There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T13-7 真の世界の幕開け

0   0

今回はテキスト第十三章から「真の世界への到達」という一節をご紹介します。









テキスト第十三章

VII. Attainment of the Real World
七 真の世界への到達


1. Sit quietly and look upon the world you see, and tell yourself:
 静かに座して、あなたの目に映る世界を見渡して、自分自身に次のように言い聞かせなさい。

  "The real world is not like this.
 「真の世界はこのような世界ではない。

 It has no buildings and there are no streets where people walk alone and separate.
 真の世界には、建物などないし、人々が孤独に分離して歩く道路もない。

 There are no stores where people buy an endless list of things they do not need.
 真の世界には、人々が自分たちが必要としてもいない色んな物を延々と買い漁る店もない。

 It is not lit with artificial light, and night comes not upon it.
 真の世界は、人工的な光で照らされてはいないし、そこには、夜が訪れることもない。

 There is no day that brightens and grows dim.
 真の世界には、明るく夜が明け、暗く日が沈む一日もない。

 There is no loss.
 真の世界では、いかなるものも失われることはない。

 Nothing is there but shines, and shines forever."
 真の世界では、輝いていないものなどなく、すべてが永遠に光り輝いている。」と。

名称未設定


2. The world you see must be denied, for sight of it is costing you a different kind of vision.
 あなたの見ている世界は否認されなければなりません。なぜなら、そんな世界を見ている代償として、あなたはそれとは異なった種類のヴィジョンを失ってしまっているからです。

 You cannot see both worlds, for each of them involves a different kind of seeing, and depends on what you cherish.
 あなたは両方の世界を見ることはできません。なぜなら、それぞれの世界はそれを見るために異なった種類の視覚を必要とするし、両方とも、あなたが何を大切にするかに依存しているからです。

 The sight of one is possible because you have denied the other.
 あなたが一方の世界を否認することによって、あなたは他方の世界を見ることができるようになります。

 Both are not true, yet either one will seem as real to you as the amount to which you hold it dear.
 両方の世界が二つながら真実だということはありません。そうではなくて、どちらの世界にせよ、あなたがその世界のことを大切にする程度に応じて、その世界はあなたにとって現実として見えてくるということです。

 And yet their power is not the same, because their real attraction to you is unequal.
 それでも、二つの世界の持つ力は同じではありません。なぜなら、それぞれの世界が真にあなたに対して持っている誘引力は同等なものではないからです。




3. You do not really want the world you see, for it has disappointed you since time began.
 あなたが見ている世界のことをあなたは本当は望んではいません。なぜなら、時が始まって以来、この世界はあなたを失望させ続けてきたからです。

 The homes you built have never sheltered you.
 あなたの建てた家があなたのことを庇護してくれたことは一度もありませんでした。

 The roads you made have led you nowhere, and no city that you built has withstood the crumbling assault of time.
 あなたの作った道は、あなたをどこにも導いてはくれませんでした。そして、あなたの建設したいかなる都市であれ、崩壊をもたらす時間による襲撃に持ちこたえたものはありませんでした。

 Nothing you made but has the mark of death upon it.
 あなたが作り出したもので、死の烙印が押されていないものなど何ひとつありません。

 Hold it not dear, for it is old and tired and ready to return to dust even as you made it.
 そんなものを大切に取っておこうとなどしないでください。というのも、そんなものは古びて疲弊し、ちょうどあなたが塵からそれらを作り出したように、今にも塵に帰そうとしているからです。

 This aching world has not the power to touch the living world at all.
 こんな痛ましい世界には、生命に溢れる世界に影響を及ぼす力などまったくありません。

 You could not give it that, and so although you turn in sadness from it, you cannot find in it the road that leads away from it into another world.
 あなたには、この世界にそのような力を与えることができませんでした。だから、たとえあなたがそんな世界から悲しみの中に目を背けても、悲しみの中に、そんな世界から去って別の世界へと導いてくれる道を見つけることなどできはしないのです。

名称未設定


4. Yet the real world has the power to touch you even here, because you love it.
 しかし、真の世界は、ここにおいてさえ、あなたに影響を及ぼす力を持っています。なぜなら、あなたは真の世界のことをしているからです。

 And what you call with love will come to you.
 そして、あなたがを込めて呼ぶものはあなたの許に訪れることになります。

 Love always answers, being unable to deny a call for help, or not to hear the cries of pain that rise to it from every part of this strange world you made but do not want.
 は必ず答えてくれます。なぜなら、は助けを求める呼び声を拒むことができないので、あなたが自分で作っておきながら、望んでもいないこんな異常な世界の至るところからの許に届く苦痛に満ちた悲鳴を聞き入れずにはいられないからです。

 All that you need to give this world away in glad exchange for what you did not make is willingness to learn the one you made is false.
 あなたがこんな世界を手放して、あなたが作ったものではない真の世界と喜びの中で交換してもらうために必要なものはただ、あなたの作り出したこの世界が偽りの世界であることを学ぼうとする意欲だけです。




5. You have been wrong about the world because you have misjudged yourself.
 あなたは、自分自身を誤って価値判断してきたせいで、この世界について誤解し続けてきました。

 From such a twisted reference point, what could you see?
 そんなにも歪んだ判断の基準から、あなたはいったい何を見ることができたというのでしょうか。

 All seeing starts with the perceiver, who judges what is true and what is false.
 見るということはすべて、何が真実で何が偽りなのか判断する知覚者から始まります。

 And what he judges false he does not see.
 そして、自分が偽りだと判断したものを知覚者が見ることはありません。

 You who would judge reality cannot see it, for whenever judgment enters reality has slipped away.
 現実を価値判断しようとするあなたには、現実を見ることができません。なぜなら、価値判断が入り込むたびに、現実はすでにするりと消え去ってしまっているからです。

 The out of mind is out of sight, because what is denied is there but is not recognized.
 小さな心の外側に置かれたものは視界から外れてしまうのです。なぜなら、否認されたものはそこにあるとしても、認識されなくなるからです。

 Christ is still there, although you know him not.
 たとえあなたがキリストを知らないとしても、キリストは今でもあなたの心の中にいます。

 His Being does not depend upon your recognition.
 キリストの大いなる実在が、あなたの認識に左右されることはありません。

 He lives within you in the quiet present, and waits for you to leave the past behind and enter into the world he holds out to you in love.
 キリストは、静かなる現在において、あなたの内に生きています。そして、あなたが過去をあとにして、キリストを込めてあなたに差し出している世界の中にあなたが入ってきてくれるのを待っています。

名称未設定


6. No one in this distracted world but has seen some glimpses of the other world about him.
 こんな混乱した世界の中にあっても、誰もが自分のすぐ近くにもうひとつの別の世界を多少なりとも垣間見るような思いをしたことがあるはずです。

 Yet while he still lays value on his own, he will deny the vision of the other, maintaining that he loves what he loves not, and following not the road that love points out.
 しかし、彼が自分自身の世界になおも価値を置いているかぎりは、彼はその別の世界についてのヴィジョンなど否認するだろうし、自分が愛してもいないものを愛していると言い張って、愛が指し示してくれる道を辿ろうとはしないでしょう。

 Love leads so gladly!
 愛である聖霊は本当に喜んで導いてくれます。

 As you follow him, you will rejoice that you have found his company, and learned of him the joyful journey home.
 あなたが聖霊に従うなら、あなたは聖霊が自分の伴侶として同行してくれていることを理解し、自分が喜ばしい帰郷の途にあることを聖霊から学んで歓喜することでしょう。

 You wait but for yourself.
 あなたはただ自分自身を待っているだけなのです。

 To give this sad world over and exchange your errors for the peace of God is but your will.
 この悲しい世界を明け渡し、あなたの誤りを神の平安と交換するのはあなたの意志次第です。

 And Christ will always offer you the Will of God, in recognition that you share it with him.
 そして、キリストはあなたが神の大いなる意志を神と共有していることを認識しているので、いつでも神の大いなる意志をあなたに差し延べてくれます。




7. It is God's Will that nothing touch his Son except himself, and nothing else comes nigh unto him.
 神自身以外の何ものも子に触れず、ほかの何ものも子に近づくことがないようにと神は意図してくれています。

 He is as safe from pain as God himself, Who watches over him in everything.
 神はあらゆることにおいて神の子のことを見守っているので、神の子は神自身と同じように、苦痛の憂いなく無事なままです。

 The world about him shines with love because God placed him in himself where pain is not, and love surrounds him without end or flaw.
 神の子を取り巻く世界は愛で輝いています。なぜなら、神はわが子を苦しみの存在しない神自身の中に置いてくれていて、そこでは、終わることも損なわれることもなく、愛が神の子を包み込んでいるからです。

 Disturbance of his peace can never be.
 神の子の平安が乱されることは決してありえません。

 In perfect sanity he looks on love, for it is all about him and within him.
 完全な正気の中で、神の子は愛を見つめます。というのも、愛は神の子を包み込んでいるし、神の子の内側にもあるからです。

 He must deny the world of pain the instant he perceives the arms of love around him.
 神の子が自分が愛の腕に抱き締められていると知覚したその瞬間、神の子は苦痛に満ちた世界など拒絶するに違いありません。

 And from this point of safety he looks quietly about him and recognizes that the world is one with him.
 そして、神の子はこの安全な地点から自分の周りを静かに見渡し、その世界が自分とひとつだと気づきます。


名称未設定

8. The peace of God passeth your understanding only in the past.
 神の平安があなたの理解の及ばないものであったのは、ただ過去においてのみです。

 Yet here it is, and you can understand it now.
 しかし、ここにその平安は確かにあるし、今では、あなたにはその平安を理解することができます。

 God loves his Son forever, and his Son returns his Father's Love forever.
 神はわが子のことを永遠に愛してくれています。そして、子は永遠に父の大いなる愛に報います。

 The real world is the way that leads you to remembrance of the one thing that is wholly true and wholly yours.
 真の世界とは、完全に真実であり、全面的にあなたのものであるただひとつのものの記憶へとあなたを導いてくれる道のことです。

 For all else you have lent yourself in time, and it will fade.
 というのは、他のことはすべてあなたが時間の中で自分に貸し与えたものなので、それらはいずれ姿を消してしまうからです。

 But this one thing is always yours, being the gift of God unto his Son.
 しかし、この唯一の記憶は、神から子への贈り物なので、つねにあなたのものです。

 Your one reality was given you, and by it God created you as one with him.
 あなたのただひとつの現実はあなたに与えられ、この一なる現実によって、神はあなたを神自身とひとつのものとして創造したのです。




9. You will first dream of peace, and then awaken to it.
 あなたはまず平安見るようになります。そして、そのあとに平安へと目覚めることになります。

 Your first exchange of what you made for what you want is the exchange of nightmares for the happy dreams of love.
 あなたが自分で作り出したものを自分の望むものへと取り替える最初の交換は、悪を愛に満ちた幸せなに取り替えることです。

 In these lie your true perceptions, for the Holy Spirit corrects the world of dreams, where all perception is.
 これらの幸せなの中に、あなたの真の知覚を見出すことができます。なぜなら、聖霊がすべての知覚が存在する場所であるの世界を修正してくれるからです。

 Knowledge needs no correction.
 知識はいかなる修正も必要としません。

 Yet the dreams of love lead unto knowledge.
 これに対して、愛のは知識へと導いてくれるものです。

 In them you see nothing fearful, and because of this they are the welcome that you offer knowledge.
 愛の夢の中で、あなたは恐ろしいものを何ひとつ見ることはありません。この理由から、愛の夢はあなたが知識に捧げる歓迎の挨拶だということができます。

 Love waits on welcome, not on time, and the real world is but your welcome of what always was.
 愛は歓迎されるのを待ち受けているのであって、時が至るのを待っているわけではありません。だから、真の世界とは、つねにそうであったものをあなたが喜んで迎え入れることでしかありません。

 Therefore the call of joy is in it, and your glad response is your awakening to what you have not lost.
 したがって、真の世界には喜びへの呼びかけがあり、あなたが喜びに満ちてその呼びかけに応じることは、自分が失っていなかったものにあなたが目覚めることなのです。


名称未設定

10. Praise, then, the Father for the perfect sanity of his most holy Son.
 それゆえ、神の最も神聖な子が完全に正気であることについて大いなる父を讃えるがよいでしょう。

 Your Father knoweth that you have need of nothing.
 あなたの大いなる父は、あなたが何も必要としてないと知っています。

 In Heaven this is so, for what could you need in eternity?
 天国では、このことはまさにその通りになっています。というのも、永遠の世においてあなたに必要なものなど何もありえないからです。

 In your world you do need things.
 あなたの世界では、あなたが色んな物事を必要としているのは確かです。

 It is a world of scarcity in which you find yourself because you are lacking.
 あなたの世界は欠乏の世界であり、あなたは足りないと思う何かを求めているがゆえに、不足の世界にいる自分自身を見出すのです。

 Yet can you find yourself in such a world?
 しかし、そんな世界にいながら、あなたに自分自身を見出すことなどできるでしょうか。

 Without the Holy Spirit the answer would be no.
 聖霊がいなければ、答えはノーということになるでしょう。

 Yet because of him the answer is a joyous yes!
 しかし、聖霊がいてくれるお陰で、喜んでイエスと答えることができます。

 As Mediator between the two worlds, he knows what you have need of and what will not hurt you.
 二つの世界の間の調停役として、聖霊はあなたが何を必要としており、あなたを傷つけないものが何であるかを知っています。

 Ownership is a dangerous concept if it is left to you.
 所有権という概念は、あなたに任せておくとなると、危険な概念となります。

 The ego wants to have things for salvation, for possession is its law.
 エゴは救われようとして物を持ちたがりますが、それは所有することはエゴの法則だからです。

 Possession for its own sake is the ego's fundamental creed, a basic cornerstone in the churches it builds to itself.
 所有すること自体のために所有することが、エゴの根本的な教義、つまり、エゴ自らのためにエゴが建てる教会の土台となる礎石です。

 And at its altar it demands you lay all of the things it bids you get, leaving you no joy in them.
 そして、エゴの教会の祭壇から、エゴはあなたに、エゴがあなたに手に入れるようにと命ずるものすべてを供えるように要求し、あなたには、手に入れたものから何の喜びも残してはくれません。




11. Everything the ego tells you that you need will hurt you.
 エゴがあなたに必要だと告げるあらゆるものは、あなたを傷つけてしまうでしょう。

 For although the ego urges you again and again to get, it leaves you nothing, for what you get it will demand of you.
 というのは、エゴはあなたに必要なものを手に入れるようにと何度も繰り返しあなたを急き立てておきながら、あなたがそれを得ると自分に渡すようあなたに要求して、あなたの許には何ひとつ残すことはないからです。

 And even from the very hands that grasped it, it will be wrenched and hurled into the dust.
 そして、あなたが手に入れたものは、それを掴み取ったまさにその手からもぎ取られ、塵の中へと投げ捨てられてしまいます。

 For where the ego sees salvation it sees separation, and so you lose whatever you have gotten in its name.
 というのは、エゴが救いを見るところにエゴは分離を見ているので、あなたがエゴのために手に入れたものは、それが何であろうと、あなたはそれを失うことになるからです。

 Therefore ask not of yourself what you need, for you do not know, and your advice to yourself will hurt you.
 したがって、何が必要なのか自分自身に尋ねてはなりません。なぜなら、あなたは自分に何が必要なのかわかっていないので、あなたの自分自身へのアドバイスはあなたを傷つけることになってしまうからです。

 For what you think you need will merely serve to tighten up your world against the light, and render you unwilling to question the value that this world can really hold for you.
 というのも、あなたが自分に必要だと思うものは、あなたの世界を締めつけて光が射し込まないようにして、この世界が自分にとって本当に価値を持ちうるのか、疑問を抱くのを不本意に思わせることにしか役立たないからです。


名称未設定

12. Only the Holy Spirit knows what you need.
 ただ聖霊だけが、あなたが何を必要としているのか知っています。

 For he will give you all things that do not block the way to light.
 なぜなら、聖霊は光への道を妨げないすべてのものを、あなたに与えてくれるからです。

 And what else could you need?
 そうだとすれば、あなたにそれ以外の何が必要だというのでしょうか。

 In time, he gives you all the things that you need have, and will renew them as long as you have need of them.
 時間の中においては、聖霊はあなたが持つ必要があるものはすべて与えてくれるし、あなたがそれらを必要とするかぎり、聖霊がそれらを補充してくれます。

 He will take nothing from you as long as you have any need of it.
 何であれ、あなたがそれを少しでも必要とする間は、聖霊がそれをあなたから取り上げたりすることはありません。

 And yet he knows that everything you need is temporary, and will but last until you step aside from all your needs and realize that all of them have been fulfilled.
 それでも、聖霊は、あなたが必要とするものはすべて一時的なものだと知っています。すなわち、あなたの必要性は、あなたが自分が必要と思うすべてのものから一歩引き下がってみて、自分が必要とするものはすべて満たされているのだと気づくまで存続するものでしかないということが聖霊にはわかっています。

 Therefore he has no investment in the things that he supplies, except to make certain that you will not use them on behalf of lingering in time.
 したがって、聖霊は、時間の中で自分があなたに供給するものにいかなる関心も注ぐことはありませんが、聖霊が供給するものをあなたが時間の中で長居するために使わないことだけは確かなものにしてくれます。

 He knows that you are not at home there, and he wills no delay to wait upon your joyous homecoming.
 聖霊は、あなたが時間の中では、わが家で寛ぐような思いができないということを知っているので、あなたの喜ばしい帰郷の日を遅らせるのを待ち続けるつもりはないのです。




13. Leave, then, your needs to him.
 だから、あなたに必要なものは聖霊に任せてしまいなさい。

 He will supply them with no emphasis at all upon them.
 聖霊はあなたが必要とするものをまったく重要視することなく、それらを供給してくれるでしょう。

 What comes to you of him comes safely, for he will ensure it never can become a dark spot, hidden in your mind and kept to hurt you.
 聖霊からあなたの許にもたらされるものは安全に訪れます。なぜなら、聖霊は自分があなたに渡すものが、あなたの心の中に隠れたまま、あなたを傷つけるために保たれる難点になってしまうことが絶対にないように配慮してくれるからです。

 Under his guidance you will travel light and journey lightly, for his sight is ever on the journey's end, which is his goal.
 聖霊の案内の下、あなたは軽やかで快活な旅路を辿ることになるでしょう。というのは、聖霊の視線はつねに、聖霊が目的とする旅路の終着点に据えられているからです。

 God's Son is not a traveller through outer worlds.
 神の子は外の世界を歩む旅人ではありません。

 However holy his perception may become, no world outside himself holds his inheritance.
 いかに神の子の知覚が神聖なものになろうとも、神の子自身の外側の世界には神の子が継承しているものは存在しないのです。

 Within himself he has no needs, for light needs nothing but to shine in peace, and from itself to let the rays extend in quiet to infinity.
 神の子は、自分自身の内面において何も必要とはしていません。なぜなら、光はただ平安のうちに輝いて、それ自体から無限に向かって、光線が静かに拡張するに任せる以外に何も必要とはしないからです。


名称未設定

14. Whenever you are tempted to undertake a useless journey that would lead away from light, remember what you really want, and say:
 あなたが光から遠ざかってしまうような無益な旅路に出るように誘惑されるたびに、自分が何を本当に望んでいるのか思い出して、次のように言いなさい。


The Holy Spirit leads me unto Christ, and where else would I go?
聖霊が私をキリストの許へと導いてくれるというのに、そこ以外のいったいどこに私は行きたいというのだろうか。

What need have I but to awake in him?
キリストとして目覚める以外に、私にどんな必要があるというのだろうか。




15. Then follow him in joy, with faith that he will lead you safely through all dangers to your peace of mind this world may set before you.
 それから、喜んで聖霊に従ってください。その際には、聖霊は、この世界があなたの面前に差し出すであろう、あなたの心の平安を脅かすあらゆる危険を難なく通り抜けて導いてくれると信頼して従うことです。

 Kneel not before the altars to sacrifice, and seek not what you will surely lose.
 犠牲を捧げる祭壇を前にして膝を折ってはなりません。そして、あなたが確実に失うことになるものを求めてもなりません。

 Content yourself with what you will as surely keep, and be not restless, for you undertake a quiet journey to the peace of God, where he would have you be in quietness.
 あなたが確実に保ちつづけることになるものに満足し、心を静めてください。なぜなら、あなたは神の平安へと向かう静かな旅路を踏み出したのであり、神の平安に達すれば、神はあなたを静寂の中に置いてくれるはずだからです。




16. In me you have already overcome every temptation that would hold you back.
 私の中において、あなたはすでにあなたを引き戻そうとするどのような誘惑をもすべて克服しています。

 We walk together on the way to quietness that is the gift of God.
 私たちは、神からの贈り物である静寂に向かう道をともに歩んでいるのです。

 Hold me dear, for what except your brothers can you need?
 私のことを大切にあなたの心に留めておいてください。というのも、あなたには自分の兄弟たちをおいてほかに必要なものなど何もないからです。

 We will restore to you the peace of mind that we must find together.
 私たちは、私たちが一緒に見つけなければならないものである心の平安をあなたに回復させます。

 The Holy Spirit will teach you to awaken unto us and to yourself.
 聖霊はあなたに、私たちに目覚め、そして、あなた自身に目覚めることを教えてくれます。

 This is the only real need to be fulfilled in time.
 このように目覚めることだけが、時間の中で満たされるべき唯一の真の必要性です。

 Salvation from the world lies only here.
 この世界からの救いは、ここにしかありません。

 My peace I give you.
 私の平安をあなたにあげましょう。

 Take it of me in glad exchange for all the world has offered but to take away.
 この世界がただあとで取り上げるためだけに差し出しているすべてのものと喜んで交換するために、この平安を私から受け取ってください。

 And we will spread it like a veil of light across the world's sad face, in which we hide our brothers from the world, and it from them.
 そして、私たちは、世界の悲しい顔に、この平安を光のヴェールのように広げて、その中に、私たちの兄弟たちをこの世界から匿まい、そして、この世界を兄弟たちから隠すのです。

名称未設定


17. We cannot sing redemption's hymn alone.
 私たちは、救いの賛美歌をひとりだけで歌うことはできません。

 My task is not completed until I have lifted every voice with mine.
 私の任務は、私の歌声と共にみんなの歌声を高らか響き渡らせるまでは完了しません。

 And yet it is not mine, for as it is my gift to you, so was it the Father's gift to me, given me through his Spirit.
 とはいえ、その賛美歌は私のものではありません。なぜなら、それは私からあなたへの贈り物であるように、父の大いなる霊を通して私に授けられた父から私への贈り物だったからです。

 The sound of it will banish sorrow from the mind of God's most holy Son, where it cannot abide.
 その讃美歌の響きが、悲しみが居着くことなどできない場所である神の最も神聖な子の心から、悲しみを一掃してしまうでしょう。

 Healing in time is needed, for joy cannot establish its eternal reign where sorrow dwells.
 時間の中では、癒しは必要なことです。というのは、悲しみが居座るところに喜びが永続的な支配を確立することはできないからです。

 You dwell not here, but in eternity.
 あなたは、この世界に住んでいるのではなくて、永遠の世界に住んでいます。

 You travel but in dreams, while safe at home.
 あなたは、ずっと安全にわが家に居ながら、ただ夢の中で旅をしているだけなのです。

 Give thanks to every part of you that you have taught how to remember you.
 あなたがこれまで自分を思い出す方法を教えてきたあなたの一部である一人ひとりに感謝を捧げなさい。

 Thus does the Son of God give thanks unto his Father for his purity.
 このようにして、神の子は自らの清らかさについて大いなる父に感謝を捧げることになるのです。

名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/732-e8695526
該当の記事は見つかりませんでした。