There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

T3-6 価値判断と権威問題

テキスト3章から価値判断と権威問題についての一節です。




テキスト 第三章

VI. Judgment and the Authority Problem
六 価値判断と権威問題




1. We have already discussed the Last Judgment, but in insufficient detail.
 私たちはすでに最後の審判について論じたことがありますが、まだ十分詳細に話したとはいえません。

 After the Last Judgment there will be no more.
 最後の審判が過ぎたあと、もはやそれに続く裁きは何もありません。

 Judgment is symbolic because beyond perception there is no judgment.
 審判というのは象徴的なものです。というのも、知覚を超える領域では、価値判断をして裁くということがまったく無いからです。

 When the Bible says "Judge not that ye be not judged," it means that if you judge the reality of others you will be unable to avoid judging your own.
 聖書が「裁くなかれ、汝が裁かれざらんためである」と言うとき、それが意味するのは、もしあなたが他者が何者であるか価値判断して裁くなら、あなたは自分自身が何者なのか裁くことを避けられなくなってしまうということです。




2. The choice to judge rather than to know is the cause of the loss of peace.
 知ることよりも価値判断することを選ぶことが、平安を失ってしまう原因です。

 Judgment is the process on which perception but not knowledge rests.
 価値判断は、知覚に必要なプロセスではあっても、知識には不要なプロセスです。

 I have discussed this before in terms of the selectivity of perception, pointing out that evaluation is its obvious prerequisite.
 私は以前に、このことを知覚の選択性の観点から話しました。その際には、知覚には評価することが明らかな前提条件になると指摘しておきました。

 Judgment always involves rejection.
 価値判断は、つねに拒絶することを必要とします。

 It never emphasizes only the positive aspects of what is judged, whether in you or in others.
 価値判断は、あなたのことであれ、他者のことであれ、決して判断対象の持つ肯定的な面だけに着目するわけではありません。

 What has been perceived and rejected, or judged and found wanting, remains in your mind because it has been perceived.
 知覚したうえで拒絶したものや、価値判断を下して欠乏していると認めたことは、すでに知覚されてしまったために、あなたの心に残ることになります。

 One of the illusions from which you suffer is the belief that what you judged against has no effect.
 あなたの苦しみの温床となる錯覚のひとつは、あなたが下した否定的な価値判断には何の影響力もないと信じることです。

 This cannot be true unless you also believe that what you judged against does not exist.
 あなたが、自分が否定する判断を下したものが存在しないことをも信じているのでないかぎり、あなたの否定的な価値判断が本当に何の影響も及ぼさずに済むはずがありません。

 You evidently do not believe this, or you would not have judged against it.
 あなたが、自分が否定する判断を下したものが存在しないと信じてなどいないことは歴然としています。そうでなければ、あなたが元々存在しないものに対してわざわざ反対する判断を下したはずがないからです。

 In the end it does not matter whether your judgment is right or wrong.
 結局のところ、あなたの判断が正しかろうが間違っていようが、そんなことは問題ではありません。

 Either way you are placing your belief in the unreal.
 いずれにせよ、あなたは偽りを信じてしまっているのです。

 This cannot be avoided in any type of judgment, because it implies the belief that reality is yours to select from.
 いかなるタイプの価値判断においても、あなたは虚構を信じてしまうことを避けられません。なぜなら、価値判断することは暗に、現実とは、あなたが任意に選び出すものだと信じていることを意味しているからです。


名称未設定


3. You have no idea of the tremendous release and deep peace that comes from meeting yourself and your brothers totally without judgment.
 裁こうとする気持ちをまったく抱くことなく、自分自身や兄弟たちに向き合うときに湧き起こる途方もない解放感や深い心の安らぎがいかなるものか、あなたには皆目見当がつかないはずです。

 When you recognize what you are and what your brothers are, you will realize that judging them in any way is without meaning.
 あなたが自分が本当は何者なのか、兄弟たちが本当は誰なのか、それを認識したなら、あなたは、どのような形であれ彼らの価値を判断して裁くことには何の意味もないと理解することでしょう。

 In fact, their meaning is lost to you precisely because you are judging them.
 事実、あなたにとって兄弟たちが持つ意味が失われてしまっているのは、まさしく、あなたが兄弟たちのことを裁いてしまっているせいなのです。

 All uncertainty comes from the belief that you are under the coercion of judgment.
 自分がつねに価値判断を強制されていると信じ込むと、あなたはあらゆることに確信を持てなくなってしまいます。

 You do not need judgment to organize your life, and you certainly do not need it to organize yourself.
 あなたは自分の生活にまとまりを持たせるために価値判断を下す必要はないし、ましてや自分の気分を落ち着かせるために価値判断をする必要などありません。

 In the presence of knowledge all judgment is automatically suspended, and this is the process that enables recognition to replace perception.
 知識を前にすると、すべての価値判断は自動的に中断します。そして、この価値判断の中断は、知識による識別が知覚に取って代わることを可能にするプロセスなのです。



4. You are very fearful of everything you perceive but have refused to accept.
 あなたは自分で知覚しながらも、受け入れることを拒絶したあらゆるもののことを、ひどく恐れています。

 You believe that, because you have refused to accept it, you have lost control over it.
 あなたは、自分が受け入れることを拒絶したがために、自分が拒絶したものをコントロールする力を自分は失ってしまったものと信じています。

 This is why you see it in nightmares, or in pleasant disguises in what seem to be your happier dreams.
 そのために、あなたは自分が拒絶したものを悪夢の中で見たり、あるいは、自分が今より幸せに見える夢の中での楽しげな偽装の中に見たりします。

 Nothing that you have refused to accept can be brought into awareness.
 あなたが受け入れることを拒絶したものは何ひとつ自覚できなくなってしまいます。

 It is not dangerous in itself, but you have made it seem dangerous to you.
 あなたが受け入れることを拒絶したものそれ自体は危険ではないのですが、あなたはそれが自分にとって危険なものに見えるようにしてしまったのです。


名称未設定

5. When you feel tired, it is because you have judged yourself as capable of being tired.
 あなたが疲れを感じるとすれば、それはあなたが、自分自身のことを疲れることが可能な存在だと価値判断してしまったせいです。

 When you laugh at someone, it is because you have judged him as unworthy.
 あなたが誰かのことを嘲笑うとき、それは、あなたが彼のことを価値のない者であると価値判断したからです。

 When you laugh at yourself you must laugh at others, if only because you cannot tolerate the idea of being more unworthy than they are.
 もしあなたが、ただほかの者たちよりも自分のほうがさらに劣った価値のない者であるという思いに耐えられないという理由だけで自分自身を笑うなら、本当は、あなたはほかの者たちのことを笑っているに違いないのです。

 All this makes you feel tired because it is essentially disheartening.
 こんなことはすべて、本質的にがっかりすることなので、あなたに疲れを感じさせてしまいます。

 You are not really capable of being tired, but you are very capable of wearying yourself.
 本当は、あなたは疲れることなどできないはずです。それでも、あなたが現に自分自身を疲労させることができているというのも確かなことです。

 The strain of constant judgment is virtually intolerable.
 絶え間なく価値判断をして裁こうと気を張り詰めていると、ほとんどそれに耐えきれないほどになります。

 It is curious that an ability so debilitating would be so deeply cherished.
 このような衰弱させるしか能のない価値判断して裁く能力が、これほどまでに大切にされているというのも奇妙なことです。

 Yet if you wish to be the author of reality, you will insist on holding on to judgment.
 それでも、あなたが現実の創始者でありたいと望むかぎり、あなたは価値判断して裁く能力にしがみついて譲ろうとはしないでしょう。

 You will also regard judgment with fear, believing that it will someday be used against you.
 いつの日か自分に向けて裁きが用いられることになると信じるので、あなたはまた、裁くことを恐ろしいことだとみなすようにもなります。

 This belief can exist only to the extent that you believe in the efficacy of judgment as a weapon of defense for your own authority.
 こんなふうにあなたが裁きがいつか自分に向けられるのではないかと信じて恐れることがありうるとしても、それはただ、あなたが裁きには自分自身の権威を防衛するための武器としての使いみちがあると信じる程度においてのことにすぎません。




6. God offers only mercy.
 神は、ただ慈悲だけを差し延べてくれます。

 Your words should reflect only mercy, because that is what you have received and that is what you should give.
 あなたの言葉も、ただ慈悲だけを反映する言葉であるべきです。なぜなら、慈悲こそあなたが受け取っているものであり、また、あなたが与えるべきものだからです。

 Justice is a temporary expedient, or an attempt to teach you the meaning of mercy.
 正義とは、あなたに慈悲の意味を教えようとするための一時的な方便です。

 It is judgmental only because you are capable of injustice.
 正義が価値判断して裁くことがあるのは、単にあなたが不公正になる可能性があるからにすぎません。


7. I have spoken of different symptoms, and at that level there is almost endless variation.
 私は、物事の様々な症状について述べたことがあります。そして、症状が現れるレベルでは、症状にはほとんど無限のバリエーションがあります。

 There is, however, only one cause for all of them: the authority problem.
 しかし、それらの症状のすべてにはただひとつの原因が存在するだけです。それは、権威問題です。

 This is "the root of all evil. "
 この権威問題こそが「諸悪の根源」です。

 Every symptom the ego makes involves a contradiction in terms, because the mind is split between the ego and the Holy Spirit, so that whatever the ego makes is incomplete and contradictory.
 エゴの作り出す症状はいずれも、概念上の矛盾を必ず含んでいます。なぜなら、心はエゴと聖霊とに分裂しており、そのために何であれエゴの作り出すものは不完全で矛盾しているからです。

 This untenable position is the result of the authority problem which, because it accepts the one inconceivable thought as its premise, can produce only ideas that are inconceivable.
 こんな受け入れがたい事態が権威問題の結果です。権威問題は、ただ想像もつかないような想念しか生み出すことができません。なぜなら、権威問題は、その前提として、考えも及ばないような思いを受け入れているからです。

8. The issue of authority is really a question of authorship.
 権威についての問題とは、実際には誰が創始者なのかという疑問です。

 When you have an authority problem, it is always because you believe you are the author of yourself and project your delusion onto others.
 あなたが権威問題を持つとすれば、それはつねに、あなたが自分が自分自身の創始者だと信じて、そんな自分の妄想を他の者たちに投影するからです。

 You then perceive the situation as one in which others are literally fighting you for your authorship.
 この投影が起こると、あなたは、他の者たちが、あなたが創始者であることを争って、文字どおり自分に戦いを仕掛けてきているものとして状況を知覚することになってしまいます。

 This is the fundamental error of all those who believe they have usurped the power of God.
 これこそ神の力を奪い取ったと信じるすべての者たちが犯す根本的な過ちです。

 This belief is very frightening to them, but hardly troubles God.
 自分が神の力を簒奪したと信じると、当人たちは非常に恐怖を感じるでしょうが、神はそんなことなど歯牙にもかけません。

 He is, however, eager to undo it, not to punish His children, but only because He knows that it makes them unhappy.
 それでも、神は、自分の子供たちを罰したいがためではなく、ただ子供たちがそのように信じると彼らが不幸になってしまうとわかっているがゆえに、神からの力の簒奪という信念を取り消すことを熱望します。

 God's creations are given their true Authorship, but you prefer to be anonymous when you choose to separate yourself from your Author.
 神の創造物たちにはすでに真の権威が与えられています。それなのに、あなたが自分自身を自らの真の創始者から切り離すことを選ぶとすれば、あなたは創始者不詳の身になることを選ぼうとしていることになります。

 Being uncertain of your true Authorship, you believe that your creation was anonymous.
 自分の真の創始者が誰なのかということに確信が持てずにいるために、あなたは自分を創造したのが誰か不明であると信じてしまうのです。

 This leaves you in a position where it sounds meaningful to believe that you created yourself.
 こうして自分を創始者不詳の身であると信じることによって、あなたは自分で自分自身を創造したと信じることにあたかも意味があるかのように思える境遇に自らを追い込んでしまうことになります。

 The dispute over authorship has left such uncertainty in your mind that it may even doubt whether you really exist at all.
 この誰が創始者なのかという議論は、はたして自分は本当に存在するのだろうかとすら疑ってしまうほどの大きな疑念をあなたの心に残してしまいました。


9. Only those who give over all desire to reject can know that their own rejection is impossible.
 拒絶したいという願望をすべて断念した者だけが、自分自身を拒絶することは不可能だと知ることができます。

 You have not usurped the power of God, but you have lost it.
 あなたは、神の力を奪ってなどいません。しかし、あなたが神の力を失ってしまっているのは確かです。

 Fortunately, to lose something does not mean that it has gone.
 もっとも、幸いにして、何かを失うということは、その何かが存在しなくなったことを意味するものではありません。

 It merely means that you do not remember where it is.
 それは単に、あなたが自分の失ったものがどこにあるのか覚えていないことを意味するだけです。

 Its existence does not depend on your ability to identify it, or even to place it.
 あなたが失ったものを見分けたり、どこでそれを失くしたのか思い出したり見つけたりできるかどうかによって、あなたが失ったものが存在するかどうかが左右されるわけではありません。

 It is possible to look on reality without judgment and merely know that it is there.
 価値判断することなく現実を見て、単に失ったものがそこにあると知ることは可能なのです。



10. Peace is a natural heritage of spirit.
 平安は、霊が生まれながらに受け継いでいる天性です。

 Everyone is free to refuse to accept his inheritance, but he is not free to establish what his inheritance is.
 誰でも自分の受け継いだものを受け入れることを拒むのは自由です。しかし、彼には、自分が受け継ぐものが何であるかを定める自由はありません。

 The problem everyone must decide is the fundamental question of authorship.
 誰もが決着をつけなければならない問題点は、誰が創始者であるかという根本的な疑問点についてです。

 All fear comes ultimately, and sometimes by way of very devious routes, from the denial of Authorship.
 すべての恐れは、ときにはとても屈折した経路で生じることもありますが、究極的には、真の創始者を否認することから生じます。

 The offense is never to God, but only to those who deny Him.
 否認されたからといって神に障りが生じることなど決してありません。しかし、神を否認する当人にだけは害悪が及ぶことになります。

 To deny His Authorship is to deny yourself the reason for your peace, so that you see yourself only in segments.
 神が創始者であることを否認すると、あなたは自分自身に対して、自分が平安であるための根拠を否認することになってしまいます。その結果、あなたは自分自身を無数の断片の中にしか見ることができなくなります。

 This strange perception is the authority problem.
 このような異常な知覚の仕方こそが権威問題なのです。



11. There is no one who does not feel that he is imprisoned in some way.
 自分が何らかの形で閉じ込められているように感じない者など誰ひとりとしていません。

 If this is the result of his own free will he must regard his will as not free, or the circular reasoning in this position would be quite apparent.
 もし閉じ込められているという感覚が彼の持つ自由意志の結果だとすれば、彼は自分の意志を自由ではないとみなさざるをえなくなるはずです。さもなければ、こんな見解が循環論法に陥っていることは歴然としています。

 Free will must lead to freedom.
 自由意志は、自由へと導くものであるはずです。

 Judgment always imprisons because it separates segments of reality by the unstable scales of desire.
 裁きは必ず幽閉します。なぜなら、裁くことは願望というぐらつく秤によって、現実の諸側面を切り分けることだからです。

 Wishes are not facts.
 願望は、事実ではありません。

 To wish is to imply that willing is not sufficient.
 願望するということは、意図するだけでは不十分だということを暗に示しています。

 Yet no one in his right mind believes that what is wished is as real as what is willed.
 けれども、正しい心にある者は誰ひとりとして、願望したものが意図したものと同じように現実であるとは信じません。

 Instead of "Seek ye first the Kingdom of Heaven" say, "Will ye first the Kingdom of Heaven," and you have said, "I know what I am and I accept my own inheritance. "
 「汝、まず、天の王国を求めよ」と言う代わりに「汝、まず、天の王国を意図せよ」と言うがよいでしょう。そうすれば、あなたは「私は自分が何者であるか知っているので、私は自分の受け継いだものを受け入れる」と述べたことになります。


名称未設定



関連記事

Comments 0

Leave a reply