There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T21-3 信頼、信念、そしてヴィジョン

今回はテキスト第二十一章から「信頼信念、そしてヴィジョン」という一節をご紹介します。



テキスト第二十一章

III. Faith, Belief and Vision
三 信頼信念、そしてヴィジョン


1. All special relationships have sin as their goal.
 すべての特別な関係は、その目標としてを掲げます。

 For they are bargains with reality, toward which the seeming union is adjusted.
 というのは、すべての特別な関係は現実と取引することであり、現実に対して見かけ上結びついているように調整を図るものだからです。

 Forget not this; to bargain is to set a limit, and any brother with whom you have a limited relationship, you hate.
 次のことを忘れないでください。それは、取引することは制限を設けることであり、どの兄弟とであろうと、その人と制限つきで関わるなら、あなたはその相手を憎むことになるということです。

 You may attempt to keep the bargain in the name of "fairness," sometimes demanding payment of yourself, perhaps more often of the other.
 あなたはその取引を「公平さ」の名において維持しようとし、ときには、その支払いを自分自身に要求し、おそらくより多くの場合には、相手に支払いを要求することになります。

 Thus in the "fairness" you attempt to ease the guilt that comes from the accepted purpose of the relationship.
 こうして、「公平さ」を理由に、あなたはその関係に受け入れた目的から生ずる悪感を和らげようと試みます。

 And that is why the Holy Spirit must change its purpose to make it useful to him and harmless to you.
 そして、この理由から、聖霊はその関係目的を聖霊に有益で、あなたにとって無害なものに変えなければならないのです。


名称未設定

2. If you accept this change, you have accepted the idea of making room for truth.
 もしあなたがこの変更を受け入れるなら、あなたは真理のために場所を空けるという考えを受け入れたことになります。

 The source of sin is gone.
 そうすると、の「源」はなくなります。

 You may imagine that you still experience its effects, but it is not your purpose and you no longer want it.
 あなたは、依然として自分がの結果を経験していると想像するかもしれません。しかし、もうはあなたの目的ではないので、もはやあなたがを望むことはありません。

 No one allows a purpose to be replaced while he desires it, for nothing is so cherished and protected as is a goal the mind accepts.
 誰であれ、ある目的を望んでいるかぎり、その目的がほかのものに置き換わることを容認する者はいません。なぜなら、自らの目標として心が受け入れたものほど大切に守られるものはほかにないからです。

 This it will follow, grimly or happily, but always with faith and with the persistence that faith inevitably brings.
 心はその目標に従うことになります。嫌々ながらのこともあれば、喜びに満ちていることもあるでしょうが、必ず、信頼だけでなく、信頼が不可避的にもたらす粘り強さを伴って従うことになります。

 The power of faith is never recognized if it is placed in sin.
 もし信頼が罪に置かれるなら、信頼が持つ力は決して気づかれることがありません。

 But it is always recognized if it is placed in love.
 しかし、もし信頼が愛に置かれるなら、必ず信頼の力が認められることになります。




3. Why is it strange to you that faith can move mountains?
 信仰は山をも動かすということが、なぜあなたには不思議に思えてしまうのでしょうか。

 This is indeed a little feat for such a power.
 信念の力には、それくらいのことは実に造作もないことです。

 For faith can keep the Son of God in chains as long as he believes he is in chains.
 というのは、自分が鎖で縛られていると信じているかぎりは、神の子をずっとその鎖につなぎとめたままにできるほどの力が信念にはあるからです。

 And when he is released from them it will be simply because he no longer believes in them, withdrawing faith that they can hold him, and placing it in his freedom instead.
 そして、神の子がその鎖から解放されるときがくるなら、それは単に、彼がもはやそのような鎖の存在を信じなくなり、そんな鎖には自分を縛りつけておく力があると信頼するのをやめて、その代わりに自分が自由であることを信頼するようになったからでしかありません。

 It is impossible to place equal faith in opposite directions.
 正反対の方向性を持つものに同等の信頼を置くのは不可能です。

 What faith you give to sin you take away from holiness.
 あなたが罪に信頼を置くなら、あなたはその信頼を神聖さから取り去ってしまうことになります。

 And what you offer holiness has been removed from sin.
 そして、あなたが神聖さに捧げる信頼は、罪から取り除かれることになります。


名称未設定

4. Faith and belief and vision are the means by which the goal of holiness is reached. 
 信頼と信念、そしてヴィジョンという手段によって、神聖さという目標は達成されます。

 Through them the Holy Spirit leads you to the real world, and away from all illusions where your faith was laid.
 聖霊は、信頼と信念ヴィジョンという手段を通じて、あなたが信頼を置いていたあらゆる幻想から離れて、真の世界へとあなたを導いてくれます。

 This is his direction; the only one he ever sees.
 これが聖霊の導く進路であり、聖霊が見据える唯一の方角です。

 And when you wander, he reminds you there is but one.
 そして、あなたがその進路から逸れると、聖霊はあなたに道がひとつしかないことを思い出させてくれます。

 His faith and his belief and vision are all for you.
 聖霊の信頼と信念ヴィジョンは、すべてあなたのためのものです。

 And when you have accepted them completely instead of yours, you will have need of them no longer.
 あなたが自分の信頼と信念とヴィジョンの代わりに、この聖霊の信頼と信念とヴィジョンを完全に受け入れた暁には、あなたは、もはや信頼と信念とヴィジョンを必要としなくなることでしょう。

 For faith and vision and belief are meaningful only before the state of certainty is reached.
 というのは、信頼やヴィジョンや信念が意味を持つのは、ただ確信を抱く状態に到達するまででしかないからです。

 In Heaven they are unknown.
 ゆえに、天国では、信頼やヴィジョンや信念は知られざるものなのです。

 Yet Heaven is reached through them.
 それでも、天国には、これらの手段を通じて辿り着くのです。




5. It is impossible that the Son of God lack faith, but he can choose where he would have it be.
 神の子が信頼する力に欠けるということはありえません。しかし、神の子には自らの信頼をどこに置くかを自分で選ぶことができます。

 Faithlessness is not a lack of faith, but faith in nothing.
 不信とは、信頼する力が欠けているということではなくて、ありもしない無を信頼することです。

 Faith given to illusions does not lack power, for by it does the Son of God believe that he is powerless.
 幻想に捧げられた信頼に力が欠けているわけではありません。というのも、信頼する力によってこそ、神の子は自分のことを無力だと信じこむわけだからです。

 Thus is he faithless to himself, but strong in faith in his illusions about himself.
 こうして神の子は、自分自身を信頼しなくなりますが、彼は、自分自身について抱く自らの幻想には堅固な信頼を寄せているわけです。

 For faith, perception and belief you made, as means for losing certainty and finding sin.
 というのも、信頼や知覚や信念は、確信を置き忘れて失うことによって、罪を見出すための手段として、あなたが作り出したものだからです。

 This mad direction was your choice, and by your faith in what you chose, you made what you desired.
 こんなにも狂った進路があなたが選んだものだったのです。そして、自分が選んだ進路を信頼することによって、あなたは自分が望んだものを作り上げたのです。


名称未設定

6. The Holy Spirit has a use for all the means for sin by which you sought to find it.
 あなたが罪を探して見つけようとして使ってきたどんな手段にも、聖霊にはひとつの使いみちがあります。

 But as he uses them they lead away from sin, because his purpose lies in the opposite direction.
 しかし、聖霊がそれらの手段を使うときには、それらの手段は罪から引き離して導くための手段となります。なぜなら、聖霊の目的は罪とは逆の方向に向いているからです。

 He sees the means you use, but not the purpose for which you made them.
 聖霊は、あなたが使う手段を見はしますが、あなたがその手段を作り出した目的のほうには見向きもしません。

 He would not take them from you, for he sees their value as a means for what he wills for you.
 聖霊は、それらの手段をあなたから取り上げようとはしません。というのは、聖霊はそれらに、聖霊があなたのために意図することを果たすために役立つ手段としての価値を見出しているからです。

 You made perception that you might choose among your brothers, and seek for sin with them.
 あなたは、自分の兄弟の中から誰かを選び出して、彼らと一緒に罪を探求できるように知覚を作り出しました。

 The Holy Spirit sees perception as a means to teach you that the vision of a holy relationship is all you want to see.
 聖霊はこの知覚を、あなたが本当に見たいと望むのは神聖な関係のヴィジョンだけだということをあなたに教えるための手段として見ています。

 Then will you give your faith to holiness, desiring and believing in it because of your desire.
 あなたが聖霊の教えを学ぶなら、あなたは自分が望むがゆえに、神聖さを願い、そして、信じるようになるので、神聖さに信頼を置くようになるでしょう。




7. Faith and belief become attached to vision, as all the means that once served sin are redirected now toward holiness.
 かつて罪のために奉仕していた手段のすべてを今、神聖さに向けて方向転換させるにつれて、信頼と信念はヴィジョンに属するようになります。

 For what you think is sin is limitation, and whom you try to limit to the body you hate because you fear.
 あなたが罪だと思っていることは制限することなので、あなたは、自分が身体に制限しようとする相手のことを恐れるがゆえに、彼を憎むことになります。

 In your refusal to forgive him, you would condemn him to the body because the means for sin are dear to you.
 あなたが彼を赦すことを拒むとき、あなたは彼を咎めて身体へと追いこもうとします。なぜなら、罪を維持するための手段はあなたにとって愛着があるからです。

 And so the body has your faith and your belief.
 こうして、身体はあなたからの信頼を得て、あなたの信念となります。

 But holiness would set your brother free, removing hatred by removing fear, not as a symptom, but at its source.
 しかし、神聖さは、症状として発現しているものとしてではなく、その源において恐怖を取り除くことによって憎しみを払拭することで、あなたの兄弟を解放します。




8. Those who would free their brothers from the body can have no fear.
 自分の兄弟たちを身体から解放しようとする者たちは、いかなる恐れも抱くことができません。

 They have renounced the means for sin by choosing to let all limitations be removed.
 彼らは、あらゆる制限を取り除いてもらうことを選択することによって、罪のための手段を手放しているのです。

 As they desire to look upon their brothers in holiness, the power of belief and faith goes far beyond the body, supporting vision, not obstructing it.
 彼らが自らの兄弟たちを神聖さの中で見たいと切望するとき、信念と信頼の力は、ヴィジョンを遮ることなく支持するようになるので、身体をはるかに越えた向こう側にまで進むようになります。

 But first they chose to recognize how much their faith had limited their understanding of the world, desiring to place its power elsewhere should another point of view be given them.
 しかし、彼らはまず、もうひとつ別の見方が自分に与えられるなら、自らの信頼の力をその別の観点に移したいと願って、自分たちの信頼がこの世界についての自分たちの理解をどんなに大きく制限していたか認めることを選んだのです。

 The miracles that follow this decision are also born of faith.
 この選択に続いて生じる奇跡もまた、信頼から生じます。

 For all who choose to look away from sin are given vision, and are led to holiness.
 というのも、罪から目を背けることを選ぶすべての者たちにはヴィジョンが与えられ、神聖さへと導かれるからです。

名称未設定


9. Those who believe in sin must think the Holy Spirit asks for sacrifice, for this is how they think their purpose is accomplished.
 罪を信じる者たちは必ず、聖霊は犠牲を求めるものだと考えてしまいます。なぜなら、彼らは犠牲を払うことこそが自分たちの目的を達成する方法だと思いこんでいるからです。

 Brother, the Holy Spirit knows that sacrifice brings nothing.
 兄弟よ、聖霊は犠牲が何ももたらさないと知っています。

 He makes no bargains.
 聖霊はいかなる取引もしません。

 And if you seek to limit him, you will hate him because you are afraid.
 そして、もしあなたが聖霊を制限しようとするなら、あなたは恐ろしくなって聖霊のことを憎むようになってしまうでしょう。

 The gift that he has given you is more than anything that stands this side of Heaven.
 聖霊があなたに差し延べてくれている贈り物は、天国の手前のこちら側にあるいかなるものも及ばない贈り物です。

 The instant for its recognition is at hand.
 このことを認識する瞬間は、もう間近に迫っています。

 Join your awareness to what has been already joined.
 すでにひとつに結ばれているものに、あなたの自覚を結びつけてください。

 The faith you give your brother can accomplish this.
 あなたが自分の兄弟に信頼を置くことで、これを成就することができます。

 For he who loves the world is seeing it for you, without one spot of sin upon it, and in the innocence that makes the sight of it as beautiful as Heaven.
 というのも、世界を愛する存在は、あなたに代わって、世界のことを一点の罪もなく天国と見紛うばかりに美しい光景に変えてしまう潔白さの中に見ているからです。




10. Your faith in sacrifice has given it great power in your sight; except you do not realize you cannot see because of it.
 犠牲に対してあなたが信頼を置くことで、犠牲が大きな力を持つものとしてあなたの目に映ることになっています。ただし、あなたは、そのせいで自分が真に見ることができなくなっていることに気づいていません。

 For sacrifice must be exacted of a body, and by another body.
 なぜなら、犠牲とは、ある身体から、そして、ほかの身体によって強要されるものであるに違いないからです。

 The mind could neither ask it nor receive it of itself.
 心は犠牲を要求することもできなければ、心自体が犠牲になることもできません。

 And no more could the body.
 そして、身体についても同じことが言えます。

 The intention is in the mind, which tries to use the body to carry out the means for sin in which the mind believes.
 犠牲に関する意図は心の中にあるのであって、その心は自分が信じている罪を犯すための手段を遂行すべく身体を利用しようとするのです。

 Thus is the joining of mind and body an inescapable belief of those who value sin.
 こうして、罪に価値を置く者たちには、心と身体を結びつけることは避けようのない信念となります。

 And so is sacrifice invariably a means for limitation, and thus for hate.
 だから、犠牲は相手や自分を制限し、ひいては憎しみを抱くための恒常的な手段となるのです。


名称未設定

11. Think you the Holy Spirit is concerned with this?
 あなたは、このような犠牲に聖霊が関心を抱くとでも思っているのでしょうか。

 He gives not what it is his purpose to lead you from.
 聖霊の目的があなたを導いて犠牲から引き離すことにあるというのに、その聖霊があなたに犠牲を払わせようとするはずがありません。

 You think he would deprive you for your good.
 それでも、あなたは、聖霊はあなたの利益を図るためにあなたから剥奪しようとするのだと思っています。

 But "good" and "deprivation" are opposites, and cannot meaningfully join in any way.
 しかし、「利益」と「剥奪」とは正反対のものであり、いかようにも両者を意味を持つように結びつけることなどできません。

 It is like saying that the moon and sun are one because they come with night and day, and so they must be joined.
 それは、月と太陽が夜と昼に順に出るので、両者はひとつにつながっているに違いない、だから、月と太陽はひとつのものだと言うようなものです。

 Yet sight of one is but the sign the other has disappeared from sight.
 しかし、一方が見えていることが示すのは、視界から他方が消え去ったということだけです。

 Nor is it possible that what gives light be one with what depends on darkness to be seen.
 それに、光を与えるものが、暗闇でなければ見えないものとひとつであるはずがありません。

 Neither demands the sacrifice of the other.
 どちらも他方に犠牲になることを要求することはありません。

 Yet on the absence of the other does each depend.
 しかし、それぞれが他方が不在になることのうえに成り立っているのは確かです。


名称未設定

12. The body was made to be a sacrifice to sin, and in the darkness so it still is seen.
 身体は、罪に対する生贄として捧げられるために作られました。そして、闇の中では、今でも身体は罪への生贄とみなされます。

 Yet in the light of vision it is looked upon quite differently.
 ところが、ヴィジョンの光の中では、身体はまったく違ったふうに見えます。

 You can have faith in it to serve the Holy Spirit's goal, and give it power to serve as means to help the blind to see.
 あなたは、聖霊の目標に奉仕するために、身体に信頼を置くことができるし、目の見えない人たちが見えるようになるのを助けるための手段となる力を身体に与えることができます。

 But in their seeing they look past it, as do you.
 しかし、見えるようになった彼らは、あなたと同じように、身体を通り越して見るようになります。

 The faith and the belief you gave it belongs beyond.
 あなたが身体に与えていた信頼と信念は、身体を越えるものに属しているのです。

 You gave perception and belief and faith from mind to body.
 あなたは、知覚と信念と信頼を、心から身体へと与えていたのです。

 Let them now be given back to what produced them, and can use them still to save itself from what it made.
 今こそ、知覚と信念と信頼をそれらを生み出した心に戻すことにしましょう。そうすれば、心は今なお、自分が作り出したものから自分自身を救うために、それらを利用できます。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
信頼信念ヴィジョン関係目的手段進路神聖な関係制限

Comments 0

Leave a reply