There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T24-2 特別であるという裏切り

今回はテキスト第二十四章から『特別であるという裏切り」という一節をご紹介します。




テキスト第二十四章

II. The Treachery of Specialness
特別であるという裏切り




1. Comparison must be an ego device, for love makes none.
 比較は、エゴの道具であるに違いありません。なぜなら、愛はいかなる比較もしないからです。

 Specialness always makes comparisons.
 特別性は、つねに比較をします。

 It is established by a lack seen in another, and maintained by searching for, and keeping clear in sight, all lacks it can perceive.
 ある人が特別であるという状態は、他者の中に欠乏を見ることによって確立され、知覚できるかぎりの不足を探し出して、はっきり見えるように保っておくことで維持されます。

 This does it seek, and this it looks upon.
 この他者の欠乏特別性は探し求め、その欠乏特別性は見ることになります。

 And always whom it thus diminishes would be your savior, had you not chosen to make of him a tiny measure of your specialness instead.
 そして、特別性はこのようにして、その人のことを自分がどれほど特別であるかを測るためのちっぽけな物差しにすることをあなたが選択しなかったなら、いつでもあなたの救い主となってくれたはずの人の重要性を減損することになってしまいます。

 Against the littleness you see in him you stand as tall and stately, clean and honest, pure and unsullied, by comparison with what you see.
 彼が卑小なものに見えると、あなたは、それに比べて自分が大きく威厳があり、清らかで正直で、純粋で穢れのない存在であるように思えてきます。

 Nor do you understand it is yourself that you diminish thus.
 しかも、あなたは、このようにして自分が貶めているのは実は自分自身なのだとは理解していません。


名称未設定

2. Pursuit of specialness is always at the cost of peace.
 特別であることを追い求めることは、つねに代償として平安を犠牲にすることになります。

 Who can attack his savior and cut him down, yet recognize his strong support?
 いったい誰が自分の救い主を攻撃して彼の価値を切り下げておきながら、彼の強力な支援に気づくことができるでしょうか。

 Who can detract from his omnipotence, yet share his power?
 誰が、自分の救い主の全能性を貶めておきながら、彼の力を分かち合うことができるでしょうか。

 And who can use him as the gauge of littleness, and be released from limits?
 そして、いったい誰が、卑小さを測る尺度として自分の救い主を使っておきながら、制限から解放してもらえるというのでしょうか。

 You have a function in salvation.
 あなたには救済において果すべき役割があります。

 Its pursuit will bring you joy.
 その役割を果たすことを追求することが、あなたに喜びをもたらすことになります。

 But the pursuit of specialness must bring you pain.
 しかし、特別であることを追い求めるなら、あなたは必ず苦痛を味わうことになります。

 Here is a goal that would defeat salvation, and thus run counter to the Will of God.
 特別性を追求することは、救済を失敗させる目標であり、したがって、神の大いなる意志に背くことになります。

 To value specialness is to esteem an alien will to which illusions of yourself are dearer than the truth.
 特別さに価値を置くことは、真理よりも自分自身についての幻想のほうをより大切にして神の意志とは相容れない意志を尊重することなのです。




3. Specialness is the idea of sin made real.
 特別であることは、の想念が具現化したものです。

 Sin is impossible even to imagine without this base.
 この特別性という基盤がなければ、は想像することさえ不可能です。

 For sin arose from it, out of nothingness; an evil flower with no roots at all.
 というのは、はこの特別性という基盤から、つまり、無から生じた、まるでまったく根づくことなく咲いた邪悪な花のようなものだからです。

 Here is the self-made "savior," the "creator" who creates unlike the Father, and which made His Son like to itself and not like unto Him.
 これこそ、自作の「救世主」であり、父とは違うように創造し、神の子を父には似せずに自分自身に似せたものとして神の子を作り変えた「創造主」です。

 His "special" sons are many, never one, each one in exile from himself, and Him of Whom they are a part.
 そんな創造主の「特別な」子らは無数におり、決して一人ではないし、それぞれが自分自身から、そして、自分たちがその一部を構成している父からも離れて流浪しています。

 Nor do they love the Oneness which created them as one with Him.
 そして、彼らは、自分たちを神と一つのものとして創造した一なるもののことを愛してはいません。

 They chose their specialness instead of Heaven and instead of peace, and wrapped it carefully in sin, to keep it "safe" from truth.
 彼らは、天国や平安の代わりに、自分たちが特別であることを選び、自分の特別さを真理から「安全」に守っておくために、の中に念入りに包み込んだのです。


名称未設定

4. You are not special.
 あなたは特別ではありません。

 If you think you are, and would defend your specialness against the truth of what you really are, how can you know the truth?
 もしあなたが自分は特別だと思い、自分の特別さをあなたの真の姿に逆らって擁護しようとするなら、そんなあなたにどうして真理を知ることができるでしょうか。

 What answer that the Holy Spirit gives can reach you, when it is your specialness to which you listen, and which asks and answers?
 あなたが耳を傾けたり、尋ねたり答えたりする相手が特別性だとすれば、聖霊が与えるどんな答えがあなたに届きうるというのでしょうか。

 Its tiny answer, soundless in the melody that pours from God to you eternally in loving praise of what you are, is all you listen to.
 特別性のつまらない答えは、永遠に愛を込めてあなたの真の姿を讃えながら、神からあなたへと流れてくる快い調べの中では音にもならない程度のものですが、あなたが耳を傾けようとしているのはそんな答えばかりです。

 And that vast song of honor and of love for what you are seems silent and unheard before its "mightiness. "
 そして、あなたの本来の姿を称賛する愛の歌も、特別性の卑小な答えの「力強さ」を前にしては、静かになって、聞こえなくなるように思えます。

 You strain your ears to hear its soundless voice, and yet the Call of God Himself is soundless to you.
 あなたが特別性の音のしない声に耳を凝らしているせいで、あなたには神自身の呼びかけが聞こえないようです。




5. You can defend your specialness, but never will you hear the Voice for God beside it.
 あなたは自分の特別さを守ることはできます。しかし、自分の特別性を守りながら、あなたが神を代弁する声を聞くことは絶対にないでしょう。

 They speak a different language and they fall on different ears.
 特別性と神を代弁する声は異なる言語で語るし、それぞれ異なる耳にしか届きません。

 To every special one a different message, and one with different meaning, is the truth.
 特別であろうとする者にとっては、一人ひとりに対してそれぞれに異なるメッセージがあり、一つひとつのメッセージが異なる意味を持つことこそが真理であるということになります。

 Yet how can truth be different to each one?
 しかし、真理がどうして一人ひとりにとって違うものになりうるでしょうか。

 The special messages the special hear convince them they are different and apart; each in his special sins and "safe" from love, which does not see his specialness at all.
 自分が特別であると考える者たちが耳にする特別なメッセージは、彼らに、自分たちは異なっていて、別々に分離していて、それぞれが自分の特別なの内にあって、まったく彼を特別だとみなさない愛から「安全」に守られていると確信させます。

 Christ's vision is their "enemy," for it sees not what they would look upon, and it would show them that the specialness they think they see is an illusion.
 キリストのヴィジョンは彼らの「」です。というのは、キリストのヴィジョンは、特別であろうとする者たちが見ようとするものを見ないで、彼らに、自分たちが見ていると思い込んでいる特別さが錯覚でしかないということを見せようとするからです。


名称未設定

6. What would they see instead?
 特別性の代わりに、彼らは何を見ることになるのでしょうか。

 The shining radiance of the Son of God, so like his Father that the memory of Him springs instantly to mind.
 それは、神の子の燦然たる輝きです。その輝きは、本当に父の輝きに似ているので、父の記憶が即座に心に湧き上がります。

 And with this memory, the Son remembers his own creations, as like to him as he is to his Father.
 そして、この記憶と共に、子は自らが創造したものたちのことも思い出します。それは、子が父に思い出してもらうのと同じことです。

 And all the world he made, and all his specialness, and all the sins he held in its defense against himself, will vanish as his mind accepts the truth about himself, as it returns to take their place.
 そして、子が作り上げた世界全体や、彼の特別性のすべて、彼が自分自身から特別性を守ろうとして保持してきたのすべては、彼の心が自分自身についての真理を受け入れて自らの持ち場に戻ってくるとき、すべて消えてなくなるでしょう。

 This is the only "cost" of truth: You will no longer see what never was, nor hear what makes no sound.
 これが真理の唯一の「代償」です。あなたはもはや一度も存在しなかったものを見ることはないし、いかなる音も立てないものを聞くこともなくなります。

 Is it a sacrifice to give up nothing, and to receive the Love of God forever?
 無を手放して、神の大いなる愛を永遠に受け取ることが犠牲といえるでしょうか。




7. You who have chained your savior to your specialness, and given it his place, remember this: He has not lost the power to forgive you all the sins you think you placed between him and the function of salvation given him for you.
 あなたは、自らの救い主を鎖で自らの特別性に縛りつけ、代わりに特別性に救い主の地位を与えてきました。そんなあなたに覚えておいてほしいことがあります。それは、あなたは、数々の罪を置くことで、その救い主があなたのために授かった救い主の役割を彼が果たすのを妨げたと思っていますが、そのすべての罪についてあなたを赦す力を救い主は失ってなどいないということです。

 Nor will you change his function, any more than you can change the truth in him and in yourself.
 それに、あなたには彼とあなた自身の中にある真理を変えることができないのと同じように、あなたには彼の役割を変えることもできません。

 But be you certain that the truth is just the same in both.
 ただ、あなたと兄弟の両方の中にある真理はまったく同じものだと確信しなさい。

 It gives no different messages, and has one meaning.
 あなたたちの中にある真理は、異なるメッセージを与えることはないし、ひとつの意味しか持っていません。

 And it is one you and your brother both can understand, and one that brings release to both of you.
 そして、あなたたちの中の真理が持つひとつのメッセージの意味は、あなたと兄弟の両方に理解できるし、あなたと兄弟の双方に解放をもたらしてくれます。

 Here stands your brother with the key to Heaven in his hand, held out to you.
 ここにあなたの兄弟が天国への鍵を手にして立って、あなたに向けてその鍵を差し出してくれています。

 Let not the dream of specialness remain between you.
 特別であるという夢を、あなたたちの間に留まらせてはなりません。

 What is one is joined in truth.
 ひとつであるものは真理の内に結ばれています。


名称未設定

8. Think of the loveliness that you will see within yourself, when you have looked on him as on a friend.
 あなたがその兄弟のことを友として見るようになったとき、あなたが自分自身の内に見ることになる素晴らしさがどんなものか思い浮かべてみてください。

 He is the enemy of specialness, but only friend to what is real in you.
 その兄弟が特別であることにとってのなのは確かです。しかし、彼はあなたの中に本当にあるものにとっては唯一の友なのです。

 Not one attack you thought you made on him has taken from him the gift that God would have him give to you.
 あなたが彼に対してなしたと思い込んでいる攻撃が、神が彼にあなたに与えさせようと持たせた贈り物を彼から取り上げてしまったことなど一度もなかったのです。

 His need to give it is as great as yours to have it.
 彼がその贈り物をどうしても与えることを必要としているのと同じくらい、あなたはその贈り物を受け取ることを必要としています。

 Let him forgive you all your specialness, and make you whole in mind and one with him.
 彼にあなたの特別さのすべてを赦してもらって、心の中であなたを完全にして、彼とひとつにしてもらうがよいでしょう。

 He waits for your forgiveness only that he may return it unto you.
 彼はあなたからの赦しを待っています。ただそのときにのみ、彼は赦しをあなたに返すことができるからです。

 It is not God Who has condemned His Son, but you, to save his specialness and kill his Self.
 神の子に有罪判決を宣告したのは神ではなく、神の子を特別ものとして保つことで、彼の真の自己を殺そうとしていたあなただったのです。




9. You have come far along the way of truth; too far to falter now.
 あなたは真理の道に沿ってずいぶん遠くまで、もう躊躇するには遠すぎるところまでやってきました。

 Just one step more, and every vestige of the fear of God will melt away in love.
 あともう一歩踏み出すだけで、神に対する恐れは跡形もなく愛の中に溶け去ってしまうことでしょう。

 Your brother's specialness and yours are enemies, and bound in hate to kill each other and deny they are the same.
 あなたの兄弟の特別さとあなたの特別さとが同士なのは確かであり、互いに殺そうとしたり、自分たちが同じだということを否定しようとして、憎しみの中に自分たちを束縛しています。

 Yet it is not illusions that have reached this final obstacle which seems to make God and His Heaven so remote that They cannot be reached.
 しかし、到達することが無理だと思えるほどはるか彼方に神とその天国があるように見せている、この最後の障害にあなたがすでに辿り着いていることは錯覚ではありません。

 Here in this holy place does truth stand waiting to receive you and your brother in silent blessing, and in peace so real and so encompassing that nothing stands outside.
 この聖なる地において、真理はあなたとあなたの兄弟を静かな祝福の中に迎え入れようと待ち受けています。そして、その聖地は、すべてを抱擁する本物の平安の中にあるので、何ものも外側に残すことはありません。

 Leave all illusions of yourself outside this place, to which you come in hope and honesty.
 あなた自身についての幻想のすべてをその聖地の外に置いて、希望と正直さを抱いて、この聖地に来てください。


名称未設定

10. Here is your savior from your specialness.
 ここに、あなたを特別さから救ってくれる救い主がいます。

 He is in need of your acceptance of himself as part of you, as you for his.
 あなたが彼の一部として彼に受け入れてもらう必要があるように、彼は彼自身をあなたの一部として受け入れてもらうことを必要としています。

 You are alike to God as God is to Himself.
 あなたは、神が神自身と同じであるのと同じくらいに、神と同じものなのです。

 He is not special, for He would not keep one part of what He is unto Himself, not given to His Son but kept for Him alone.
 神は特別ではありません。というのは、神は自らの本質の一部分を自分だけのものにして、自らの子に与えることなくただ自分ひとりだけのために取っておこうとはしないからです。

 And it is this you fear, for if He is not special, then He willed His Son to be like Him, and your brother is like you.
 そして、神が特別ではないということこそ、あなたが恐れていることです。というのも、もし神が特別ではないとすれば、神は子が神自身と同じものになるように、そして、あなたの兄弟があなたと同じものになるようにと意図したということになるからです。

 Not special, but possessed of everything, including you.
 神は特別ではありませんが、あなたを含めたあらゆるものを所有しています。

 Give him but what he has, remembering God gave Himself to you and your brother in equal love, that both might share the universe with Him Who chose that love could never be divided, and kept separate from what it is and must forever be.
 あなたと兄弟に同等の愛をもって神が神自身を授けてくれたことを思い出して、ただ兄弟の所有するものだけを兄弟に渡しなさい。そうすれば、あなたと兄弟は共に神と宇宙を分かち合うことになります。神は、愛は決して分割されず、今もこれからも永遠にそうであるに違いない本来の姿から分離されたままにはしないと選択しているのです。




11. You are your brother's; part of love was not denied to him.
 あなたは、あなたの兄弟のものです。愛の一部分があなたの兄弟に対して拒まれたことはありません。

 But can it be that you have lost because he is complete?
 しかし、あなたの兄弟が完全であるせいで、あなたが損失を被るということがありうるでしょうか。

 What has been given him makes you complete, as it does him.
 兄弟に与えられたものは、彼を完全にすると共に、あなたをも完全にしてくれます。

 God's Love gave you to him and him to you because He gave Himself.
 神の大いなる愛があなたを兄弟に与え、兄弟をあなたに与えたのです。なぜなら、神は神自身を与えてくれたからです。

 What is the same as God is one with Him.
 神と同じであるものは神とひとつです。

 And only specialness could make the truth of God and you as one seem anything but Heaven, with the hope of peace at last in sight.
 そして、ただ特別性だけが、ようやく平安の希望が視界に入ってきたところで、神とあなたがひとつのものであるという真理を天国以外の何か別のものに思わせてしまうことができるのです。


名称未設定

12. Specialness is the seal of treachery upon the gift of love.
 特別であろうとすることは、愛の贈り物に押される裏切りの封印です。

 Whatever serves its purpose must be given to kill.
 特別性の目的に奉仕するものは、どんなものであろうと殺される羽目になります。

 No gift that bears its seal but offers treachery to giver and receiver.
 特別性の証印が押されている贈り物はひとつ残らず、それを差し出す者と受け取る者に裏切りを差し出すことになります。

 Not one glance from eyes it veils but looks on sight of death.
 特別性のヴェールに覆われた目で一瞥して、死の光景を見ずにいることはできません。

 Not one believer in its potency but seeks for bargains and for compromise that would establish sin love's substitute, and serve it faithfully.
 特別性の力を信奉する者はみな、愛の代用として罪を設定して、罪に忠実に奉仕しようと取引したり、妥協したりしようとします。

 And no relationship that holds its purpose dear but clings to murder as safety's weapon, and the great defender of all illusions from the "threat" of love.
 そして、特別であることを大切な目標として掲げる関係は、安全であるための武器にして、あらゆる幻想を愛の「脅威」から守ってくれる強力な守護者として、殺害することに執着せずにはいられません。




13. The hope of specialness makes it seem possible God made the body as the prison house that keeps His Son from Him.
 特別でありたいとの願望が、神がわが子を神から隔離しておくための牢獄として身体を作ったとみなすことを可能にします。

 For it demands a special place God cannot enter, and a hiding place where none is welcome but your tiny self.
 というのは、特別であろうとする願望は、神が入り込むことのできない特別な場所であり、あなたの卑小な自己以外には他の何者も歓迎されない隠れ家を要求するからです。

 Nothing is sacred here but unto you, and you alone, apart and separate from all your brothers; safe from all intrusions of sanity upon illusions; safe from God and safe for conflict everlasting.
 この隠れ家である身体においては、すべてがあなたに、それもあなただけに捧げられており、あなたの兄弟たちみんなから分離して隔絶していて、幻想の中にいかなる正気も侵入してくる心配はないし、神から邪魔されることなく心置きなく、闘争を永遠に続けられます。

 Here are the gates of hell you closed upon yourself, to rule in madness and in loneliness your special kingdom, apart from God, away from truth and from salvation.
 ここに地獄の門があります。あなたは、神から離れ、真理と救済からも遠く離れて、狂気と孤独の中で、自らの特別な王国を支配しようとして、その門の扉を自ら閉ざしたのです。




14. The key you threw away God gave your brother, whose holy hands would offer it to you when you were ready to accept His plan for your salvation in the place of yours.
 あなたが投げ捨てた鍵を、神はあなたの兄弟に与えてくれています。あなたが自分で立てる計画の代わりに、あなたの救済のために神が立ててくれた計画をあなたが受け入れる用意ができたとき、その兄弟の神聖な手がその鍵をあなたに差し出してくれるでしょう。

 How could this readiness be reached save through the sight of all your misery, and the awareness that your plan has failed, and will forever fail to bring you peace and joy of any kind?
 あなたの悲惨さのすべてを目の当たりにし、あなたの立てた計画が失敗に終わり、永遠にあなたに平安もいかなる種類の喜びももたらすことに成功しないと自覚することを通して以外に、どうやって自分の計画の代わりに神の計画を受け入れる準備を整えることができるでしょうか。

 Through this despair you travel now, yet it is but illusion of despair.
 あなたは、今、この絶望感を味わいながら旅路を歩んでいます。しかし、それは絶望感の錯覚でしかないのです。

 The death of specialness is not your death, but your awaking into life eternal.
 特別性が消滅することは、あなたの死ではありません。それは、あなたが永遠の生命の中へと目覚めることなのです。

 You but emerge from an illusion of what you are to the acceptance of yourself as God created you.
 あなたは自分が何者かについての幻想から脱して、神に創造されたままのあなたとしての自分自身を受け入れるだけなのです。


名称未設定

いつも読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします







関連記事
特別比較欠乏犠牲全能救世主言語メッセージ

Comments 0

Leave a reply