There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

M22 癒しと贖罪は別のもの?

マニュアルから癒しに関連する最後の一節をご紹介します。



癒し贖罪の関係についての一節です。

言葉のイメージとしては、癒し贖罪は違うもののように感じますが、結論としては、癒し贖罪は同じものだということです。

赦すことが癒すことになると。

そして、癒しは、誰が癒しを必要としているのか、それを神の教師が気づく結果として起こるということです。

その誰かというのは、目の前の病人として見えているその人ではなく、教師自身でもなく、自分たちの本当の姿、大いなる自己としての神の子のことです。

エゴ・身体と同一化しているアイデンティティーの誤りを修正する普遍的な気づきによって癒されるということです。



Section 22
How Are Healing and Atonement Related?
癒し贖罪はどのように関連しているのだろうか。


1. Healing and Atonement are not related; they are identical.
 癒し贖罪は、関連するものではありません。両者はまったく同じものなのです。

 There is no order of difficulty in miracles because there are no degrees of Atonement.
 奇跡には、難しさの序列はありません。なぜなら、贖罪には程度というものが一切ないからです。

 It is the one complete concept possible in this world, because it is the source of a wholly unified perception.
 これこそ、この世界においてありうるただひとつの完全な概念です。なぜなら、これこそが完全に統合された知覚の源だからです。

 Partial Atonement is a meaningless idea, just as special areas of hell in Heaven are inconceivable.
 部分的な贖罪というものは、無意味な考えです。それはちょうど、天国の中に、地獄という特別な区域があると思い浮かべることなどできないのと同じことです。

 Accept Atonement and you are healed.
 贖罪を受け入れるなら、あなたは癒されることになります。

 Atonement is the Word of God.
 贖罪こそ、神の大いなる言葉です。

  Accept His Word and what remains to make sickness possible?
 神の大いなる言葉を受け入れたなら、病気を可能にする何があとに残るというのでしょうか。

 Accept His Word and every miracle has been accomplished.
 神の大いなる言葉を受け入れたなら、すべての奇跡は成就します。

 To forgive is to heal.
 赦すことは、癒すことです。

 The teacher of God has taken accepting the Atonement for himself as his only function.
 神の教師は、自分の唯一の役割として、自分のための贖罪を受け入れることを引き受けたのです。

 What is there, then, he cannot heal?
 そうだとすれば、彼に癒すことのできない何があるというのでしょうか。

 What miracle can be withheld from him?
 どのような奇跡が、彼に与えられずにおかれるということがありうるでしょうか。




2. The progress of the teacher of God may be slow or rapid, depending on whether he recognizes the Atonement's inclusiveness, or for a time excludes some problem areas from it.
 神の教師の進歩は、彼が贖罪とは包括的なものだと気づいているか、あるいは、しばらくの間は贖罪の包括性から、いくらかの問題だけは除外しておこうとするかによって、ゆっくりとしたものになるかもしれないし、急速なものになるかもしれません。

 In some cases, there is a sudden and complete awareness of the perfect applicability of the lesson of the Atonement to all situations, but this is comparatively rare.
 いくつかのケースでは、贖罪のレッスンがあらゆる状況に完璧にあてはまることに突如、完全に気づくことがあります。しかし、このようなことは、かなり稀なことです。

 The teacher of God may have accepted the function God has given him long before he has learned all that his acceptance holds out to him.
 神の教師は、神に授けられた役目を受け入れたとしても、自分が役目を受け入れることによって自分に差し延べられているすべてを学ぶまでには長い時間がかかるかもしれません。

 It is only the end that is certain.
 確実なのは、目的地だけです。

 Anywhere along the way, the necessary realization of inclusiveness may reach him.
 道を進む途中のどこかで、贖罪が包括的なものであることの必然的な気づきが彼の許に訪れることでしょう。

 If the way seems long, let him be content.
 もし道程が長く思えるとしても、彼を満足させてあげるとよいでしょう。

 He has decided on the direction he wants to take.
 彼は、自分の進みたい方向に進むことを決めたのです。

 What more was asked of him?
 彼にそれ以上何が求められるというのでしょうか。

 And having done what was required, would God withhold the rest?
 そして、彼が求められたことを果たしたにもかかわらず、神が残りのことを与えずにおくということがありうるでしょうか。




3. That forgiveness is healing needs to be understood, if the teacher of God is to make progress.
 もし神の教師が歩みを進めたいなら、彼は、赦しこそが癒しだと理解しなければなりません。

 The idea that a body can be sick is a central concept in the ego's thought system.
 身体病気になることができるという考えは、エゴの思考システムの中枢をなす概念です。

 This thought gives the body autonomy, separates it from the mind, and keeps the idea of attack inviolate.
 この身体病気になりうるとの考えが、身体に自律性を与え、身体を心から切り離し、攻撃するという考えを不可侵のままに保つことになります。

 If the body could be sick Atonement would be impossible.
 もし身体病気になることができるとすれば、贖罪は不可能になってしまうことでしょう。

 A body that can order a mind to do as it sees fit could merely take the place of God and prove salvation is impossible.
 心に自らが適当だと思うように命令することができる身体というものは、ただ神の座を奪い取り、救済が不可能であることを証明することしかできません。

 What, then, is left to heal?
 そうだとすれば、癒すべきものとして何が残るというのでしょうか。

 The body has become lord of the mind.
 身体は、心の主となってしまっているのです。

 How could the mind be returned to the Holy Spirit unless the body is killed?
 身体が殺されないかぎり、どのようにして心は聖霊に返されることができるでしょうか。

 And who would want salvation at such a price?
 そして、誰が身体を殺すという代価を支払ってまで、救われることを望むというのでしょうか。




4. Certainly sickness does not appear to be a decision.
 確かに、病気になることは決断することであるようには見えません。

 Nor would anyone actually believe he wants to be sick.
 しかも、誰であれ、本当は自分が病気を望んでいるなどと信じようとはしないでしょう。

 Perhaps he can accept the idea in theory, but it is rarely if ever consistently applied to all specific forms of sickness, both in the individual's perception of himself and of all others as well.
 もしかしたら、その人は、理論的には、この考えを受け入れることはできるかもしれません。しかし、自分自身だけでなくほかの人たちにも同じように、ともに個人としての観点で、あらゆる具体的な病態に対して、一貫して、この考えを適用してきたとしても、この考えを受け入れることができることは非常に稀なことです。

 Nor is it at this level that the teacher of God calls forth the miracle of healing.
 しかも、神の教師が癒しという奇跡を呼び起こすのはこのレベルにおいてではありません。

 He overlooks the mind < and > body, seeing only the face of Christ shining in front of him, correcting all mistakes and healing all perception.
 神の教師は、小さな心「とともに」身体を見越して、あらゆる間違いを修正し、すべての知覚を癒しながら、自分の目の前に輝くキリストの顔だけを目にしています。

 Healing is the result of the recognition, by God's teacher, of who it is that is in need of healing.
 癒しは、癒しを必要としているのは誰なのか、神の教師によって気づかれることの結果として起こることです。

 This recognition has no special reference.
 この神の教師の気づきは、特別な何かを指し示すものではありません。

 It is true of all things that God created.
 この普遍的な気づきは、神の創造したすべてのことに関してあてはまる真理です。

 In it are all illusions healed.
 この普遍的な気づきの中において、すべての幻想は癒されることになります。




5. When a teacher of God fails to heal, it is because he has forgotten Who he is.
 神の教師が癒すことに失敗するとすれば、それは、神の教師が、自分が本当は誰なのかを忘れてしまっていたせいです。

 Another's sickness thus becomes his own.
 こうして、ほかの人の病気は、彼自身のものになってしまいます。

 In allowing this to happen, he has identified with another's ego, and has thus confused him with a body.
 こんなことが起こることを許してしまうようなとき、神の教師は、他者のエゴと同一化して、そうすることで、彼のことを身体であると混同してしまっているのです。

 In so doing, he has refused to accept the Atonement for himself, and can hardly offer it to his brother in Christ's Name.
 他者のエゴと同一化して彼を身体と混同することで、神の教師は、自分のために贖罪を受け入れることを拒んだのです。だから、彼は、キリストの名において、自らの兄弟に贖罪を差し延べることがほとんどできなくなってしまっているのです

 He will, in fact, be unable to recognize his brother at all, for his Father did not create bodies, and so he is seeing in his brother only the unreal.
 それどころか、彼は、自分の兄弟のことにまったく気づくことができなくなります。というのは、彼の父は身体を創造しなかったので、彼には、自分の兄弟のことを偽りの姿としてしか見ていないからです。

 Mistakes do not correct mistakes, and distorted perception does not heal.
 間違いが間違いを修正することはありません。だから、歪んだ知覚が癒しをなすことはないのです。

 Step back now, teacher of God.
 神の教師よ、今こそ、後ろに下がりなさい。

 You have been wrong.
 あなたはこれまで間違ってきたのです。

 Lead not the way, for you have lost it.
 道を先導してはなりません。なぜなら、あなたは道を見失っているからです。

 Turn quickly to your Teacher, and let yourself be healed.
 すぐに自分の大いなる教師の方に向き直って、自分自身を癒してもらいなさい。




6. The offer of Atonement is universal.
 贖罪を捧げることは、みんなに普遍的に贖罪を適用することです。

 It is equally applicable to all individuals in all circumstances.
 贖罪は、あらゆる状況にある、すべての個人に対して、等しく適用されうるものです。

 And in it is the power to heal all individuals of all forms of sickness.
 そして、贖罪のこの普遍的に適用されうる性質の中にこそ、あらゆる病態にあるすべての人たちを癒す力があるのです。

 Not to believe this is to be unfair to God, and thus unfaithful to Him.
 このことを信じようとしないことは、神に対して不公正であることになり、したがって、神に対して忠実でないということになります。

 A sick person perceives himself as separate from God.
 病人は自分自身を神から切り離されているものとして知覚しています。

 Would you see him as separate from you?
 あなたは彼のことを自分から切り離された存在として見たいのでしょうか。

 It is your task to heal the sense of separation that has made him sick.
 彼を病気にしてしまっている分離の感覚を癒すことこそ、あなたの任務なのです。

 It is your function to recognize for him that what he believes about himself is not the truth.
 その人が自分自身について信じ込んでいることは真実ではないと、その人の代わりに気づいてあげることこそ、あなたの役目なのです。

 It is your forgiveness that must show him this.
 あなたの赦しがその人に、彼の信じ込んでいることが真実でないと明かしてくれるに違いありません。

 Healing is very simple.
 癒しはとてもシンプルなものです。

 Atonement is received and offered.
 贖罪は、受け取られ、そして差し延べられます。

 Having been received, it must be accepted.
 すでに受け取られているのだから、贖罪は受け入れられるに違いありません。

 It is in the receiving, then, that healing lies.
 そうだとすれば、受け取ることの中にこそ、癒しを見出すことができます。

 All else must follow from this single purpose.
 他のことはすべて、このひとつの目的に引き続いてくるに違いないのです。




7. Who can limit the power of God Himself?
 神自身の力を制限できる者など誰もいません。

 Who, then, can say which one can be healed of what, and what must remain beyond God's power to forgive?
 そうだとすれば、誰が何から癒されることができるのかであるとか、何が神の赦しの力をもってしても及ばないままに違いないかということを、いったい誰が語ることができるでしょうか。

 This is insanity indeed.
 これこそまさしく狂気の沙汰です。

 It is not up to God's teachers to set limits upon Him, because it is not up to them to judge His Son.
 神に限界を設けることを神の教師が任意に決められるはずがありません。なぜなら、神の子を裁くことは神の教師たちの責任ではないからです。

 And to judge His Son is to limit his Father.
 そして、神の子を裁くなら、それは、子の父を制限することになります。

 Both are equally meaningless.
 いずれも、同じように無意味なことです。

 Yet this will not be understood until God's teacher recognizes that they are the same mistake.
 しかし、神の教師が神の子を裁くことも神を制限することも同じ過ちであることに気づかないかぎりは、これが無意味であることが理解できないでしょう。

 Herein does he receive Atonement, for he withdraws his judgment from the Son of God, accepting him as God created him.
 ここでこそ、神の教師は贖罪を受け取ることになります。なぜなら、神の教師は神の子に対する自分の価値判断を引き下げ、神の子を神が彼を創造したままの姿で受け入れることになるからです。

 No longer does he stand apart from God, determining where healing should be given and where it should be withheld.
 どこに癒しが差し伸べられ、どこに与えずにおかれるべきか決めるに際して、もはや、神の教師は神から独立してはいません。

 Now can he say with God, "This is my beloved Son, created perfect and forever so.
 今や、神の教師は神とともに、「これこそ、完璧に創造され、永遠に完全であり続けるわが愛し子なり」と言うことができるのです。



いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事
癒し贖罪普遍幻想真理奇跡病気赦す役目身体

Comments 0

Leave a reply