FC2ブログ

There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T20-4 方舟に入る

今回はテキスト第二十章から「箱舟に入る」という一節をご紹介します。



これまでも、犠牲や共有の概念に関連してたびたび出てきましたが、本節では、与えることについての聖霊の解釈とエゴの解釈が出てきます。

与えることに関するエゴの解釈する法則は、私たちが何かを与えれば、その人は自分の与えたものを失うという法則です。

これに対して、聖霊の解釈する法則は、私たちは、何かを与えても、それを失わない、むしろ与えることはそのものを持ち続けるために必要なことであり、与えれば与えるほど得ることになるという法則です。

このテーマについてはT5-1 聖霊のサポートは無尽蔵!でも、頼まなきゃ受けられませんを読んでいただければと思います。

本節では冒頭で、エゴの与える法則によって、私たちは、他者や自分の外部のものに自分を傷つける力を与えるということが述べられます。

しかし、力は神に由来するものであり、私たちが作り出すものではないし、神が実在しないに力を与えることはありえないので、私たちを傷つける力が神から他者に与えられることはないし、私たちがそれを与えることもできません。

兄弟には私たちを傷つける力があるどころか、兄弟の中にこそ天国があるのであり、兄弟にこの天国を見ずにを見るために私たちは天国を見失っているのだということです。

本当は私たちの救い主である兄弟の中にはあなたに差し伸べるだけがあるのですが、兄弟に何を見て何を受け取るかは私たち次第です。

この世界では、「自分の拡張するものが自分にとっての現実となる」という神の法は、「自分の投影するものを自分は信じる」という法則に変容しています(T15-6 神聖な瞬間と神の法)。

天国では、宝である自分自身の拡張を現実として得ることになるので、宝物を持っていると同時に自分自身が宝である状態にあります。

これが、この世界では、投影によって、実在するものと実在するものの不在である影が対立しているように見えるようになります。

したがって、神聖な美しいものとその影である不浄で醜いものがともに存在することが真実だと信じられる状態にあります。

つまり、この世界では宝もあれば汚物もある、ということになり、私たちは、汚物の中で壮大な宝探しをしているつもりでいるということです。

エゴに従うかぎり、私たちには兄弟は自分と競い合う敵であり、少なくともこの敵の中に汚物はあっても宝が隠されているなどありえないということになります。

しかし、この宝探しゲームは、限られた数少ない宝物を苦労して探し当てて見つけるというものではありません。

すべてが宝物でできているのに、それが触りたくもない汚物にしか見えないように知覚が歪曲された状態から、ただしくすべてを宝物と気づく状態にたどり着けるかどうかというゲームです。

AR(各超現実)メガネを装着して、知覚が歪められているのであれば、メガネを外せばいいだけですが、私たちは、肉眼等の五感という形でアバターからはメガネを外すことはできません。

私たちがなすべきは、五感の歪んだ知覚に惑わされずに、眠っているキリストのヴィジョンという正しい知覚を働かせる能力を発達させてメガネを通さずにありのままを知覚できるようになることです。

そして、このヴィジョンの開発は、座禅や瞑想やヨーガや修験道の修行のような努力によるよりも、他者との関係性の中での赦しを通じて開花させていくのが無駄な時間を省くうえで望ましいというのがコースのとるスタイルです。


私たちは赦しによって特別な関係を神聖な関係に変容させて、平安の箱舟にふたりずつ入ることができます。

そして、箱舟の中で安息すると、キリストの顔に照らされて、ふたりは神の法を思い出し、自分たちだけでなく、すべての兄弟に神の法が完全に成就されることを切望するようになります。





テキスト第二十章

IV. Entering the Ark
四 箱舟に入る

方舟

1. Nothing can hurt you unless you give it the power to do so.
 あなたがそれに自分を傷つける力を与えないかぎり、何ものも、あなたを傷つけることはできません。

 Yet you give power as the laws of this world interpret giving; as you give you lose.
 しかし、あなたは、与えることに関してこの世界が解釈する法則に従って力を与えます。その法則とは、あなたが何かを与えれば、あなたはそれを失うというものです。

 It is not up to you to give power at all.
 しかし、あなた次第で力を与えるかどうかが決まるなど、まったくありえないことです。

 Power is of God, given by Him and reawakened by the holy Spirit, Who knows that as you give you gain.
 力は神に由来するものであって、神から与えられ、聖霊によって呼び覚まされるものです。聖霊は、あなたは与えれば与えるほど得ることになると知っています。

 He gives no power to sin, and therefore it has none; nor to its results as this world sees them,--sickness and death and misery and pain.
 聖霊はに、一切力を与えません。したがって、には何の力もありません。また、聖霊は、この世界がのもたらす結果だとみなしている病気や死、そして悲惨さや苦痛などに力を与えることもありません。

 These things have not occurred because the Holy Spirit sees them not, and gives no power to their seeming source.
 それらの結果は生じてなどいません。なぜなら、聖霊はそのような結果を見ることはなく、それらの結果の原因のように見えるものにも何の力も与えないからです。

 Thus would he keep you free of them.
 このようにして、聖霊は、あなたがそれらの結果から何の妨げも受けないままに保ってくれます。

 Being without illusion of what you are, the Holy Spirit merely gives everything to God, Who has already given and received all that is true.
 聖霊は、あなたが何者なのかについて幻想を抱くことがないので、聖霊は単にすべてのものを神に渡すだけです。その神はすでに真実であるものだけを与えると同時に受け取っているのです。

 The untrue he has neither received nor given.
 神は、真実でないものなど受け取ったこともなければ、与えたこともありません。



2. Sin has no place in Heaven, where its results are alien and can no more enter than can their source.
 天国には、の居場所などどこにもありません。天国のもたらす結果とは相容れないので、その原因であるも同じように天国に入ることはできません。

 And therein lies your need to see your brother sinless.
 これが、あなたが自分の兄弟を罪なき者とみなすべき理由です。

 In him is Heaven.
 あなたの兄弟の中に天国があるのです。

 See sin in him instead, and Heaven is lost to you.
 兄弟の中に、天国ではなく罪を見るなら、あなたは天国を見失ってしまいます。

 But see him as he is, and what is yours shines from him to you.
 しかし、彼をありのままに見るなら、あなたに属するものがその兄弟の中からあなたに向かって輝き出します。

 Your savior gives you only love, but what you would receive of him is up to you.
 あなたの救い主であるその人は、あなたにだけを与えてくれているのですが、彼から何を受け取るかはあなた次第です。

 It lies in him to overlook all your mistakes, and therein lies his own salvation.
 彼にはあなたのすべての間違いを看過する力があり、あなたの間違いをすべて看過することで彼自身が救われます。

 And so it is with yours.
 あなたの救済についてもそれは同じです。

 It is the reawakening of the laws of God in minds that have established other laws, and given them power to enforce what God created not.
 救済とは、神の法とは別の法則を定めて、神が創造してもいないことを強制する力をその法則に与えてしまった心の中に、神の法を復旧させることです。

名称未設定

3. Your insane laws were made to guarantee that you would make mistakes, and give them power over you by accepting their results as your just due.
 あなたの狂気の法則が作り出されたのは、あなたが間違いを犯し、間違いがもたらす結果を自分の当然の報いとして受け入れることによって、間違いにあなたを支配する力を与えることを確かなものとするためでした。

 What could this be but madness?
 これが狂気の沙汰以外の何でありうるでしょうか。

 And is it this that you would see within your savior from insanity?
 そして、あなたは自分を狂気から救い出しくれる救い主の内に、こんな狂気を見たいのでしょうか。

 He is as free from this as you are, and in the freedom that you see in him you see your own.
 彼は、あなたと同じように、こんな狂気に縛られてはいないし、あなたが彼を自由だと見るなら、あなたは自分も自由だとわかるはずです。

 For this you share.
 というのも、あなたたちは同じ自由を共有しているからです。

 What God has given follows his laws, and his alone.
 神の授けたものは、神の法に、それも神の法にのみ従います。

 Nor is it possible for those who follow them to suffer the results of any other source.
 それに、神の法に従う者には、神の法以外のいかなる源の結果に苦しむことも不可能です。



4. Those who choose freedom will experience only its results.
 自由を選ぶ者たちは、ただ自由のもたらす結果だけを経験するでしょう。

 Their power is of God, and they will give it only to what God has given, to share with them.
 自由を選ぶ者たちの力は神から来るものなので、彼らはその力を、神がその者たちと分かち合うようにと差し延べてくれた者たちにのみ与えるでしょう。

 Nothing but this can touch them, for they see only this, sharing their power according to the Will of God.
 それ以外のものは何ひとつ、彼らに触れることができません。というのも、彼らは、神が授けてくれた兄弟との一体性だけを見て、神の大いなる意志に従って自分たちの力を分かち合うようになるからです。

 And thus their freedom is established and maintained.
 こうして彼らの自由は確立され、そして、維持されます。

 It is upheld through all temptation to imprison and to be imprisoned.
 彼らの自由は、あらゆる閉じこめたいという誘惑や束縛されたいという誘惑を超然と通り越して保たれています。

 It is of them who learned of freedom that you should ask what freedom is.
 あなたが自由とは何かを尋ねるなら、自由を学んだ彼らに聞くべきです。

 Ask not the sparrow how the eagle soars, for those with little wings have not accepted for themselves the power to share with you.
 鷲がどのようにして空高く舞い上がるのか、雀に尋ねるような真似をしてはなりません。なぜなら、小さな翼しか持たない者たちは、あなたと分かち合うための力を自分自身のために受け入れてはいないからです。

名称未設定

5. The sinless give as they received.
 罪のない者たちは、自らが受け取ったように与えます。
 
 See, then, the power of sinlessness within your brother, and share with him the power of the release from sin you offered him.
 それゆえ、自分の兄弟の中に潔白さの力を見て、あなたが彼に差し出した罪から解放されるための力を分かち合ってください。

 To each who walks this earth in seeming solitude is a savior given, whose special function here is to release him, and so to free himself.
 この地上をひとりきりで孤独に歩んでいるように見える者たち一人ひとりに対して、ただひとりの救い主が与えられています。その救世主がこの地上で担う特別な任務は、孤独に見える者たちみんなを解放することによって、救世主自身を解放することです。

 In the world of separation each is appointed separately, though they are all the same.
 分離の世界では、一人ひとりには別々の任務が定められていますが、実はどの役割もまったく同じなのです。

 Yet those who know that they are all the same need not salvation.
 しかし、自分たちの役目がみなまったく同じものだとわかっている者には、救済など必要ありません。

 And each one finds his savior when he is ready to look upon the face of Christ, and see him sinless.
 そして、その人にキリストの顔を見る準備ができたとき、誰もが自分の救い主を見出し、キリストが潔白であると知るのです。



6. The plan is not of you, nor need you be concerned with anything except the part that has been given you to learn.
 その計画はあなたが立てるものではないし、あなたは学ぶようにと自分に与えられている役割以外については何も心配する必要はありません。

 For he who knows the rest will see to it without your help.
 というのも、あなたの役割以外のすべてを知る存在が、あなたの助けなしに計画がうまく運ぶように確実に手配してくれるからです。

 But think not that he does not need your part to help him with the rest.
 しかし、聖霊が残りの役割を果たすのを助けるうえで、あなたが役割を果たすことを聖霊が必要としていないとは思わないでください。

 For in your part lies all of it, without which is no part complete, nor is the whole completed without your part.
 なぜなら、あなたの役割に残りのすべての役割の成就がかかっており、あなたの役割なしにはどの役割も完全にはならず、あなたの役割が果たされなければ全体は完成しないからです。

 The ark of peace is entered two by two, yet the beginning of another world goes with them.
 平安の箱舟にはふたりずつ入ってゆくことになりますが、彼らとともにもうひとつの世界が始まります。

 Each holy relationship must enter here, to learn its special function in the Holy Spirit's plan, now that it shares his purpose.
 一つひとつの神聖な関係は、今では聖霊の目的を分かち合っているので、聖霊の計画の中で自分たちが担う特別な役割を学ぶために、必ずこの箱舟に入ることになります。

 And as this purpose is fulfilled, a new world rises in which sin can enter not, and where the Son of God can enter without fear and where he rests a while, to forget imprisonment and to remember freedom.
 そして、この目的が果たされると、罪が入りこむことのできない新しい世界が生まれてきます。その新しい世界には、神の子は恐れることなく入ることができます。そこで神の子は、自分が幽閉されていたことを忘れて自由であることを思い出すためにしばらくの間の安息を取ることになります。

 How can he enter, to rest and to remember, without you?
 あなたを抜きにして、どうして神の子がその新しい世界に入りこんで、休息して思い出すことができるでしょう。

 Except you be there, he is not complete.
 そこにあなたがいなければ、神の子は完全にはなりません。

 And it is his completion that he remembers there.
 そして、神の子がその新しい世界で思い出すのは、自らの完成です。

名称未設定

7. This is the purpose given you.
 これがあなたに与えられた目的です。

 Think not that your forgiveness of your brother serves but you two alone.
 あなたが自分の兄弟を赦すことが、単にあなたとその兄弟ふたりだけのためにしか役に立たないとは思わないでください。

 For the whole new world rests in the hands of every two who enter here to rest.
 というのは、その新たな世界のすべては、ここに休息するためにやってくるその一組ひとくみの手にかかっているからです。

 And as they rest, the face of Christ shines on them and they remember the laws of God, forgetting all the rest and yearning only to have his laws perfectly fulfilled in them and all their brothers.
 そして、ふたりが休息を取るとき、キリストの顔が彼らを照らし出し、ふたりは神の法を思い出し、それ以外のことはすべて忘れて、神の法が自分たちふたりとすべての兄弟のうちに、完全に成就されることだけを切望するようになります。

 Think you when this has been achieved that you will rest without them?
 あなたは、これが達成されたとき、兄弟たちみんながいなくても、自分は安息できると思っているのでしょうか。

 You could no more leave one of them outside than I could leave you, and forget part of myself.
 私があなたを置き去りにして私自身の大切な一部を忘れることなどできないように、あなたも、自分の兄弟の内の誰ひとりとして外側に置き去りにはできないのです。



8. You may wonder how you can be at peace when, while you are in time, there is so much that must be done before the way to peace is open.
 自分が時間の中にいるかぎり、平安への道が開けるまでになすべきことが山ほどあるというのに、どうして自分が心安らかでいられようかとあなたは疑問を抱くかもしれません。

 Perhaps this seems impossible to you.
 たぶん、あなたにとっては、そんなことは不可能に思えるでしょう。

 But ask yourself if it is possible that God would have a plan for your salvation that does not work.
 しかし、神があなたの救済のためにうまくいかない計画を立てるようなことがありうるかどうか、自問してみるがよいでしょう。

 Once you accept his plan as the one function that you would fulfill, there will be nothing else the Holy Spirit will not arrange for you without your effort.
 ひとたびあなたが神の計画を自らの果たすべき唯一の役割として受け入れたなら、あなたが努力しなくても、聖霊があなたに代わって一切の手配をしてくれるでしょう。

 He will go before you making straight your path, and leaving in your way no stones to trip on, and no obstacles to bar your way.
 聖霊はあなたの先を行って、あなたが躓かないようにあなたの進む道に小石ひとつ残すことなく、あなたの行く手を妨げる一切の障害を取り除いて、あなたの進路をまっすぐに整えてくれるでしょう。

 Nothing you need will be denied you.
 あなたが必要とするものは、すべて与えられるでしょう。

 Not one seeming difficulty but will melt away before you reach it.
 一見、困難が待ち受けているように思えても、あなたがそこに辿り着く前に、そんなものはひとつ残らず解決して消え去っているでしょう。

 You need take thought for nothing, careless of everything except the only purpose that you would fulfill.
 あなたは自分が果たそうとする唯一の目的を除いては、ほかのことは何も心配する必要もなければ、気に留める必要もありません。

 As that was given you, so will its fulfillment be.
 その目的があなたに与えられたからには、その目的の実現もあなたに与えられるはずだからです。

 God's guarantee will hold against all obstacles, for it rests on certainty and not contingency.
 神が保証してくれることは、あらゆる障害に対して効力を持ちます。なぜなら、神の保証は偶然性にではなく確実性に基盤を置いているからです。

 It rests on you.
 つまり、神の保証は、あなたに基盤を置いているのです。

 And what can be more certain than a Son of God?
 それに、神の子よりも確実な、どんなものでありうるでしょうか。


名称未設定

次

関連記事
方舟箱舟結果天国救済神の法法則狂気の法則

Comments 0

Leave a reply