There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T25-8 愛に戻される正義

今回は、テキスト第二十五章から「に戻される正義」という一節をご紹介します。





テキスト第二十五章


VIII. Justice Returned to Love
八 に戻される正義


1. The Holy Spirit can use all that you give to Him for your salvation.
 聖霊は、あなたが聖霊に渡すものすべてを、あなたの救済のために使うことができます。

 But He cannot use what you withhold, for He cannot take it from you without your willingness.
 しかし、聖霊は、あなたが渡そうとしないものを使うことはできません。なぜなら、聖霊はあなたにその意欲がないのに、あなたからそれを取り上げることはできないからです。

 For if He did, you would believe He wrested it from you against your will.
 というのは、もし聖霊がそんなことをしたなら、あなたは聖霊が自分の意志に反して強引にそれを奪い取ったと信じてしまうからです。

 And so you would not learn it is your will to be without it.
 そうなると、あなたは、それを持たずにいることが自分の意志なのだと学べなくなってしまいます。

 You need not give it to Him wholly willingly, for if you could you had no need of Him.
 もっとも、あなたは完全に自発的になってそれを聖霊に渡す必要まではありません。なぜなら、もしあなたにそれができていたなら、あなたに聖霊は必要なかったはずだからです。

 But this He needs; that you prefer He take it than that you keep it for yourself alone, and recognize that what brings loss to no one you would not know.
 聖霊が必要とするのはただ次のことだけです。それは、あなたがそれを自分ひとりだけで取っておくよりも、聖霊に受け取ってもらうことを選び、誰にも損失をもたらさないものが何なのか自分にはわからないと認めることです。

 This much is necessary to add to the idea no one can lose for you to gain.
 あなたが得るために誰かが損をすることはありえないという想念に加える必要があるのは、これだけです。

 And nothing more.
 そして、これ以上は何もありません。

名称未設定


2. Here is the only principle salvation needs.
 ここに救済が必要とする唯一の原理があります。

 Nor is it necessary that your faith in it be strong, unswerving, and without attack from all beliefs opposed to it.
 それに、あなたがこのことに対して抱く信頼が揺るぎない強力なものである必要もなければ、それに反対するあらゆる信念からの攻撃をあなたが免れている必要もありません。

 You have no fixed allegiance.
 あなたは確固たる忠誠心を持つ必要もありません。

 But remember salvation is not needed by the saved.
 ただし、救われている者には救いなど必要ないということは覚えておきなさい。

 You are not called upon to do what one divided still against himself would find impossible.
 あなたは、依然として分裂して自分自身に敵対している者にとっては不可能にしか思えないことを行なうようにと求められているわけではありません。

 Have little faith that wisdom could be found in such a state of mind.
 そんな心境において英知を見出せるなどと信頼してはなりません。

 But be you thankful that only little faith is asked of you.
 ただ、あなたには、ほんのささやかな信頼しか求められていないことに感謝するがよいでしょう。

 What but a little faith remains to those who still believe in sin?
 いまだにを信じている者たちには、ほんのわずかな信頼のほかに何が残っているというのでしょう。

 What could they know of Heaven and the justice of the saved?
 彼らに、天国や救われている者たちの正義の何を知ることができるというのでしょうか。




3. There is a kind of justice in salvation of which the world knows nothing.
 救済の中には、この世界が何も知らない種類の正義があります。

 To the world, justice and vengeance are the same, for sinners see justice only as their punishment, perhaps sustained by someone else, but not escaped.
 この世界にとっては、正義復讐は同義です。というのも、人たちは正義のことを単に自分たちが処罰されることであり、もしかするとほかの誰かによって経験されるかもしれないとしても、それを免れることはないものとして見ているからです。

 The laws of sin demand a victim.
 の法則は犠牲になる者を要求します。

 Who it may be makes little difference.
 その犠牲者が誰になろうが何の違いもありません。

 But death must be the cost and must be paid.
 しかし、その代償は死でなければならず、必ず死をもって支払われることになります。

 This is not justice, but insanity.
 こんなことは、正義なんかではなく、狂気でしかありません。

 Yet how could justice be defined without insanity where love means hate, and death is seen as victory and triumph over eternity and timelessness and life?
 とはいえ、が憎しみを意味し、死が永遠に不滅の生命に打ち勝って征服することだとみなされているような場所では、正気を失うこと以外にどうやって正義を定義できるというのでしょうか。

名称未設定


4. You who know not of justice still can ask, and learn the answer.
 正義のことを知らないあなたは、それでもなお、尋ねることができるし、その答えを学ぶことができます。

 Justice looks on all in the same way.
 正義は、すべてのものを一様に見ます。

 It is not just that one should lack for what another has.
 誰かが持つために他の者が欠乏しなければならないとすれば、それは公正とはいえません。

 For that is vengeance in whatever form it takes.
 というのは、どんな形をとろうとも、それは復讐だからです。

 Justice demands no sacrifice, for any sacrifice is made that sin may be preserved and kept.
 正義はいかなる犠牲も要求しません。というのも、どんな犠牲も、をそのまま温存して保つために捧げられるものだからです。

 It is a payment offered for the cost of sin, but not the total cost.
 犠牲は、代償として差し出される支払いです。しかし、それだけで代償の総額の支払いが終わるわけではありません。

 The rest is taken from another, to be laid beside your little payment, to "atone" for all that you would keep, and not give up.
 あなたが手放さずに取っておこうとするものすべてを「贖う」ために、あなたのわずかな支払いの横に並べるために、その残りの代償はほかの者から取り立てられることになります。

 So is the victim seen as partly you, with someone else by far the greater part.
 だから、犠牲を払うのは、あなたは部分的で、はるかに大きな部分を占めるのはほかの誰かのほうだとみなされます。

 And in the total cost, the greater his the less is yours.
 そして、総経費を勘定して、ほかの誰かの支払う代償が多ければ多いほど、あなたの支払いは少なくて済むということになります。

 And justice, being blind, is satisfied by being paid, it matters not by whom.
 そして、盲目である正義は、支払いを受けさえすれば満足し、それが誰によって支払われたのかは問題にならないというのです。




5. Can this be justice?
 こんなものが正義と呼べるでしょうか。

 God knows not of this.
 こんな正義など、神の知るところではありません。

 But justice does He know, and knows it well.
 それでも、神は確かに正義のことを知っており、それも正義のことを実によくわかっています。

 For He is wholly fair to everyone.
 なぜなら、神は誰にとっても完全に公平だからです。

 Vengeance is alien to God's Mind because He knows of justice.
 復讐は神の大いなる心とは相容れません。なぜなら、神は正義を知っているからです。

 To be just is to be fair, and not be vengeful.
 公正であることは、公平であることであって、復讐心を抱くことではありません。

 Fairness and vengeance are impossible, for each one contradicts the other and denies that it is real.
 公平でありながら復讐するということは不可能です。というのは、公平さと復讐はお互いに反対し合い、他方が真実であることを否定するからです。

 It is impossible for you to share the Holy Spirit's justice with a mind that can conceive of specialness at all.
 あなたが、少しでも特別であろうという思いを抱くことのできるような心で、聖霊の正義を分かち合おうとしても、それは不可能というものです。

 Yet how could He be just if He condemns a sinner for the crimes he did not do, but thinks he did?
 しかし、もし聖霊が、本当は罪を犯していないのに、自分は罪を犯したと思い込んでいるだけの者を罪人として咎めるとしたら、どうして聖霊が公正でいられるでしょうか。

 And where would justice be if He demanded of the ones obsessed with the idea of punishment that they lay it aside, unaided, and perceive it is not true?
 それに、もし聖霊が、罰を受けるという思いに取り憑かれている者に、何の手助けもしないまま、処罰という想念を捨てて、それが真実ではないと知覚するように要求したとすれば、いったいどこに正義はあるのでしょうか。

名称未設定


6. It is extremely hard for those who still believe sin meaningful to understand the Holy Spirit's justice.
 いまだに罪に意味があると信じ込んでいる者たちにとっては、聖霊の正義を理解することはきわめて困難なことなのです。

 They must believe He shares their own confusion, and cannot avoid the vengeance that their own belief in justice must entail.
 彼らは必ず自分たち自身が混同していることを聖霊も同じように混同していると信じてしまうので、自分たち自身が正義だと信ずることに必然的に伴う復讐を回避することはできないと信じてしまいます。

 And so they fear the Holy Spirit, and perceive the "wrath" of God in Him.
 だから、彼らは聖霊のことを恐れ、聖霊の中に神の「憤怒」を知覚してしまいます。

 Nor can they trust Him not to strike them dead with lightning bolts torn from the "fires" of Heaven by God's Own angry Hand.
 しかも、彼らには、神自身の怒りに満ちた手で天国の「烈火」から引き裂いた稲妻をもって、聖霊が自分たちのことを打ち滅ぼしなどしないということが信用できないのです。

 They do believe that Heaven is hell, and are afraid of love.
 彼らは確かに天国のことを地獄だと信じているし、のことを恐れています。

 And deep suspicion and the chill of fear comes over them when they are told that they have never sinned.
 そして、自分たちが一度も罪を犯したことなどないと告げられたりしようものなら、彼らは深い猜疑心と寒気のするような恐怖心に襲われます。

 Their world depends on sin's stability.
 彼らの世界は、罪の強固さに基盤を置いています。

 And they perceive the "threat" of what God knows as justice to be more destructive to themselves and to their world than vengeance, which they understand and love.
 そして、彼らは、神が正義として知ることの「脅威」は、自分自身や自分たちの世界にとって、自分たちが理解ししている復讐以上にずっと破壊的なものだと知覚しているのです。




7. So do they think the loss of sin a curse.
 だから、彼らは罪を失うことは災いであると思っています。

 And flee the Holy Spirit as if He were a messenger from hell, sent from above, in treachery and guile, to work God's vengeance on them in the guise of a deliverer and friend.
 だから、彼らは、まるで聖霊が地獄からの使者であるかのように、聖霊から逃れようとします。聖霊は、裏切りと狡猾さによって、友なる助け主を装いながら、神の自分たちへの復讐を執り行うために天から遣わされた存在だというのです。

 What could He be to them except a devil, dressed to deceive within an angel's cloak.
 彼らにとっては、聖霊は天使の羽衣を纏って変装した悪魔以外の何ものでもありません。

 And what escape has He for them except a door to hell that seems to look like Heaven's gate?
 そして、彼らには、聖霊が彼らのために用意してくれている逃げ道も、天国への門に見せかけた地獄への扉にしか思えません。

名称未設定


8. Yet justice cannot punish those who ask for punishment, but have a Judge Who knows that they are wholly innocent in truth.
 しかし、正義には、処罰を求める者たちを罰することなどできません。正義にできるのは、ただ、彼らが真理においては完全に潔白であることを知る大いなる裁き主を用意することだけです。

 In justice He is bound to set them free, and give them all the honor they deserve and have denied themselves because they are not fair, and cannot understand that they are innocent.
 正義において、その裁判官である聖霊には、彼らを自由にすべき義務があるし、彼らが公平ではなく、自分たちが潔白であることが理解できないせいで、彼らが当然受けるべきなのに自分自身に拒んできた栄光のすべてを彼らに与える義務があります。

 Love is not understandable to sinners because they think that justice is split off from love, and stands for something else.
 罪人にとっては理解できるものではありません。なぜなら、彼らは正義がから分裂しており、愛以外の何か別のものを象徴していると思っているからです。

 And thus is love perceived as weak, and vengeance strong.
 こうして、愛は弱いものとして、復讐は強いものとして知覚されます。

 For love has lost when judgment left its side, and is too weak to save from punishment.
 というのも、愛は、裁きが愛の傍から去ってしまうと道に迷ってしまい、処罰から救うには弱すぎるということになるからです。

 But vengeance without love has gained in strength by being separate and apart from love.
 それに対して、愛を伴うことのない復讐は、愛から切り離されて分離した状態にあることによって強さを増すことになります。

 And what but vengeance now can help and save, while love stands feebly by with helpless hands, bereft of justice and vitality, and powerless to save?
 そして、愛が正義と活力を奪われて、救う力もなく、無力に両手をぶらさげて、弱々しく佇んでいるかぎり、もはや復讐以外のいったい何が助けや救いとなりうるというのでしょうか。




9. What can Love ask of you who think that all of this is true?
 こんなことがすべて真実であると思い込んでいるあなたに、愛が何を頼めるというのでしょうか。

 Could He, in justice and in love, believe in your confusion you have much to give?
 正義と愛の中にいる聖霊が、自分が与えるに十分なだけ持っていることについてあなたが当惑するのがもっともだと信じることなどできるでしょうか。

 You are not asked to trust Him far.
 あなたは、聖霊を心の底から信用するように求められているわけではありません。

 No more than what you see He offers you, and what you recognize you could not give yourself.
 あなたに求められているのは、聖霊があなたに差し延べてくれているものを見て、自分が自分自身に与えることができていないものに気づくことだけです。

 In God's Own justice does He recognize all you deserve, but understands as well that you cannot accept it for yourself.
 聖霊は、神自らの正義によって、あなたが当然に受けるべきものすべてに気づいていますが、同時に、あなたが自分ひとりではそれを受け入れられないこともよくわかっています。

 It is His special function to hold out to you the gifts the innocent deserve.
 潔白なる者が受け取るにふさわしい贈り物を、あなたに対して差し延べることが聖霊の特別な役目です。

 And every one that you accept brings joy to Him as well as you.
 そして、あなたが受け取る贈り物の一つひとつが、あなたに喜びをもたらすように聖霊にも喜びをもたらします。

 He knows that Heaven is richer made by each one you accept.
 聖霊には、あなたがその贈り物をひとつ受け入れるごとに天国がより豊かになっていくことがわかっています。

 And God rejoices as His Son receives what loving justice knows to be his due.
 そして、愛に満ちた正義が神の子が当然に受け取るに値すると知っているものを、わが子が受け取ることを神は喜びます。

 For love and justice are not different.
 というのは、愛と正義は違うものではないからです。

 Because they are the same does mercy stand at God's right Hand, and gives the Son of God the power to forgive himself of sin.
 愛と正義が同じであるがゆえに、神の慈悲はその右手にあって、神の子に罪について自分自身を赦す力を与えるのです。

名称未設定


10. To him who merits everything, how can it be that anything be kept from him?
 すべてを受けるに値する者に対して、何も与えられないままになることがどうしてありうるでしょうか。

 For that would be injustice, and unfair indeed to all the holiness that is in him, however much he recognize it not.
 というのも、どれほど彼がそのことに気づかずにいようとも、彼の中にあるあらゆる神聖さにとっては、そんなことは不正義であり、実に不公平なことだからです。

 God knows of no injustice.
 不正義など、一切神の知るところではありません。

 He would not allow His Son be judged by those who seek his death, and could not see his worth at all.
 神の子の死を要求したり、神の子の価値を少しも理解できないような者たちによってわが子が裁かれるようなことを神が容認するはずがありません。

 What honest witnesses could they call forth to speak on his behalf?
 そんな者たちに、神の子のために証言するどんな正直な証人を呼び出すことができるというのでしょうか。

 And who would come to plead for him, and not against his life?
 それに、彼らの喚問するような証人の内でいったい誰が、神の子の生命を危機にさらすためではなく、弁護するために来てくれるというのでしょうか。

 No justice would be given him by you.
 あなたたちによって神の子に正義が与えられることはないでしょう。

 Yet God ensured that justice would be done unto the Son He loves, and would protect from all unfairness you might seek to offer, believing vengeance is his proper due.
 それでも、神は、その愛し子に正義が行なわれることを保証してくれたのであり、あなたが神の子に当然の報いであると信じて彼に差し出そうとするあらゆる不公正さから守ってくれるのです。




11. As specialness cares not who pays the cost of sin, so it be paid, the Holy Spirit heeds not who looks on innocence at last, provided it is seen and recognized.
 特別性は罪の代償の支払いを受けさえすれば、誰が罪の代価を支払うことになろうが、そんなことは気にもかけません。同じく、聖霊も、潔白さが見られて認識されることになるかぎり、ついにそれを見ることになるのが誰なのかということには関心を持ちません。

 For just one witness is enough, if he sees truly.
 というのも、もしその人が真に見るならば、たったひとりの証人だけで十分だからです。

 Simple justice asks no more.
 純然たる正義はそれ以上、何も求めることはありません。

 Of each one does the Holy Spirit ask if he will be that one, so justice may return to love and there be satisfied.
 正義が愛の下へと戻って、そこで満足するように、聖霊は、そのひとりになるつもりはないかと一人ひとりに尋ねます。

 Each special function He allots is but for this; that each one learn that love and justice are not separate.
 聖霊が割り当てる各自の特別な役目はただ次のことのためのものです。それは、誰もがみな、愛と正義は別々に分離したものではないと学ぶことです。

 And both are strengthened by their union with each other.
 そして、愛と正義は相互に結びつくことによって増強されます。

 Without love is justice prejudiced and weak.
 愛が伴わなければ、正義は僻見となり弱いものになってしまいます。

 And love without justice is impossible.
 それに、正義の伴わない愛というものはありえません。

 For love is fair, and cannot chasten without cause.
 というのは、愛は公平であり、原因もなく懲らしめるようなことはできないからです。

 What cause can be to warrant an attack upon the innocent?
 はたしてどんな原因であれば、潔白なるものに対する攻撃を正当化できるというのでしょうか。

 In justice, then, does love correct mistakes, but not in vengeance.
 それゆえ、愛は、正義の中で間違いを修正するのであって、復讐の中で修正するのではありません。

 For that would be unjust to innocence.
 というのは、復讐によって間違いを修正しようとすることは潔白さに対する不公正だからです。

名称未設定


12. You can be perfect witness to the power of love and justice, if you understand it is impossible the Son of God could merit vengeance.
 もしあなたが神の子が復讐に値するなどありえないということを理解するなら、あなたは愛と正義の力の完璧な証人になることができます。

 You need not perceive, in every circumstance, that this is true.
 あなたは、あらゆる状況において、これが本当のことであると知覚する必要はありません。

 Nor need you look to your experience within the world, which is but shadows of all that is really happening within yourself.
 それに、あなたはこのことを、この世界の中での自分の経験の中に見出そうとする必要もありません。この世界での経験は単に、あなた自身の内側で真に起こっているすべての出来事の影でしかないのです。

 The understanding that you need comes not of you, but from a larger Self, so great and holy that He could not doubt His innocence.
 あなたが必要とする理解はあなたからではなくて、より大きな真の自己から訪れるものです。この大いなる自己は本当に偉大で神聖なので、大いなる自己には、自らの潔白さを疑うことなどできません。

 Your special function is a call to Him, that He may smile on you whose sinlessness He shares.
 あなたの特別な役目は、大いなる自己が自らと共に罪のなさを分かち合っているあなたに微笑みかけてくれるように、大いなる自己に呼びかけることです。

 His understanding will be yours.
 そうすれば、あなたは大いなる自己の理解することを理解することでしょう。

 And so the Holy Spirit's special function has been fulfilled.
 そうして、聖霊の特別な役割は達成されたことになります。

 God's Son has found a witness unto his sinlessness and not his sins.
 神の子は自らの罪ではなくて、自分に罪がないことを証明してくれる証人を見つけたのです。

 How little need you give the Holy Spirit that simple justice may be given you.
 あなたが純然たる正義を与えてもらうために、あなたが聖霊に渡さなければならないものは何とわずかなものなのでしょう。




13. Without impartiality there is no justice.
 偏見のない公平さがなければ、正義はありえません。

 How can specialness be just?
 どうして特別であることが正当なことでありうるでしょうか。

 Judge not because you cannot, not because you are a miserable sinner too.
 価値判断して裁いてはなりません。それは、あなたが惨めな罪人だからではなく、あなたには裁くことができないからです。

 How can the special really understand that justice is the same for everyone?
 どうして、特別であろうとする者に、誰にとっても正義が同じものであることを真に理解できるでしょうか。

 To take from one to give another must be an injustice to them both, since they are equal in the Holy Spirit's sight.
 別の者に渡すためにある者から取り上げることは、両者に対して不公平であるに違いありません。なぜなら、聖霊から見れば彼らは同等だからです。

 Their Father gave the same inheritance to both.
 彼らの大いなる父は、彼らの両方に同じ遺産を授けたのです。

 Who would have more or less is not aware that he has everything.
 それよりも多く、あるいは、より少なく持とうとする者は、自分がすべてを持っているということに気づいていないのです。

 He is no judge of what must be another's due, because he thinks he is deprived.
 そのような者は、自分は奪われて恵まれていないと思い込んでいるがゆえに、他者が当然に受け取るべきものが何であるか正しく判断できる立場にありません。

 And so must he be envious, and try to take away from whom he judges.
 だから、彼は羨んで嫉妬せずにはいられないし、自分が裁きを下した相手から取り上げようとせずにはいられません。

 He is not impartial, and cannot fairly see another's rights because his own have been obscured to him.
 彼は公平ではなく偏っており、自分自身の権利が自分でもよくわからなくなっているために、他者の権利を公平に見ることができないのです。

名称未設定


14. You have the right to all the universe; to perfect peace, complete deliverance from all effects of sin, and to the life eternal, joyous and complete in every way, as God appointed for His holy Son.
 あなたには全宇宙を求める権利があります。それは、神がその聖なる子に定めた通りに、完璧な平安に包まれ、罪が及ぼすあらゆる影響や結果から完全に解放され、そして、あらゆる面で喜びに満ちて完全なものとなって永遠の生命に至る権利です。

 This is the only justice Heaven knows, and all the Holy Spirit brings to earth.
 これこそ天国の知る唯一の正義です。そして、聖霊が地上にもたらすのはこれだけです。

 Your special function shows you nothing else but perfect justice can prevail for you.
 あなたの特別な役割があなたに示すのは、完璧な正義はあなたのために勝利を収めることができるということだけです。

 And you are safe from vengeance in all forms.
 だから、あなたはどんな形の報復からも無事でいられるのです。

 The world deceives, but it cannot replace God's justice with a version of its own.
 この世界は欺くことはできても、この世界には自らの解釈する正義を神の正義に置き換えることはできません。

 For only love is just, and can perceive what justice must accord the Son of God.
 というのは、ただ愛だけが公平であり、愛だけが正義が神の子に授けるに違いないものを知覚できるからです。

 Let love decide, and never fear that you, in your unfairness, will deprive yourself of what God's justice has allotted you.
 愛に決めてもらうがよいでしょう。そして、絶対に、自分が不公平になって、神の正義がすでにあなたに割り当てているものを、自分で自分自身から奪い去ってしまうのではないかと恐れないでください。


名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします






関連記事
正義公平不公正叡智復讐犠牲代償地獄

Leave a reply