There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T10-5 神を否認すること

0   0

今回はテキスト第十章から「否認すること」という一節をご紹介します。




テキスト第十章

V. The Denial of God
五 否認すること


1. The rituals of the god of sickness are strange and very demanding.
 病の神の儀式は異様なものであり、きわめて厳格に多くのことを要求するものです。

 Joy is never permitted, for depression is the sign of allegiance to him.
 喜びは決して許されません。なぜなら、憂鬱こそが病の神に対しての忠誠を示す印だからです。

 Depression means that you have forsworn God.
 憂鬱な気持ちになることは、あなたが大いなるを誓って否認したことを意味します。

 Many are afraid of blasphemy, but they do not understand what it means.
 多くの者は冒涜することを恐れますが、彼らは冒涜が何を意味するのかわかっていません。

 They do not realize that to deny God is to deny their own Identity, and in this sense the wages of sin is death.
 彼らは、大いなる否認することが自分自身の真のアイデンティティーを否定することになるとは気づいていません。この意味においては、確かに罪の報いはだということができます。

 The sense is very literal; denial of life perceives its opposite, as all forms of denial replace what is with what is not.
 この意味はきわめて文字どおりのものです。生命を否認すれば、生命とは反対のものを知覚することになります。これは、どんな形であれ、否認することはすべて、ありのままのものをそうではないものへと置き換えることだからです。

 No one can really do this, but that you can think you can and believe you have is beyond dispute.
 本当は、誰にもこんなことはできません。それでも、自分にはこれができるとあなたが思うことができ、自分は現にそうしてきたとあなたが信じることもできることには、議論の余地はありません。




2. Do not forget, however, that to deny God will inevitably result in projection, and you will believe that others and not yourself have done this to you.
 しかしながら、大いなる神を否認することは、不可避的に投影することへと帰結し、あなたは自分自身ではなく、他の者たちが自分に対してそれをなしたのだと信じるようになってしまうことを忘れないでください。

 You must receive the message you give because it is the message you want.
 あなたは、必ず自分の与えるメッセージを受け取ることになります。なぜなら、それはあなたが欲するメッセージだからです。

 You may believe that you judge your brothers by the messages they give you, but you have judged them by the message you give to them.
 あなたは、自分は兄弟たちが自分に伝えるメッセージによって、その兄弟たちのことを判断していると信じているかもしれません。しかし、あなたのほうが自分が兄弟たちに与えるメッセージによって、すでに兄弟たちのことを判断してしまっているのです。

 Do not attribute your denial of joy to them, or you cannot see the spark in them that would bring joy to you.
 あなたが自分で喜びを拒絶していることを兄弟たちのせいにしないでください。さもないと、兄弟たちの中に、あなたに喜びをもたらしてくれる閃光があるというのに、その閃光があなたに見えなくなってしまうからです。

 It is the denial of the spark that brings depression, for whenever you see your brothers without it, you are denying God.
 その閃光を否認することが憂鬱をもたらすのです。なぜなら、あなたが自分の兄弟たちのことをその閃光を持たないものとして見るたびに、あなたは神を否認していることになるからです。


名称未設定

3. Allegiance to the denial of God is the ego's religion.
 大いなる神を否認することに忠誠を誓うことこそ、エゴが信仰する宗教です。

 The god of sickness obviously demands the denial of health, because health is in direct opposition to its own survival.
 病の神は、健やかなることを否認するように公然と強要します。なぜなら、健康であることは、病の神そのものの存続にとって真っ向から対立することだからです。

 But consider what this means to you.
 それでは、このことが自分にとって何を意味するのかよく考えてみてください。

 Unless you are sick you cannot keep the gods you made, for only in sickness could you possibly want them.
 あなたが病気でないかぎり、あなたは自分で作った神々を保ちつづけることはできません。なぜなら、あなたが、そんな神々を欲するとしても、それは病気のときくらいしかありえないことだからです。

 Blasphemy, then, is self-destructive, not God-destructive.
 そうだとすれば、神を冒涜することは神を破滅させることではなく、自らを破滅させようとすることだということになります。

 It means that you are willing not to know yourself in order to be sick.
 これは、あなたは病気でいるためであれば、自分自身を知らずにいることも厭わないということを意味します。

 This is the offering your god demands because, having made him out of your insanity, he is an insane idea.
 この自己破壊こそ、あなたの作った神が要求する捧げ物です。なぜなら、あなたの狂気から作り出された神であるがゆえに、この神は狂気の想念そのものだからです。

 He has many forms, but although he may seem to be many different things he is but one idea;—the denial of God.
 あなたの作った神は多様な形態をとります。しかし、それが様々に違った物事であるように見えるとしても、その神は一つの想念にすぎません。その想念とは、大いなる神の否認です。




4. Sickness and death seemed to enter the mind of God's Son against his will.
 病気は、神の意志に反して神の子の心に入り込んでしまったかのように思えました。

 The "attack on God" made his Son think he was Fatherless, and out of his depression he made the god of depression.
 この「神に対する攻撃」が、神の子に自分には父親がいないと思わせ、その絶望から、神の子は自ら憂鬱の神を作り出してしまったのです。

 This was his alternative to joy, because he would not accept the fact that, although he was a creator, he had been created.
 この憂鬱の神は、神の子が喜びの代用にしたものです。なぜなら、神の子は、自分が創造者ではあっても、それ以前に、自分が創造されたものであるという事実を受け入れようとはしなかったからです。

 Yet the Son is helpless without the Father, who alone is his help.
 しかし、神の子は、その大いなる父がいなければ、本当に無力です。ただ父だけが神の子の救い主だからです。


名称未設定

5. I said before that of yourself you can do nothing, but you are not of yourself.
 前にも述べたように、あなたは自分だけでは何もできませんが、あなたは自分自身から生まれたものではありません。

 If you were, what you have made would be true, and you could never escape.
 もしあなたが自分で自分を生み出したのなら、あなたの作り出したものは本物だということになり、あなたは、それから決して逃れられないことになります。

 It is because you did not make yourself that you need be troubled over nothing.
 あなたが自分自身を作ったのではないがゆえに、あなたは何も心配する必要などないのです。

 Your gods are nothing, because your Father did not create them.
 あなたの神々は無です。なぜなら、あなたの大いなる父はそんなものを創造しなかったからです。

 You cannot make creators who are unlike your Creator, any more than he could have created a Son who was unlike him.
 あなたには、自らの大いなる創造主とは違う創造者たちを作り出すことはできません。それは、創造主には自身とは異質な子を創造することなどできなかったのと同じことです。

 If creation is sharing, it cannot create what is unlike itself.
 もし創造することが共有することであるなら、創造者それ自体とは異なるものを創造することはできません。

 It can share only what it is.
 創造することによってできるのは、ただありのままの本質を共有することだけです。

 Depression is isolation, and so it could not have been created.
 憂鬱は孤立することです。したがって、憂鬱が創造されたはずなどないのです。




6. Son of God, you have not sinned, but you have been much mistaken.
 神の子よ、あなたは罪を犯してなどいません。ただし、あなたは大いに間違ってきました。

 Yet this can be corrected and God will help you, knowing that you could not sin against him.
 そうだとしても、この間違いは修正できるし、神があなたを助けてくれます。なぜなら、神は、あなたが神に逆らって罪を犯すことなどできないと知っているからです。

 You denied Him because you loved him, knowing that if you recognized your love for him, you could not deny him.
 あなたが神を否認したのは、あなたが神を愛していたがゆえのことです。それは、あなたには、もし自分の神への愛を認めてしまったら、自分には神を否認することができなくなってしまうことがわかっていたからです。

 Your denial of him therefore means that you love him, and that you know he loves you.
 したがって、あなたが神を否認していることは、あなたが神を愛していることを意味し、神があなたを愛していることをあなたが知っていることを意味します。

 Remember that what you deny you must have once known.
 あなたが否認するものは、あなたが以前には知っていたものに違いないということを思い出してください。

 And if you accept denial, you can accept its undoing.
 だから、もしあなたが否認したものを受け入れるなら、あなたは否認を取り消すことを受け入れることができるのです。

名称未設定


7. Your Father has not denied you.
 あなたの大いなる父は、あなたのことを拒んだことなどありません。

 He does not retaliate, but he does call to you to return.
 神は仕返しをするようなこともありません。ただし、神があなたに帰ってくるように呼びかけているのは確かです。

 When you think he has not answered your call, you have not answered his.
 あなたが神が自分の呼びかけに答えてくれていないと思うとき、それは、あなたが神の呼びかけに答えていないということなのです。

 He calls to you from every part of the Sonship, because of his love for his son.
 神は、わが子に対するその愛ゆえに、神の子全体のあらゆる部分から、あなたに呼びかけています。

 If you hear his message he has answered you, and you will learn of him if you hear aright.
 もしあなたが神のメッセージを聞くなら、神はあなたに答えたことになるし、もしあなたがそのメッセージを正しく聞くなら、あなたは神から学ぶことになります。

 The love of God is in everything he created, for his son is everywhere.
 神の愛は、神が創造したあらゆるものの中にあります。というのは、神の子は至るところにいるからです。

 Look with peace upon your brothers, and God will come rushing into your heart in gratitude for your gift to him.
 あなたの兄弟たちを、平安な思いを込めて眺めてください。そうすれば、神はあなたからの贈り物に感謝して、あなたの心の中へと一気に入り込んできてくれることでしょう。




8. Do not look to the god of sickness for healing but only to the God of love, for healing is the acknowledgment of him.
 病の神に癒しを期待しないで、ただ愛の神にのみ癒しを求めてください。というのは、癒しとは愛の神を承認することだからです。

 When you acknowledge him you will know that he has never ceased to acknowledge you, and that in his acknowledgment of you lies your being.
 あなたが愛の神を承認するとき、あなたには、神があなたを承認することを一度も中断したことなどなかったということがわかるし、神があなたを承認してくれているからこそ、あなたが実在するのだということがわかってきます。

 You are not sick and you cannot die.
 あなたは病気ではありません。そして、あなたはぬこともできません。

 But you can confuse yourself with things that do.
 しかし、あなたは自分自身を病んだりんだりするようなものと混同することはできます。

 Remember, though, that to do this is blasphemy, for it means that you are looking without love on God and his creation, from which he cannot be separated.
 たとえそうだとしても、自らを病んだりんだりするようなものと混同することは神を冒涜することになるということを覚えておいてください。というのは、自らを病んだりんだりするものと混同することは、あなたが神のことを、そして、神が自らを切り離すことのできない神の創造物のことを、愛を込めずに見ていることを意味するからです。


名称未設定

9. Only the eternal can be loved, for love does not die.
 永遠なるものだけが愛されうるものです。なぜなら、愛は死ぬことがないからです。

 What is of God is his forever, and you are of God.
 神に属するものは永遠に神のものです。そして、あなたは確かに神に属するものです。

 Would he allow himself to suffer?
 神は自身が苦しむことを容認するでしょうか。

 And would he offer his son anything that is not acceptable to him?
 それに、神が自らの子に、何であれ自身にとって受け入れられないようなものを差し出そうとなどするでしょうか。

 If you will accept yourself as God created you, you will be incapable of suffering.
 もしあなたが自分自身のことを神に創造されたままのものとして受け入れるようになれば、あなたは苦しむことなどできなくなります。

 Yet to do this you must acknowledge him as your creator.
 しかし、こうするためには、あなたは神のことを自分の創造主として承認しなければなりません。

 This is not because you will be punished otherwise.
 その理由は、そうしなければあなたが罰せられてしまうからというわけではありません。

 It is merely because your acknowledgment of your Father is the acknowledgment of yourself as you are.
 その理由は単に、あなたが自分の大いなる父を承認することこそが、あなた自身をありのままに承認することになるからです。

 Your Father created you wholly without sin, wholly without pain and wholly without suffering of any kind.
 あなたの大いなる父は、完全に罪がなく、完全に苦痛を味わうことなく、完全にいかようにも苦悩することのない存在として、あなたを創造してくれました。

 If you deny him you bring sin, pain and suffering into your own mind because of the power he gave it.
 もしあなたが神を否認すれば、神があなたの心に与えた力のゆえに、あなたは自分の心に罪や苦痛や苦難をもたらすことになります。

 Your mind is capable of creating worlds, but it can also deny what it creates because it is free.
 あなたの心には、多様な世界を創造することができます。しかし、それと同様に、あなたの心は自由なので、自らの創造するものを否認することもできるのです。




10. You do not realize how much you have denied yourself, and how much God, in his love, would not have it so.
 あなたは、自分がどれほど自分自身を否認してきたか理解していません。そしてまた、あなたは、神が自らの愛ゆえに、あなたが自分自身を拒んだままにさせたくないと、どれほど強く意図したかということも理解していません。

 Yet he would not interfere with you, because he would not know his son if he were not free.
 それでも、神はあなたに干渉しようとはしません。なぜなら、もし神の子が自由でなかったならば、神は自らの子を知ることができなくなってしまうからです。

 To interfere with you would be to attack himself, and God is not insane.
 神があなたに干渉することは、神自らを攻撃することになってしまいます。けれども、神は正気を失ってなどいません。

 When you deny him you are insane.
 あなたが神を否認するとき、あなたは狂気に陥っているのです。

 Would you have him share your insanity?
 あなたは自分の狂気を、神に共有させたいというのでしょうか。

 God will never cease to love his son, and his son will never cease to love him.
 神がわが子を愛するのをやめるようなことは決してありません。そして、子が神を愛さなくなるようなことも決してありません。

 That was the condition of his son's creation, fixed forever in the Mind of God.
 これが神の子が創造されるための条件でした。そして、その条件は永遠に神の大いなる心の中に深く刻まれています。

 To know that is sanity.
 これを知ることは正気になることです。

 To deny it is insanity.
 これを否認することは狂気の沙汰です。

 God gave himself to you in your creation, and his gifts are eternal.
 神はあなたを創造するに際して、神自らをあなたに与えてくれました。そして、神からの贈り物は永遠のものです。

 Would you deny yourself to him?
 あなたは、神に自分自身を拒もうというのでしょうか。

名称未設定


11. Out of your gifts to him the Kingdom will be restored to his son.
 あなたが神に捧げる贈り物を元にして、神の王国が神の子に復興されることになります。

 His son removed himself from his gift by refusing to accept what had been created for him, and what he had created in the Name of his Father.
 神の子は、自分のために創造されていたものや、自らの父の名において彼が創造してきたものを受け入れるのを拒絶することによって、自分自身を神の贈り物から遠ざけてきました。

 Heaven waits for his return, for it was created as the dwelling place of God's Son.
 天国は神の子が帰郷するのを待っています。というのも、天国は神の子の住まいとして創造されたものだからです。

 You are not at home anywhere else, or in any other condition.
 天国以外のいかなる場所やどのような状況においても、あなたはわが家に居るように寛ぐことはできません。

 Do not deny yourself the joy that was created for you for the misery you have made for yourself.
 あなたが自分で自分自身のために作り出した悲惨さなどのために、あなたのために創造された喜びを自分自身に拒まないでください。

 God has given you the means for undoing what you have made.
 神は、あなたが自分で作り出したものを取り消すための手段をあなたに与えてくれているのです。

 Listen, and you will learn how to remember what you are.
 耳を澄ませてください。そうすれば、あなたには自分が何者なのか思い出す方法がわかってくるはずです。




12. If God knows his children as wholly sinless, it is blasphemous to perceive them as guilty.
 もし神が自らの子らのことを完全に罪なき者として知っているのなら、その子らのことを罪ある者として知覚することは神を冒涜することになります。

 If God knows his children as wholly without pain, it is blasphemous to perceive suffering anywhere.
 もし神が自らの子らのことを完全に苦しみなき者として知っているのなら、どこであれ苦しみを知覚することは神を冒涜することになります。

 If God knows his children to be wholly joyous, it is blasphemous to feel depressed.
 もし神が自らの子らを完全に喜びに満ち溢れる者として知っているのなら、憂鬱な気分でいることは神を冒涜することになります。

 All of these illusions, and the many other forms that blasphemy may take, are refusals to accept creation as it is.
 これらの幻想のすべて、そして、その他の様々な形をとって発現しうる神の冒涜はどれもみな、創造をあるがままに受け入れることを拒絶することです。

 If God created his son perfect, that is how you must learn to see him to learn of his reality.
 もし神が神の子を完全に創造したとすれば、神の子の真の姿を学ぶためには、あなたは、完全に創造されたものとして神の子を見ることを学ばなければなりません。

 And as part of the Sonship, that is how you must see yourself to learn of yours.
 そして、神の子全体の一員として、あなたが自分の本当の姿を学ぶためには、あなたは自分自身のことを神に完全に創造された存在として見なければなりません。

名称未設定


13. Do not perceive anything God did not create or you are denying him.
 何であれ、神が創造しなかったものを知覚してはなりません。さもないと、あなたは神を否認していることになってしまいます。

 His is the only fatherhood, and it is yours only because he has given it to you.
 神の父性こそ、唯一の父性です。そして、神の父性はあなたのものです。その理由はただ、神がそれをあなたに与えたからです。

 Your gifts to yourself are meaningless, but your gifts to your creations are like his, because they are given in his name.
 あなた自身へのあなたからの贈り物には意味はありません。しかし、あなたが自分で創造したものたちに対するあなたからの贈り物は、神からあなたへの贈り物と同質のものです。なぜなら、そうした贈り物は神の名において与えられるものだからです。

 That is why your creations are as real as his.
 だからこそ、あなたが創造するものたちは、神の贈り物と同じように現実のものなのです。

 Yet the real Fatherhood must be acknowledged if the real Son is to be known.
 しかし、本当の大いなる子が知られるためには、本当の大いなる父性が承認されなければなりません。

 You believe that the sick things you have made are your real creations, because you believe that the sick images you perceive are the Sons of God.
 あなたは自分で作り出した病んだものたちが、自分が真に創造したものたちなのだと信じています。なぜなら、あなたは自分の知覚している病んだ虚像たちのことを神の子らだと信じているからです。

 Only if you accept the Fatherhood of God will you have anything, because his fatherhood gave you everything.
 あなたがただ神の大いなる父性を受け入れさえすれば、どんなものもあなたのものとなります。なぜなら、神の大いなる父性はあなたにあらゆるものを与えているからです。

 That is why to deny him is to deny yourself.
 だからこそ、神を否認することはあなた自身を否認することなのです。




14. Arrogance is the denial of love, because love shares and arrogance withholds.
 傲慢とは愛を否認することです。なぜなら、愛は分かち合い、傲慢さは与えずにおくことだからです。

 As long as both appear to you to be desirable the concept of choice, which is not of God, will remain with you.
 愛を分かち合うことと与えずにおくことの両方があなたにとって望ましいもののように思えるかぎり、選択という神に由来するものではない概念があなたの許に留まりつづけることになります。

 While this is not true in eternity it is true in time, so that while time lasts in your mind there will be choices.
 選択は永遠においては真実ではないとしても、時間の中においては本当のことなので、あなたの心の中で時間が続くかぎりは、選択はあり続けるでしょう。

 Time itself is your choice.
 時間それ自体、あなたが選んでいることなのです。

 If you would remember eternity, you must look only on the eternal.
 もしあなたに永遠を思い出す気があるのなら、あなたは永遠なるものだけを見るようにならなければなりません。

 If you allow yourself to become preoccupied with the temporal, you are living in time.
 もしあなたが自分自身がその場限りの物事に心を奪われることを容認するなら、あなたは時間の中に生きることになります。

 As always, your choice is determined by what you value.
 いつものように、あなたの選択はあなたが何に価値を置くかによって決まります。

 Time and eternity cannot both be real, because they contradict each other.
 時間と永遠が、二つながらにして真実であることはありえません。なぜなら、時間と永遠は相互に否定し合うものだからです。

 If you will accept only what is timeless as real, you will begin to understand eternity and make it yours.
 もしあなたが無限のものだけを本物として受け入れるなら、あなたは永遠なるものを理解しはじめ、永遠をわがものとすることでしょう。


名称未設定



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/714-224399fb
該当の記事は見つかりませんでした。