There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン24「私は、自分の最善の利益を知覚していない」

レッスン24です。

今日のテーマは「私は、自分の最善の利益知覚していない」です。




解決を要する状況において、自分にとってどのような解決が最善か、私たちはわかっているようでいて、実はわかっていません。

今回のレッスンのテーマには、「価値判断の重圧から解放されるには?」が参考になると思いますので、読んでみていただければと思います。


Workbook Lesson 24

I do not perceive my own best interests.
私は、自分の最善の利益知覚していない。






I do not perceive my own best interests.
私は、自分の最善の利益知覚していない。


1. In no situation that arises do you realize the outcome that would make you happy.
 どのような状況が起こったとしても、どのような成り行きになれば自分が幸せになるのかあなたにはわかりません。

 Therefore, you have no guide to appropriate action, and no way of judging the result.
 それゆえ、あなたは適切に行動するための指針を持っていないし、その結果の価値を判断する方法も持っていません。

 What you do is determined by your perception of the situation, and that perception is wrong.
 あなたが何を行うかは、あなたが状況をどのように知覚するかによって決まりますが、その知覚自体が間違っているのです。

 It is inevitable, then, that you will not serve your own best interests.
 そうだとすれば、必然的に、あなたは自分にとって最善の利益をもたらすように行動できるはずがないということになります。

 Yet they are your only goal in any situation which is correctly perceived.
 しかし、どんな状況においても、その状況が正しく知覚されたならば、その中での自分の最善の利益を図ることだけがあなたの唯一の目標となるはずです。

 Otherwise, you will not recognize what they are.
 正しく状況知覚されないかぎり、あなたには自分の最善の利益が何であるかわからないままでしょう。




2. If you realized that you do not perceive your own best interests, you could be taught what they are.
 もしあなたが自分の最善の利益を知覚していないと気づいたら、あなたはそれが何なのか教わることができるようになります。

 But in the presence of your conviction that you do know what they are, you cannot learn.
 しかし、自分の最善の利益が何か自分にはわかっていると確信していたのでは、あなたは学ぶことができません。

 The idea for today is a step toward opening your mind so that learning can begin.
 今日の考えは、学ぶことを始められるように、あなたの心を開くことに向かう一歩です。




3. The exercises for today require much more honesty than you are accustomed to using.
 今日の練習では、あなたはこれまで以上にもっと正直になることが要求されます。

 A few subjects, honestly and carefully considered in each of the five practice periods which should be undertaken today, will be more helpful than a more cursory examination of a large number.
 今日は5回の実習をしてください。それぞれの実習時間には、2つか3つ程度のいくつかの対象に絞って正直に注意深く熟慮することのほうが、急いでたくさんの数の練習をするよりも有益でしょう。

 Two minutes are suggested for each of the mind-searching periods which the exercises involve.
 毎回の練習時間に含まれる心の検索にかける時間は2分程度が望ましいでしょう。




4. The practice periods should begin with repeating today's idea, followed by searching the mind, with closed eyes, for unresolved situations about which you are currently concerned.
 実習時間は、今日の考えを繰り返しながら始めてください。それに引き続いて、目を閉じて、心の中を検索して、あなたが今も気にかけている未解決状況を探してください。

 The emphasis should be on uncovering the outcome you want.
 その際には、あなたが望んでいる成り行きを明らかにすることに重点を置いてください。

 You will quickly realize that you have a number of goals in mind as part of the desired outcome, and also that these goals are on different levels and often conflict.
 あなたは、心の中に望ましい成り行きの一部として、いくつもの目標を自分が心に抱いていることにすぐさま気づくでしょう。また、これらの目標が異なったレベルにあって、矛盾しているものが多いことにも気づくはずです。




5. In applying the idea for today, name each situation that occurs to you, and then enumerate carefully as many goals as possible that you would like to be met in its resolution.
 今日の考えを適用する際には、自分の心に浮かび上がってくる一つひとつの状況に名前をつけ、それから、その状況の解決としてあなたが達成したいと思う目標をできるだけたくさん、じっくりと挙げていくようにしてください。

 The form of each application should be roughly as follows:
 一つひとつの適用の仕方はざっと言えば、次のような形になります。


In the situation involving ______, I would like ______to happen, and ______ to happen,
(   )に関連する状況において、私は(   )ということが起こってほしいし、(   )ということも起こってほしい、


 . . . .and so on.
 ・・・以下、同じようにという形です。

 Try to cover as many different kinds of outcomes as may honestly occur to you, even if some of them do not appear to be directly related to the situation, or even to be inherent in it at all.
 たとえもし、それらの内のいくらかが直接その状況と関連しているように見えなくても、あるいは、その状況とは本来的にまったく関連しないように見えるとしても、自分に起こりうるように思えるものであれば、正直に違った種類の成り行きをできるだけたくさん挙げるようにしてみてください。





6. If these exercises are done properly, you will quickly recognize that you are making a large number of demands of the situation which have nothing to do with it.
 もしこのような練習が適切にできたなら、あなたは、自分がその状況に何の関連もないたくさんの要求をしていることにすぐに気づくことでしょう。

 You will also recognize that many of your goals are contradictory, that you have no unified outcome in mind, and that you must experience disappointment in connection with some of your goals, however the situation turns out.
 あなたはまた、自分の目標の多くが矛盾していて、自分が統一した成り行きを心に抱いていないこと、そして、その状況がどう展開しようと、自分の目標のいくつかに関しては失望を経験せざるをえないということに気づくことでしょう。




7. After covering the list of as many hoped-for goals as possible, for each unresolved situation that crosses your mind say to yourself:
 あなたの心をよぎる未解決の状況に関して期待する目標をできるだけたくさんリストアップしたあとで、自分自身に次のように言ってください。


I do not perceive my own best interests in this situation,
私は、この状況において、自分に最善の利益を知覚していない。


 . . . and go on to the next one.
 それから、次の状況に移ってください。


名称未設定





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事
価値判断状況最善の利益利益解決成り行き結果知覚幸せ

Comments 0

Leave a reply