There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T29-2 賓客の来臨

今回はテキスト第二十九章から「賓客来臨」という一節をご紹介します。




テキスト第二十九章


II. The Coming of the Guest
二 賓客来臨


1. Why would you not perceive it as release from suffering to learn that you are free?
 どうしてあなたは、自分が自由だと学ぶことを苦しみから解放されることとして知覚しようとしないのでしょうか。

 Why would you not acclaim the truth instead of looking on it as an enemy?
 なぜあなたは真理を敵として見る代わりに、真理を歓呼して迎え入れようとしないのでしょうか。

 Why does an easy path, so clearly marked it is impossible to lose the way, seem thorny, rough and far too difficult for you to follow?
 そんなにもはっきりとした道標がある絶対に迷いようのない平坦な道のりが、なぜあなたが辿るには、あまりにも難しすぎる長くてやっかいな起伏に富んだ荊の道に見えてしまうのでしょうか。

 Is it not because you see it as the road to hell instead of looking on it as a simple way, without a sacrifice or any loss, to find yourself in Heaven and in God?
 それはあなたが、その道のことを、自分が天国と神の中にいると気づくための犠牲や損失を伴うことのない容易な道だと見ないで、地獄に至る道として見ているせいではないでしょうか。

 Until you realize you give up nothing, until you understand there is no loss, you will have some regrets about the way that you have chosen.
 あなたが自分は何ひとつ手放すことにはならないと悟るまで、また、あなたがいかなる喪失もありえないと理解するまでは、あなたは自分が選んだ道について多少なりとも後悔の念を抱くことでしょう。

 And you will not see the many gains your choice has offered you.
 そして、あなたは自分の選択が自分に差し延べてくれている数多くの利益のことを目にすることはないでしょう。

 Yet though you do not see them, they are there.
 しかし、たとえあなたが見ていないとしても、あなたの選択がもたらした恩恵はちゃんとそこにあるのです。

 Their cause has been effected, and they must be present where their cause has entered in.
 それらの原因結果をもたらしたので、それらの結果はその原因が入ってきたところに存在しているはずなのです。

名称未設定


2. You have accepted healing's cause, and so it must be you are healed.
 あなたはすでに癒しの原因を受け入れています。だから、あなたは癒されているに違いありません。

 And being healed, the power to heal must also now be yours.
 そして、癒されているのだから、今や癒す力もまたあなたのものになっているに違いありません。

 The miracle is not a separate thing that happens suddenly, as an effect without a cause.
 奇跡は、原因もないのに生じる結果のように、突然起こる孤立した出来事ではありません。

 Nor is it, in itself, a cause.
 それに、奇跡それ自体が原因なわけでもありません。

 But where its cause is must it be.
 しかし、奇跡の原因があるところに、奇跡は必ず存在します。

 Now is it caused, though not as yet perceived.
 まだ知覚されていないとしても、今、奇跡は引き起こされたのです。

 And its effects are there, though not yet seen.
 そして、たとえまだ見えていないとしても、奇跡という結果はそこにあるのです。

 Look inward now, and you will not behold a reason for regret, but cause indeed for glad rejoicing and for hope of peace.
 今こそ自分の内面を見てください。そうすれば、あなたはそこに後悔する理由を見ることはなく、本当に喜ばしい歓喜と平安への希望の原因を見ることになります。




3. It has been hopeless to attempt to find the hope of peace upon a battleground.
 戦場の中に平安の希望を見出そうとするのは絶望的なことでした。

 It has been futile to demand escape from sin and pain of what was made to serve the function of retaining sin and pain.
 罪と苦痛を保持する役目に奉仕するために作られたものに、罪と苦痛から逃れるように要求するのは無駄なことでした。

 For pain and sin are one illusion, as are hate and fear, attack and guilt but one.
 というのは、憎しみと恐れ、攻撃と罪悪感がひとつの幻想でしかないのと同じように、罪と苦痛もひとつの幻想だからです。

 Where they are causeless their effects are gone, and love must come wherever they are not.
 それらの幻想に原因が欠如しているところでは、それらの結果も消え去っているので、どこであろうと幻想という結果が存在しないところには必ず愛がやってくることになります。

 Why are you not rejoicing?
 どうしてあなたが喜ばずにいられるでしょうか。

 You are free of pain and sickness, misery and loss, and all effects of hatred and attack.
 あなたは苦痛や病気、悲惨さや喪失、そして憎悪や攻撃がもたらすあらゆる結果から解放されているのです。

 No more is pain your friend and guilt your god, and you should welcome the effects of love.
 もはや苦痛はあなたの友ではないし、罪悪感はあなたの神ではないのだから、あなたは愛の結果を歓迎すべきです。

名称未設定


4. Your Guest has come.
 あなたの賓客はすでに到来しています。

 You asked Him, and He came.
 あなたが彼に求めたがゆえに、聖霊は来てくれたのです。

 You did not hear Him enter, for you did not wholly welcome Him.
 あなたには聖霊が入ってくるのが聞こえませんでした。それは、あなたが彼を完全に歓迎してはいなかったからです。

 And yet His gifts came with Him.
 それでも、聖霊は贈り物を携えて訪れてくれたのです。

 He has laid them at your feet, and asks you now that you will look on them and take them for your own.
 聖霊はその贈り物をあなたの足元に置いて、今、あなたにその贈り物を見て、それをあなた自身のものとして受け取るようにと求めています。

 He needs your help in giving them to all who walk apart, believing they are separate and alone.
 聖霊は、それらの贈り物を、自分たちはばらばらに分離した孤独な存在だと信じこんで、離ればなれになって歩んでいる者たちみんなに与えるために、あなたの助けを必要としています。

 They will be healed when you accept your gifts, because your Guest will welcome everyone whose feet have touched the holy ground whereon you stand, and where His gifts for them are laid.
 彼らは、あなたが自分の贈り物を受け入れたときに癒されることになります。なぜなら、あなたの立つ聖なる地に足を踏み入れたすべての者を、あなたの賓客である聖霊が歓迎してくれるし、そこでは聖霊からの贈り物が彼らのことを待ち受けているからです。




5. You do not see how much you now can give, because of everything you have received.
 あなたは、自分が受け取っているすべてのもののゆえに、今、自分がどんなに多くを与えることができるのかわかっていません。

 Yet He Who entered in but waits for you to come where you invited Him to be.
 しかし、あなたの中に入った聖霊は、あなたが聖霊にいてほしいと招いたところで、そこにあなたが来ることだけを待っています。

 There is no other place where He can find His host, nor where His host can meet with Him.
 聖霊が自らをもてなし宿す者を見出せる場所も、聖霊を宿す者が聖霊に出会うことのできる場所も、ここ以外にはどこにもありません。

 And nowhere else His gifts of peace and joy, and all the happiness His Presence brings, can be obtained.
 そして、ここ以外の場所では、平安と喜びという聖霊からの贈り物や聖霊の臨在がもたらす幸せのすべてを得ることはできません。

 For they are where He is Who brought them with Him, that they might be yours.
 というのは、それらの贈り物は、平安と喜びと幸せがあなたのものになるようにと、自分と一緒にそれらを携えてきてくれた聖霊がいるところにあるからです。

 You cannot see your Guest, but you can see the gifts He brought.
 あなたには自分の賓客を見ることはできませんが、その聖霊が持ってきてくれた贈り物であれば見ることができます。

 And when you look on them, you will believe His Presence must be there.
 だから、あなたがそれらの贈り物を見るなら、あなたも、そこに聖霊の臨在があるに違いないと信じるはずです。

 For what you now can do could not be done without the love and grace His Presence holds.
 というのは、今あなたにできることは、聖霊の臨在が備える愛と恵みなしにはできるはずもなかったことだからです。

名称未設定


6. Such is the promise of the living God; His Son have life and every living thing be part of him, and nothing else have life.
 生ける神が約束したのは、神の子は生命を持ち、生きとし生けるものが神の子の一部であり、それ以外には生命を持つものは何もないということです。

 What you have given "life" is not alive, and symbolizes but your wish to be alive apart from life, alive in death, with death perceived as life, and living, death.
 あなたが「生命」を与えたものは生きておらず、生命から離れて生きたいというあなた願望を象徴しているだけです。すなわち、の中で生き、生命と知覚してを生きているのです。

 Confusion follows on confusion here, for on confusion has this world been based, and there is nothing else it rests upon.
 ここでは混乱に引き続いて混乱が起こります。というのも、この世界は混乱状態に基づいていて、この世界は混乱以外の何ものにも基盤を置いてはいないからです。

 Its basis does not change, although it seems to be in constant change.
 この世界はつねに変化しているように見えますが、混乱状態という世界の基盤は変わりません。

 Yet what is that except the state confusion really means?
 しかし、それこそ混乱状態が真に意味するものにほかならないのではないでしょうか。

 Stability to those who are confused is meaningless, and shift and change become the law on which they predicate their lives.
 混乱している者たちにとっては、安定は無意味であり、有為転変こそが彼らの人生を基礎づける法則となります。




7. The body does not change.
 身体は変化しません。

 It represents the larger dream that change is possible.
 身体は、変化することが可能だというより大きな夢を表しています。

 To change is to attain a state unlike the one in which you found yourself before.
 変化することは、以前にあなたが自分自身だと認識していた状態とは異なる状態に到達することです。

 There is no change in immortality, and Heaven knows it not.
 永遠の生命には変化など存在せず、変化など天国の知るところではありません。

 Yet here on earth it has a double purpose, for it can be made to teach opposing things.
 しかし、この地上においては、変化には二重の目的があります。なぜなら、変化は二極に対立する物事を教えるようにできているからです。

 And they reflect the teacher who is teaching them.
 そして、その対立している事柄は、それぞれを教える教師を反映します。

 The body can appear to change with time, with sickness or with health, and with events that seem to alter it.
 身体は、時間につれて変わったり、病気や健康によって変わったり、身体を変貌させるように思える出来事によって変わるように見えます。

 Yet this but means the mind remains unchanged in its belief of what the purpose of the body is.
 しかし、このことは、ただ身体の目的が何なのかについて、心がその信念を変えないままでいることを意味するだけです。

名称未設定


8. Sickness is a demand the body be a thing that it is not.
 病気とは、身体にその本質とは異なるものになることを要求することです。

 Its nothingness is guarantee that it can not be sick.
 身体が無であるということが、身体は病気になりえないことを確証しています。

 In your demand that it be more than this lies the idea of sickness.
 身体を虚無以上のものにさせようとするあなたの要求の中に、病気という想念があります。

 For it asks that God be less than all He really is.
 というのも、それは神本来の存在以下のものになるように神に求めることだからです。

 What, then, becomes of you, for it is you of whom the sacrifice is asked?
 そうなると、あなたはいったいどうなるのでしょうか。というのも、犠牲を捧げることを求められるのはあなただからです。

 For He is told that part of Him belongs to Him no longer.
 というのも、神は神の一部がもはや神に属さないと告げられることになるからです。

 He must sacrifice your self, and in His sacrifice are you made more and He is lessened by the loss of you.
 神はあなたの自己を犠牲にしなければならず、神が犠牲を払うことで、あなたは増大し、神はあなたを失うことで減じることになります。

 And what is gone from Him becomes your god, protecting you from being part of Him.
 そして、神から去ったものがあなたの神となり、あなたを神の一部になることから守ってくれるというのです。




9. The body that is asked to be a god will be attacked, because its nothingness has not been recognized.
 神になるように求められた身体は攻撃されることになります。なぜなら、身体が無だとは気づかれていないからです。

 And so it seems to be a thing with power in itself.
 そうなると、身体はそれ自体の中に力を備えている物体のように見えることになります。

 As something, it can be perceived and thought to feel and act, and hold you in its grasp as prisoner to itself.
 存在する物体として、身体は知覚することができ、感じたり行動したりすると考えられ、あなたを身体それ自体の囚人としてその中に収容してしまいます。

 And it can fail to be what you demanded that it be.
 そして、身体はあなたが身体にこうあってほしいと要求するものになり損ねます。

 And you will hate it for its littleness, unmindful that the failure does not lie in that it is not more than it should be, but only in your failure to perceive that it is nothing.
 そして、あなたは、自分の身体があなたの望みに応じ損ねたのは、その身体がそうあってしかるべきものに満たないせいではなく、ただ単に身体が無であることを自分が知覚し損ねているせいなのだと気づきもしないで、身体の卑小さのゆえに身体を憎悪するようになります。

 Yet its nothingness is your salvation, from which you would flee.
 しかし、身体が無であることはあなたの救いなのです。無でしかない身体からなら、あなたは逃れられるからです。

名称未設定


10. As "something" is the body asked to be God's enemy, replacing what He is with littleness and limit and despair.
 「存在する何か」として、身体は神の敵となるべく要請を受けて、神の本質を卑小さと制限と絶望に置き換えようとすることになります。

 It is His loss you celebrate when you behold the body as a thing you love, or look upon it as a thing you hate.
 あなたが身体を自分の愛する物体として見たり、自分の憎む物体として見るとき、あなたは神の損失を祝っているのです。

 For if He be the sum of everything, then what is not in Him does not exist, and His completion is its nothingness.
 もし神がすべてのものの総和であるならば、神の中にないものは存在しないことになるので、身体が無であることが神の完成ということになります。。

 Your savior is not dead, nor does he dwell in what was built as temple unto death.
 あなたの救い主はんでなどいません。それに、あなたの救い主が、を祀る神殿として造られたものの中に住まうわけがありません。

 He lives in God, and it is this that makes him savior unto you, and only this.
 あなたの救い主は神の中に生きています。そして、彼が神の中に生きているという事実、ただそれだけが、彼をあなたの救い主にします。

 His body's nothingness releases yours from sickness and from death.
 彼の身体が無であるということが、あなたの身体を病気から解放するのです。

 For what is yours cannot be more or less than what is his.
 というのも、あなたのものが救い主のものよりも多かったり少なかったりするはずがないからです。

名称未設定
いつも読んでいただき、ありがとうございます!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事
賓客来臨戦場原因結果聖霊生命身体病気

Comments 0

Leave a reply