There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T7-8 信じがたき信念

0   0

今回はテキスト第七章から「信じがたき信念」という一節をご紹介します。




テキスト第七章

VIII. The Unbelievable Belief
八 信じがたき信念


1. We have said that without projection there can be no anger, but it is also true that without extension there can be no love.
 すでに述べたことですが、投影することがなければ、いかなる怒りも存在することができません。しかし、拡張することがなければ、いかなる愛も存在しえないこともまた真実です。

 These reflect a fundamental law of the mind, and therefore one that always operates.
 これらのことは、心の根本的な法則、したがって、つねに作用している法則の反映であるといえます。

 It is the law by which you create and were created.
 この心の基本的法則によって、あなたは創造するし、また、創造されたのです。

 It is the law that unifies the Kingdom, and keeps it in the Mind of God.
 この心の基本法則王国を統一し、その王国を神の大いなる心の中に保っている法則です。

 To the ego, the law is perceived as a means of getting rid of something it does not want.
 エゴにとっては、この法則エゴが望まないものを取り除くための手段として知覚されます。

 To the Holy Spirit, it is the fundamental law of sharing, by which you give what you value in order to keep it in your mind.
 聖霊にとっては、この法則は共有という基本法則であり、あなたはこの法則によって、自分が価値を認めるものを自分の心の中に保つために誰かに与えることになります。

 To the Holy Spirit it is the law of extension.
 聖霊にとっては、これは拡張の法則です。

 To the ego it is the law of deprivation.
 エゴにとっては、それは剥奪の法則です。

 It therefore produces abundance or scarcity, depending on how you choose to apply it.
 したがって、この法則をあなたがどのように適用するかという選択に応じて、同じ法則が豊かさを生み出しもすれば、欠乏を生み出しもすることになります。

 This choice is up to you, but it is not up to you to decide whether or not you will utilize the law.
 この選択はあなた次第です。しかし、あなたがその法則を使うかどうかは、あなたに決められることではありません。

 Every mind must project or extend, because that is how it lives, and every mind is life.
 いかなる心も投影するか拡張することを免れません。なぜなら、すべての心は生命であるところ、投影するか拡張することによって心は生きるからです。




2. The ego's use of projection and anger can be finally undone.
 エゴによる投影と怒りの使用は、最終的に取り消すことができます。

 The ego always tries to preserve conflict.
 エゴはつねに、葛藤を保存しようと努めます。

 It is very ingenious in devising ways that seem to diminish conflict, because it does not want you to find conflict so intolerable that you will insist on giving it up.
 エゴは、実に巧妙に葛藤が減っているかのように見せかける方法を考案します。なぜなら、エゴは、あなたがあまりに葛藤がひどくて耐えきれないことに気づいて、あなたが葛藤を放棄したいと主張するようになってはほしくないからです。

 The ego therefore tries to persuade you that it can free you of conflict, lest you give the ego up and free yourself.
 それゆえ、あなたがエゴを放棄して自分自身を自由にしてしまうことのないように、エゴは、エゴこそがあなたを葛藤から解放できるのだとあなたを説得しようとします。

 Using its own warped version of the laws of God, the ego utilizes the power of the mind only to defeat the mind's real purpose.
 神の法をエゴ独自に歪めた解釈を使って、エゴは、心の力をただ心の真の目的を挫折させるためだけに利用しようとします。

 It projects conflict from your mind to other minds, in an attempt to persuade you that you have gotten rid of the problem.
 エゴは、葛藤をあなたの心から他の心へと投影して、もうあなたは問題を取り除くことができたのだとあなたを納得させようと試みます。


名称未設定

3. There are two major errors involved in this attempt.
 この試みには、大きな誤りが二つ含まれています。

 First, strictly speaking, conflict cannot be projected because it cannot be shared.
 第一に、厳密に言うなら、葛藤を共有することはできないので、葛藤を投影することはできません。

 Any attempt to keep part of it and get rid of another part does not really mean anything.
 葛藤の一部を保ったまま、葛藤の他の部分を取り除こうとする試みはどれも、実際のところ、何の意味もなさないのです。

 Remember that a conflicted teacher is a poor teacher and a poor learner.
 葛藤を抱く教師は不適任な教師であり、拙劣な学習者でもあることを思い出してください。

 His lessons are confused, and their transfer value is limited by his confusion.
 葛藤を抱える教師が教えようとするレッスンは混乱しており、教師から生徒へのレッスンの価値の伝達は、教師の抱える混乱のために制限されたものとなってしまいます。

 The second error is the idea that you can get rid of something you do not want by giving it away.
 二番目の誤りは、あなたは自分が欲しくないものを誰かに与えることによって、それを免れることができるという考え方です。

 Giving it is how you keep it.
 何かを与えることは、あなたがその何かを保持するための方法なのです。

 The belief that by seeing it outside you have excluded it from within is a complete distortion of the power of extension.
 あなたの外側にそれを見ることによって、自分には自分の内側からそれを追放することができたのだと信じることは、拡張する力を完全に歪曲することです。

 That is why those who project are vigilant for their own safety.
 だからこそ、投影する者たちは自分自身の身の安全を守ろうとして警戒するようになるのです。

 They are afraid that their projections will return and hurt them.
 彼らは、自分が投影したものが舞い戻ってきて、自分を傷つけてしまうのではないかと恐れているのです。

 Believing they have blotted their projections from their own minds, they also believe their projections are trying to creep back in.
 彼らは自分自身の心から投影したものを払拭したと信じていながらも、彼らは同時に投影したものが忍び寄って戻ろうとしているとも信じているのです。

 Since the projections have not left their minds, they are forced to engage in constant activity in order not to recognize this.
 投影したものは彼らの心を離れてなどいないので、このことに気づかないようにするために、彼らは絶え間なく何らかの活動に忙しく従事することを余儀なくされることになります。




4. You cannot perpetuate an illusion about another without perpetuating it about yourself.
 あなたは自分自身についての幻想を保ち続けることなくして、ほかの誰かについての幻想を保ち続けることはできません。

 There is no way out of this, because it is impossible to fragment the mind.
 このことからは逃れる術はありません。なぜなら、心を断片化することなど不可能なことだからです。

 To fragment is to break into pieces, and mind cannot attack or be attacked.
 断片化することは、破壊して複数のかけらに細分化することです。しかし、心は攻撃することも攻撃されることもできないのです。

 The belief that it can, an error the ego always makes, underlies its whole use of projection.
 それができると信じるのは、エゴがつねに犯す誤りであって、エゴが投影を用いること全体の基盤となる信念です。

 It does not understand what mind is, and therefore does not understand what you are.
 エゴは心が何であるのか理解していません。したがって、エゴは、あなたが何者なのか理解していないのです。

 Yet its existence is dependent on your mind, because the ego is your belief.
 それにもかかわらず、エゴの存在はあなたの心に依存しています。なぜなら、エゴとはあなたの抱く信念だからです。

 The ego is a confusion in identification.
 エゴとは、アイデンティティーに関する混乱です。

 Never having had a consistent model, it never developed consistently.
 一度も首尾一貫したモデルを持ったことがないために、エゴは、これまで一度も一貫性を発達させたことがありませんでした。

 It is the product of the misapplication of the laws of God by distorted minds that are misusing their power.
 エゴは、自らの力を間違って使っている歪んだ心によって、神の法が誤って適用された結果生み出された産物なのです。


名称未設定


5. Do not be afraid of the ego.
 エゴのことを恐れることはありません。

 It depends on your mind, and as you made it by believing in it, so you can dispel it by withdrawing belief from it.
 エゴは、あなたの心に依存しています。そして、あなたはエゴを信じることによってエゴを作り出したのだから、あなたは、エゴを信じることをやめることによって、エゴを放逐することができるのです。

 Do not project the responsibility for your belief in it onto anyone else, or you will preserve the belief.
 自分がエゴを信じていることについての責任をほかの誰かに投影してはなりません。さもないと、あなたはエゴについての信念を心に温存してしまうことになります。

 When you are willing to accept sole responsibility for the ego's existence you will have laid aside all anger and all attack, because they come from an attempt to project responsibility for your own errors.
 あなたが自ら進んでエゴが存在する責任は自分だけにあると受け入れるなら、あなたは、すべての怒りとすべての攻撃を放棄したことになります。なぜなら、怒りや攻撃は、あなた自身の誤りについての責任を投影しようと試みることから生じるものだからです。

 But having accepted the errors as yours, do not keep them.
 ただし、いったんそんな誤りを自分のものとして受け入れるにしても、いつまでもそんな誤りを保ち続けていてはなりません。

 Give them over quickly to the Holy Spirit to be undone completely, so that all their effects will vanish from your mind and from the Sonship as a whole.
 そんな誤りは、完全に取り消してもらうために、一刻も早く聖霊に引き渡してください。そうすれば、それらの誤りの及ぼした影響や結果は、あなたの心と全体としての神の子からまるごと消えてなくなるでしょう。




6. The Holy Spirit will teach you to perceive beyond your belief, because truth is beyond belief and his perception is true.
 聖霊は、あなたに自分の信念の範囲を越えて知覚するようにと教えます。なぜなら、真理は信念を越えたものであり、聖霊が知覚するのは真理だからです。

 The ego can be completely forgotten at any time, because it is a totally incredible belief, and no one can keep a belief he has judged to be unbelievable.
 エゴのことを完全に忘れ去ることはいつでもできます。なぜなら、エゴはまったく信じられないような信念だし、誰も自分で信じることができないと判断した信念を持ち続けることはできないからです。

 The more you learn about the ego, the more you realize that it cannot be believed.
 あなたがエゴについて学べば学ぶほど、あなたはますますエゴは信じられないものだと気づくはずです。

 The incredible cannot be understood because it is unbelievable.
 信じられないものは、それが信じがたいものであるがゆえに、理解できるはずがありません。

 The meaninglessness of perception based on the unbelievable is apparent, but it may not be recognized as being beyond belief, because it is made by belief.
 信じがたいことに基づく知覚が無意味であることは明白です。しかし、その知覚は信じがたいものとして認識されないこともありえます。というのも、その知覚は信念によって作られるからです。



名称未設定

7. The whole purpose of this course is to teach you that the ego is unbelievable and will forever be unbelievable.
 このコースの目的のすべては、エゴは信じられないものであり、永遠に信じられないままであるとあなたに教えることです。

 You who made the ego by believing the unbelievable cannot make this judgment alone.
 信じがたいことを信じ込むことによってエゴを作り出したあなたに、ひとりだけでこのような判断ができるはずがありません。

 By accepting the Atonement for yourself, you are deciding against the belief that you can be alone, thus dispelling the idea of separation and affirming your true identification with the whole Kingdom as literally part of you.
 自分自身のために贖罪を受け入れることによって、あなたは自分が孤独でありうるとの信念を否定する決断を下すことになります。こうすることが、分離という想念を追い払い、文字どおりあなたの一部である王国全体とあなたの真の一体性を肯定することになります。

 This identification is as beyond doubt as it is beyond belief.
 このようなあなたと王国との同一性の確認は、信じられる限界を越えるものであると同時に、疑念の及ばないものでもあります。

 Your wholeness has no limits because being is infinity.
 あなたの完全さには限界はありません。なぜなら、実在するものは無限なるものだからです。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/726-340285fe
該当の記事は見つかりませんでした。