There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T14-10 奇跡の平等性

0   0

今回はテキスト第十四章から「奇跡平等性」という一節をご紹介します。




テキスト第十四章

X. The Equality of Miracles
十 奇跡平等性


1. When no perception stands between God and his creations, or between his children and their own, the knowledge of creation must continue forever.
 神と神の創造物との間、または神の子供たちとその子供たちとの間にいかなる知覚も介在しなければ、創造の知識は永遠に続いていくに違いありません。

 The reflections you accept into the mirror of your mind in time but bring eternity nearer or farther.
 あなたが時間の中で自分の心の鏡の中に映し出すものとして何を受け入れるかによって、永遠を引き寄せることにも、遠ざけることにもなります。

 But eternity itself is beyond all time.
 ただし、永遠それ自体は、すべての時間を超越しています。

 Reach out of time and touch it, with the help of its reflection in you.
 あなたの中にある永遠なるものを反映する存在の助けを得て時間から抜け出して、手を伸ばして永遠なるものに触れなさい。

 And you will turn from time to holiness, as surely as the reflection of holiness calls everyone to lay all guilt aside.
 そうすれば、あなたは確実に時間から聖なるものに心を向け変えることでしょう。それは、聖なるものを反映する存在が、すべての者に罪悪感を放棄するようにと呼びかけるのと同じくらい確実なことです。

 Reflect the peace of Heaven here, and bring this world to Heaven.
 天国の平安をこの地上に反映させてください。そうして、この世界を天国へと導いてください。

 For the reflection of truth draws everyone to truth, and as they enter into it they leave all reflections behind.
 というのも、真理を反映するものはひとり残らずみんなを真理へと引き寄せるからです。そして、彼らが天国へと入るとき、彼らはすべての反映をあとに残していくのです。

名称未設定


2. In Heaven reality is shared and not reflected.
 天国では、現実は反映されるのではなく、共有されています。

 By sharing its reflection here, its truth becomes the only perception the Son of God accepts.
 この地上で天国の現実を反映するものを共有することによって、天国の現実が本当のものであることが、神の子が受け入れる唯一の知覚となります。

 And thus, remembrance of his Father dawns on him, and he can no longer be satisfied with anything but his own reality.
 こうして、自らの大いなる父の記憶が神の子に蘇ってくると、彼はもはや自分自身の真の姿以外の何ものにも満足できなくなってきます。

 You on earth have no conception of limitlessness, for the world you seem to live in is a world of limits.
 地上にいるあなたには無限という概念はまったく理解の及ばないものです。というのも、あなたが生きているように思えるこの世界は制限からなる世界だからです。

 In this world, it is not true that anything without order of difficulty can occur.
 この世界においては、何かが難しさ序列なくして起こりうるということは真実ではありません。

 The miracle, therefore, has a unique function, and is motivated by a unique Teacher Who brings the laws of another world to this one.
 だからこそ、奇跡には独自の役割があるのだし、奇跡は、別の世界の法則をこの世界にもたらす唯一の大いなる教師によって発動されるのです。

 The miracle is the one thing you can do that transcends order, being based not on differences but on equality.
 あなたが難易度の序列に関わりなくなすことができる唯一のものは奇跡だけです。それは、奇跡が相違ではなく平等性に基づいているからです。




3. Miracles are not in competition, and the number of them that you can do is limitless.
 奇跡同士が競合するということはないし、あなたに起こすことのできる奇跡の回数にも制限はありません。

 They can be simultaneous and legion.
 奇跡は、一斉に、そして、無数に起こすこともできます。

 This is not difficult to understand, once you conceive of them as possible at all.
 いやしくも、ひとたびあなたが奇跡が可能だと思うことさえできれば、このことを理解するのはさして難しいことではありません。

 What is more difficult to grasp is the lack of order of difficulty that stamps the miracle as something that must come from elsewhere, not from here.
 このことよりも理解するのが難しいのは、奇跡に難易度の序列がないということです。難しさに程度がないということは、奇跡がこの世界からではなく、どこか別の世界からやってくるに違いないという印象を与えます。

 From the world's viewpoint, this is impossible.
 この世界の観点からすれば、難しさ序列がないということはありえないことだからです。


名称未設定

4. Perhaps you have been aware of lack of competition among your thoughts, which even though they may conflict, can occur together and in great numbers.
 たぶん、あなたはすでに自分の様々な思考の間には、互いに限られた座を巡って競り合うような関係性はないということに気づいていることでしょう。あなたの様々な思考は、たとえ矛盾することはあっても、いろんな思考が一緒に数多く生じることは可能です。

 You may indeed be so used to this that it causes you little surprise.
 実際のところ、あなたはいろんな思考が同時に多発することにすっかり慣れ親しんでいるので、そんなことには少しも驚きもしないかもしれません。

 Yet you are also used to classifying some of your thoughts as more important, larger or better, wiser, or more productive and valuable than others.
 しかし、あなたはまた、自分の思考のうちのあるものを他の思考よりもっと重要だとか、より大規模だとか、より優れている、より賢明だ、より生産的だ、より貴重だ、などと分類することにも慣れています。

 This is true of the thoughts that cross the mind of those who think they live apart.
 このことは、別々に分離して生きていると思っている者たちの心をよぎる思いについてあてはまる真実です。

 For some are reflections of Heaven, while others are motivated by the ego, which but seems to think.
 なぜなら、それらの思いのうちのいくつかは天国の反映であり、他の思いはエゴによって引き起こされたものだからです。そのエゴとは、単に考えているように見えるだけのものです。




5. The result is a weaving, changing pattern that never rests and is never still.
 その帰結はと言えば、右顧左眄し、決して休息も静止もしない変転の繰り返しです。

 It shifts unceasingly across the mirror of your mind, and the reflections of Heaven last but a moment and grow dim, as darkness blots them out.
 そのような思いは、あなたの心の鏡を絶え間なく横切り、一瞬の間、天国が映し出されたかと思えば、次の瞬間には闇がその像を消し去って、はっきり見えなくなってしまいます。

 Where there was light, darkness removes it in an instant, and alternating patterns of light and darkness sweep constantly across your mind.
 光があった場所を一瞬のうちに闇が覆って光を消してしまい、光と闇が交互に入れ替わって明滅するパターンが絶え間なくあなたの心に去来します。

 The little sanity that still remains is held together by a sense of order that you establish.
 まだ残っているわずかばかりの正気は、あなたが確立する秩序の感覚によってかろうじて保たれています。

 Yet the very fact that you can do this, and bring any order into chaos shows you that you are not an ego, and that more than an ego must be in you.
 しかし、秩序の感覚によって何とか正気を確保して、混乱状態に何らかの秩序をもたらすことがあなたにできているという、まさにこの事実が、あなたはエゴではないし、エゴ以上の存在があなたの中にあるに違いないことを示しています。

 For the ego is chaos, and if it were all of you, no order at all would be possible.
 というのは、エゴはまさに混沌であり、もしエゴがあなたのすべてであるとしたら、いかなる秩序もありえないはずだからです。

 Yet though the order you impose upon your mind limits the ego, it also limits you.
 もっとも、あなたが自分の心に課す秩序は、エゴを制限する半面で、同時にあなた自身をも制限することになります。

 To order is to judge, and to arrange by judgment.
 序列を設けて秩序立てるということは、価値判断をして、その価値判断に従って配列することです。



名称未設定

6. It will seem difficult for you to learn that you have no basis at all for ordering your thoughts.
 あなたにとっては、自らの思考を秩序づけるための基準を自分はまったく持ち合わせていないと学ぶのは困難に思えるはずです。

 This lesson the Holy Spirit teaches by giving you the shining examples of miracles to show you that your way of ordering is wrong, but that a better way is offered you.
 聖霊は、奇跡という顕著な実例をあなたに与えることによって、あなたにこのレッスンを教えてくれます。それは、あなたの秩序づけの仕方が間違っていることを示し、よりよい方法があなたに差し延べられていることをあなたに教えるためです。

 The miracle offers exactly the same response to every call for help.
 奇跡は、助けを求めるどんな呼び声にも、まったく同じ反応を差し出します。

 It does not judge the call.
 奇跡は、呼び声の価値を判断しません。

 It merely recognizes what it is, and answers accordingly.
 奇跡は単に、その呼び声をありのままに認識し、それに応じて答えるだけです。

 It does not consider which call is louder or greater or more important.
 奇跡は、どの呼び声がより大声で求められたかとか、より大規模かとか、より重要かいったことを考慮しません。

 You may wonder how you who are still bound to judgment can be asked to do that which requires no judgment of your own.
 あなたは、いまだに価値判断に束縛されている自分に、どうして自分自身の価値判断をまったく必要としないことをするようにと求められるのだろうかと疑問を抱くかもしれません。

 The answer is very simple.
 その答えは実に単純です。

 The power of God, and not of you, engenders miracles.
 それは、あなたの力ではなく、神の力が奇跡を生じさせるからです。

 The miracle itself is but the witness that you have the power of God in you.
 奇跡そのものは単に、あなたが自分の中に神の力を持っていることの証明にすぎません。

 That is the reason why the miracle gives equal blessing to all who share in it, and that is also why everyone shares in it.
 これが、奇跡を共有する者たち全員を奇跡が平等に祝福する理由です。そして、それはまた、すべての者たちが奇跡を共有する理由でもあります。

 The power of God is limitless.
 神の力は無限のものです。

 And being always maximal, it offers everything to every call from anyone.
 そして、神の力はいつも最大限のものなので、神の力は誰からのどんな呼び声に対しても、すべてを差し延べてくれます。

 There is no order of difficulty here.
 このことに関して、難しさ序列などありません。

 A call for help is given help.
 助けを求める呼び声には、助けが与えられるのです。




7. The only judgment involved is the Holy Spirit's one division into two categories; one of love, and the other the call for love.
 そのために必要な唯一の価値判断は、 こうした呼び声を二つのカテゴリーに振り分ける聖霊のなす唯一の区別だけです。カテゴリーの区分は、一つは愛、もう一つは愛を求める呼び声です。

 You cannot safely make this division, for you are much too confused either to recognize love, or to believe that everything else is nothing but a call for love.
 あなたには間違わずにこの区別をすることができません。というのは、あなたはあまりに混乱しすぎていて、愛に気づくことができないばかりか、愛以外のすべてのものが愛を求める呼び声にほかならないと信じることもできないからです。

 You are too bound to form, and not to content.
 あなたはあまりにも、内容ではなく、外に捉われすぎているのです。

 What you consider content is not content at all.
 あなたが内容だと思い込んでいるものは、とても内容と呼べる代物ではありません。

 It is merely form, and nothing else.
 それは単なるでしかないし、それ以外の何ものでもありません。

 For you do not respond to what a brother really offers you, but only to the particular perception of his offering by which the ego judges it.
 というのは、あなたは兄弟があなたに真に差し延べてくれているものには反応せずに、兄弟が差し出すものについてエゴが下す価値判断についての具体的な知覚に対して反応しているだけだからです。


名称未設定

8. The ego is incapable of understanding content, and is totally unconcerned with it.
 エゴは内容を理解することができないし、エゴは内容にはまったく関心を持ちません。

 To the ego, if the form is acceptable the content must be.
 エゴにとっては、もしが満足のいくものであれば、中身も満足できるに違いないのです。

 Otherwise it will attack the form.
 が気に入らない場合には、エゴはそのを攻撃します。

 If you believe you understand something of the "dynamics" of the ego, let me assure you that you understand nothing of it.
 もしあなたが自分はエゴの「力学」を多少なりとも理解していると信じているなら、あなたはエゴの力学を何ひとつ理解していないのは確実であることを私が請け合いましょう。

 For of yourself you could not understand it.
 なぜなら、エゴの力学はあなたが自分ひとりだけで理解できるものではないからです。

 The study of the ego is not the study of the mind.
 エゴを研究しても、それは心を学ぶことにはなりません。

 In fact, the ego enjoys studying itself, and thoroughly approves the undertakings of students who would "analyze" it, thus approving its importance.
 実際のところ、エゴは自分自身のことを研究することを喜びます。そして、生徒たちがエゴの「分析」を試みることは、エゴの重要性を承認することなので、その試みにエゴは諸手を挙げて賛同します。

 Yet they but study form with meaningless content.
 しかし、生徒たちは何の意味もない中身の入った入れ物の態を研究することになるだけです。

 For their teacher is senseless, though careful to conceal this fact behind impressive sounding words, but which lack any consistent sense when they are put together.
 こうなるのは、生徒たちを教える教師が愚かだからです。教師としてのエゴは、印象的な響きを持つ言葉を並べ立てて、自分に中身がないという事実を注意深く隠そうとします。しかし、それらの言葉をまとめてつなげても、首尾一貫した意味など何もないのです。




9. This is characteristic of the ego's judgments.
 この一貫性の欠如は、エゴの価値判断に特徴的なことです。

 Separately, they seem to hold, but put them together and the system of thought that arises from joining them is incoherent and utterly chaotic.
 すなわち、一つひとつ切り離してみるかぎり、エゴの価値判断には意味があるように思えますが、それらを一緒にまとめて一つに結び合せたものから浮き彫りになる思考システムは、一貫性に欠け、完全に支離滅裂なものです。

 For form is not enough for meaning, and the underlying lack of content makes a cohesive system impossible.
 なぜなら、形だけでは意味をなすには不十分だし、基盤となるべき内容が欠如しているため、まとまりのある体系化が不可能なものになっているからです。

 Separation therefore remains the ego's chosen condition.
 したがって、分離が依然としてエゴの選択する状態であり続けます。

 For no one alone can judge the ego truly.
 というのは、誰もひとりきりでは、エゴを正確に価値判断することはできないからです。

 Yet when two or more join together in searching for truth, the ego can no longer defend its lack of content.
 しかし、二人以上の者たちが心を合わせて真理を探求するなら、エゴはもはや自らの内容の欠落について弁解できなくなります。

 The fact of union tells them it is not true.
 彼らが心を一つに結び合せたという事実が、彼らにエゴは本当にあるものではないと示すことになるのです。


名称未設定

10. It is impossible to remember God in secret and alone.
 密かに自分ひとりだけで神を思い出そうとしても、それは不可能です。

 For remembering him means you are not alone, and are willing to remember it.
 なぜなら、神を思い出すということは、あなたがひとりきりではないことを意味し、自発的に自分がひとりきりではないことをあなたが思い出そうと意欲することを意味するからです。

 Take no thought for yourself, for no thought you hold is for yourself.
 どんな思いでも、それを自分だけのものと捉えてはなりません。なぜなら、あなたが抱く思いは何ひとつあなたひとりだけのためのものではないからです。

 If you would remember your Father, let the Holy Spirit order your thoughts and give only the answer with which he answers you.
 もしあなたが自らの大いなる父を思い出したいのなら、聖霊に自分の思考を秩序立ててもらい、そのうえで、聖霊があなたに答えてくれる答えだけを兄弟に与えるようにしてください。

 Everyone seeks for love as you do, but knows it not unless he joins with you in seeking it.
 誰もがみな、あなたが愛を探すのと同じように愛を探し求めています。しかし、あなたと一緒に愛を探求するようにならないかぎり、誰も愛を知ることはありません。

 If you undertake the search together, you bring with you a light so powerful that what you see is given meaning.
 もしあなたたちが一緒に愛の探求に取り組むなら、あなたたちは本当に強力な光を伴っていくことになるので、あなたたちが目にするものに意味が与えられることになります。

 The lonely journey fails because it has excluded what it would find.
 ひとりきりでの旅は、旅路において見出そうとするものをあらかじめ排除してしまっているがゆえに、失敗に終わってしまうのです。




11. As God communicates to the Holy Spirit in you, so does the Holy Spirit translate his communications through you, so you can understand them.
 神があなたの中にいる聖霊とコミュニケーションを取るとき、聖霊は神のコミュニケーションを、あなたを通して翻訳してくれるので、あなたにも神のコミュニケーションが理解できるようになります。

 God has no secret communications, for everything of him is perfectly open and freely accessible to all, being for all.
 神が秘密裡にコミュニケーションを行うことは一切ありません。なぜなら、神に由来する一切のものは、みんなのものであるがゆえに、完全に開放され、誰もが自由にアクセスできるようになっているからです。

 Nothing lives in secret, and what you would hide from the Holy Spirit is nothing.
 秘密のうちに生きるものなど一切ありません。だから、あなたが聖霊から隠そうと思うものは無なのです。

 Every interpretation you would lay upon a brother is senseless.
 あなたが兄弟についてどのような解釈をしようとも、そんなものは無意味です。

 Let the Holy Spirit show him to you, and teach you both his love and his call for love.
 聖霊にその兄弟を見せてもらい、彼の愛と彼の愛を求める呼び声の両方を教えてもらいなさい。

 Neither his mind nor yours holds more than these two orders of thought.
 兄弟の心もあなたの心も、この愛と愛を求める呼び声の二つのカテゴリーに分類できない思いを抱くことはありません。

名称未設定


12. The miracle is the recognition that this is true.
 奇跡とは、このことが真実だと認識することです。

 Where there is love, your brother must give it to you because of what it is.
 愛があるところでは、愛とはそういうものであるがゆえに、あなたの兄弟はあなたに愛を与えずにはいられません。

 But where there is a call for love, you must give it because of what you are.
 しかし、そこに愛を求める呼び声があるなら、愛こそがあなたの本質なのだから、あなたは愛を与えなければなりません。

 Earlier I said this course will teach you how to remember what you are, restoring to you your Identity.
 以前に私は、このコースはあなたに真のアイデンティティーを回復させて、本当のあなたが何者であるかを思い出す方法をあなたに教えることになると述べました。

 We have already learned that this Identity is shared.
 私たちはすでに、この真のアイデンティティーが共有されていることを学びました。

 The miracle becomes the means of sharing It.
 奇跡は、この真のアイデンティティーを分かち合う手段となります。

 By supplying your Identity wherever It is not recognized, you will recognize It.
 あなたの真のアイデンティティーが認識されていないところがあれば、それがどこであろうと、あなたの真のアイデンティティーを差し延べることによって、あなたは自分の真のアイデンティティーに気づくことになります。

 And God himself, Who wills to be with his Son forever, will bless each recognition of his Son with all the love he holds for him.
 そして、永遠に子と共に在ることを意図する神自身が、わが子の気づきの一つひとつを、わが子に対して抱く愛のすべてをもって祝福してくれるでしょう。

 Nor will the power of all his love be absent from any miracle you offer to his Son.
 それに、あなたが神の子に捧げるどの奇跡にも、神の愛のすべての力が伴わないはずがありません。

 How, then, can there be any order of difficulty among them?
 そうだとすれば、どうして奇跡の間に難しさの序列など存在しうるでしょうか。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/736-63a94cb1
該当の記事は見つかりませんでした。