There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T27-2 癒されることへの恐怖

今回はテキスト第二十七章から「癒しに対する恐れ」という一節をご紹介します。






テキスト第二十七章

II. The Fear of Healing
二 癒しに対する恐れ


1. Is healing frightening?
 癒しとは恐怖に満ちたものでしょうか。

 To many, yes.
 多くの者にとってはその通りです。

 For accusation is a bar to love, and damaged bodies are accusers.
 というのは、非難することは愛に至る妨げとなるものであり、傷ついた身体というのはを糾弾するものだからです。

 They stand firmly in the way of trust and peace, proclaiming that the frail can have no trust and that the damaged have no grounds for peace.
 を咎める者は、脆弱な者には信頼を抱くことができないし、傷ついた者には平安に至る基盤がまったくないと宣言して、次のように言って信頼と平安に至る道を断固として阻みます。

 Who has been injured by his brother, and could love and trust him still?
 いったい誰が、自分の兄弟によって傷つけられながらも、なおその兄弟のことを愛し信頼することができようか。

 He has attacked and will attack again.
 彼は攻撃してきたのだから、また再び攻撃してくるに違いない。

 Protect him not, because your damaged body shows that you must be protected from him.
 あなたの傷つけられた身体が何よりあなたが彼から守られなければならないことを示しているのだから、彼を守ることなんかない。

 To forgive may be an act of charity, but not his due.
 許してやることは慈悲深い行いかもしれないが、それは彼にふさわしい報いではない。

 He may be pitied for his guilt, but not exonerated.
 彼が悪感を抱いているとすれば、彼には同情する余地はあるかもしれないが、彼を悪感から放免してやるには及ばない。

 And if you forgive him his transgressions, you but add to all the guilt that he has really earned.
 それに、もしあなたが彼の科を許したところで、あなたはただ彼が実際にこれまで蓄えてきたすべての悪感をさらに増すことにしかならない、などというのです。

名称未設定


2. The unhealed cannot pardon.
 癒されていない者には赦すことはできません。

 For they are the witnesses that pardon is unfair.
 というのは、癒されていない者は放免することは不公平だと証言する証人たちだからです。

 They would retain the consequences of the guilt they overlook.
 彼らには、自分たちが見逃してやる罪という結果を忘れるつもりはありません。

 Yet no one can forgive a sin that he believes is real.
 しかし、誰にも、自分が本当に実在すると信じている罪を赦すことなどできません。

 And what has consequences must be real, because what it has done is there to see.
 そして、結果を伴うものは実在するに違いありません。なぜなら、それがなしたことをそこに見ることができるからです。

 Forgiveness is not pity, which but seeks to pardon what it thinks to be the truth.
 赦しは哀れみをかけることではありません。哀れみを示すのはただ真実だと思っていることを見逃してやろうとしているにすぎません。

 Good cannot be returned for evil, for forgiveness does not first establish sin and then forgive it.
 悪に対して善で報いることはできません。なぜなら、赦しはまず罪を確立しておいて、そのあとで、その罪を許すということではないからです。

 Who can say and mean, "My brother, you have injured me, and yet, because I am the better of the two, I pardon you my hurt."
 いったい誰が、「兄弟よ、あなたは私を傷つけました。それでも、私たち二人のうちで私のほうがあなたより善良な人間なので、私の受けた傷について私はあなたを許してあげましょう」などと本気で言えるでしょうか。

 His pardon and your hurt cannot exist together.
 彼が赦されることと、あなたが傷ついていることとは両立できません。

 One denies the other and must make it false.
 赦しと罪は、一方が他方を否定して、それを偽りにしてしまうに違いないのです。




3. To witness sin and yet forgive it is a paradox that reason cannot see.
 罪を目撃し証言しておきながら、その罪を赦すということは、理性には理解不能な矛盾です。

 For it maintains what has been done to you deserves no pardon.
 というのは、まず、罪を目撃して証言することは、あなたに対してなされたことは容赦するに値しないと主張することだからです。

 And by giving it, you grant your brother mercy but retain the proof he is not really innocent.
 つぎに、その罪に赦免を与えることによって、あなたは自分の兄弟に慈悲を施してはやりますが、その兄弟が本当のところ潔白などではないという証拠を残して取っておくことになるからです。

 The sick remain accusers.
 病人は罪を糾弾する者であり続けます。

 They cannot forgive their brothers and themselves as well.
 彼らには、自分の兄弟を赦すことができないし、同じように自分自身を赦すこともできません。

 For no one in whom true forgiveness rests can suffer.
 というのは、誰であれ、真の赦しを内に抱く者は、苦しむことなどできないからです。

 He holds not the proof of sin before his brother's eyes.
 真に赦す者は、自分の兄弟の目の前に罪の証拠を掲げたりしません。

 And thus he must have overlooked it and removed it from his own.
 したがって、彼はすでにそんな罪の証拠を見通して、自分自身の目からも罪の証拠を取り去っているに違いないのです。

 Forgiveness cannot be for one and not the other.
 赦しが、ある者のためにはなるが、他の者のためにはならないということはありえません。

 Who forgives is healed.
 赦す者は癒されます。

 And in his healing lies the proof that he has truly pardoned, and retains no trace of condemnation that he still would hold against himself or any living thing.
 そして、彼が癒されていることこそが、彼がすでに真に赦しており、彼が依然として自分自身やいかなる生き物に対しても咎めたいと思う非難の痕跡をひとつも保っていないという証しです。

名称未設定


4. Forgiveness is not real unless it brings a healing to your brother and yourself.
 赦しは、それがあなたの兄弟とあなた自身に癒しをもたらさないかぎり、本物とはいえません。

 You must attest his sins have no effect on you to demonstrate they are not real.
 兄弟の罪が実在しないと実証するためには、あなたはその兄弟の罪が自分に何の影響も及ぼしていないことを証明しなければなりません。

 How else could he be guiltless?
 これ以外にどのようにして、彼が無罪になれるでしょうか。

 And how could his innocence be justified unless his sins have no effect to warrant guilt?
 そして、彼の罪が彼に罪悪感を抱かせることを正当化する何の効果も持たないのでなければ、彼が潔白であることをどのようにして正当化できるというのでしょうか。

 Sins are beyond forgiveness just because they would entail effects that cannot be undone and overlooked entirely.
 罪というのは赦しの及ばないものです。それはまさに、罪が完全に取り消すことも見通すこともできない結果を必然的に伴うものだからです。

 In their undoing lies the proof that they are merely errors.
 罪の結果を取り消せることが、罪が単なる誤りでしかないという証拠になります。

 Let yourself be healed that you may be forgiving, offering salvation to your brother and yourself.
 あなたが赦す者となり、自分の兄弟と自分自身に救済を差し延べられるように、あなた自身を癒してもらってください。




5. A broken body shows the mind has not been healed.
 不具合の生じている身体は、心が癒されていないことを示しています。

 A miracle of healing proves that separation is without effect.
 癒しという奇跡は、分離は何の影響も結果ももたらしていないことを証明します。

 What you would prove to him you will believe.
 自分が兄弟に証明しようとすることを、あなたは信じることになります。

 The power of witness comes from your belief.
 証明する力は、あなたの信念から生じます。

 And everything you say or do or think but testifies to what you teach to him.
 そして、あなたが言ったり、行ったり、思ったりすることのすべては、あなたが彼に何を教えているかを証明するだけです。

 Your body can be means to teach that it has never suffered pain because of him.
 あなたの身体は、兄弟のせいであなたの身体が苦痛を味わったことなど決してないことを教えるための手段になることができます。

 And in its healing can it offer him mute testimony of his innocence.
 そして、あなたの身体が癒されることで、あなたの身体は兄弟に対して彼が無罪であることについて無言の証言を差し延べることができます。

 It is this testimony that can speak with power greater than a thousand tongues.
 この無言の証言こそ、千人が証言するよりもずっと大きな力で物語ることができるものです。

 For here is his forgiveness proved to him.
 というのは、この無言の証言において、彼が赦されていることが当人に対して証明されるからです。

名称未設定


6. A miracle can offer nothing less to him than it has given unto you.
 奇跡は、あなたの兄弟に、彼があなたに与えたものに劣らないものを差し出すことができます。

 So does your healing show your mind is healed, and has forgiven what he did not do.
 だから、あなたの赦しは、あなたの心が癒されて、兄弟がなしてなどいなかったことをすでに赦していることを示します。

 And so is he convinced his innocence was never lost, and healed along with you.
 そうして、あなたの兄弟も、自分の潔白さが一度も失われていなかったことを確信し、あなたと一緒に癒されることになります。

 Thus does the miracle undo all things the world attests can never be undone.
 こうして、奇跡はこの世界が絶対に取り消せないと証明することのすべてを取り消してしまいます。

 And hopelessness and death must disappear before the ancient clarion call of life.
 そうすると、古来より朗々と響き渡る生命の呼び声を前にして、絶望と死は消滅せざるをえません。

 This call has power far beyond the weak and miserable cry of death and guilt.
 こうした呼び声は、死と罪悪感の弱々しくて惨めな叫びをはるかに凌ぐ力を持っています。

 The ancient calling of the Father to His Son, and of the Son unto His Own, will yet be the last trumpet that the world will ever hear.
 父から子へ、そして、子から彼自身の子への古来の呼び声は、これからこの世界が耳にすることになる最後のトランペットとなるでしょう。

 Brother, there is no death.
 兄弟よ、死など存在しないのです。

 And this you learn when you but wish to show your brother that you had no hurt of him.
 そして、あなたがただ自分の兄弟に、自分が彼から何も傷つけられたことなどなかったと彼に示すことだけを願うようになったとき、あなたは死が存在しないと学ぶことになります。

 He thinks your blood is on his hands, and so he stands condemned.
 あなたの兄弟は、自分の手にあなたの血が付いていて、そのために自分は有罪判決を受けるものと思っています。

 Yet it is given you to show him, by your healing, that his guilt is but the fabric of a senseless dream.
 しかし、あなたには、自分が癒されることによって、彼が抱いている罪悪感は無意味な夢の織物でしかないことを彼に示す力が与えられているのです。




7. How just are miracles!
 奇跡は何と公正なものでしょうか。

 For they bestow an equal gift of full deliverance from guilt upon your brother and yourself.
 というのは、奇跡は、罪悪感からの完全な解放という贈り物を、あなたの兄弟とあなた自身に等しく授けてくれるからです。

 Your healing saves him pain as well as you, and you are healed because you wished him well.
 あなたの癒しは、あなたと同じように兄弟を苦痛から救います。そして、彼が健やかになることをあなたが願ったがゆえに、あなたは癒されます。

 This is the law the miracle obeys; that healing sees no specialness at all.
 これこそ、奇跡が従う法であり、その法とは、癒しはまったく特別さを見ない、というものです。

 It does not come from pity but from love.
 奇跡は、哀れみからではなくて愛から生じます。

 And love would prove all suffering is but a vain imagining, a foolish wish with no effects.
 そして、愛は、すべての苦しみは空疎な想像で、何の結果も伴わない愚かしい願望でしかないことを証明します。

 Your health is a result of your desire to see your brother with no blood upon his hands, nor guilt upon his heart made heavy with the proof of sin.
 あなたの健康は、あなたがその手に血の付いていない自分の兄弟を見たいと願い、罪の証拠によって兄弟の心に罪悪感が重くのしかかる様など見たくないと願った成果なのです。

 And what you wish is given you to see.
 そして、あなたが願うことは、見るようにとあなたに与えられることになるのです。

名称未設定


8. The "cost" of your serenity is his.
 あなたが安息を得るために払う「代償」は、あなたの兄弟の払う代償でもあります。

 This is the "price" the Holy Spirit and the world interpret differently.
 この代償の「支払い」について、聖霊とこの世界とでは違ったふうに解釈します。

 The world perceives it as a statement of the "fact" that your salvation sacrifices his.
 この世界は、この代償は、あなたの救いは兄弟の救いを犠牲にしてのものだという「事実」を明らかにすることで支払われるものとして知覚します。

 The Holy Spirit knows your healing is the witness unto his, and cannot be apart from his at all.
 聖霊は、あなたが癒されることは兄弟が癒されることを示す証拠であり、あなたの癒しが兄弟の癒しから分離したものでなど到底ありえないと知っています。

 As long as he consents to suffer, you will be unhealed.
 兄弟が苦しむことに同意しているかぎり、あなたが癒されることはないでしょう。

 Yet you can show him that his suffering is purposeless and wholly without cause.
 しかし、あなたは兄弟に、彼の苦しみは無意味でありまったく何の原因もないものだと示すことができます。

 Show him your healing, and he will consent no more to suffer.
 あなたが癒されたことを彼に示してください。そうすれば、彼はもうこれ以上、苦しむことに同意しなくなるでしょう。

 For his innocence has been established in your sight and his.
 というのも、彼の潔白さがあなたの目にも彼の目にも確立されたからです。

 And laughter will replace your sighs, because God's Son remembered that he is God's Son.
 そして、笑い声があなたの溜息に取って代わることでしょう。なぜなら、神の子は自分が確かに神の子だということを思い出したからです。




9. Who, then, fears healing?
 そうだとすれば、いったい誰が癒しのことを恐れるというのでしょうか。

 Only those to whom their brother's sacrifice and pain are seen to represent their own serenity.
 恐れる者がいるとすれば、ただ、自分の兄弟が犠牲になったり苦痛に喘いだりすることで、自分の心が晴れるものと見ている者たちだけです。

 Their helplessness and weakness represent the grounds on which they justify his pain.
 恐れる者たちの無力さや弱さが、彼らに自分たちの兄弟が苦しむことが正当なことであると思える根拠を提示します。

 The constant sting of guilt he suffers serves to prove that he is slave, but they are free.
 その兄弟が絶えず苦しむ罪悪感の刺すような痛みは、苦しむその兄弟は奴隷だとしても、自分たちは自由であることを証明することに役立つというのです。

 The constant pain they suffer demonstrates that they are free because they hold him bound.
 彼らが絶えず苦痛を味わうとしても、それは、自分たちが兄弟を束縛しているがゆえに自分たちが自由であることの証明だというのです。

 And sickness is desired to prevent a shift of balance in the sacrifice.
 そして、このような犠牲のバランス状態が崩れるのを防止しようとして病気が望まれることになります。

 How could the Holy Spirit be deterred an instant, even less, to reason with an argument for sickness such as this?
 病気を支持する論拠がこの程度のものでしかないとすれば、どうして聖霊がそんな議論のために一瞬どころかそれより短い時間でさえ足止めされることがありうるでしょうか。

 And need your healing be delayed because you pause to listen to insanity?
 それに、あなたが狂気に耳を傾けるために立ち止まっているからといって、あなたの癒しを遅らせる必要などあるでしょうか。

名称未設定


10. Consider how this self-perception must extend, and do not overlook the fact that every thought extends because that is its purpose, being what it really is.
 このような自己認識が、どんなふうに拡張せざるをえないか考えてみてください。そして、拡張することが思考の目的であり、思考の本来の性質なので、どのような思考もみな拡張していくという事実を見落とさないようにしてください。

 From an idea of self as two, there comes a necessary view of function split between the two.
 自己を二つのものとして見る考え方からは、その二つの間で役割が分裂していることを当然視する見解が生じます。

 And what you would correct is only half the error, which you think is all of it.
 そして、あなたが修正しようとするのは、誤りのうちの半分だけなのに、あなたはそれで全部だと思っています。

 Your brother's sins become the central target for correction, lest your errors and his own be seen as one.
 あなたの誤りと兄弟の誤りが同一のものだと理解されないように、あなたの兄弟の罪が修正すべき主要な標的とされます。

 Yours are mistakes, but his are sins and not the same as yours.
 あなたの誤りは間違いでしかないけれど、彼の誤りは罪であってあなたの誤りと同じではないというわけです。

 His merit punishment, while yours, in fairness, should be overlooked.
 彼の誤りは処罰に値するとしても、あなたの誤りは公平に見るかぎり、見過ごされるべきだというのです。

名称未設定


11. In this interpretation of correction, your own mistakes you will not even see.
 修正をこのように解釈するなら、あなたは自分自身の間違いを見ようとすらしなくなるでしょう。

 The focus of correction has been placed outside yourself, on one who cannot be a part of you while this perception lasts.
 修正の焦点は、あなた自身の外側の誰かに、つまり、この知覚の仕方が続くかぎりは、あなたの一部にはなりえないほかの誰かに定められることになります。

 What is condemned can never be returned to its accuser, who had hated it, and hates it still as symbol of his fear.
 非難されたものが、それを糾弾した者の許へと戻されるということは決してできないということになります。彼は自分が非難したものを憎んできたのだし、今でもそれを自分の恐れの象徴として憎んでいるからです。

 This is your brother, focus of your hate, unworthy to be part of you and thus outside yourself; the other half, which is denied.
 これがあなたの兄弟です。あなたの憎しみの標的にされて、あなたの一部になるに値しないとしてあなた自身の外側に置かれて、拒絶されている側の半分です。

 And only what is left without his presence is perceived as all of you.
 そして、兄弟の存在を除いた残りの部分だけが、あなたのすべてであるとして知覚されることになります。

 To this remaining half the Holy Spirit must represent the other half until you recognize it is the other half.
 あなたが自分だと知覚しているこの残っている半分に対して、あなたがそれが自分のもうひとつの半分なのだと気づくまで、聖霊はそのもうひとつの半分を象徴しなければなりません。

 And this He does by giving you and him a function that is one, not different.
 そして、聖霊は、あなたと兄弟に異なる役目ではなく単一の役目を与えることによって、もうひとつの半分も自分なのだとあなたに気づかせるのです。




12. Correction is the function given both, but neither one alone.
 修正は、あなたと兄弟の双方に与えられている役目ですが、どちらか一方だけに与えられているものではありません。

 And when it is fulfilled as shared, it must correct mistakes in you and him.
 そして、あなたと兄弟の役目が分かち合われることで成就したときには、その役目はあなたと兄弟の間違いを必ず修正することになります。

 It cannot leave mistakes in one unhealed and set the other free.
 その役目は、あなたと兄弟のうちの一方の間違いを癒されないままにして、他方だけを解放するということはできません。

 That is divided purpose, which can not be shared, and so it cannot be the goal in which the Holy Spirit sees His Own.
 一方を癒さないまま他方だけを解放するようなことは、分かち合うことができない分裂した目的なので、そんな役割は、聖霊が自分のものとみなす目標にはなりえません。

 And you can rest assured that He will not fulfill a function that He does not see and recognize as His.
 だから、あなたは、聖霊が見て自分の役目だと認めないような役割を聖霊が果たそうとすることはないと安心してよいのです。

 For only thus can He keep yours preserved intact, despite Your separate views of what your function is.
 というのは、こうすることによってのみ、聖霊は、あなたたちが自分の役目についての別々に分離した見方をしているにもかかわらず、あなたの役目を無傷のままに保ちつづけることができるからです。

 If He upheld divided function, you were lost indeed.
 もし聖霊が分割された役目を支持したなら、あなたは本当に道を見失ってしまっていたことでしょう。

 His inability to see His goal divided and distinct for you and him, preserves yourself from the awareness of a function not your own.
 聖霊には自らの目標が分割されて、あなたとあなたの兄弟にとって別個のものになっていると見ることなどできません。このことが、自分のものではない役目を自分のものと意識しなくて済むようにあなた自身を守ってくれます。

 And thus is healing given you and him.
 こうして、癒しがあなたと兄弟に与えられるのです。

名称未設定


16. Correction must be left to One Who knows correction and forgiveness are the same.
 修正は、修正することと赦すことが同じことだと知る存在である聖霊に任せなければなりません。

 With half a mind this is not understood.
 心の半分だけでは、このことを理解することはできません。

 Leave, then, correction to the Mind that is united, functioning as one because it is not split in purpose, and conceives a single function as its only one.
 だから、修正はひとつに結ばれている聖霊の大いなる心に任せてしまいなさい。聖霊の統一された心は、その目的において分裂していないし、たったひとつの役割を自分の唯一の役目として考えているがゆえに、一なるものとして機能しているからです。

 Here is the function given it conceived to be its Own, and not apart from that its Giver keeps because it has been shared.
 ここに、聖霊自身のものと考えられて聖霊に与えられた役割があります。そして、その役割は分かち合われているので、その大いなる与え主である神が保っている役割と別のものではありません。

 In His acceptance of this function lies the means whereby your mind is unified.
 この役割を聖霊が受け入れることの中に、あなたの心が統一されるための手段を見出すことができます。

 His single purpose unifies the halves of you that you perceive as separate.
 聖霊のたったひとつの目的が、あなたが二つに分離したものとして知覚している心の半分同士をひとつに結び合せます。

 And each forgives the other, that he may accept his other half as part of him.
 そして、あなたの心の半分同士は、各自が自分のもう一方の半分を自分の一部として受け入れられるように、相互に相手を赦すことになります。

名称未設定



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします

関連記事
癒し赦し非難許し兄弟身体代償犠牲修正

Comments 0

Leave a reply