There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

T31-4 真の選択肢

0   0

今回はテキスト代三十一章から「真の選択肢」という一節をご紹介します。



テキスト第三十一章


IV. The Real Alternative
四 真の選択肢


1. There is a tendency to think the world can offer consolation and escape from problems that its purpose is to keep.
 この世界の目的は様々な問題を保ちつづけることなのに、その世界にはそのような問題からの逃げと慰めを与えることができると考えてしまう傾向があります。

 Why should this be?
 これはなぜなのでしょう。

 Because it is a place where choice among illusions seems to be the only choice.
 その理由は、この世界は数ある幻想の中から選択することだけが唯一の選択であるように思える場所だからです。

 And you are in control of outcomes of your choosing.
 そして、あなたには自分の選択したことの帰結を自分でコントロールできるように思えるからです。

 Thus you think, within the narrow band from birth to death, a little time is given you to use for you alone; a time when everyone conflicts with you, but you can choose which road will lead you out of conflict, and away from difficulties that concern you not.
 したがって、あなたは、誕生からまでの短い時間の中で、自分には自分だけのために使える時間はわずかしか与えられていないと思っています。すなわち、その時間は、誰もがあなたと争うための時間であるものの、あなたはどちらのが自分を葛藤から連れ出して自分には関心のない困難から遠ざけてくれるかを自分で選択できると思っています。

 Yet they are your concern.
 ところが、あなたが避けようとしている困難こそ、あなたの関心事なのです。

 How, then, can you escape from them by leaving them behind?
 そうだとすれば、どうしてあなたに、それを置き去りにすることによって、それらの困難から逃れることなどできるでしょうか。

 What must go with you, you will take with you whatever road you choose to walk along.
 必ずあなたと共に行くに違いないものは、あなたがどのを歩むことを選ぼうとも、あなたは自分と一緒に連れて行くことになるのです。

名称未設定


2. Real choice is no illusion.
 真の選択は幻想ではありません。

 But the world has none to offer.
 しかし、この世界には真の選択を一つも差し出すことはできません。

 All its roads but lead to disappointment, nothingness and death.
 この世界のはすべて、失望と無とへと導くだけです。

 There is no choice in its alternatives.
 この世界の選択肢の中には、それに代わる選択肢は何もないのです。

 Seek not escape from problems here.
 この世界において、問題からの逃げを探そうとしないでください。

 The world was made that problems could not be escaped.
 この世界は、問題から逃げ出せなくするために作り出されたのです。

 Be not deceived by all the different names its roads are given.
 この世界の色んなのそれぞれに付けられたどんな異なる名前によっても騙されないでください。

 They have but one end.
 それらの道の行きつく先は一つしかないのです。

 And each is but the means to gain that end, for it is here that all its roads will lead, however differently they seem to start; however differently they seem to go.
 だから、すべての道はその目的地に辿り着くための手段でしかありません。というのは、どんなに出発の仕方が違っているように見えようが、どんなに違う方向に進んでいるように見えようが、この世界のすべての道が導く場所はここだからです。

 Their end is certain, for there is no choice among them.
 それらの道が終着するのは確実です。というのも、それらの道の間に選択の余地はないからです。

 All of them will lead to death.
 この世界のすべての道はへと導きます。

 On some you travel gaily for a while, before the bleakness enters.
 ある道では、あなたはしばらくの間は愉快な旅をしますが、それも荒涼とした状況が訪れるまでのことです。

 And on some the thorns are felt at once.
 また、別の道では、あっという間に荊の上を歩む痛みを感じる道もあります。

 The choice is not what will the ending be, but when it comes.
 選択できるのは、どんな終着になるかではなくて、いつ終着するかだけです。




3. There is no choice where every end is sure.
 あらゆる終着点が確定しているところには、選択の余地はありません。

 Perhaps you would prefer to try them all, before you really learn they are but one.
 あなたは選択肢の一つひとつをみな試してみたいと思うかもしれませんが、それも、あなたがすべての選択肢は結局たった一つものだと真に学ぶまでのことです。

 The roads this world can offer seem to be quite large in number, but the time must come when everyone begins to see how like they are to one another.
 この世界が提供できる道はきわめて膨大な数に上るように思えるかもしれません。しかし、誰もがそれらの道がどれもこれもみな同じものだとわかりはじめる時が必ずやってきます。

 Men have died on seeing this, because they saw no way except the pathways offered by the world.
 人類はこれまでこの膨大な道を見ながらんできたのです。なぜなら、彼らはこの世界によって差し出される道しか見えなかったからです。

 And learning they led nowhere, lost their hope.
 そして、それらの道がどこにも導いてはくれないと学んで、彼らは希望を失ってしまったのです。

 And yet this was the time they could have learned their greatest lesson.
 それでも、その時こそが、彼らに最も重要なレッスンを学ぶことができたはずの時だったのです。

 All must reach this point, and go beyond it.
 すべての者たちがこの地点まで到達し、そこを越えて行かねばなりません。

 It is true indeed there is no choice at all within the world.
 この世界の中ではまったく選択の余地はないというのはまさに真実です。

 But this is not the lesson in itself.
 しかし、このことそれ自体が学ぶべきレッスンであるわけではありません。

 The lesson has a purpose, and in this you come to understand what it is for.
 そのレッスンにはある目的があり、その目的において、あなたはそのレッスンが何のためのものなのか理解することになります。

名称未設定


4. Why would you seek to try another road, another person or another place, when you have learned the way the lesson starts, but do not yet perceive what it is for?
 そのレッスンがどのように始まるかは学んだとしても、まだそのレッスンが何のためのものなのか知覚していないというのに、なぜあなたは他の道や他の人や他の場所を試してみようとなどするのでしょうか。

 Its purpose is the answer to the search that all must undertake who still believe there is another answer to be found.
 そのレッスンの目的こそが、依然として別の答えが見つかるに違いないと信じている者たちみんなが必ず取りかかることになる探索に対する答えです。

 Learn now, without despair, there is no hope of answer in the world.
 今こそ、絶望することなく、この世界の中に答えを見出せる望みはないと学びなさい。

 But do not judge the lesson that is but begun with this.
 しかし、この学びと一緒に、やっと始まったばかりのレッスンについて価値判断してはなりません。

 Seek not another signpost in the world that seems to point to still another road.
 この世界の中で、依然として別の道を指し示すように見える他の道標を探そうとなどしないでください。

 No longer look for hope where there is none.
 もうこれ以上、何の希望も存在しない場所で希望を求めないことです。

 Make fast your learning now, and understand you but waste time unless you go beyond what you have learned to what is yet to learn.
 今こそ、あなたの学びを進めてください。そして、あなたが自分の学んだことを越えて、まだこれから学ぶ必要があることへと進まないかぎり、時間を無駄にするだけだということを理解してください。

 For from this lowest point will learning lead to heights of happiness, in which you see the purpose of the lesson shining clear, and perfectly within your learning grasp.
 というのは、この最も低い地点から学習は幸福の絶頂へと導くからです。そこであなたは、はっきりと輝いて、あなたの学習によって完璧に把握できるものとして、そのレッスンの目的を見ることになります。




5. Who would be willing to be turned away from all the roadways of the world, unless he understood their real futility?
 その人がこの世界のすべての道が本当に役に立たないものだと理解しないかぎり、いったい誰が自分から進んで、この世界のすべての道に背を向ける意欲を持てるでしょうか。

 Is it not needful that he should begin with this, to seek another way instead?
 この世界の道の代わりに別の道を求めるためには、その人はまず、世界のすべての道の真の不毛さを理解することから始める必要があるのではないでしょうか。

 For while he sees a choice where there is none, what power of decision can he use?
 というのは、彼が選択の余地がないところに選択肢があると見ている間は、彼にはいかなる決断力も使えないからです。

 The great release of power must begin with learning where it really has a use.
 力の大いなる解放は、どこでその力が真に役立てられるかを学ぶことから始まるに違いありません。

 And what decision has power if it be applied in situations without choice?
 そして、もし決断が選択の余地などない状況に用いられるとしたら、いったいどんな決断が力を発揮できるというのでしょうか。

名称未設定


6. The learning that the world can offer but one choice, no matter what its form may be, is the beginning of acceptance that there is a real alternative instead.
 それがどんな形をとろうとも、この世界には、ただ一つの選択肢しか差し出せないと学ぶことは、それに代わる真の選択肢の存在を受け入れはじめることになります。

 To fight against this step is to defeat your purpose here.
 このステップに抵抗して戦おうとすることは、あなたのここでの目的を挫くことになります。

 You did not come to learn to find a road the world does not contain.
 あなたは、この世界に含まれていない道を見つけることを学ぶためにやってきたのではありません。

 The search for different pathways in the world is but the search for different forms of truth.
 この世界で、様々な違う道を探求することは、様々に異なる真理の形を探求することにほかなりません。

 And this would keep the truth from being reached.
 そして、このことは、真理に到達するのを妨げつづけることになります。




7. Think not that happiness is ever found by following a road away from it.
 幸せから遠ざかる道を辿りながら、幸せが見つけられるなどと思わないでください。

 This makes no sense, and cannot be the way.
 これは道理に適わないし、正しい道ではありえません。

 To you who seem to find this course to be too difficult to learn, let me repeat that to achieve a goal you must proceed in its direction, not away from it.
 このコースの教えは難しすぎて学べないと思っている様子のあなたに、私からもう一度繰り返して言っておきたいことがあります。それは、ある目標に到達するためには、その目標から離れるのではなくて、その目標の方向へ進んでいく必要があるということです。

 And every road that leads the other way will not advance the purpose to be found.
 そして、反対方向に導く道はどれもみな、見出すべき目的に向けて前進させてはくれません。

 If this be difficult to understand, then is this course impossible to learn.
 もしこのことを理解するのが難しいようであれば、このコースを学ぶのは不可能です。

 But only then.
 ただし、ただその場合だけです。

 For otherwise, it is a simple teaching in the obvious.
 というのも、そうでなければ、これは明快で簡単な教えだからです。

名称未設定


8. There is a choice that you have power to make when you have seen the real alternatives.
 あなたが真の選択肢を見たとき、そこにこそ、あなたの持っている力で下せる選択が存在します。

 Until that point is reached you have no choice, and you can but decide how you would choose the better to deceive yourself again.
 その地点に到達するまで、あなたには選択の余地はありません。あなたはただ、再び自分自身をよりうまく騙すためにはどう選択すればよいか決めることしかできません。

 This course attempts to teach no more than that the power of decision cannot lie in choosing different forms of what is still the same illusion and the same mistake.
 このコースが教えようとするのは、所詮、同じ幻想であり同じ間違いでしかないものがとる様々に異なった形の中から選択することに決断する力を見出すことはできないということだけです。

 All choices in the world depend on this; you choose between your brother and yourself, and you will gain as much as he will lose, and what you lose is what is given him.
 この世界の中でのすべての選択は次のことに依存しています。すなわち、あなたは兄弟と自分自身の間で選択し、兄弟が失う分だけあなたは得ることになり、あなたが失うものは兄弟に与えられる、ということです。

 How utterly opposed to truth is this, when all the lesson's purpose is to teach that what your brother loses you have lost, and what he gains is what is given you.
 これは完全に真理とは逆さまです。すべてのレッスンの目的は、ただ、あなたの兄弟が失うものは、あなたもすでに失っており、兄弟が得るものは、あなたが与えられるものだと教えることにあります。




9. He has not left His Thoughts!
 神は自らの大いなる想念たちから離れてなどいません。

 But you forgot His Presence and remembered not His Love.
 しかし、あなたは神の臨在を忘れているし、神の愛も覚えてはいないのです。

 No pathway in the world can lead to Him, nor any worldly goal be one with His.
 この世界のどの道も、神の下へと導いてはくれないし、いかなる世俗的な目標も、神の目標と一つになることはできません。

 What road in all the world will lead within, when every road was made to separate the journey from the purpose it must have unless it be but futile wandering?
 単なる無益な放浪の旅は別として、どの道も、ことごとく旅路をその本来の目的から逸脱させるために作られているとしたら、この世界中のどの道が心の内面へと導いてくれるでしょうか。

 All roads that lead away from what you are will lead you to confusion and despair.
 本来のあなたから離れて行くすべての道は、あなたを混乱と絶望へと導きます。

 Yet has He never left His Thoughts to die, without their Source forever in themselves.
 しかし、神は一度もその大いなる思いたちの許を離れず、彼らの大いなる源を彼ら自身の中に永遠に与えずにおいてなせるようなことはありませんでした。

名称未設定


10. He has not left His Thoughts!
 神は、自らの大いなる想念たちから離れてなどいません。

 He could no more depart from them than they could keep Him out.
 その想念たちが神を締め出すことなどできないのと同じように、神は彼らから離れることなどできないのです。

 In unity with Him do they abide, and in Their Oneness Both are kept complete.
 神との統合の中に彼らは住んでおり、神と子の一体性の中で、両者は完全な姿を保っています。

 There is no road that leads away from Him.
 神から遠ざかる道は存在しません。

 A journey from yourself does not exist.
 あなた自身から離れる旅路も存在しません。

 How foolish and insane it is to think that there could be a road with such an aim!
 そんな目的を持った道が存在しうると考えることは、何と愚かで常軌を逸したことでしょう。

 Where could it go?
 そんな道がいったいどこに行き着くというのでしょうか。

 And how could you be made to travel on it, walking there without your own reality at one with you?
 そして、あなた自身の本質があなたと一つになることなしにその道を歩むことになるというのに、どうすればあなたにその道を旅することができるというのでしょうか。




11. Forgive yourself your madness, and forget all senseless journeys and all goal-less aims.
 自分の狂気について自分自身を赦しなさい。そして、すべての無意味な旅路や終着することのない目的のすべてを忘れてしまいなさい。

 They have no meaning.
 それらには何の意味もないのです。

 You can not escape from what you are.
 あなたは本当の自分から逃がれることはできません。

 For God is merciful, and did not let His Son abandon Him.
 というのは、神は慈悲深いので、わが子に神を見捨てさせるようなことはなかったからです。

 For what He is be thankful, for in that is your escape from madness and from death.
 神が慈悲の神であることに感謝するがよいでしょう。というのは、このことにこそ、あなたの狂気とからの逃げ道があるからです。

 Nowhere but where He is can you be found.
 神がいる場所以外に、あなたが見出されることはありえません。

 There is no path that does not lead to Him.
 神の下へと至ることのない道など存在しないのです。

名称未設定


いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村


ポチッとお願いします!

2air_rankクリックお願いします
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/781-da5719fc
該当の記事は見つかりませんでした。