FC2ブログ

すべてを忘れなさい(アシュターヴァクラ・ギーター)

2013年06月30日
アフォリズム 0
アシュターヴァクラギーターからの一節をご紹介します。

「すべてを忘れなさい」という題です。





私たちは、霊的探求においても、学校のテストの準備のように、外から知識を仕入れてはそれを覚え込まなければならないという発想をしてしまいがちです。

ですが、真理というものは、外の世界のどこか遠くを探さなければ見つからないものではなく、すでに自分の中にあって、それを忘れてしまっているだけのもののようです。

探求は、このことに気づく鍵を手に入れるために必要なことであり、人によっては、聖典を読み漁ることがこの探求になることもあるでしょう。

ただし、何かを覚え込もうという意識で外部からの情報を取り込み続けることは、映写機のスライドにどんどん色や形を加えていくだけの結果になりがちだということは忘れてはならないようです。

何をするにしても、それはすべてを忘れるために行うのだという意識は重要なのだろうと思います。
「12. Let us be still an instant, and forget all things we ever learned, all thoughts we had, and every preconception that we hold of what things mean and what their purpose is.
 一瞬の間じっとして、そして、私たちがこれまでに学んだすべて、私たちが抱いた思いのすべて、そして、自分たちが、いろいろな物事の意味やその目的について持っている先入観など、ひとつ残らず忘れてしまいましょう。

 Let us remember not our own ideas of what the world is for.

 この世界が何のためにあるのかということについての自分の考えは忘れてしまいましょう。

 We do not know.

 私たちは、それが分かってはいないからです。

 Let every image held of everyone be loosened from our minds and swept away.

 一人ひとりの人について抱いているイメージなど、ひとつ残らず自分の心から解き放って一掃してしまいましょう。」(テキスト 第三十章 一 救いのシンプルさ)



「16 すべてを忘れなさい


わが子よ、
あなたは好きなだけ聖典を読みあさり
討論することに忙しいかもしれない

だが、あなたがすべてを忘れ去るまでは
けっしてハートで生きることはないだろう


あなたは賢く
遊び、仕事をし、瞑想する

それでも、あなたの心はいまだに
すべてを超え
すべての欲望が消え去る彼方を望んでいる


努力こそが悲しみの根本原因なのだ

だが、誰がこれを理解するというのだろう?

この教えを理解して
祝福を受けるとき
はじめてあなたは自由を見いだすだろう


師より不精な人がいるだろうか?
瞬きひとつにさえ苦労する!

それでも、ただ彼だけが幸せな人なのだ
ただ彼だけが!


これを見て
あれを無視する……

だが、心が
ひとつのことを別のことに対立させる習慣をやめると
それはもはや快楽を渇望せず

富や、修行や、解脱のことなど
もはや気にしなくなる


感覚的快楽への渇望から
執着が生まれる

それらに価値がないと見なせば
あなたは無執着を学ぶ

だが、何も望まず
そして何も拒絶しなければ
執着も無執着もあなたを縛りつけはしない


識別なしに生きるとき
欲望が生まれる

欲望がつきまとえば
好き嫌いといった
選り好みの感覚も生まれる

それらは世界の根であり枝なのだ


活動から欲望が
放棄から嫌悪が生まれる

ところが、賢者は子供なのだ
彼はけっして
ひとつのことを別のことに対立させたりしない

それは本当だ!
彼は子供なのだ


もしあなたが世界を望めば
悲しみを避けるために
世界を放棄しなければならないだろう

その代わりに欲望を放棄しなさい!
そうすれば、あなたは悲しみからも自由になり
世界があなたをかき乱すこともないだろう

10
もしあなたが自由を望みながら
まだ「私のもの」と言いつづけ
自分を身体だと感じつづけるなら
あなたは賢者でも探求者でもない

あなたはただの苦しむ人間だ

11
ハリ、蓮から生まれたブラフマー
あるいはシヴァから学ぶがいい!

あなたがすべてを忘れ去るまでは
けっしてハートで生きることはないのだ」(「アシュターバクラ・ギーター 真我の輝き」ナチュラルスピリット 110ページ~114ページ)
関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Ken Matsuyama
この記事を書いた人:  松山 健 Ken Matsuyama




奇跡のコース(奇跡講座A Course in Miracles ACIM )テキスト・ワークブック・教師のためのマニュアルの日本語訳(和訳)・翻訳(対訳形式)と参考図書等を公開しています。

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (12)
奇跡のコース (5)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)