There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T16-6 真の世界への架け橋

0   0

今回はテキスト第十六章から「真の世界への架け」という一節をご紹介します。




テキスト第十六章

VI. The Bridge to the Real World
六 真の世界への架け


1. The search for the special relationship is the sign that you equate yourself with the ego and not with God.
 特別な関係を探し求めることは、あなたが自分自身を神とではなくエゴと同一視している印です。

 For the special relationship has value only to the ego.
 なぜなら、特別な関係はエゴにとってしか価値を持たないからです。

 To the ego, unless a relationship has special value it has no meaning, for it perceives all love as special.
 エゴにとっては、ある関係が特別な価値を持たないかぎり、そんな関係は何の意味も持ちません。なぜなら、エゴはすべてのを特別なものとして知覚するからです。

 Yet this cannot be natural, for it is unlike the relationship of God and His Son, and all relationships that are unlike this one must be unnatural.
 しかし、が特別なものであるということが自然なことであるはずがありません。なぜなら、特別なは神と子との関係と同じものではないし、神と子の関係と異なるような関係はすべて不自然なものであるに違いないからです。

 For God created love as He would have it be, and gave it as it is.
 それというのも、神はを神の望む通りに創造し、をありのまま与えてくれたからです。

 Love has no meaning except as its Creator defined it by His Will.
 は、創造主が自らの大いなる意志によって定義した意味以外にはいかなる意味も持ちません。

 It is impossible to define it otherwise and understand it.
 神とは違う愛の定義をしておきながら、愛のことを理解しようとしてもそれは不可能というものです。


名称未設定

2. Love is freedom.
 愛とは自由です。

 To look for it by placing yourself in bondage is to separate yourself from it.
 あなた自身を束縛の中に置くことによって愛を探そうとすることは、あなた自身を愛から分離することになってしまいます。

 For the Love of God, no longer seek for union in separation, nor for freedom in bondage!
 神の大いなる愛を求めて、分離の中に結びつきを求めたり、束縛の中に自由を求めたりするのはもうやめなさい。

 As you release, so will you be released.
 あなたが解放すれば、あなたも解放されることになります。

 Forget this not, or Love will be unable to find you and comfort you.
 このことを忘れてはなりません。さもないと、大いなる愛はあなたを見つけ出して、あなたに安らぎを与えることができなくなってしまいます。




3. There is a way in which the Holy Spirit asks your help, if you would have His.
 もしあなたが聖霊の助けを得たいなら、そのために聖霊があなたに求める手助けをする方法があります。

 The holy instant is His most helpful aid in protecting you from the attraction of guilt, the real lure in the special relationship.
 神聖な瞬間こそ、特別な関係の中に誘い込むためのリアルな疑似餌である罪悪感が放つ魅力からあなたを守るための聖霊の最も有効な助けです。

 You do not recognize that this is its real appeal, for the ego has taught you that freedom lies in it.
 あなたは、特別な関係の真の魅力が罪悪感の魅力であることに気づいていません。なぜなら、エゴはあなたに特別な関係の中にこそ自由が見出せると教え込んできたからです。

 Yet the closer you look at the special relationship, the more apparent it becomes that it must foster guilt and therefore must imprison.
 しかし、あなたがより近づいて特別な関係をよく見れば見るほど、特別な関係というものが必ず罪悪感を増大させ、そうすることで、必ずあなたを幽閉するものだということが明白になってきます。


名称未設定

4. The special relationship is totally meaningless without a body.
 身体がなければ、特別な関係はまったく無意味です。

 If you value it, you must also value the body.
 もしあなたが特別な関係に価値を置くなら、あなたはまた身体にも価値を置いているに違いありません。

 And what you value you will keep.
 そして、あなたは自分が価値を置くものを保つことになります。

 The special relationship is a device for limiting your self to a body, and for limiting your perception of others to theirs.
 特別な関係は、あなたの自己をひとつの身体に限定し、また、あなたの他者についての知覚を他者の身体へと限定するための仕掛けです。

 The Great Rays would establish the total lack of value of the special relationship, if they were seen.
 もし偉大なる光線を見ることができたなら、偉大なる光線が特別な関係にはまったく価値がないことを確証してくれるはずです。

 For in seeing them the body would disappear, because its value would be lost.
 なぜなら、偉大なる光線を見ることで、身体の重要性は失われるので、身体は消え失せてしまうからです。

 And so your whole investment in seeing it would be withdrawn from it.
 したがって、あなたが特別な関係を見るために身体に注ぎ込んできた投資はすべて回収されることになります。




5. You see the world you value.
 あなたは、自分が価値を置く世界を見ることになります。

 On this side of the bridge you see the world of separate bodies, seeking to join each other in separate unions and to become one by losing.
 現実への架けのこちら側では、あなたは、別々に独立した個々の結びつきの中で互いにつながろうとし、そして、ほかの結びつきを失うことによってひとつになろうと努める別々に分離した身体たちの世界を見ています。

 When two individuals seek to become one, they are trying to decrease their magnitude.
 二人の個人がひとつになろうとするとき、彼らは自分たちの壮大さを減損しようと試みているのです。

 Each would deny his power, for the separate union excludes the universe.
 個別に結合することがその関係性から宇宙を排除してしまうので、各自が自分の持つ力を否認することになってしまいます。

 Far more is left outside than would be taken in, for God is left without and nothing taken in.
 関係の中に取り入れられるものよりも、はるかにたくさんのものが関係の外側に置き去りにされることになります。なぜなら、神を外に残して、無が中に取り込まれることになるからです。

 If one such union were made in perfect faith, the universe would enter into it.
 もしそのような結合でも、完璧な信頼の下に結ばれたなら、その結合の中に全宇宙が入り込んでいたことでしょう。

 Yet the special relationship the ego seeks does not include even one whole individual.
 しかし、エゴが求める特別な関係は、たったひとりの個人を全面的に受け入れることすらしません。

 The ego wants but part of him, and sees only this part and nothing else.
 エゴは、その個人の一部分だけを欲しがり、この部分だけを見て、ほかには何も見ようとはしません。


名称未設定

6. Across the bridge it is so different!
 架けの向こう側は、こちら側とは完全に異なっています。

 For a time the body is still seen, but not exclusively, as it is seen here.
 しばらくの間は、身体はまだ見えていますが、こちらの世界で見えているように、身体しか見えないというわけではありません。

 The little spark that holds the Great Rays within it is also visible, and this spark cannot be limited long to littleness.
 偉大なる光線を内に宿した小さな閃光も見えます。そして、この閃光を卑小さの中に制限しておくことはそう長くはできません。

 Once you have crossed the bridge, the value of the body is so diminished in your sight that you will see no need at all to magnify it.
 いったんあなたがを渡ってしまえば、あなたの目には、身体の価値などあまりに小さなものでしかなくなってしまうので、あなたは、ことさら身体を重要視する必要をまったく見出せなくなります。

 For you will realize that the only value the body has is to enable you to bring your brothers to the bridge with you, and to be released together there.
 なぜなら、身体の持つ唯一の価値は、あなたが自分と一緒に兄弟たちを架けまで連れてきて、そこで一緒に解放されることを可能にすることだけだとあなたは気づくからです。




7. The bridge itself is nothing more than a transition in the perspective of reality.
 架けそのものは、現実を眺める観点の転換でしかありません。

 On this side, everything you see is grossly distorted and completely out of perspective.
 橋のこちら側では、あなたの目にするものすべてがとんでもなく歪んでいて、ものの見え方が完全に狂っています。

 What is little and insignificant is magnified, and what is strong and powerful cut down to littleness.
 矮小で取るに足らないものが誇張されて重大視され、強くて力強いものが矮小なものへと価値を引き下げられています。

 In the transition there is a period of confusion, in which a sense of actual disorientation may occur.
 観点の転換がなされるに際しては、混乱が生じる時期があります。この混乱期には、現実についての方向感覚の喪失を味わうかもしれません。

 But fear it not, for it means only that you have been willing to let go your hold on the distorted frame of reference that seemed to hold your world together.
 しかし、そんなことを恐れていてはなりません。というのも、それは単に、自分の世界をひとつにまとめあげているように見えていた歪んだ評価基準を放棄する意欲をあなたがすでに持ちはじめていることを意味しているだけだからです。

 This frame of reference is built around the special relationship.
 この歪んだ評価基準は、特別な関係を中軸にその周囲に打ち立てられています。

 Without this illusion there could be no meaning you would still seek here.
 こんな幻想がなくなれば、こちら側の世界であなたがなおも探し続けたいと思う意味などもう何もないはずです。

名称未設定


8. Fear not that you will be abruptly lifted up and hurled into reality.
 自分が突然持ち上げられて、現実の中へと放り込まれてしまわないかと恐れることはありません。

 Time is kind, and if you use it on behalf of reality, it will keep gentle pace with you in your transition.
 もしあなたが時間を現実のために使うなら、時間は優しいものであり、時間はあなたが心を転換できるように優しくあなたのペースに合わせてくれるでしょう。

 The urgency is only in dislodging your mind from its fixed position here.
 それよりも、切迫しているのは、この世界に固定されてしまっているあなたの心を固定された場所から引き離すことだけです。

 This will not leave you homeless and without a frame of reference.
 こうすることによって、あなたが居場所を失ったり、物事の評価基準を持たないままにされてしまうことはありません。

 The period of disorientation, which precedes the actual transition, is far shorter than the time it took to fix your mind so firmly on illusions.
 実際の視座の転換に先行して方向感覚を喪失する期間は、あなたの心をそんなにも堅固に幻想に固定するために要した時間に比べればはるかに短いものです。

 Delay will hurt you now more than before, only because you realize it is delay, and that escape from pain is really possible.
 今では、以前に比べると、あなたには遅れを取ることが苦痛になってくるはずです。その理由は単に、あなたが、それが確かに遅れであることに気づくし、苦痛から逃れることが本当に可能だということがわかるからです。

 Find hope and comfort, rather than despair, in this:
 次のことに、失望ではなく、希望と安らぎを見出しなさい。

 You could not long find even the illusion of love in any special relationship here.
 すなわち、あなたはもはやこの世界のどんな特別な関係の中にも、愛の幻想すら、そう長くは見出し続けることはできないということです。

 For you are no longer wholly insane, and you would soon recognize the guilt of self-betrayal for what it is.
 なぜなら、あなたはもはや完全には狂気の状態にはなく、そして、間もなくあなたは、自分を裏切ることについての罪悪感をありのままに認識することになるからです。




9. Nothing you seek to strengthen in the special relationship is really part of you.
 あなたが特別な関係の中で強めようとするもので、真にあなたの一部であるものは何ひとつありません。

 And you cannot keep part of the thought system that taught you it was real, and understand the Thought that knows what you are.
 そして、そんなものが本物であるとあなたに教え込んだ思考システムの一部を保ちながら、本当のあなたを知る大いなる思いを理解することなど、あなたにはできません。

 You have allowed the Thought of your reality to enter your mind, and because you invited it, it will abide with you.
 あなたは本当の自分についての大いなる思いが自分の心に入り込むことを容認しました。そして、あなたが招待したがゆえに、大いなる思いはあなたと共に留まることになります。

 Your love for it will not allow you to betray yourself, and you could not enter into a relationship where it could not go with you, for you would not want to be apart from it.
 大いなる思いに対するあなたの愛が、あなた自身を裏切ることをあなたに許さないでしょう。そして、大いなる思いがあなたと一緒に入っていけないような関係をあなたが結ぶことはなくなるはずです。なぜなら、あなたが大いなる思いから離れていたいと望むはずがないからです。


名称未設定

10. Be glad you have escaped the mockery of salvation the ego offered you, and look not back with longing on the travesty it made of your relationships.
 エゴがあなたに差し出す救済のまがい物から自分がすでに逃れていることを喜びなさい。そして、エゴがあなたの諸々の関係性から作り出した茶番劇を振り返って追慕するようなことをしないでください。

 Now no one need suffer, for you have come too far to yield to the illusion of the beauty and holiness of guilt.
 今や誰ひとりとして苦しむ必要はないのです。というのも、あなたは、罪悪感が美しく聖なるものだという幻想に屈するには、あまりに遠いところまで来ているからです。

 Only the wholly insane could look on death and suffering, sickness and despair, and see it thus.
 完全に正気を失った者だけが、死や苦痛、病気や絶望を見て、そんなもののことを美しく神聖なものだと錯覚しうるのです。

 What guilt has wrought is ugly, fearful and very dangerous.
 罪悪感がでっちあげてきたものは醜悪で、恐怖に満ち、実に危険なものです。

 See no illusion of truth and beauty there.
 そこに真理の幻想や美しさの幻想を一切見ないようにしなさい。

 And be you thankful that there is a place where truth and beauty wait for you.
 そして、真理と美しさがあなたを待ち受けている場所が確かに存在することに感謝するがよいでしょう。

 Go on to meet them gladly, and learn how much awaits you for the simple willingness to give up nothing because it is nothing.
 真理と美しさに出会うために喜んで前進しなさい。そして、価値なきものをそれが無であるがゆえに放棄するという単純な意欲を持ちさえすれば、どれだけ多くのものがあなたを待ち受けているか学んでください。




11. The new perspective you will gain from crossing over will be the understanding of where Heaven is.
 橋の向こう側に渡ることであなたに開ける新たな展望は、天国のありかについての理解をもたらしてくれることでしょう。

 From this side, it seems to be outside and across the bridge.
 橋のこちら側からは、天国は自分の外側にあり、その橋の向こう側にあるように見えています。

 Yet as you cross to join it, it will join with you and become one with you.
 しかし、あなたが天国に加わろうとして橋を渡って行くと、天国のほうからあなたに結びつこうとしてきて、あなたとひとつになります。

 And you will think, in glad astonishment, that for all this you gave up nothing!
 そして、あなたは、喜びに感嘆しながら、これらすべてと引き換えに自分は何も手放してはいなかったのだと思うことでしょう。

 The joy of Heaven, which has no limit, is increased with each light that returns to take its rightful place within it.
 天国の喜びは果てしないものであり、一つひとつの光が天国での正しい持ち場を占めるために天国に戻ってくるたびに、天国の喜びは増していきます。

 Wait no longer, for the Love of God and you.
 神の大いなる愛とあなたのためにもうこれ以上、待たないでください。

 And may the holy instant speed you on the way, as it will surely do if you but let it come to you.
 そして、神聖な瞬間にあなたの旅路を急がせてもらいましょう。というのも、あなたが神聖な瞬間が自分に訪れるのを容認しさえすれば、神聖な瞬間があなたの旅路を進めてくれるのは確実なことだからです。


名称未設定

12. The Holy Spirit asks only this little help of you:
 聖霊は、あなたにただ次のささやかな手助けだけを求めています。

 Whenever your thoughts wander to a special relationship which still attracts you, enter with Him into a holy instant, and there let Him release you.
 それは、あなたの思いが依然としてあなたを魅惑する特別な関係に迷い込みそうになるときには必ず、聖霊と一緒に神聖な瞬間の中に入って、そこで聖霊があなたを解放できるようにさせるということです。

 He needs only your willingness to share His perspective to give it to you completely.
 聖霊が完全に聖霊の視点をあなたに与えるために必要なのは、聖霊の視点を共有したいというあなたの意欲だけです。

 And your willingness need not be complete because His is perfect.
 そして、聖霊の意欲は完璧なものなので、あなたの意欲は完全である必要はないのです。

 It is His task to atone for your unwillingness by His perfect faith, and it is His faith you share with Him there.
 あなたが意欲を持てずにいるのを自らの完璧な信頼によって埋め合わせることこそが、聖霊の使命です。そして、神聖な瞬間において、あなたが聖霊と共有するのは聖霊の信頼です。

 Out of your recognition of your unwillingness for your release, His perfect willingness is given you.
 自分が解放されることに抵抗感を持っていることをあなたが認めれば、聖霊の完璧な意欲があなたに与えられます。

 Call upon Him, for Heaven is at His Call.
 聖霊に頼みなさい。なぜなら、天国は聖霊の呼びかけにいつでも応える用意ができているからです。

 And let Him call on Heaven for you.
 だから、聖霊にあなたに代わって天国を呼んでもらってください。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/738-32d793d0
該当の記事は見つかりませんでした。