There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T6-5 聖霊のレッスン

0   0

今回は、テキスト第六章から「聖霊のレッスン」という一節をご紹介します。




テキスト第六章

V. The Lessons of the Holy Spirit
五 聖霊のレッスン


1. Like any good teacher, the Holy Spirit knows more than you do now, but He teaches only to make you equal with Him.
 どんな優れた教師もそうであるように、聖霊は今あなたが知っている以上のことを知っています。しかし、聖霊は、ただあなたを聖霊自身と同等にするためにだけ教えます。

 You had already taught yourself wrongly, having believed what was not true.
 真実ではないことを信じ込んでしまったせいで、あなたはすでに自分自身に間違って教えてしまっています。

 You did not believe in your own perfection.
 あなたは自分の完全さを信じなかったのです。

 Would God teach you that you had made a split mind, when He knows your mind only as whole?
 神はあなたの心をただ完全なものとしてのみ知っているというのに、その神があなたに対して、あなたは分裂した心を作り出してしまったのだと教えようとなどするでしょうか。

 What God does know is that His communication channels are not open to Him, so that He cannot impart His joy and know that His children are wholly joyous.
 神が知っているのは、神とのコミュニケーション経路が神に向けて開かれていないせいで、自らの喜びを分け与えることができず、そのために、自分の子供たちが完全なる喜びに満たされていることを知ることができなくなっているということです。

 Giving His joy is an ongoing process, not in time but in eternity.
 神が自身の喜びを与えることは、時間の中でではなく、永遠の中で現に続いているプロセスです。

 God's extending outward, though not His completeness, is blocked when the Sonship does not communicate with Him as one.
 神の子全体が一つのものとして神とのコミュニケーションを行わないとき、神の完全さが損なわれてしまうことはないにしても、神が外へ向けて拡張することは妨げられてしまいます。

 So He thought, "My children sleep and must be awakened."
 そこで、神は「私の子供たちが眠り込んでしまったので、目覚めさせなければいけない」と考えたのです。




2. How can you wake children in a more kindly way than by a gentle Voice that will not frighten them, but will merely remind them that the night is over and the light has come?
 子供たちを怖がらせないで起こすために、ただ「夜が明けて光が射してきたよ」と穏やかな声で思い出させるよりも優しい起こし方があるでしょうか。

 You do not inform them that the nightmares that frightened them so badly are not real, because children believe in magic.
 あなたは子供たちに、彼らのことをとてもひどく怖がらせていた悪夢は現実ではないと知らせようとすべきではありません。なぜなら、子供たちは魔術を信じ込んでいるからです。

 You merely reassure them that they are safe now.
 あなたはただ子供たちに、もう自分たちは安全なのだと安心させてあげればよいのです。

 Then you train them to recognize the difference between sleeping and waking, so they will understand they need not be afraid of dreams.
 そのあとで、あなたから子供たちに、眠っているときと目覚めているときの違いに気づくことができるように訓練してあげればよいのです。そうすれば、子供たちも、夢を怖がる必要などないと理解するようになります。

 And so when bad dreams come, they will themselves call on the light to dispel them.
 そうすれば、子供たちは、悪夢を見てもすぐに、自分から光にそんな夢を追い払ってほしいと頼むようになるでしょう。


名称未設定

3. A wise teacher teaches through approach, not avoidance.
 賢明な教師は、課題を回避させるのではなく、課題に取り組ませることを通じて教えます。

 He does not emphasize what you must avoid to escape from harm, but what you need to learn to have joy.
 賢明な教師は、危害を被るのを免れるためにあなたは何を避けるべきかということは強調しません。そうではなく、喜びを得るために、あなたは何を学ぶべきかということを強調します。

 Consider the fear and confusion a child would experience if he were told, "Do not do this because it will hurt you and make you unsafe; but if you do that instead, you will escape from harm and be safe, and then you will not be afraid. "
 たとえば子供が「そんなことをしちゃ駄目でしょう。そんなことをしたら、あなたが怪我をしたり、危ない目に遭うことになるから。でも、そんなことをする代わりに、こうにすれば、危ない目に遭わないで無事でいられるし、怖がらなくても済むからいいんだよ」などと言われたときに、どんなにその子が混乱して恐怖を味わうことになるかよく考えてみてください。

 It is surely better to use only three words: "Do only that!"
 そんなことよりも、ただ一言、「これだけをやりなさい!」と言ってあげたほうがずっといいのです。

 This simple statement is perfectly clear, easily understood and very easily remembered.
 このように簡単に言えば、それは実にはっきりしてわかりやすいし、とても簡単に思い出すことができます。




4. The Holy Spirit never itemizes errors because He does not frighten children, and those who lack wisdom are children.
 聖霊は、決して誤りを並べ立てるようなことはしません。なぜなら、聖霊は子供たちを怖がらせるようなことはしないからです。そして、英知に欠ける者たちは、まさに子供というべきです。

 Yet He always answers their call, and His dependability makes them more certain.
 しかし、聖霊は、彼らの呼びかけには必ず答えてくれます。そして、聖霊の頼り甲斐のある信頼感が、彼らにより確信を抱かせてくれます。

 Children do confuse fantasy and reality, and they are frightened because they do not recognize the difference.
 子供たちが空想と現実とを混同してしまっているのは確かです。そして、子供たちは、空想と現実の違いを見分けることができないからこそ怯えているのです。

 The Holy Spirit makes no distinction among dreams.
 聖霊は、ある夢と別の夢との間に区別をつけるようなことはしません。

 He merely shines them away.
 聖霊は、ただ光でそれらの夢を消し去るだけです。

 His light is always the Call to awaken, whatever you have been dreaming.
 たとえあなたがどんな夢を見ていようとも、聖霊の光は、いつでも目覚めるようにとの呼びかけです。

 Nothing lasting lies in dreams, and the Holy Spirit, shining with the light from God Himself, speaks only for what lasts forever.
 夢の中には永続するものなど何ひとつありません。そして、神自身から来る光で輝いている聖霊は、ただ永遠に続くもののみを代弁するのです。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/723-a96d9898
該当の記事は見つかりませんでした。