There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T16-4 愛の幻想と愛の実相

0   0

今回はテキスト第十六章から「幻想の本当の姿」という一節をご紹介します。







第十六章

IV. The Illusion and the Reality of Love
四 幻想の実相


1. Be not afraid to look upon the special hate relationship, for freedom lies in looking at it.
 特別な憎悪の関係を見つめることを怖がっていてはなりません。なぜなら、特別な憎悪関係をよく見ることで自由を見出せるからです。

 It would be impossible not to know the meaning of love, except for this.
 特別な憎悪関係を見るなら、の意味を知らずにいることは不可能となります。

 For the special love relationship, in which the meaning of love is hidden, is undertaken solely to offset the hate, but not to let it go.
 なぜなら、特別な愛情関係は、その中にの意味が隠されてはいるとはいえ、もっぱら憎しみを手放すことなく埋め合わせるためにだけ結ばれるものだからです。

 Your salvation will rise clearly before your eyes as you look on this.
 あなたが特別な憎関係を見つめるなら、あなたの目の前にあなたの救済が鮮明に姿を現してくるでしょう。

 You cannot limit hate.
 あなたには、憎しみを制限することはできません。

 The special love relationship will not offset it, but will merely drive it underground and out of sight.
 特別な愛情関係は、憎しみの埋め合わせにはならず、ただ憎しみを地下に潜行させて目に見えなくさせてしまうだけです。

 It is essential to bring it into sight, and to make no attempt to hide it.
 憎しみを目に見える場所に持ち出して、一切、憎しみを隠そうとしないことが不可欠です。

 For it is the attempt to balance hate with love that makes love meaningless to you.
 というのは、あなたにとって愛を意味のないものにしているのは、愛で憎しみを埋め合わせるために憎しみと愛を天秤にかけようとすることだからです。

 The extent of the split that lies in this you do not realize.
 憎しみと愛の間にどれほど大きな裂け目があるのか、あなたは気づいてはいません。

 And until you do, the split will remain unrecognized, and therefore unhealed.
 そして、あなたが憎しみと愛の分裂の深刻さに気づくまでは、その裂け目は認識されないままになり、したがって、癒されることもありません。


名称未設定

2. The symbols of hate against the symbols of love play out a conflict that does not exist.
 憎しみを象徴する者たちは、愛を象徴する者たちに対抗して、存在しない争いを繰り広げることになります。

 For symbols stand for something else, and the symbol of love is without meaning if love is everything.
 というのは、象徴とはそれ以外の何かほかのものを表すものなので、もし愛がほかのもののない一切であるなら、愛の象徴には何の意味もないことになるからです。

 You will go through this last undoing quite unharmed, and will at last emerge as yourself.
 あなたはまったく無傷でこの最後の取り消しを全うし、ついに本来のあなた自身としての姿を現わすことになります。

 This is the last step in the readiness for God.
 これこそ神の下へと回帰するための準備の最終段階です。

 Be not unwilling now; you are too near, and you will cross the bridge in perfect safety, translated quietly from war to peace.
 この期に及んで躊躇していてはなりません。あなたはもう引き返すには、あまりにも近すぎるところまで来ているのです。あなたは、争いから平和へと静かに運ばれて、まったく安全にその橋を渡ることになります。

 For the illusion of love will never satisfy, but its reality, which awaits you on the other side, will give you everything.
 というのは、愛の幻想があなたを満足させることは決してありませんが、橋の向こう側であなたを待ち受けている愛の本当の姿があなたにすべてを与えてくれるからです。




3. The special love relationship is an attempt to limit the destructive effects of hate by finding a haven in the storm of guilt.
 特別な愛情関係というのは、罪悪感の嵐の中で避難所を見つけることによって、憎しみがもたらす破滅的な結果に歯止めをかけようと試みることです。

 It makes no attempt to rise above the storm, into the sunlight.
 特別な愛情関係は、嵐の上にまで上昇して、太陽の光の中に入って行こうと試みることはありません。

 On the contrary, it emphasizes the guilt outside the haven by attempting to build barricades against it, and keep within them.
 それとは反対に、特別な愛情関係は、罪悪感の嵐に対抗するバリケードを築いてその中に篭城しようとすることによって、避難所の外の罪悪感を強調します。

 The special love relationship is not perceived as a value in itself, but as a place of safety from which hatred is split off and kept apart.
 特別な愛情関係は、それ自体に価値があるものとしてではなく、単に、憎しみを分離して遠ざけたままに保つ安全地帯として知覚されるだけです。

 The special love partner is acceptable only as long as he serves this purpose.
 特別な愛情関係のパートナーは、この目的に役立つ間だけ受け入れられます。

 Hatred can enter, and indeed is welcome in some aspects of the relationship, but it is still held together by the illusion of love.
 特別な愛情関係に憎しみが入り込むことは可能であるし、現に特別な愛情関係のある側面においては、憎悪は喜んで受け入れられます。それでも、特別な愛情関係は、依然として愛の幻想によってその結びつきが保たれます。

 If the illusion goes, the relationship is broken or becomes unsatisfying on the grounds of disillusionment.
 もしその愛の幻想が去ってしまえば、幻滅させられたという理由で、その関係は破綻してしまうか、満足できないものになってしまいます。

名称未設定


4. Love is not an illusion.
 愛は幻想ではありません。

 It is a fact.
 愛は真実です。

 Where disillusionment is possible, there was not love but hate.
 幻滅することが可能なところには、愛ではなく憎しみがあったのです。

 For hate is an illusion, and what can change was never love.
 というのも、憎しみは幻想であり、変化しうるものが愛であったためしなど一度もなかったからです。

 It is sure that those who select certain ones as partners in any aspect of living, and use them for any purpose which they would not share with others, are trying to live with guilt rather than die of it.
 生活の中のいかなる側面にせよ、特定の人を自分のパートナーとして選び、ほかの誰とも分かち合うつもりのない何らかの目的のためにそのパートナーを利用する者たちは、罪悪感のために死ぬくらいなら、むしろ罪悪感を抱いたまま生きようとしているのです。

 This is the choice they see.
 このように、罪悪感によって死ぬか、罪悪感と共に生きるかということが、彼らに見えている選択肢です。

 And love, to them, is only an escape from death.
 そして、彼らにとっては、愛は単に死からの逃避でしかありません。

 They seek it desperately, but not in the peace in which it would gladly come quietly to them.
 彼らは死にもの狂いになって愛を探し求めます。しかし、彼らは平安のうちに愛を求めているわけではありません。平安の中であれば、愛は喜んで静かに彼らの許に訪れたでしょうに。

 And when they find the fear of death is still upon them, the love relationship loses the illusion that it is what it is not.
 そして、自分たちが依然として死の恐怖の下にあることに彼らが気づくとき、その愛情関係は、死からの逃げ道になるという実体とは異なる幻想を失うことになります。

 When the barricades against it are broken, fear rushes in and hatred triumphs.
 恐怖と罪悪感を押し留めていたバリケードが崩落すると、恐怖心がどっと内へとなだれ込み、憎悪が勝利を収めることになります。




5. There are no triumphs of love.
 愛の勝利というものは存在しません。

 Only hate is at all concerned with the "triumph of love. "
 「愛の勝利」に関心を抱くのはただ憎悪だけです。

 The illusion of love can triumph over the illusion of hate, but always at the price of making both illusions.
 愛の幻想が憎しみの幻想に勝利することはありえます。ただし、それは必ず、愛と憎しみの両方を幻とする代償を払ってのものです。

 As long as the illusion of hatred lasts, so long will love be an illusion to you.
 憎しみの幻想が存続するかぎり、あなたにとって愛は幻想であり続けます。

 And then the only choice remaining possible is which illusion you prefer.
 そうなると、あなたに残された唯一の選択肢は、あなたが愛と憎しみのどちらの幻想のほうを選ぶのかということだけになってしまいます。

 There is no conflict in the choice between truth and illusion.
 これに対して、真理と幻想の間の選択には、葛藤は生じません。

 Seen in these terms, no one would hesitate.
 真理と幻想を比べれば、誰ひとり躊躇することはないはずです。

 But conflict enters the instant the choice seems to be one between illusions, but this choice does not matter.
 しかし、選択が幻想同士の中からなされるように思えたとたんに、葛藤が入り込んでしまいます。もっとも、こんな選択は重要ではありません。

 Where one choice is as dangerous as the other, the decision must be one of despair.
 一方を選択することが他方を選ぶのと同じように危険だとすれば、いずれを選ぼうが、そんな決断は絶望を選ぶ決断でしかないからです。


名称未設定

6. Your task is not to seek for love, but merely to seek and find all of the barriers within yourself that you have built against it.
 あなたの課題は、愛を探し求めることではなく、単にあなた自身の中に、あなたが愛に対抗して築いてきたすべての障害物を探して見つけることだけです。

 It is not necessary to seek for what is true, but it is necessary to seek for what is false.
 真実であるものを探す必要はありません。しかし、虚偽なるものを探し出すことが必要なのは確かです。

 Every illusion is one of fear, whatever form it takes.
 幻想は、どんな形をとろうとも、ひとつ残らず恐れの幻想です。

 And the attempt to escape from one illusion into another must fail.
 そして、ひとつの幻想から別の幻想に逃げ込もうとする試みは、必ず失敗に終わります。

 If you seek love outside yourself you can be certain that you perceive hatred within, and are afraid of it.
 もしあなたが自分自身の外側に愛を求めるとすれば、あなたは、自分が自らの内面に憎しみを知覚して、その憎しみを恐れていると確信してよいでしょう。

 Yet peace will never come from the illusion of love, but only from its reality.
 しかし、平安は、決して愛の幻想からやってくることはなく、ただ愛の実相からのみ訪れるのです。




7. Recognize this, for it is true, and truth must be recognized if it is to be distinguished from illusion:
 次に述べることを認めてください。というのは、次に述べることは真理であり、真理を幻想から区別するためには真理を認識しなければならないからです。

 The special love relationship is an attempt to bring love into fear, and make it real in fear.
 特別な愛の関係とは、愛を分離の中に持ち込んで、恐れの中において愛を本物にしようとする試みです。

 In fundamental violation of love's condition, the special love relationship would accomplish the impossible.
 特別な愛情関係は、愛の条件に根本的に違反して、不可能なことを成し遂げようとすることなのです。

 How but in illusion could this be done?
 幻想の中でなければ、こんなことが成し遂げられるはずがありません。

 It is essential that we look very closely at exactly what it is you think you can do to solve the dilemma which seems very real to you, but which does not exist.
 本当は存在しないのに、あなたにとっては本物にしか思えないというジレンマを解決するために、自分に本当に何ができるとあなたが思っているのか、それを私たちで一緒に念入りに見てみることが必要です。

 You have come close to truth, and only this stands between you and the bridge that leads you into it.
 あなたはすでに真理の近くまでやってきています。そして、ただこのジレンマだけが、あなたとあなたを真理へと導く橋との間に立ちはだかっているのです。


名称未設定

8. Heaven waits silently, and your creations are holding out their hands to help you cross and welcome them.
 天国は静かに待ち受けています。そして、あなたが創造したものたちは、あなたが橋を渡って彼らのことを喜んで受け入れるのを助けようと手を伸ばしてくれています。

 For it is they you seek.
 というのは、あなたが探し求めているのは彼らだからです。

 You seek but for your own completion, and it is they who render you complete.
 あなたはただ、自分自身を完成させることを求めているのであり、そして、あなたの創造したものたちこそがあなたを完成させてくれるのです。

 The special love relationship is but a shabby substitute for what makes you whole in truth, not in illusion.
 特別な愛情関係は単に、幻想の中でではなく、真理の中であなたを完全にしてくれるもののお粗末な代用でしかありません。

 Your relationship with them is without guilt, and this enables you to look on all your brothers with gratitude, because your creations were created in union with them.
 あなたとあなたの創造物たちとの関係に、罪悪感が伴うことはありません。この罪悪感の欠落によって、あなたも自分の兄弟たちを感謝の念を持って見つめられるようになります。なぜなら、あなたの創造物たちは、あなたが兄弟たちとひとつに融合することで創造されたものだからです。

 Acceptance of your creations is the oneness of creation, without which you could never be complete.
 あなたの創造物たちを受け入れることは、創造物が一体となることであり、これなくしては、あなたは決して完全になることはできません。

 No specialness can offer you what God has given, and what you are joined with Him in giving.
 いかなる特別性も、すでに神が授けてくれているものや、あなたが神とひとつに結びついて与えるものをあなたに差し出すことはできません。




9. Across the bridge is your completion, for you will be wholly in God, willing for nothing special, but only to be wholly like to Him, completing Him by your completion.
 その橋の向こう側で、あなたは完成することになります。というのは、そこでは、あなたは完全に神の中にあり、何も特別なことを意図することなく、ただひとえに完全に神と同じものとなり、自らを完全にすることによって神を完成させることだけを意図しているからです。

 Fear not to cross to the abode of peace and perfect holiness.
 平安とまったき神聖さの住む場所へと渡ることを恐れることはありません。

 Only there is the completion of God and of His Son established forever.
 ただそこにのみ、神と子の完成が永遠に確立されています。

 Seek not for this in the bleak world of illusion, where nothing is certain and where everything fails to satisfy.
 神と子の完成を冷厳な幻想の世界の中で探そうとしてはなりません。そこには何ひとつ確かなものはなく、何ひとつ満足させてくれるものもありません。

 In the Name of God, be wholly willing to abandon all illusions.
 神の大いなる名において、ありとあらゆる幻想を完全に手放す意欲を持ってください。

 In any relationship in which you are wholly willing to accept completion, and only this, there is God completed, and His Son with Him.
 どんな関係においても、あなたが完成、ただそれだけを本気で受け入れる気持ちになったなら、その関係の中において神は完成され、神の子も神と共に完成されることになります。


名称未設定

10. The bridge that leads to union in yourself must lead to knowledge, for it was built with God beside you, and will lead you straight to Him where your completion rests, wholly compatible with His.
 あなた自身の中における統合へと導いてくれる橋は、必ず知識へと導いてくれるはずです。というのは、その橋はあなたが神を傍にして共に築いたものなので、あなたをまっすぐに神の下へと導いてくれるからです。そこには、神の完全な姿と完全に調和するあなたの完成が待っています。

 Every illusion you accept into your mind by judging it to be attainable removes your own sense of completion, and thus denies the Wholeness of your Father.
 あなたが達成できると判断して自分の心に受け入れる幻想の一つひとつが、あなたの完成についての自覚を奪い去り、ついには、あなたの大いなる父の完全性を否定してしまいます。

 Every fantasy, be it of love or hate, deprives you of knowledge for fantasies are the veil behind which truth is hidden.
 愛の空想であれ、憎しみの空想であれ、どんな空想もひとつ残らず、あなたから知識を奪い去ってしまいます。というのは、空想というのは、その背後に真理を覆い隠してしまうヴェールだからです。

 To lift the veil that seems so dark and heavy, it is only needful to value truth beyond all fantasy, and to be entirely unwilling to settle for illusion in place of truth.
 本当に暗くて重たそうに見えるそのヴェールを持ち上げるのに必要なことは、ただ、すべての空想の向こう側にある真理に価値を置いて、真理の代わりに幻想で妥協しないという完全な意欲を持つことだけです。




11. Would you not go through fear to love?
 あなたは恐れを通り越して愛へと辿り着きたいと思わないでしょうか。

 For such the journey seems to be.
 というのも、この旅路はそんなふうに思わせるものだからです。

 Love calls, but hate would have you stay.
 愛は呼んでいます。しかし、憎しみがあなたを引き留めようとします。

 Hear not the call of hate, and see no fantasies.
 憎しみの呼び声など聞き入れず、どんな空想も見てはなりません。

 See in the call of hate, and in every fantasy that rises to delay you, but the call for help that rises ceaselessly from you to your Creator.
 憎しみの呼び声や、あなたを遅れさせようと浮かび上がってくるあらゆる空想の中に、あなたの内から絶えることなくこみ上げてくる大いなる創造主への助けを求める呼び声だけを認めてください。

 Would He not answer you whose completion is His?
 あなたの完成が自らの完成でもある創造主が、あなたの求めに応えてくれないはずがありません。

 He loves you, wholly without illusion, as you must love.
 創造主は、まったく幻想を抱くことなくあなたを愛しています。だから、あなたも創造主のように愛さなければなりません。

 For love is wholly without illusion, and therefore wholly without fear.
 なぜなら、愛は一切、幻想を伴うことがなく、したがって、愛は完全に恐れを伴わないものだからです。

 Whom God remembers must be whole.
 神が覚えている者は、完全であるに違いありません。

 And God has never forgotten what makes Him whole.
 そして、神は、神自身を完成させてくれる者のことを一度も忘れたことはありません。

 In your completion lie the memory of His Wholeness and His gratitude to you for His completion.
 あなたが完成することで、神の完全性の記憶がよみがえり、神は自らを完成させてくれるあなたに感謝を差し延べてくれます。

 In His link with you lie both His inability to forget and your ability to remember.
 あなたと神はひとつに結ばれているので、神はあなたを忘れることなどできないし、あなたは神を思い出すことができるのです。

 In Him are joined your willingness to love and all the Love of God, Who forgot you not.
 神の中で、あなたの愛したいという気持ちと、あなたのことを忘れたことのない神の大いなる愛のすべてとがひとつに結びついています。


名称未設定

12. Your Father can no more forget the truth in you than you can fail to remember it.
 あなたが自分の中にある真理を思い出せないはずがないのと同じように、あなたの大いなる父があなたの中にある真理を忘れるはずがありません。

 The Holy Spirit is the Bridge to Him, made from your willingness to unite with Him and created by His joy in union with you.
 聖霊は大いなる父に至る架け橋です。聖霊は、大いなる父とひとつに結ばれたいというあなたの意欲から作られ、あなたと結ばれることへの神の喜びによって創造されました。

 The journey that seemed endless is almost complete, for what is endless is very near.
 終わりのないものに思えた旅路も、ほとんど終着点に近づいています。なぜなら、果てしないものはとても近くにあるからです。

 You have almost recognized it.
 あなたはもう、ほとんどそのことに気づいています。

 Turn with me firmly away from all illusions now, and let nothing stand in the way of truth.
 今こそ、私と一緒にあらゆる幻想にきっぱりと背を向けてください。そして、真理への道を何ものにも妨げさせてはなりません。

 We will take the last useless journey away from truth together, and then together we go straight to God, in joyous answer to His Call for His completion.
 私たちが一緒に辿るのは、真理から離れる最後の無益な旅路です。だから、これから私たちで一緒に、神の完成を求める神からの大いなる呼びかけに喜んで応えながら、まっすぐ神に向かって歩みを進めましょう。




13. If special relationships of any kind would hinder God's completion, can they have any value to you?
 どんな種類の特別な関係であろうとも、もしそれが神の完成を妨げるとすれば、特別な関係があなたにとって何の価値を持つことができるというのでしょうか。

 What would interfere with God must interfere with you.
 神を妨げるようなものは、あなたの妨げになるに違いありません。

 Only in time does interference in God's completion seem to be possible.
 神の完成を妨害することが可能であるように思えるのは、ただ時間の中においてのみのことです。

 The bridge that He would carry you across lifts you from time into eternity.
 神があなたを運んで渡らせてくれる橋が、あなたを時間の中から持ち上げて永遠の中へと移してくれます。

 Waken from time, and answer fearlessly the Call of Him Who gave eternity to you in your creation.
 時間から目覚めなさい。そして、恐れることなく、あなたを創造する際に永遠をあなたに与えてくれた神の呼びかけに答えてください。

 On this side of the bridge to timelessness you understand nothing.
 時間のない世界へと架けられた橋のこちら側では、あなたは何も理解してはいません。

 But as you step lightly across it, upheld by timelessness, you are directed straight to the Heart of God.
 しかし、あなたがその橋を渡る歩みを軽やかに踏み出せば、時のない永遠性に支えられて、あなたはまっすぐ神の大いなる胸の内へと導かれます。

 At its center, and only there, you are safe forever, because you are complete forever.
 神の大いなる胸の中心において、そして、そこにおいてのみ、あなたは永遠に害悪を免れています。なぜなら、そこであなたは永遠に完成するからです。

 There is no veil the Love of God in us together cannot lift.
 私たちの中にある神の大いなる愛が一緒になって持ち上げることのできないヴェールなど、ひとつもありません。

 The way to truth is open.
 真理への道は開かれています。

 Follow it with me.
 私と一緒に真理への道を辿ってください。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/737-2128f6e5
該当の記事は見つかりませんでした。