart from you?
 こんなことは、あなた自身とあなたから分離しているように見えるすべての人に対する間違った赦し以外の何ものでもありません。




7. It must be true the miracle can heal all forms of sickness, or it cannot heal.
 奇跡にはあらゆる形態の病気を癒すことができるというのは、間違いなく真実です。そうでなければ、奇跡には癒すこと自体できないはずです。

 Its purpose cannot be to judge which forms are real, and which appearances are true.
 奇跡の目的がどの形が実在するもので、どの見せかけの姿が真実なのかを判断することであるはずがありません。

 If one appearance must remain apart from healing, one illusion must be part of truth.
 もしひとつでも外観が癒されないままになるとすれば、ある幻想は真理の一部に違いないということになってしまいます。

 And you could not escape all guilt, but only some of it.
 だから、あなたは罪悪感のすべてから逃れることはできず、罪悪感のうちのいくつかからしか逃れられないということになります。

 You must forgive God's Son entirely.
 あなたは、神の子を全面的に赦さなければなりません。

 Or you will keep an image of yourself that is not whole, and will remain afraid to look within and find escape from every idol there.
 そうしないと、あなたは完全ではない自分自身のイメージを心に抱き続けることになるし、心の内側を覗いて、そこにある偶像のすべてからの解放を見出すことに恐れを抱いたままになってしまうでしょう。

 Salvation rests on faith there cannot be some forms of guilt that you cannot forgive.
 救いは、あなたに赦すことができないような罪悪感の形態というものがありえないという信頼に基盤を置いています。

 And so there cannot be appearances that have replaced the truth about God's Son.
 したがって、神の子についての真理に置き換わってしまった見せかけの姿など存在しえないのです。

名称未設定


8. Look on your brother with the willingness to see him as he is.
 その人のありのままの姿を見てみたいという意欲を持って、あなたの兄弟のことをよく見てください。

 And do not keep a part of him outside your willingness that he be healed.
 そして、彼が癒されるようにと願うあなたの気持ちから、彼の持つ一面だけは外したままにしてはなりません。

 To heal is to make whole.
 癒すということは、完全にするということです。

 And what is whole can have no missing parts that have been kept outside.
 そして、完全なものには、外に閉め出されて失われた部分などあるはずがありません。

 Forgiveness rests on recognizing this, and being glad there cannot be some forms of sickness which the miracle must lack the power to heal.
 赦しは、このことを認めることに基づいており、奇跡の癒す力が及ばないような種類の病気などありえないことを喜びます。




9. God's Son is perfect, or he cannot be God's Son.
 神の子は完璧です。そうでなければ、彼が神の子であるはずがありません。

 Nor will you know him, if you think he does not merit the escape from guilt in all its consequences and its forms.
 それに、もしあなたが彼は罪悪感の及ぼしたすべての結果や形から逃れるに値しないと思ったりすれば、あなたが彼を知ることはないでしょう。

 There is no way to think of him but this, if you would know the truth about yourself.
 もしあなたが自分自身についての真実を知りたいなら、彼のことを次のように考えるしかありません。



"I thank You, Father, for Your perfect Son, and in his glory will I see my own."
父よ、私はあなたの完璧な子についてあなたに感謝します。そして、彼の栄光の中に、私は自分自身の栄光を見ます。


 Here is the joyful statement that there are no forms of evil that can overcome the Will of God; the glad acknowledgment that guilt has not succeeded by your wish to make illusions real.
 これこそ、神の大いなる意志に優るいかなる形の邪悪も存在しないと喜びに満ちて宣言することす。それは、罪悪感は、あなたの願いによって幻想を本物にさせることに成功しなかったということを喜びに満ちて承認することです。

 And what is this except a simple statement of the truth?  
 そして、これは真理を端的に述べる宣言以外の何ものでもないでしょう。


名称未設定

10. Look on your brother with this hope in you, and you will understand he could not make an error that could change the truth in him.
 自分の中にこの希望を抱いて、あなたの兄弟を見てください。そうすれば、あなたは彼の中にある真理を変えることのできるような誤りを犯すことなど彼にはできなかったのだと理解することでしょう。

 It is not difficult to overlook mistakes that have been given no effects.
 何の結果も生じていない間違いを、無視するのは難しいことではありません。

 But what you see as having power to make an idol of the Son of God you will not pardon.
 しかし、あなたは、神の子を偶像に変えてしまう力を持っているように自分に見えているものを、許そうとはしないでしょう。

 For he has become to you a graven image and a sign of death.
 というのは、彼はあなたにとって、偶像であり死の象徴になったからです。

 Is this your savior?
 これがあなたの救い主でしょうか。

 Is his Father wrong about His Son?
 彼の父は、わが子を見誤っているというのでしょうか。

 Or have you been deceived in him who has been given you to heal, for your salvation and deliverance?
 それとも、あなたの救済と解放のために、癒すようにとあなたに与えられている彼のことをあなたが思い違いしているのでしょうか。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
赦し許し正当化免罪攻撃誤り奇跡偶像罪悪感癒し

Comments 0

Leave a reply