There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン16「私には中立な思いは何ひとつない」

0   0

レッスン16です。

今日のテーマは「私には中立思いは何ひとつない。」というものです。

私たちは、心の中で思うだけであれば、外の世界に何の影響も及ばないと考えています。

自分の心とは切り離された外界で起こることは、自分の思いとは関わりなく起こり、自分に降りかかってくると考えています。

だから、行動では示さなくても、好意や憎しみに色づけられた多様ないろんな強さの思いを抱きます。

しかし、投影によって映し出された幻想世界を知覚しているとすれば、心の中の思いこそ、世界を作り出す源だということができます。

そして、投影というものは、映写機の純白の光源の前に、スライドやフィルムを置いて、スライドの色や形を通すことによって、光が色合いや影の濃さを帯びてスクリーンへと映し出されるプロセスです。

光源自体は純白で全くの中立と言えます。

しかし、スライドを通す限り、中立な色づけや形のない光が映し出されることはありえません。

スクリーンに映し出された色や形自体(自分や他人の行動や出来事)は既に映し出されている結果なので、そこに働きかけても、何も変えることはできません。

そういう意味では、私たちが行動に出さなければ、心で思う限りは、何の影響もないと考えていることは間違いであるということができます。

だから、行動をいかに変えても、心のスライドが変わらないかぎり、同じような結果が形を変えては現れてくるだけということになります。

今日のレッスンは、このような考えの導入部分です。




Workbook Lesson 16

I have no neutral thoughts.
私には中立思いは何ひとつない。







I have no neutral thoughts.
私には中立思いは何一つない。


1. The idea for today is a beginning step in dispelling the belief that your thoughts have no effect.
 今日の考えは、自分の思いには何の影響力もないという信念を払拭するための最初のステップです。

 Everything you see is the result of your thoughts.
 あなたが見るすべてのものは、あなたの思考の結果です。

 There is no exception to this fact.
 この事実には一切の例外はありません。

 Thoughts are not big or little; powerful or weak.
 思いには、大きい思いも小さい思いも、強力な思いも弱い思いもありません。

 They are merely true or false.
 思いは、ただ本物か偽物かのどちらかでしかありません。

 Those that are true create their own likeness.
 本当の思いは自らと同じ本物を創造します。

 Those that are false make theirs.
 偽りの思いは、自らと同じ偽物を作り出します。




2. There is no more self-contradictory concept than that of "idle thoughts."
 「空疎な思考」という概念に勝る自己矛盾はありません。

 What gives rise to the perception of a whole world can hardly be called idle.
 世界全体の知覚を惹起するほどのものを、空疎と呼ぶことなどできるはずがありません。

 Every thought you have contributes to truth or to illusion; either it extends the truth or it multiplies illusions.
 あなたの抱く一つひとつの思いは、真理を拡張するか幻想増殖するかのどちらかによって、真理幻想に貢献します。

 You can indeed multiply nothing, but you will not extend it by doing so.
 あなたは確かに無を増殖させることはできます。しかし、そうすることによって、あなたは無を拡張することにはなりません。




3. Besides your recognizing that thoughts are never idle, salvation requires that you also recognize that every thought you have brings either peace or war; either love or fear.
 思考は決して空疎なものではないと気づくことに加えて、救済のためには、自分の抱く一つひとつの思いが、平和か戦争、愛か恐れのいずれかをもたらすことにも気づくことが求められます。

 A neutral result is impossible because a neutral thought is impossible.
 中立な結果は不可能です。なぜなら、中立な思いなどありえないからです。

 There is such a temptation to dismiss fear thoughts as unimportant, trivial and not worth bothering about that it is essential you recognize them all as equally destructive, but equally unreal.
 恐ろしいという思いについて、それが重要でないとか、取るに足りない思いだとか、そんな思いに煩わされる価値は無いといって、考えないようにしたい誘惑に駆られるでしょうが、それらの思いはどれもみな一様に破壊的であって、どれもみな等しく偽物であると気づくことが必須です。

 We will practice this idea in many forms before you really understand it.
 私たちで、あなたがこのことを本当に理解できるようになるために、この考えをいろんな形で実践してみましょう。





4. In applying the idea for today, search your mind for a minute or so with eyes closed, and actively seek not to overlook any "little" thought that may tend to elude the search.
 今日の考えを適用する際には、目を閉じて1分程度、あなたの心の中を検索し、検索から漏れてしまいがちなどんな「些細な」思いも見逃さないよう積極的に探すようにしてください。

 This is quite difficult until you get used to it.
 慣れるまでは、この作業はかなり困難です。

 You will find that it is still hard for you not to make artificial distinctions.
 あなたは、自分にはまだ、作為的に区別をつけないようにするのが依然として難しいと気づくはずです。

 Every thought that occurs to you, regardless of the qualities that you assign to it, is a suitable subject for applying today's idea.
 あなたが思い浮かべる一つひとつの思いは、あなたがその思いに与える属性とは関わりなく、今日の考えを適用する対象としてふさわしいものです。





5. In the practice periods, first repeat the idea to yourself, and then as each one crosses your mind hold it in awareness while you tell yourself:
 実習時間の間は、まず、この考えを自分に繰り返して言い聞かせてください。それから、自分の心の中をよぎる一つひとつの思いを捉えて自覚し、次のように自分に言い聞かせてください。


This thought about ______ is not a neutral thought.
この(   )に関する思いは、中立な思いではない。

That thought about ______ is not a neutral thought.
あの(   )に関する思いは、中立な思いではない。



 As usual, use today's idea whenever you are aware of a particular thought that arouses uneasiness.
 いつもと同じように、不快さを引き起こす特定の思いに気づいたときにはいつでも、今日の考えを使ってください。

 The following form is suggested for this purpose:
 この目的のためには、次のような形で使うとよいでしょう。


This thought about ______ is not a neutral thought, because I have no neutral thoughts.
(   )に関するこの考えは、中立な思いではない。なぜなら、私には中立な思いなど一つもないからだ。



6. Four or five practice periods are recommended, if you find them relatively effortless.
 もしあなたが割と楽に実習をこなせると思えるなら、4,5回の実習時間が望ましいでしょう。

 If strain is experienced, three will be enough.
 もしストレスを味わうようなら、3回で十分でしょう。

 The length of the exercise period should also be reduced if there is discomfort.
 もし不快さがあるようなら、練習時間の長さも同じように短くしてかまいません。

名称未設定




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/72-73f148d8
該当の記事は見つかりませんでした。