There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T21-2 見ることについての責任

0   0

今回はテキスト第二十一章から「見ることに対する責任」という一節をご紹介します。





テキスト第二十一章

II. The Responsibility for Sight
二 見ることに対する責任




1. We have repeated how little is asked of you to learn this course.
 このコースを学ぶためにあなたに求められていることは、本当にわずかなことでしかないと、私たちは繰り返し述べてきました。

 It is the same small willingness you need to have your whole relationship transformed to joy; the little gift you offer to the Holy Spirit for which he gives you everything; the very little on which salvation rests; the tiny change of mind by which the crucifixion is changed to resurrection.
 あなたが自分の結ぶ関係性全体を喜びに変えてもらうために必要なのは、この同じささやかな意欲だけです。聖霊があなたにすべてを与えてくれるので、あなたはささやかな贈り物を聖霊に捧げるだけでよく、救済はその本当にわずかなものに依拠しているので、心をほんの少し変えるだけで磔刑は復活に変えられることになります。

 And being true, it is so simple that it cannot fail to be completely understood.
 そして、真理であるがゆえに、このコースは本当にシンプルなものなので、このコースを完全に理解し損ねることなどありえません。

 Rejected yes, but not ambiguous.
 たしかにこのコースは拒絶されることはありえます。しかし、それは曖昧なものではありえません。


 And if you choose against it now it will not be because it is obscure, but rather that this little cost seemed, in your judgment, to be too much to pay for peace.
 だから、もしあなたが今このコースを選ばないとすれば、それは、このコースが曖昧だからではなく、むしろあなたが価値判断するところによると、こんなささやかな代償ですら平安のために払う対価としては高すぎるように思えたからということになります。




2. This is the only thing that you need do for vision, happiness, release from pain and the complete escape from sin, all to be given you.
 あなたがヴィジョンを得て幸福となり、苦痛から解放されて罪から完全に免れるために、ただひとつ必要なのは次のことだけです。

 Say only this, but mean it with no reservations, for here the power of salvation lies:
 これだけを、ただ何の疑念も持たず無条件に唱えなさい。というのも、ここにこそ救済の力があるからです。


I am responsible for what I see.
私は、自分が見ているものについて責任がある。

I choose the feelings I experience, and I decide upon the goal I would achieve.
私は自分が体験する感情を自分で選んでいる。そして、私は自分の達成したい目標を自分で決定している。

And everything that seems to happen to me I ask for, and receive as I have asked.
そして、私の身に降りかかってくるように思えることはすべて、私が求め、そして、私が求めた通りに受け取るものだ。



 Deceive yourself no longer that you are helpless in the face of what is done to you.
 もうこれ以上、自分に何かがなされる場面に直面して、自分が無力だと自分自身を騙すのはやめなさい。

 Acknowledge but that you have been mistaken, and all effects of your mistakes will disappear.
 ただ自分が間違っていただけだと認めなさい。そうすれば、あなたの間違いから起きた結果などすべて消えてなくなります。


名称未設定

3. It is impossible the Son of God be merely driven by events outside of him.
 神の子が、ただ自分の外部の出来事によって翻弄されるだけの存在であるなどありえないことです。

 It is impossible that happenings that come to him were not his choice.
 ある人にその人の選択しなかったことが降りかかってくることなどありえません。

 His power of decision is the determiner of every situation in which he seems to find himself by chance or accident.
 その人には偶然の出来事や偶発的な事故によって自分がその状況に置かれているようにしか思えないとしても、どんな場合であれ、その人は、自分がそこに居合わせることを自分の決断する力で決めているのです。

 No accident nor chance is possible within the universe as God created it, outside of which is nothing.
 偶発的な事故であるとか偶然の出来事は、神が創造したままの宇宙にはありえないし、神が創造したままの宇宙の外側には何も存在しません。

 Suffer, and you decided sin was your goal.
 苦しみがあるとすれば、それは、罪が自分の目標だとあなたが決めたということです。

 Be happy, and you gave the power of decision to him who must decide for God for you.
 幸せであるとすれば、それは、あなたが自分のために必ず神を選んでくれる聖霊に決断する力を委ねたということです。

 This is the little gift you offer to the Holy Spirit, and even this he gives to you to give yourself.
 これこそ、あなたが聖霊に捧げるささやかな贈り物です。そして、聖霊はこのささやかな贈り物さえもあなた自身に与えるようにとあなたに与えてくれます。

 For by this gift is given you the power to release your savior, that he may give salvation unto you.
 というのは、この贈り物によって、あなたには自分の救い主を解放する力が与えられるので、救い主はあなたに救いを与えることができるようになるからです。




4. Begrudge not then this little offering.
 それゆえ、このささやかな贈り物を捧げることを渋っていてはなりません。

 Withhold it, and you keep the world as now you see it.
 この決断する力というささやかな贈り物を渡さずにおくかぎり、あなたはこの世界をあなたが今見ている状態のままに保つことになります。

 Give it away, and everything you see goes with it.
 この決断する力というささやかな贈り物を渡しきるなら、あなたに見えているもののすべてがその捧げものと一緒に去ることになります。

 Never was so much given for so little.
 こんなにもわずかなものと引き換えに、これほど多くのものが与えられたことは、いまだかつてありません。

 In the holy instant is this exchange effected and maintained.
 神聖な瞬間において、このような交換が成就し、維持されることになります。

 Here is the world you do not want brought to the one you do.
 この神聖な瞬間において、あなたの望まない世界は、あなたの望む世界へともたらされることになります。

 And here the one you do is given you because you want it.
 そしてこの神聖な瞬間において、あなたの望む世界が、あなたがそれを望むがゆえに、あなたに与えられることになります。

 Yet for this, the power of your wanting must first be recognized.
 しかし、このためには、まずは、あなたの望みが持つ力を認めなければなりません。

 You must accept its strength, and not its weakness.
 あなたは、自分の望む力の弱さではなく、自分の望む力の持つ強さを受け入れなければなりません。

 You must perceive that what is strong enough to make a world can let it go, and can accept correction if it is willing to see that it was wrong.
 世界を作り上げることができるほど強力な自分の望む力には、その世界を手放すこともできるし、もし自らが間違っていたことを認める意欲があれば、修正を受け入れることもできるはずだと、あなたは理解しなければなりません。

名称未設定


5. The world you see is but the idle witness that you were right.
 あなたが目にしている世界は、あなたが正しかったと偽証する信頼できない証人でしかありません。

 This witness is insane.
 この証人は狂気に陥っています。

 You trained it in its testimony, and as it gave it back to you, you listened and convinced yourself that what it saw was true.
 あなたは、証人に証言の仕方をあらかじめ仕込んでおいて、その証人があなたの許にあなたに教わったとおりの証言を与え返してきたときに、あなたはその証言を聞いて、その証人が見たというものが真実だと自分自身を納得させていたのです。

 You did this to yourself.
 あなたは、こんなことを自分で自分自身にしていたのです。

 See only this, and you will also see how circular the reasoning on which your "seeing" rests.
 ただこのことを見るだけでも、あなたの「目に見える」ものがどんなに堂々巡りの循環論法に基盤を置いているか、あなたにもわかってくるはずです。

 This was not given you.
 あなたに授けられたのは、こんなものではありませんでした。

 This was your gift to you and to your brother.
 これは、あなたが自分と自分の兄弟に差し出した贈り物だったのです。

 Be willing, then, to have it taken from him and be replaced with truth.
 そうであれば、喜んでそんな贈り物が兄弟から取り上げられて、真理に置き換えられることを望むがよいでしょう。

 And as you look upon the change in him, it will be given you to see it in yourself.
 そして、あなたが兄弟の中に変化を見るにつれて、あなたは自分自身の中に真理が与えられるのが自分でもわかるようになるはずです。




6. Perhaps you do not see the need for you to give this little offering.
 たぶんあなたには、このささやかな捧げものをすることが自分のために必要だということがわかっていません。

 Look closer, then, at what it is.
 ですから、このささやかな捧げものがいったいどんなものなのか、もっと近づいて見てください。

 And, very simply, see in it the whole exchange of separation for salvation.
 そして、ただ単に、その捧げものの中に、分離から救済への全面的な交換があることを見出してください。

 All that the ego is, is an idea that it is possible that things should happen to the Son of God without his will; and thus without the Will of his Creator, Whose Will cannot be separate from his own.
 エゴとは単に、神の子の意志に関わりなく、したがって、神の子自身の意志と不可分であるはずの創造主の大いなる意志とは無関係に、物事が神の子に起こるはずだという想念にすぎません。

 This is the Son of God's replacement for his will, a mad revolt against what must forever be.
 このエゴという想念こそ、神の子が自らの意志に置き換える代用にしたものであり、永遠に在るに違いないものに対する狂気の反抗なのです。

 This is the statement that he has the power to make God powerless and so to take it for himself, and leave himself without what God has willed for him.
 これは、神の子には、神を無力にして神の力を自分のために奪い取り、神が自分のために受け継がせようと意図したものを辞したままでいる力が備わっていると宣言することです。

 This is the mad idea you have enshrined upon your altars, and which you worship.
 このエゴという想念こそ、あなたたちが自分たちの祭壇に奉納して崇拝している狂気の想念です。

 And everything that threatens this seems to attack your faith, for here is it invested.
 そして、このエゴという想念を脅かすものは、それが何であろうと、あなたの信仰を攻撃するものであるように思えてきます。というのも、このエゴという想念にあなたは自らの信仰心を注ぎ込んでいるからです。

 Think not that you are faithless, for your belief and trust in this is strong indeed.
 自分は信仰心など持っていないと思ってはなりません。というのも、エゴという想念をあなたが信じる気持ちと信頼は実に頑強なものだからです。


名称未設定

7. The Holy Spirit can give you faith in holiness and vision to see it easily enough.
 聖霊は、神聖さを信頼し神聖さを十分容易に見るためのヴィジョンをあなたに与えることができます。

 But you have not left open and unoccupied the altar where the gifts belong.
 しかし、あなたは、神聖さに対する信頼とヴィジョンという贈り物を納めるための祭壇を空けて何ものにも占められないままにしてはきませんでした。

 Where they should be, you have set up your idols to something else.
 それらの贈り物が納まるべきところに、あなたはすでに何か別のものを祀るための偶像を置いてしまっています。

 This other "will," which seems to tell you what must happen, you give reality.
 起こるに違いないことを自分に告げてくれるように思えるこの別の「意志」に、あなたは現実味を与えます。

 And what would show you otherwise must therefore seem unreal.
 そのせいで、それとは違うことをあなたに示すように思えるものは、必ず偽りであるように思えてしまうのです。

 All that is asked of you is to make room for truth.
 あなたに求められているのは、ただ、真理のための場所を空けることだけです。

 You are not asked to make or do what lies beyond your understanding.
 あなたは、自分の理解を越えるようなものを作り出したり、行なったりするように求められているわけではありません。

 All you are asked to do is let it in; only to stop your interference with what will happen of itself; simply to recognize again the presence of what you thought you gave away.
 あなたに求められているのは、ただ、ひとりでに起こることに干渉しようとするのをやめて、自分が手放してしまったと思っていたものの存在を再び認めて、真理を内に入らせることだけです。




8. Be willing, for an instant, to leave your altars free of what you placed upon them, and what is really there you cannot fail to see.
 ほんの一瞬、あなたの祭壇をそこに自分で置いたものから解放する意欲を持ってください。そうすれば、あなたは本当にそこにあるものを見逃すことなどできなくなるはずです。

 The holy instant is not an instant of creation, but of recognition.
 神聖な瞬間は、創造の瞬間ではなく認識する瞬間です。

 For recognition comes of vision and suspended judgment.
 というのは、認識はヴィジョンを用いて価値判断を停止することで生ずるからです。

 Then only it is possible to look within and see what must be there, plainly in sight, and wholly independent of inference and judgment.
 そのときにだけ、心の内側を見て、そこにあるに違いないものを、推測や価値判断による影響を完全に受けることなく、明快な視界の中で見ることが可能となります。

 Undoing is not your task, but it is up to you to welcome it or not.
 誤りを取り消すことは、あなたがなすべき仕事ではありません。しかし、取り消しを喜んで迎え入れるかどうかはあなた次第です。

 Faith and desire go hand in hand, for everyone believes in what he wants.
 信頼と願望はつねに関連しています。というのも、誰もがみな、自分の望むものを信じるからです。


名称未設定

9. We have already said that wishful thinking is how the ego deals with what it wants, to make it so.
 すでに述べたように、希望的観測こそが、エゴが自分の望むことを望みどおりに実現しようとして対処する方法です。

 There is no better demonstration of the power of wanting, and therefore of faith, to make its goals seem real and possible.
 エゴの目標が現実のものであって実現可能なものであるように思わせる上で願望が持つ力、つまり信頼の力をこれほどよく実証するものはほかにありません。

 Faith in the unreal leads to adjustments of reality to make it fit the goal of madness.
 現実ではないものを信頼することは、現実を狂気という目標に適合するように調整することにつながります。

 The goal of sin induces the perception of a fearful world to justify its purpose.
 罪という目標は、エゴの目的を正当化するために、恐ろしい世界という知覚を引き起こします。

 What you desire, you will see.
 そして、あなたの望むことを、あなたは見るようになります。

 And if its reality is false, you will uphold it by not realizing all the adjustments you have introduced to make it so.
 そして、もしエゴが見せる現実が偽りであるとしても、あなたは、その偽りを現実に見せかけるために自分が動員したすべての調整を認識しないことによって、その偽りの現実を支持することになるのです。




10. When vision is denied, confusion of cause and effect becomes inevitable.
 ヴィジョンを否認するなら、原因と結果を混同することは避けられません。

 The purpose now becomes to keep obscure the cause of the effect, and make effect appear to be a cause.
 そうすると、その結果を引き起こす原因を覆い隠して、結果のほうこそが原因であるように見せかけることが目的となります。

 This seeming independence of effect enables it to be regarded as standing by itself, and capable of serving as a cause of the events and feelings its maker thinks it causes.
 このように一見したところ結果が独立しているように見えることによって、結果のことを、それ自体で独立していて、その作り主が結果が引き起こすものと思っている出来事や感情の原因として作用しうるものとして見なすことが可能となります。

 Earlier, we spoke of your desire to create your own creator, and be father and not son to him.
 以前に私たちで、自分の創造主を創造して、その創造主の子ではなく父親になりたいというあなたの願望について語ったことがあります。

 This is the same desire.
 ヴィジョンを否認して原因と結果を混同することは、それと同様の願望だといえます。

 The Son is the Effect, whose Cause he would deny.
 神の子は、神の結果なのですが、自分を生み出した大いなる原因である神を否認しようとしているのです。

 And so he seems to be the cause, producing real effects.
 だから、神の子が、本当に結果を生じさせている原因であるかのように見えるのです。

 Nothing can have effects without a cause, and to confuse the two is merely to fail to understand them both.
 何ものも、原因なしに結果を生み出すことはできません。そして、原因と結果の二つを混同することは、両者を理解し損なうことにしかなりません。


名称未設定

11. It is as needful that you recognize you made the world you see, as that you recognize that you did not create yourself.
 あなたは、自分が自分自身を創造したのではないと認識する必要があるのと同じくらい、自分の見ている世界は自分が作り出したのだと認識する必要があります。

 They are the same mistake.
 この二つは同じ間違いなのです。

 Nothing created not by your Creator has any influence over you.
 何であれ、あなたの大いなる創造主によって創造されていないものは、あなたにいかなる影響も及ぼすことはできません。

 And if you think what you have made can tell you what you see and feel, and place your faith in its ability to do so, you are denying your Creator and believing that you made yourself.
 したがって、もしあなたが自分の作り出したものが、何を見て何を感じるか自分に命じることができるものと思い込み、自分の作り出した物にはそうする力があるものと信じるなら、あなたは自らの大いなる創造主を否認して、自分で自分自身を作り出したと信じていることになります。

 For if you think the world you made has power to make you what it wills, you are confusing Son and Father; effect and Source.
 というのは、もしあなたが自分の作った世界には自分を世界の思いどおりに作り変えてしまう力があると思うとすれば、あなたは、子と父、つまり結果と源を混同しているということになるからです。




12. The Son's creations are like his Father's.
 子の創造したものたちは、大いなる父の創造物と同じものです。

 Yet in creating them the Son does not delude himself that he is independent of his Source.
 しかし、神の創造物と同じものを創造するからといって、子は自分が自らの大いなる源から独立していると思い違いをすることにはなりません。

 His union with It is the source of his creating.
 子が大いなる源とひとつに結ばれていることが、子の創造力の源です。

 Apart from this he has no power to create, and what he makes is meaningless.
 その源から離れては、子には創造する力など一切ないし、子の作り出すものは無意味になります。

 It changes nothing in creation, depends entirely upon the madness of its maker, and cannot serve to justify the madness.
 子が源から離れて作り出すものが創造に変化を加えることなど何ひとつないし、完全にその作り主の狂気に依拠しているので、子が作り出したものは、狂気の沙汰を正当化するための役に立つこともできません。

 Your brother thinks he made the world with you.
 あなたの兄弟は、あなたと一緒にこんな世界を作り出したと思っています。

 Thus he denies creation.
 そうすることで、彼は創造を否認しています。

 With you, he thinks the world he made, made him.
 あなたと一緒で、彼も自分の作り出した世界のほうこそが、自分を作り出したのだと思い込んでいます。

 Thus he denies he made it.
 こうして、彼は自分がその世界を作ったということを否認するのです。


名称未設定

13. Yet the truth is you were both created by a loving Father, who created you together and as one.
 それでも、真実は、あなたたちは共に、愛に満ち溢れる大いなる父によって創造されたのであり、父はあなたたちを一緒にひとつのものとして創造したということです。

 See what "proves" otherwise, and you deny your whole reality.
 そうではないと「証明」するものを見るなら、あなたは自分の真の姿をまるっきり否認しているのです。

 But grant that everything that seems to stand between you, keeping you from each other and separate from your Father, you made in secret, and the instant of release has come to you.
 ただ、あなたたちの間に立ちはだかって、あなたたちをお互いに引き離して、あなたたちの大いなる父からも分離させたままに保っているように見えるものはひとつ残らず、自分が秘密のうちに作り出したのだと認めなさい。そうすれば、解放の瞬間があなたに訪れることになります。

 All its effects are gone, because its source has been uncovered.
 そうすると、分離の結果のすべては消え去ってしまいます。なぜなら、分離の源が露呈したからです。

 It is its seeming independence of its source that keeps you prisoner.
 分離という源から生じた結果が見かけ上、原因から独立しているように見えることが、あなたを囚人として幽閉しつづけているのです。

 This is the same mistake as thinking you are independent of the Source by which you were created, and have never left.
 これは、あなたが一度もその許を離れたことなどない自分を創造してくれた大いなる源から自分が独立していると思い込んでいるのと同じ間違いです。

名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします







関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/748-91c2a9d5
該当の記事は見つかりませんでした。