There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T30-3 あらゆる偶像を越えて

0   0

今回はテキスト第三十章から「あらゆる偶像を越えて」という一節をご紹介します。




テキスト第三十章

III. Beyond All Idols
三 あらゆる偶像を越えて






1. Idols are quite specific.
 偶像は、きわめて具体的です。

 But your will is universal, being limitless.
 しかし、あなたの意志無限であるがゆえに、普遍的なものです。

 And so it has no form, nor is content for its expression in the terms of form.
 したがって、あなたの意志には何のもないし、によって表現できるような内容もありません。

 Idols are limits.
 偶像とは制限です。

 They are the belief that there are forms that will bring happiness, and that, by limiting, is all attained.
 偶像は、幸せをもたらしてくれる様々ながあり、制限することによってすべての幸せが得られるという信念です。

 It is as if you said, "I have no need of everything. This little thing I want, and it will be as everything to me."
 それはまるであなたが、「私にはすべてのものなど必要ない。私が欲しいのはこの小さなものであり、それだけが私にとってのすべてなのだ」と言っているようなものです。

 And this must fail to satisfy, because it is your will that everything be yours.
 しかし、こんなことであなたが満足できるはずがありません。なぜなら、すべてのものが自分のものになることこそが、あなたの意志だからです。

 Decide for idols and you ask for loss.
 偶像を選ぶと決めるなら、あなたは喪失を求めているのです。

 Decide for truth and everything is yours.
 真理を選ぶと決めるなら、一切があなたのものとなります。

名称未設定


2. It is not form you seek.
 あなたが探し求めているのはではないのです。

 What form can be a substitute for God the Father's Love?
 どんなが父なる神の大いなる愛の代わりになりうるでしょうか。

 What form can take the place of all the love in the Divinity of God the Son?
 どんなが神の子の神性の中にあるすべての愛に取って代わることができるでしょうか。

 What idol can make two of what is one?
 どんな偶像が一なるものを二つにできるというのでしょうか。

 And can the limitless be limited?
 そして、無限なるものを制限できるでしょうか。

 You do not want an idol.
 あなたは偶像を望んでなどいません。

 It is not your will to have one.
 偶像を持つことはあなたの意志ではないのです。

 It will not bestow on you the gift you seek.
 偶像はあなたが探し求めている贈り物をあなたに与えてはくれません。

 When you decide upon the form of what you want, you lose the understanding of its purpose.
 あなたが自分の望むものの形を決めるとき、あなたは自分の望む目的についての理解を失うことになります。

 So you see your will within the idol, thus reducing it to a specific form.
 だから、あなたは偶像の中に自分の意志を見出して、そうすることで、自分の意志をある特定の形にまで減縮してしまいます。

 Yet this could never be your will, because what shares in all creation cannot be content with small ideas and little things.
 しかし、こんなことがあなたの意志であることは決してありえません。なぜなら、あらゆる創造を分かち合うものがつまらない考えや取るに足らない物事で満足できるはずがないからです。




3. Behind the search for every idol lies the yearning for completion.
 あらゆる偶像の探求の背後には、完成への熱望があります。

 Wholeness has no form because it is unlimited.
 完全性は、無限であるがゆえに、何の形も持ちません。

 To seek a special person or a thing to add to you to make yourself complete, can only mean that you believe some form is missing.
 自分自身を完全にしようとして、自分に付け加えるための特別な人や物事を追い求めることは、単にあなたが自分には何らかの形が欠けていると信じていることを意味するだけです。

 And by finding this, you will achieve completion in a form you like.
 そして、それを見つけることによって、あなたは自分が好む形における完成を達成することになります。

 This is the purpose of an idol; that you will not look beyond it, to the source of the belief that you are incomplete.
 これこそが偶像の目的です。すなわち、あなたが偶像を越えて、自分が不完全だという信念の源を見ようとしなくなることです。

 Only if you had sinned could this be so.
 もしあなたが罪を犯したことがあるときにだけ、これはその通りになりえます。

 For sin is the idea you are alone and separated off from what is whole.
 というのは、罪とはあなたがひとりきりで、全体から切り離されているという想念だからです。

 And thus it would be necessary for the search for wholeness to be made beyond the boundaries of limits on yourself.
 こうして、自分自身に課した制限の境界線の向こう側で完全性を探求することが必要だということになります。

名称未設定


4. It never is the idol that you want.
 あなたが望んでいるのは決して偶像などではありません。

 But what you think it offers you, you want indeed and have the right to ask for.
 しかし、あなたが偶像が自分に差し出してくれると思っている完全性をあなたが望んでいるのは確かであり、あなたには完全になることを求める権利があります。

 Nor could it be possible it be denied.
 それに、完全性があなたに対して拒絶されることはありえません。

 Your will to be complete is but God's Will, and this is given you by being His.
 完全になろうとするあなたの意志は、神の意志にほかなりません。そして、この意志は神のものであるがゆえに、あなたに与えられているのです。

 God knows not form.
 神は、形というものを知りません。

 He cannot answer you in terms that have no meaning.
 神は、意味をなさない言葉であなたに答えることはできません。

 And your will could not be satisfied with empty forms, made but to fill a gap that is not there.
 そして、そこにありもしない隔たりをただ埋めるためだけに作られた空疎な形態で、あなたの意志が満足できるはずがありえません。

 It is not this you want.
 あなたが望んでいるのは、こんなものではないのです。

 Creation gives no separate person and no separate thing the power to complete the Son of God.
 創造が、分離した人や分離した物事に神の子を完成させる力を与えることはありません。

 What idol can be called upon to give the Son of God what he already has?
 いったいどのような偶像が、神の子がすでに持っているものを与えるために呼び出されうるというのでしょうか。




5. Completion is the function of God's Son.
 完成することこそが神の子の役割です。

 He has no need to seek for it at all.
 神の子には完成を探し求める必要はまったくありません。

 Beyond all idols stands his holy will to be but what he is.
 あらゆる偶像を越えたところには、ただ自分本来の姿であろうとする神の子の神聖な意志があります。

 For more than whole is meaningless.
 というのも、完全なるもの以上であることは無意味なことだからです。

 If there were change in him, if he could be reduced to any form and limited to what is not in him, he would not be as God created him.
 もし彼の中に変化があったり、もし彼がどんな形にであれ縮小させられて、彼の中には存在しない何かに制限されうるとしたら、彼は神に創造されたままの神の子ではなくなってしまうでしょう。

 What idol can he need to be himself?
 神の子が自分自身であるために、いったいどんな偶像を必要とするというのでしょうか。

 For can he give a part of him away?
 というのも、彼には自分の一部を手放そうにも手放しようがないからです。

 What is not whole cannot make whole.
 完全でないものが他のものを完全にすることなどできません。

 But what is really asked for cannot be denied.
 しかし、真に求められているものが拒まれることはありえません。

 Your will is granted.
 あなたの意志は叶えられています。

 Not in any form that would content you not, but in the whole completely lovely Thought God holds of you.
 それは、あなたを満足させることのない何らかの形においてではなく、神があなたに対して抱いている完全に愛に満ちた大いなる思い全体の中で叶えられているのです。

名称未設定


6. Nothing that God knows not exists.
 神が知らないものは、何ひとつ存在しません。

 And what He knows exists forever, changelessly.
 そして、神の知るものは永遠に変わることなく存在します。

 For thoughts endure as long as does the mind that thought of them.
 というのは、思いは、それを思考した心が存在するかぎり存続するものだからです。

 And in the Mind of God there is no ending, nor a time in which His Thoughts were absent or could suffer change.
 そして、神の大いなる心においては、終わりというものはないし、神の大いなる思いが不在であったり、変化を被ったりする時間もありません。

 Thoughts are not born and cannot die.
 思いは、生まれるものではないし、死ぬこともありえません。

 They share the attributes of their creator, nor have they a separate life apart from his.
 思いは、自らの創造者の持つ属性を分かち合うのであり、その創造者から分離した別個の生命を持つわけではありません。

 The thoughts you think are in your mind, as you are in the Mind Which thought of you.
 あなたが思考する思いはあなたの心の中にあります。それはちょうど、あなたのことを思う大いなる心の中に、あなたがあるのと同じことです。

 And so there are no separate parts in what exists within God's Mind.
 したがって、神の大いなる心の中に存在するものには分離した別々の部分は存在しません。

 It is forever One, eternally united and at peace.
 それは永遠に一つであり、平安の中で永遠に一つに結ばれています。




7. Thoughts seem to come and go.
 思いというものは、来ては去るものであるように思えます。

 Yet all this means is that you are sometimes aware of them, and sometimes not.
 しかし、これは、あなたが思いを意識している時もあれば、意識していない時もあることを意味するだけです。

 An unremembered thought is born again to you when it returns to your awareness.
 忘れていた思いは、その思いがあなたの意識に戻ったとき、あなたにとって再び生まれることになります。

 Yet it did not die when you forgot it.
 しかし、あなたがその思いを忘れていたときでも、その思いは死んでいたわけではありません。

 It was always there, but you were unaware of it.
 その思いは、つねにそこにあったのですが、ただあなたがその思いに気づいていなかっただけなのです。

 The Thought God holds of you is perfectly unchanged by your forgetting.
 神があなたについて抱いている大いなる思いは、あなたがそれを忘れていたことによってまったく変わっていません。

 It will always be exactly as it was before the time when you forgot, and will be just the same when you remember.
 神のあなたへの思いは、いつでも、あなたが忘れた時よりも前とまったく変わらないままだし、あなたがそれを思い出したときもまったく同じままです。

 And it is the same within the interval when you forgot.
 そして、あなたがそれを忘れていた間も、まったく同じままなのです。

名称未設定


8. The Thoughts of God are far beyond all change, and shine forever.
 神の大いなる思いは、いかなる変化もはるかに超越して、永遠に輝いています。

 They await not birth.
 神の大いなる思いは、誕生を待っているのではありません。

 They wait for welcome and remembering.
 神の大いなる思いは、歓迎されて思い出してもらうことを待っているのです。

 The Thought God holds of you is like a star, unchangeable in an eternal sky.
 神があなたに対して抱く大いなる思いは、果てしない空にある星のように不変なるものです。

 So high in Heaven is it set that those outside of Heaven know not it is there.
 それは天国のあまりに高いところに置かれているために、天国の外側にいる者たちには、それがそこにあるとはわかりません。

 Yet still and white and lovely will it shine through all eternity.
 それでも、その不変の星のごとき神の思いは、すべての永遠を通じて、静かに純白の素晴らしい輝きを放ちつづけます。

 There was no time it was not there; no instant when its light grew dimmer or less perfect ever was.
 それがそこに存在しなかったことなど一時もないし、その光がそれまでよりも暗くなったり完璧ではなくなったりしたときも、一瞬としてありません。



9. Who knows the Father knows this light, for He is the eternal sky that holds it safe, forever lifted up and anchored sure.
 大いなる父を知る者はこの光を知ります。というのも、その父こそが、この光を安全に保ちながら、永遠に高く掲げて確実に支えている果てしない天空だからです。

 Its perfect purity does not depend on whether it is seen on earth or not.
 その完璧な清らかさは、それが地上から見えようと見えまいと、そんなことに影響されることはありません。

 The sky embraces it and softly holds it in its perfect place, which is as far from earth as earth from Heaven.
 その空は、その光を抱擁し、その光に最適のところに優しく保っています。そこは、地上が天国から遠く離れているのと同じくらい地上から遠く離れたところです。

 It is not the distance nor the time that keeps this star invisible to earth.
 地上からこの星を見えなくしているのは、その間の距離でもなければ時間でもありません。

 But those who seek for idols cannot know the star is there.
 ただ偶像を探し求める者たちには、そこに星があることがわからないだけなのです。

名称未設定


10. Beyond all idols is the Thought God holds of you.
 あらゆる偶像を越えたところに、神があなたに対して抱く大いなる思いがあります。

 Completely unaffected by the turmoil and the terror of the world, the dreams of birth and death that here are dreamed, the myriad of forms that fear can take; quite undisturbed, the Thought God holds of you remains exactly as it always was.
 それはこの世界の混乱や恐怖、この世界で夢見られている誕生と死の夢や、無数の形をとって現れる恐れによっても影響されていません。神があなたに対して抱いている大いなる思いは、一切動じることなく、まったくこれまでつねにそうであった通りであり続けます。

 Surrounded by a stillness so complete no sound of battle comes remotely near, it rests in certainty and perfect peace.
 戦いの響きが少しも近づくこともできないほどの、あまりに完璧な静けさに囲まれて、神があなたに対して抱く大いなる思いは確信と完璧な平安のうちに安らいでいます。

 Here is your one reality kept safe, completely unaware of all the world that worships idols, and that knows not God.
 偶像を崇拝し、神を知らない世界のことなどまったく気づきもしないまま、ここに、あなたの唯一の真の姿が安全に保たれています。

 In perfect sureness of its changelessness and of its rest in its eternal home, the Thought God holds of you has never left the Mind of its Creator Whom it knows as its Creator knows that it is there.
 自らの不変性を完璧に確信し、自らが永遠の住まいに安らぐことに完璧な確信を抱いているので、神があなたに対して抱く大いなる思いは、その創造主の大いなる心を離れたことは一度もありません。その大いなる思いは、自らの創造主がその大いなる思いがそこに存在することを知っているのと同じように、自らの創造主のことを知っています。




11. Where could the Thought God holds of you exist but where you are?
 神があなたに対して抱く大いなる思いは、あなたが存在するところ以外のどこに存在できるというのでしょうか。

 Is your reality a thing apart from you, and in a world which your reality knows nothing of?
 あなたの真の姿があなたから離れている物体であったり、本当のあなたが何も知らない世界の中にあったりするものでしょうか。

 Outside you there is no eternal sky, no changeless star and no reality.
 あなたの外側には、果てしなく続く空も、不変の星も、いかなる現実も存在しません。

 The mind of Heaven's Son in Heaven is, for there the Mind of Father and of Son joined in creation which can have no end.
 天国の子の心は天国の中にあります。というのも、そこで父の心と子の心とが終わりのない創造の中で一つに結ばれているからです。

 You have not two realities, but one.
 あなたには二つの真の姿があるわけではなく、ただ一つあるだけです。

 Nor can you be aware of more than one.
 それに、あなたには一つ以上の真実を自覚することはできません。

 An idol or the Thought God holds of you is your reality.
 偶像か、または、神があなたに対して抱く大いなる思い、そのいずれかが、あなたの真の姿なのです。

 Forget not, then, that idols must keep hidden what you are, not from the Mind of God, but from your own.
 だから、偶像はあなたの本当の姿を、神の大いなる心からではなくて、あなた自身の心から隠しつづけなければならないということを忘れないでください。

 The star shines still; the sky has never changed.
 星は今も輝いていて、天空は一度も変わったことがありません。

 But you, the holy Son of God Himself, are unaware of your reality.
 ところが、神自身の神聖な子であるあなたは、自分の本当の姿に気づいていないのです。

名称未設定



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/778-a02c4d0e
該当の記事は見つかりませんでした。