There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T8-7 コミュニケーションの手段としての身体

0   0

今回はテキスト第八章から「コミュニケーションの手段としての身体」という一節をご紹介します。





テキスト第八章

VII. The Body as a Means of Communication
七 コミュニケーションの手段としての身体


1. Attack is always physical.
 攻撃はつねに身体を用いてなされる物理的なものです。

 When attack in any form enters your mind you are equating yourself with a body, since this is the ego's interpretation of the body.
 いかなる形にせよ、攻撃があなたのに浮かぶときは、あなたは自分自身を身体と等しいものとみなしています。なぜなら、これこそエゴによる身体についての解釈だからです。

 You do not have to attack physically to accept this interpretation.
 この解釈を受け入れるために、あなたは現に身体を用いて物理的に攻撃しなければならないわけではありません。

 You are accepting it simply by the belief that attack can get you something you want.
 単に、攻撃することで自分の欲しい何かを手に入れることができると信じるだけでも、あなたは自分自身を身体と同一視する解釈を受け入れていることになります。

 If you did not believe this, the idea of attack would have no appeal for you.
 もしあなたが、攻撃することで自分の欲しいものを手に入れられると信じなかったなら、攻撃するという考えはあなたにとってなんの魅力も持たなかったはずです。

 When you equate yourself with a body you will always experience depression.
 あなたが自分自身を身体と等しいと考えるなら、あなたはつねに憂鬱な気持ちを経験することになります。

 When a child of God thinks of himself in this way he is belittling himself, and seeing his brothers as similarly belittled.
 神の子供が自分自身のことを身体だと思うなら、彼は自分自身を卑下しているのであり、自分の兄弟たちのことも同じように蔑んでいるのです。

 Since he can find himself only in them, he has cut himself off from salvation.
 彼は自分の兄弟たちの中にのみ自分自身を見出せるのだから、彼はこうすることで、自分自身を救済から切り離してしまったことになります。


名称未設定

2. Remember that the Holy Spirit interprets the body only as a means of communication.
 聖霊は、身体をただコミュニケーションの手段としてのみ解釈するということを思い出してください。

 Being the Communication Link between God and his separated sons, the Holy Spirit interprets everything you have made in the light of what he is.
 神とその分離した子らがコミュニケーションを行うための絆である聖霊は、あなたが作ったものをことごとく、聖霊の本質である光に照らして解釈します。

 The ego separates through the body.
 エゴは、身体を通して分離します。

 The Holy Spirit reaches through it to others.
 聖霊は、身体を通して他の者たちに到達します。

 You do not perceive your brothers as the Holy Spirit does, because you do not regard bodies solely as a means of joining minds and uniting them with yours and mine.
 あなたは聖霊が知覚するようには自分の兄弟たちのことを知覚してはしていません。なぜなら、あなたは身体のことを、もっぱら個々のを一つに結び合わせてそれらを自分のと私のとに一つに結び合わせるための手段としてのみ見ているわけではないからです。

 This interpretation of the body will change your mind entirely about its value.
 このように身体をコミュニケーションの手段としてのみ解釈することは、身体の価値についてのあなたのを完全に変えてしまうことでしょう。

 Of itself it has none.
 それ自体では、身体にはなんの価値もないのです。




3. If you use the body for attack, it is harmful to you.
 もしあなたが身体を攻撃のために使うなら、身体はあなたにとって有害なものになります。

 If you use it only to reach the minds of those who believe they are bodies, and teach them through the body that this is not so, you will understand the power of the mind that is in you.
 もしあなたが身体を、自分が身体であると信じている者たちのに到達し、身体を通して、彼らに自分たちが身体ではないということを教えるためにのみ用いるなら、あなたは自分の中にある心の力を理解するようになります。

 If you use the body for this and only for this, you cannot use it for attack.
 もしあなたがこのことを教えるために、ただこのためにだけ使うなら、あなたは身体を攻撃のために使うことなどできなくなるはずです。

 In the service of uniting it becomes a beautiful lesson in communion, which has value until communion is.
 心を一つに結び合せるために役立てるなら、身体は霊的交流を学ぶ素晴らしいレッスンとなります。ただし、身体が価値を持つのは霊的交わりである聖餐を現に経験するまでのことです。

 This is God's way of making unlimited what you have limited.
 これこそ、あなたが制限してしまったものを無限なるものにするための神の方法です。

 The Holy Spirit does not see the body as you do, because he knows the only reality of anything is the service it renders God on behalf of the function he gives it.
 聖霊はあなたが見ているようには身体を見てはいません。なぜなら、聖霊は、どんなものであろうとも、そのものの唯一の真の姿は、神がそのものに与えた役割を果たすために、そのものが神に捧げることのできる貢献にあると知っているからです。


名称未設定

4. Communication ends separation.
 コミュニケーションは分離を終わらせます。

 Attack promotes it.
 攻撃は分離を助長します。

 The body is beautiful or ugly, peaceful or savage, helpful or harmful, according to the use to which it is put.
 身体は、それがコミュニケーションと攻撃のどちらに使用されるかによって、美しくもなれば醜くくもなるし、平安に満ちたものにもなれば残忍なものにもなり、有益なものにもなれば有害なものにもなります。

 And in the body of another you will see the use to which you have put yours.
 そして、あなたは、自分が自らの身体をコミュニケーションと攻撃のどちらに使用しているのかを、他の者の身体の中に見ることになります。

 If the body becomes a means you give to the Holy Spirit to use on behalf of union of the Sonship, you will not see anything physical except as what it is.
 もし身体が神の子全体が一つに結ばれるために使ってもらうためにあなたから聖霊に渡す道具になるなら、あなたは、ただありのままの身体を見る以外には物理的なものは何も見なくなります。

 Use it for truth and you will see it truly.
 身体を真理のために使うなら、あなたは身体を正しく見るようになります。

 Misuse it and you will misunderstand it, because you have already done so by misusing it.
 身体を間違って使うなら、あなたは身体を誤解することになります。なぜなら、あなたは身体を誤用することによってすでに身体のことを誤解してしまっているからです。

 Interpret anything apart from the Holy Spirit and you will mistrust it.
 何事であれ聖霊から離れて解釈するなら、あなたはその何かのことを信用できなくなります。

 This will lead you to hatred and attack and loss of peace.
 このことが、あなたを、憎んだり、攻撃したり、平安を失うようにさせてしまうのです。




5. Yet all loss comes only from your own misunderstanding.
 しかし、どんな喪失も、ただあなた自身の誤解からしか生じません。

 Loss of any kind is impossible.
 いかなる種類であれ、何かを喪失することは不可能なのです。

 But when you look upon a brother as a physical entity, his power and glory are "lost" to you and so are yours.
 しかし、あなたが兄弟を肉体である物質的な存在であると見ると、兄弟の力も栄光も、あなたにとって「失われ」てしまうし、同じように、あなたの力と栄光もあなたにとって「失われ」てしまうことになります。

 You have attacked him, but you must have attacked yourself first.
 兄弟を肉体的存在と見ることで、あなたはその兄弟を攻撃したことになりますが、あなたはそれに先立ってあなた自身を攻撃してしまったに違いないのです。

 Do not see him this way for your own salvation, which must bring him his.
 あなた自身の救いのために、その兄弟のことを肉体的な存在だと見てはなりません。そして、あなたが救われることが必ず兄弟にも救いをもたらすことになります。

 Do not allow him to belittle himself in your mind, but give him freedom from his belief in littleness, and thus escape from yours.
 あなたの心の中で、その兄弟が自分自身を卑下するのを容認してはなりません。そうではなく、自分が取るに足りない存在だと信じていることから彼を解放し、そうすることで、あなた自身を貶める信念からも逃れてください。

 As part of you, he is holy.
 あなたの一部であるがゆえに、その兄弟は神聖なるものです。

 As part of me, you are.
 私の一部であるがゆえに、あなたも神聖なるものです。

 To communicate with part of God himself is to reach beyond the Kingdom to its Creator, through his voice which he has established as part of you.
 神自身の一部とコミュニケーションを取ることは、神があなたの一部分として確立した神の声を通して、王国を越えてその大いなる創造主へと到達することなのです。


名称未設定

6. Rejoice, then, that of yourself you can do nothing.
 それゆえ、あなたが自分自身だけでは何もできないということを喜びなさい。

 You are not of yourself.
 あなたは、あなた自身に属するものではないのです。

 He of whom you are has willed your power and glory for you, with which you can perfectly accomplish his holy will for you when you accept it for yourself.
 あなたが属する神は、あなたの力と栄光をあなたのために授けることを意図しました。あなたが、あなた自身のために、あなたに対する神の神聖な意志を受け入れさえすれば、あなたは、その力と栄光をもって神の神聖な意志を完璧に成就することができます。

 He has not withdrawn his gifts from you, but you believe you have withdrawn them from him.
 神は、自分の力と栄光という贈り物をあなたから取り上げてなどいません。しかし、あなたは自分のほうがその贈り物を神から取り下げてしまったものと信じています。

 Let no son of God remain hidden for his name's sake, because his name is yours.
 神の名にかけて、誰ひとりとして神の子を隠されたままにしておいてはなりません。なぜなら、神の名こそがあなたの名前だからです。




7. The Bible says, "The Word (or thought) was made flesh. "
 聖書には「言葉(つまり思考)は肉とされ」とあります。

 Strictly speaking this is impossible, since it seems to involve the translation of one order of reality into another.
 厳密に言えば、これは不可能なことです。なぜなら、それは、まるで一つの現実の序列を別の現実の序列へと変換しうるように関係づけて表現するものだからです。

 Different orders of reality merely appear to exist, just as different orders of miracles do.
 現実の異なった序列は単に存在するかのように見えるだけです。それはちょうど奇跡に異なった序列が存在するかのように見えるのと同じことです。

 Thought cannot be made into flesh except by belief, since thought is not physical.
 信じることによって以外には、思考を肉体にすることなど不可能なことです。なぜなら、思考は物質的なものではないからです。

 Yet thought is communication, for which the body can be used.
 しかし、思考はコミュニケーションであり、コミュニケーションのために身体を使うことは可能です。

 This is the only natural use to which it can be put.
 コミュニケーションのために用いることこそ、身体を使うことができる唯一の自然な使い方です。

 To use the body unnaturally is to lose the Holy Spirit's purpose, and thus to confuse the goal of his curriculum.
 身体を不自然に利用すると、聖霊の目的を見失うことになります。そうなると、聖霊が教えるカリキュラムの目標を混乱させてしまうことになります。




8. There is nothing so frustrating to a learner as a curriculum he cannot learn.
 学習者にとっては、自分に習得することができないカリキュラムほど挫折感を味わわさせられるものはありません。

 His sense of adequacy suffers, and he must become depressed.
 自分には適性があるとの彼の思いは傷つき、彼は意気消沈するに違いありません。

 Being faced with an impossible learning situation is the most depressing thing in the world.
 学ぶことが不可能な事態に直面するのは、この世界において最も絶望的なことだといえます。

 In fact, it is ultimately why the world itself is depressing.
 実のところ、これこそがこの世界そのものが憂鬱なものである究極的な理由です。

 The Holy Spirit's curriculum is never depressing, because it is a curriculum of joy.
 聖霊が教えるカリキュラムが落胆させることは絶対にありません。なぜなら、それは喜びのカリキュラムだからです。

 Whenever the reaction to learning is depression, it is because the true goal of the curriculum has been lost sight of.
 学んでいることに対する反応が憂鬱であるときには必ず、そのカリキュラムの真の目標が見失われてしまっていることが原因なのです。

名称未設定


9. In this world, not even the body is perceived as whole.
 この世界では、身体でさえ全体的なものだとは知覚されていません。

 Its purpose is seen as fragmented into many functions with little or no relationship to each other, so that it appears to be ruled by chaos.
 身体の持つ目的は、互いにほとんど、または、まったく関連のない多くの機能に分裂していると見なされており、そのために、混沌によって身体が支配されているように見えます。

 Guided by the ego, it is.
 エゴによって導かれるなら、確かに身体は混沌に支配されます。

 Guided by the Holy Spirit, it is not.
 聖霊によって導かれるなら、身体が混沌に支配されることはありません。

 It becomes a means by which the part of the mind you tried to separate from spirit can reach beyond its distortions and return to spirit.
 身体は、あなたが霊から切り離そうと努めていた心の一部分が、その心の歪みの向こう側に到達し、霊へと回帰することができるようになるための手段となります。

 The ego's temple thus becomes the temple of the Holy Spirit, where devotion to him replaces devotion to the ego.
 エゴの神殿は、こうして、聖霊の神殿となります。そこにおいて、聖霊に対して深い愛を捧げる献身がエゴに対する帰依に取って代わることになります。

 In this sense the body does become a temple to God; his voice abides in it by directing the use to which it is put.
 この意味において、身体は神を祀る神殿となります。すなわち、神の声が、身体を供すべき使いみちを指導することによって身体に住まうことになるのです。




10. Healing is the result of using the body solely for communication.
 癒しは、身体をただコミュニケーションのためにのみ用いるようになることの結果です。

 Since this is natural it heals by making whole, which is also natural.
 身体をコミュニケーションのためだけに用いることは自然なことなので、完全にされることによって身体は癒えることになります。この完全にするということもまた自然なことなのです。

 All mind is whole, and the belief that part of it is physical, or not mind, is a fragmented or sick interpretation.
 すべての心は全体的で完全なものです。だから、心の一部の作用は身体的なものであって心ではないと信じることは、断片的で病的な解釈です。

 Mind cannot be made physical, but it can be made manifest through the physical if it uses the body to go beyond itself.
 心が物質的なものにされてしまうことはありえません。しかし、もし心が身体自体を超越するためにその身体を使うのなら、物質的なものを通して心を顕現させることは可能なことです。

 By reaching out, the mind extends itself.
 外へ広がっていくことで、心は自らを拡張します。

 It does not stop at the body, for if it does it is blocked in its purpose.
 心の拡張は、身体で留まるものではありません。なぜなら、もし心が身体で止まったら、心はその目的を遮られてしまうからです。

 A mind that has been blocked has allowed itself to be vulnerable to attack, because it has turned against itself.
 目的を阻害された心は自らを攻撃に対して脆弱な存在にすることを容認してしまっています。なぜなら、その心は自らに敵対したことになるからです。


名称未設定

11. The removal of blocks, then, is the only way to guarantee help and healing.
 そこで、障害を取り除くことが、助けと癒しを確保するための唯一の方法となります。

 Help and healing are the normal expressions of a mind that is working through the body, but not in it.
 助けと癒しは、心が身体の中においてではなく、身体を通して働いていることの正常な現れなのです。

 If the mind believes the body is its goal it will distort its perception of the body, and by blocking its own extension beyond it, will induce illness by fostering separation.
 もし心が身体こそが心の目標であると信じるなら、その心は、身体についての知覚を歪めるようになるし、身体を越えて自らを拡張することを妨害することによって、分離を促進させて病気を引き起こすことになります。

 Perceiving the body as a separate entity cannot but foster illness, because it is not true.
 身体を個々に分離した存在として知覚することは、病気を助長せざるをえません。なぜなら、身体が分離しているというのは本当のことではないからです。

 A medium of communication loses its usefulness if it is used for anything else.
 もしコミュニケーションの媒体がコミュニケーション以外のために用いられるなら、その媒体はコミュニケーションの役に立つ力を失ってしまいます。

 To use a medium of communication as a medium of attack is an obvious confusion in purpose.
 コミュニケーションの媒体を攻撃の手段として用いるのは、明らかにその目的を混同しています。




12. To communicate is to join and to attack is to separate.
 コミュニケーションを取ることは心を一つに結び合わせることであり、攻撃することは分離することです。

 How can you do both simultaneously with the same thing and not suffer?
 同一のもので、コミュニケーションと攻撃の両方を同時に行おうとしておきながら、どうしてあなたが苦しまないでいられるでしょうか。

 Perception of the body can be unified only by one purpose.
 身体についての知覚は、ただ一つの目的によってのみ統一されることができます。

 This releases the mind from the temptation to see the body in many lights, and gives it over entirely to the One Light in which it can be really understood.
 目的を一つにすることで身体についての知覚を統一することが、身体を多様な光に照らして様々な観点から見てみたいという誘惑から心を解放し、身体を、身体が真に理解されうる唯一の大いなる光へと完全に引き渡します。

 To confuse a learning device with a curriculum goal is a fundamental confusion that blocks the understanding of both.
 学びの道具とカリキュラムの目標とを混同するのは、両方を理解することを妨げる根本的な混同です。

 Learning must lead beyond the body to the re- establishment of the power of the mind in it.
 学びは身体を超越して、心の力を心の中に再び確立することへと導かなければなりません。

 This can be accomplished only if the mind extends to other minds, and does not arrest itself in its extension.
 これは、ただ心が他の心へと拡張し、自分自身が拡張することを阻止しない場合にのみなし遂げられます。

 This arrest is the cause of all illness, because only extension is the mind's function.
 この拡張を阻止してしまうことがすべての病気の原因です。なぜなら、拡張することだけが心の作用だからです。


名称未設定

13. The opposite of joy is depression.
 喜びの対極は憂鬱です。

 When your learning promotes depression instead of joy, you cannot be listening to God's joyous Teacher and learning his lessons.
 あなたの学んでいることが喜びではなく憂鬱を助長するなら、そんなとき、あなたが神の喜びに満ち溢れる大いなる教師に耳を傾けて、神のレッスンを学んでいるということはありえません。

 To see a body as anything except a means of communication is to limit your mind and to hurt yourself.
 身体をコミュニケーションの手段以外の別のものであると見なすことは、あなたの心を制限し、あなた自身を傷つけることになります。

 Health is therefore nothing more than united purpose.
 そうだとすれば、健やかさとは統一された目的のことでしかないということになります。

 If the body is brought under the purpose of the mind, it becomes whole because the mind's purpose is one.
 もし身体が心の目的の下に置かれたなら、身体は完全なものになります。なぜなら、心の目的は一つだからです。

 Attack can only be an assumed purpose of the body, because apart from the mind the body has no purpose at all.
 攻撃は、単に身体の見かけ上の目的になりうるだけです。なぜなら、心から離れては身体にはまったくなんの目的もないからです。




14. You are not limited by the body, and thought cannot be made flesh.
 あなたは身体によって制限されてなどいません。そして、思考が肉体にされることなどありえません。

 Yet mind can be manifested through the body if it goes beyond it and does not interpret it as limitation.
 しかし、もし心が身体を超越して進み、そして、身体のことを制限であると解釈しないなら、心は身体を通して顕現されることができるようになります。

 Whenever you see another as limited to or by the body, you are imposing this limit on yourself.
 あなたが他の者を、身体の範囲に制限されたものとして、または、身体によって制限されているものとして見るたびに、あなたは、あなた自身にこの同じ制限を押しつけていることになります。

 Are you willing to accept this, when your whole purpose for learning should be to escape from limitations?
 あなたが学ぶ目的のすべてが制限からの脱出であるべきだというのに、あなたは自ら進んでこんなことを受け入れようというのでしょうか。

 To conceive of the body as a means of attack and to believe that joy could possibly result, is a clear-cut indication of a poor learner.
 身体を攻撃の手段として考えておきながら、その結果として喜びが生じる可能性があると信じることは、未熟な学習者であることを示す明らかな印です。

 He has accepted a learning goal in obvious contradiction to the unified purpose of the curriculum, and one that is interfering with his ability to accept its purpose as his own.
 その未熟な学習者は、このカリキュラムの統一された目的に矛盾していることが明らかな学習目標を受け入れてしまっています。そして、この矛盾した学習目標が、未熟な学習者が統一されたカリキュラムの目的を自分のものとして受け入れることができないようにしてしまっているのです。


名称未設定

15. Joy is unified purpose, and unified purpose is only God's.
 喜びこそが統一された目的です。そして、統一された目的はただ神の目的だけです。

 When yours is unified it is his.
 あなたの目的が統一されるとき、それは神の目的となります。

 Believe you can interfere with his purpose, and you need salvation.
 あなたが神の目的を妨げることができると信じるなら、あなたには救いが必要です。

 You have condemned yourself, but condemnation is not of God.
 あなたは自分に有罪判決を宣告したのです。しかし、有罪判決が神から下されることはありません。

 Therefore it is not true.
 したがって、その有罪の宣告は真実ではありません。

 No more are any of its seeming results.
 同じように、有罪宣告の結果のように見えるどんなものにせよ、それらは真実ではありません。

 When you see a brother as a body, you are condemning him because you have condemned yourself.
 あなたがある兄弟を身体として見るなら、あなたは彼に有罪判決を宣告しているのです。なぜなら、あなたはすでに自分自身に有罪の判決を下してしまっているからです。

 Yet if all condemnation is unreal, and it must be unreal since it is a form of attack, then it can have no results.
 しかし、もしすべての有罪判決が架空のものであるなら、そして、有罪の宣告は攻撃の一形態であるがゆえに実在しないに違いないとすれば、有罪の宣告はいかなる結果ももたらしえないはずです。




16. Do not allow yourself to suffer from imagined results of what is not true.
 自分自身を、真実でもないものについての想像上の結果によって、苦しませてはなりません。

 Free your mind from the belief that this is possible.
 真実でないことの結果を想像して苦しむことが可能だと信じることから、あなたの心を解放しなさい。

 In its complete impossibility lies your only hope for release.
 そんなことは完全に不可能であるということの中に、あなたが解放されるための唯一の希望を見出せます。

 But what other hope would you want?
 それにしても、あなたは解放されること以外にいったい何を望むというのでしょうか。

 Freedom from illusions lies only in not believing them.
 幻想からの解放は、ただ幻想を信じないでいることの中にしか見出せません。

 There is no attack, but there is unlimited communication and therefore unlimited power and wholeness.
 攻撃は一切存在しません。しかし、制限のないコミュニケーションは存在し、それゆえ、無限の力と完全さが存在します。

 The power of wholeness is extension.
 完全さの力こそ拡張することです。

 Do not arrest your thought in this world, and you will open your mind to creation in God.
 あなたの思考をこの世界の中に留めないようにしなさい。そうすれば、あなたは神の中における創造へと自分の心を開くようになるでしょう。

名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/728-75b892fd
該当の記事は見つかりませんでした。