There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T13-3 救済への恐れ

0   0

今回はテキスト第十三章から「救済への恐れ」という一節をご紹介します。





テキスト第十三章

III. The Fear of Redemption
三 救済への恐れ






1. You may wonder why it is so crucial that you look upon your hatred and realize its full extent.
 自分の抱く憎しみを見つめて、その憎しみを完全に理解することが、なぜそんなにも重要なのかとあなたは不思議に思うかもしれません。

 You may also think that it would be easy enough for the Holy Spirit to show it to you, and to dispel it without the need for you to raise it to awareness yourself.
 あなたはまた、わざわざ自分が憎しみを自覚しなくても、聖霊にとっては、あなたの憎しみをあなたに見せてそれを拭い去ることなど、いともたやすいことであるはずだと思うかもしれません。

 Yet there is one more obstacle you have interposed between yourself and the Atonement.
 しかし、あなたが自分自身と贖罪の間に差し挟んでいるもうひとつの障害が存在するのです。

 We have said that no one will countenance fear if he recognizes it.
 前に述べましたが、もし恐怖を認識したなら、誰も恐怖を黙認しようとなどしないはずです。

 Yet in your disordered state of mind you are not afraid of fear.
 しかし、混乱した心理状態にあるとき、あなたは恐怖のことを恐れているわけではありません。

 You do not like it, but it is not your desire to attack that really frightens you.
 あなたは恐怖が好きではないものの、あなたの攻撃への願望があなたを真に恐れさせているわけではありません。

 You are not seriously disturbed by your hostility.
 あなたは自分の敵意によって、深刻に困惑しているわけでもありません。

 You keep it hidden because you are more afraid of what it covers.
 あなたは自分の敵意を隠し続けます。なぜなら、あなたは敵意が覆い隠しているもののほうにより強い恐れを抱いているからです。

 You could look even upon the ego's darkest cornerstone without fear if you did not believe that, without the ego, you would find within yourself something you fear even more.
 もしあなたが、エゴがいてくれなければ、自分はもっと恐ろしい何かを自分自身の中に見つけてしまうと信じたりしなかったら、あなたは恐れることなく、エゴの最も深い闇にある礎石さえ見つめることができたはずです。

 You are not really afraid of crucifixion.
 あなたは、本当は、磔刑にされることを恐れてはいません。

 Your real terror is of redemption.
 あなたが真に恐れを抱いているのは、救われることに対してなのです。




2. Under the ego's dark foundation is the memory of God, and it is of this that you are really afraid.
 エゴの暗い土台の下には、神の記憶が眠っています。そして、あなたが真に恐れているのは、この神の記憶です。

 For this memory would instantly restore you to your proper place, and it is this place that you have sought to leave.
 なぜなら、この神の記憶はあなたを即座にあなたにふさわしい居場所に戻してしまうし、この場所こそ、あなたが離れようと努めてきた場所だからです。

 Your fear of attack is nothing compared to your fear of love.
 あなたが攻撃に対して抱く恐れなど、あなたがに対して抱く恐れに比べれば、無に等しいといえます。

 You would be willing to look even upon your savage wish to kill God's Son, if you did not believe that it saves you from love.
 もしあなたが神の子を殺したいという残忍な欲求が自分をから救ってくれると信じていなかったら、あなたはそんな残忍な欲求ですら厭わずに見ようとするはずです。

 For this wish caused the separation, and you have protected it because you do not want the separation healed.
 というのも、この神の子を殺したいという欲求が分離を引き起こしたのだし、あなたは分離が癒されることを望まないので、この欲求を守ってきたからです。

 You realize that, by removing the dark cloud that obscures it, your love for your Father would impel you to answer his call and leap into Heaven.
 あなたには、神の子を殺したいという残忍な欲求を覆い隠している暗雲を取り去ってしまえば、自らの大いなる父に対するゆえに、自分が父の呼びかけに答えて天国の中へと飛翔することを余儀なくされると感づいています。

 You believe that attack is salvation because it would prevent you from this.
 攻撃があなたがそうすることを妨げるので、攻撃こそが救いだとあなたは信じているのです。

 For still deeper than the ego's foundation, and much stronger than it will ever be, is your intense and burning love of God, and his for you.
 というのは、エゴの土台よりなお深く、エゴの土台が強くなりうるよりはるかに強力なのが、あなたが神に抱き、そして、神があなたに抱く、激しく燃え盛るようなだからです。

 This is what you really want to hide.
 これこそ、あなたが本当に隠しておきたいと欲しているものです。

名称未設定


3. In honesty, is it not harder for you to say "I love" than "I hate"?
 正直に言って、あなたにとっては、「私は憎い」と言うよりも「私はしている」と言うほうが難しいのではないでしょうか。

 You associate love with weakness and hatred with strength, and your own real power seems to you as your real weakness.
 あなたは、を弱さと結びつけ、憎しみを強さと結びつけて考えます。だから、あなたにとっては、自分の真の力が自分の真の弱みのように思えてしまいます。

 For you could not control your joyous response to the call of love if you heard it, and the whole world you thought you made would vanish.
 なぜなら、もしあなたが愛の呼び声を耳にしたなら、あなたは喜んでその呼び声に応ずるのを抑えきれないはずであり、そうなると、あなたが自分で作り出したと思っていた世界全体が消滅してしまうことになるからです。

 The Holy Spirit, then, seems to be attacking your fortress, for you would shut out God, and he does not will to be excluded.
 そのために、あなたには聖霊が自分の要塞を攻撃しているように思えるのです。なぜなら、あなたは神を排除しようとしており、神は排除されることなど意図してはいないからです。




4. You have built your whole insane belief system because you think you would be helpless in God's Presence, and you would save yourself from his Love because you think it would crush you into nothingness.
 あなたは自らの狂気の信念体系の全体を構築してきました。それは、あなたは神の臨在を前にしては自分が無力になってしまうと考えているからです。そして、あなたは、神の大いなる愛が自分を無になるまで粉砕してしまうものと思っているので、あなたは自分自身を神の大いなる愛から救おうとしているのです。

 You are afraid it would sweep you away from yourself and make you little, because you believe that magnitude lies in defiance, and that attack is grandeur.
 あなたは、神の大いなる愛があなたを自分自身から払い除けて、あなたを矮小なものにしてしまうことを恐れています。なぜなら、あなたは果敢に抵抗することが偉大なことであって、攻撃することこそ壮大なことだと信じているからです。

 You think you have made a world God would destroy; and by loving him, which you do, you would throw this world away, which you would.
 あなたは、神が破壊しようとする世界を自分が作り出してしまったと思っています。そして、あなたは現に神を愛しており、神を愛しているがゆえに、あなたはこんな世界など投げ打ってもいいと思っているし、この世界を放棄することこそあなたが意図していることです。

 Therefore, you have used the world to cover your love, and the deeper you go into the blackness of the ego's foundation, the closer you come to the Love that is hidden there.
 したがって、あなたは自分の愛を覆い隠すために世界を利用してきてきたのだといえます。そして、あなたがエゴの土台の暗黒部分へと深く入りこめば入りこむほど、あなたはそこに隠された大いなる愛に接近していくことになります。

 And it is this that frightens you.
 そして、この隠された大いなる愛こそが、あなたを怯えさせるのです。

名称未設定


5. You can accept insanity because you made it, but you cannot accept love because you did not.
 狂気はあなたが作り出したものなので、あなたは狂気を受け入れることができます。しかし、愛はあなたが作ったものではないので、あなたは愛を受け入れることができずにいるのです。

 You would rather be a slave of the crucifixion than a Son of God in redemption.
 あなたは救済された神の子であるより、むしろ磔刑の奴隷でありたいのです。

 Your individual death seems more valuable than your living oneness, for what is given you is not so dear as what you made.
 あなたには、生命に満ち溢れたあなたたちの一体性よりも、あなた個人として迎える死のほうがより貴重なものに思えます。というのは、あなたには自分に授けられたものが、自分で作り出したものほど愛しくは思えないからです。

 You are more afraid of God than of the ego, and love cannot enter where it is not welcome.
 あなたはエゴよりも神のほうを恐れているのです。そして、愛は自らが歓迎されないところに入っていくことはできません。

 But hatred can, for it enters of its own volition and cares not for yours.
 しかし、憎しみは、自分が歓迎されない場所でも入りこむことができます。というのも、憎しみは、自分の意志で入りこみ、あなたの意志など気にも留めないからです。




6. You must look upon your illusions and not keep them hidden, because they do not rest on their own foundation.
 あなたは自分の幻想を直視して、幻想を隠れたままに保たないようにしなければなりません。なぜなら、それらの幻想はそれ自体の土台に基づいて存在しているわけではないからです。

 In concealment they appear to do so, and thus they seem to be self-sustained.
 幻想が隠されている間は、幻想はそれ自体の土台に基盤を置いているように見えるので、幻想は自立したものであるかのように見えます。

 This is the fundamental illusion on which the others rest.
 これこそが、その上に他の様々な幻想が拠って立つ根本的な幻想です。

 For beneath them, and concealed as long as they are hidden, is the loving mind that thought it made them in anger.
 というのは、この根本的な幻想の裏側には、それらが隠されているかぎりは隠されたままで、愛に満ちた心が潜んでいるからです。その心は、自らが怒りのあまり、そんな幻想を作り出してしまったものと思いこんでいます。

 And the pain in this mind is so apparent, when it is uncovered, that its need of healing cannot be denied.
 そして、覆いが取り払われたとき、この心の中にある痛みが本当に明白になるので、その心が癒される必要があることは否定できなくなります。

 Not all the tricks and games you offer it can heal it, for here is the real crucifixion of God's Son.
 あなたがその心にどんな誤魔化しや計略を差し出そうとも、そんなものには、その心を癒すことはできません。というのも、ここに神の子の真の磔刑があるからです。

名称未設定


7. And yet he is not crucified.
 ところが、神の子は磔刑にされてなどいないのです。

 Here is both his pain and his healing, for the Holy Spirit's vision is merciful and his remedy is quick.
 ここにこそ、神の子の苦痛と癒しがともにあります。なぜなら、聖霊のヴィジョンは慈悲深く、聖霊の治療は即座に効果を上げるからです。

 Do not hide suffering from his sight, but bring it gladly to him.
 苦しみを聖霊の視界から隠すことなく、ただ喜んで苦しみを聖霊のところに持って行けばよいのです。

 Lay before his eternal sanity all your hurt, and let him heal you.
 あなたの傷をすべて、聖霊の永遠なる正気の前に差し出して、聖霊に自分を癒してもらってください。

 Do not leave any spot of pain hidden from his light, and search your mind carefully for any thoughts you may fear to uncover.
 どんな小さな痛みも、聖霊の光から隠れたままにせず、どのようなものであれ、あなたが露わになることを恐れているような思いが残っていないか、あなたの心の中を念入りに探してください。

 For he will heal every little thought you have kept to hurt you and cleanse it of its littleness, restoring it to the magnitude of God.
 なぜなら、聖霊はあなたが自分を傷つけるために保ってきた些細な思いをことごとく癒し、それらの想念の矮小さを洗い清めたうえで、それらを神の偉大さへと戻してくれるからです。




8. Beneath all the grandiosity you hold so dear is your real call for help.
 あなたがそんなにも大切に取っておこうとするあらゆる尊大さの裏には、助けを求めるあなたの真の呼び声があります。

 For you call for love to your Father as your Father calls you to himself.
 なぜなら、父があなたを自身の下へと呼んでいるように、あなたは父に愛を求めて呼びかけているからです。

 In that place which you have hidden, you will only to unite with the Father, in loving remembrance of him.
 あなたが隠してきたその場所で、愛に満たされながら大いなる父を思い出す中で、あなたは大いなる父とひとつに結ばれることだけを意図するでしょう。

 You will find this place of truth as you see it in your brothers, for though they may deceive themselves, like you they long for the grandeur that is in them.
 あなたがこの真実の場所を自分の兄弟たちの中に見ようとするなら、あなたはその場所を見出すでしょう。なぜなら、その兄弟たちは自分たち自身を欺いているかもしれないとはいえ、あなたと同じように、彼らも自分たちの中にある壮大さを渇望しているからです。

 And perceiving it you will welcome it, and it will be yours.
 そして、その壮大さを知覚すれば、あなたはその壮大さを喜んで迎えるだろうし、そうすれば、壮大さはあなたのものとなります。

 For grandeur is the right of God's Son, and no illusions can satisfy him or save him from what he is.
 なぜなら、壮大であることは神の子の権利なので、いかなる幻想も、神の子を満足させることはできないし、神の子の本当の姿から彼を救うなどということができるはずがないからです。

 Only his love is real, and he will be content only with his reality.
 神の子の愛だけが本物であり、神の子は自らの本当の姿にしか満足することはないのです。

名称未設定


9. Save him from his illusions that you may accept the magnitude of your Father in peace and joy.
 あなたの兄弟を彼の見ている幻想から救ってください。そうすれば、あなたは平安と喜びの中で大いなる父の偉大さを受け入れることができるでしょう。

 But exempt no one from your love, or you will be hiding a dark place in your mind where the Holy Spirit is not welcome.
 ただし、あなたの愛から誰ひとり除外してはなりません。さもないと、あなたは自分の心の中に、聖霊が歓迎されない暗い場所を隠し続けることになってしまいます。

 And thus you will exempt yourself from his healing power, for by not offering total love you will not be healed completely.
 そうなると、あなたは自分自身を聖霊の癒しの力の対象から除外することになってしまいます。なぜなら、全面的な愛を捧げないことによって、あなたは完全には癒されなくなってしまうからです。

 Healing must be as complete as fear, for love cannot enter where there is one spot of fear to mar its welcome.
 恐れが完全なものであるように、癒しも完全なものにされなければなりません。なぜなら、愛は、愛を歓迎することを妨げるような恐れの染みが一点でも存在するところには入って行くことができないからです。




10. You who prefer separation to sanity cannot obtain it in your right mind.
 正気でいるよりも分離を選んでいるあなたには、自分の正しい心の中に愛を獲得することはできません。

 You were at peace until you asked for special favor.
 あなたが特別な依怙贔屓を要求するまでは、あなたは平安の中にいました。

 And God did not give it for the request was alien to him, and you could not ask this of a Father who truly loved his Son.
 そして、神は特別に依怙贔屓することはありませんでした。というのも、そんな願いは神にとって相容れない異質なものだったし、子を真に愛している大いなる父に対してこんなことを頼むことはあなたにはできないことだったからです。

 Therefore you made of him an unloving father, demanding of him what only such a father could give.
 したがって、あなたは、愛情のない父親にしか与えられないようなものを大いなる父に要求することによって、大いなる父を愛のない父親だと思うようになってしまったのです。

 And the peace of God's Son was shattered, for he no longer understood his Father.
 こうして、神の子の平安は粉々に打ち砕かれてしまいました。というのも、子は大いなる父のことをもはや理解していなかったからです。

 He feared what he had made, but still more did he fear his real Father, having attacked his own glorious equality with him.
 彼は自分で作り出したものを恐れていましたが、それにもまして自分の真の父のことをさらに恐れました。なぜなら、彼は自分自身の輝ける父との対等性を攻撃してしまったからです。

名称未設定


11. In peace he needed nothing and asked for nothing.
 平安の中では、神の子は何も必要としなかったし、何も求めることはありませんでした。

 In war he demanded everything and found nothing.
 争いの中では、神の子はあらゆるものを要求しましたが、何も見出すことはありませんでした。

 For how could the gentleness of love respond to his demands, except by departing in peace and returning to the Father?
 なぜなら、愛の優しさには、平安のうちに出発して大いなる父の下に戻ることによってしか、そのような神の子の要求に応じようがなかったからです。

 If the Son did not wish to remain in peace, he could not remain at all.
 神の子が平安のうちに留まることを願わないなら、彼はとうてい存続することすらできないでしょう。

 For a darkened mind cannot live in the light, and it must seek a place of darkness where it can believe it is where it is not.
 というのは、闇に包まれた心は、光の中に生きることはできないので、そんな心は自分が実際にはいないところにいると信じこむことができるような、闇に閉ざされた場所を探さなければならないからです。

 God did not allow this to happen.
 神はこんなことが起こることを許しませんでした。

 Yet you demanded that it happen, and therefore believed that it was so.
 しかし、あなたはそれが起こることを求め、そうすることで、それが起こったものと信じこんだのです。




12. To "single out" is to "make alone," and thus make lonely.
 「ひとつを選び出す」ことは「ひとりにする」ことであり、それゆえに、孤独にするということです。

 God did not do this to you.
 神は、こんなことをあなたにしませんでした。

 Could he set you apart, knowing that your peace lies in his oneness?
 あなたの平安が神との一体性の中にあるとわかっていながら、神があなたを切り離すことなどできたでしょうか。

 He denied you only your request for pain, for suffering is not of his creation.
 神はあなたに、苦痛を求めるあなたの頼みだけは拒絶しました。なぜなら、苦しみは神が創造したものに属するものではないからです。

 Having given you creation, he could not take it from you.
 創造したものをあなたに与えているがゆえに、神にはそれらをあなたから取り上げることはできませんでした。

 He could but answer your insane request with a sane answer that would abide with you in your insanity.
 あなたの狂気の要求に対して神にできたのは、あなたの狂気の中にあっても、あなたと共に留まることのできる正気の答えで返事をすることだけでした。

 For his answer is the reference point beyond illusions, from which you can look back on them and see them as insane.
 なぜなら、神の答えは幻想を越えるところにある基準点なので、そこからなら、あなたは振り返って幻想を見て、それらの幻想が狂気の沙汰だとわかるからです。

 But seek this place and you will find it, for Love is in you and will lead you there.
 ただこの場所だけを探しなさい。そうすれば、あなたはその場所を見つけるでしょう。なぜなら、大いなる愛はあなたの中にあり、あなたをそこへ導いてくれるからです。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/731-22640b83
該当の記事は見つかりませんでした。